2017年06月24日

突然のシャワー

bayarea20.jpg午後から晴れが広がった函館。車内は暑くなってエアコンが働きましたが、外気温は21度前後で過ごしやすかった1日でした。そんな晴れの日でも、昨夜は我が家で大雨になりました。リビングにいると急にゴーッと給湯器が動く音と同時にシャーという音がボイラー室から聞こえてきました。???何だろうと思って扉を開けると、下のパイプからシャワーのように水(お湯?)が噴き出していて、慌てて給水管を閉じてひと段落。17年ほど経っていたので経年劣化なのでしょうか?それで今日はボイラーを見積もってもらい、来週中頃には交換してもらえそうです。毎日のように使っている給湯器ですから、水回りは半永久的というわけにはいきませんね。それでも冬でなくてよかったです。寒い中、冷たい水で顔を洗ったり食器を洗ったりするのは大変ですから。これも贅沢なのかも知れませんね。当たり前に使えていることに、その道具のありがたさが薄れていくのを感じました。すべてのものに感謝しながら過ごさなくては。明るい朝が望めそうな明日も元気でいい日になりますように!
写真は昼と夜のベイエリア。明るい日射しの中のヨットとカモメの光景は、初夏を感じられていいですね。この金森倉庫が並ぶベイエリアは、昼と夜で違った顔を見せてくれます。夏至直後の遅い夜がつくる青が残った空とシルエットの函館山もいい感じでした。これからの暑くなる季節、夕食後にのんびりと散策するにはいい場所ですね。
posted by Kan at 20:07| PhotoDiary

週末の曇り空

motomati23.jpg曇り空のちょっとひんやりとした函館の朝。つるバラの葉が、急にビクッとしたように揺れる時もありますが、ゆらゆらと弱い風で揺れている静かな土曜日の朝です。南から梅雨の季節が開けてきているようですが、梅雨がないはずの北海道も不安定な天気が続いているので、早くスッキリした毎日を過ごしたいですね。特に初夏の週末は晴れて欲しい人が多いのではないかと思います。昨日の午後にスキップや手を繋いで歩いて帰っていた黄色いランドセルカバーをつけた1年生。入学して3ヶ月が過ぎようとしていますが、すっかり慣れた感じで友達100人できた感じ。こうした仲良しの姿をいつまでも見ていたいですね。こうした週末、暖かくなってきた大沼湖畔に咲くたくさんのテントの花。そろそろ増えてきているのではと思いますが、最近ちっとも出かけられないでいるので不明。行きたくてもなかなか行けない場所もたくさんあります。気の合う仲間と出かけると何倍も楽しくなりますね。そんな夏の時間の使い方もいいですね。昨日実現できなかったので、今日再挑戦で出かけてきます。少し明るくなってきた今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:30| PhotoDiary

2017年06月23日

四つ葉の願い

rose23.jpg今日は午前中から楽しみに出かけたところが休みでがっかり。昨日、ここの予定をネットで確認しても表示されなかったのは、やはり間違いではなかったようです。何かのトラブルだろうと自分勝手に解釈してはダメですね。途中のFMラジオで五つ葉を見つけたという話をしていて、一万分の一の確率だそうです。誰かの幸せのために探し出す四つ葉のクローバー。探しても簡単には見つからないから、それを見つけようとする思いそのものが互いに通じ合えることが幸せなのかも知れませんね。何が幸せかは人それぞれでしょうが、大切な人が笑顔でいられるようにということが、一番なのかも知れません。今日のニュースで知った小林麻央さんの死去。それを報告する海老蔵さんの悲しみが画面から伝わってくるようでした。最後まで相手を思いやりながらの生き方を見せてくれたことは、幼い子ども達だけではなく、多くの人々に人のことを思い、真剣に生きていくことを教えてくれたような気がします。ご冥福を。晴れそうな明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 20:34| PhotoDiary

花色が広がる季節

ch22.jpg曇り空で始まった今日の朝。今月はなかなか6月らしい明るい暖かな日が少ない函館です。天気予報では今日も曇りですが、空の雲が少しずつ切れてきて、日が射してきています。晴れに予報が外れるのは大歓迎ですね。(笑)沖縄では昨日で梅雨が明け、真夏の太陽が照らしているそうです。関東などはあと1ヶ月かかるそうですが、雨も適度に必要ですから天に任せるしかないですね。日が射し始めた庭に目立つのはピンク色。上には蕾が開き始めてたくさんの綺麗な花をつけているつるバラ。中段にはツツジの最後を飾るピンク色の花。マルハナバチが一つひとつの花の奥に顔を入れて蜜を集めていました。さらにその下にはピンクのナデシコが広がり、隣にはピンクのデイジー。緑色の中のピンクは目立つものです。一番地面に近いところにあるピンクは、芝桜に数個残った花と先日の風で落ちたバラの花びら。寒かった6月もようやく花にも優しい気温になってきています。去年友人からもらった上野ファームの「野草のたね」エリアも大きく育って、小さな蕾が付いてきました。暑くなる7月には一斉に花を咲かせるのが楽しみです。これから各種の花が一斉に咲き始める函館の初夏。いろんな色で飾られる季節って、散策していても楽しいですね。(笑)私はこれから出かけますが、穏やかな日になりそうな今日もいい日になりますように!
写真は元町の緑と教会。元町の教会の辺りも鮮やかな緑の中で、より建物の印象が強く感じられる季節になっています。ぐるっと建物を一周すると、見慣れた教会でも新しい発見があります。こうした3つの教会を見られるチャチャ登りの坂道も観光客に人気ですが、坂の途中でUターンしていく人が多いようです。上まで登って見下ろしたり、右に歩いていくとハリストス正教会を正面にして遠くの函館港、摩周丸を眺める景色は絶品。函館は歩いて楽しめる街ですね。(笑)
posted by Kan at 09:56| PhotoDiary

2017年06月22日

日射しの中の香雪園

kousetu22.jpg不安定な今日の天気の中で、日中からは晴れた時間が多くなり、思ったよりも日射しがあった1日になった函館。上空の雲の流れが速くて、晴れたり翳ったりを繰り返していました。夏至の翌日の今日の午後3時の日射しは、じっとしていると熱くなる夏の日射し。晴れると函館も夏が近づいているようです。そんな晴れ間を利用して久しぶりに香雪園へ行ってきました。緑濃い園内にはウォーキングやカメラを持って散策する人など、雨上がりの園内を楽しむ人と何度もすれ違いました。秋になると紅葉が美しい小径も、日射しを浴びて緑色のカエデの葉が重なり合って綺麗。奥に進むと見えてくる温室の前のバラ園では各色のバラの花が咲き始めていました。我が家の庭にも咲き始めたレオナルド・ダビンチという赤いバラは、我が家の方が育ちが良かったです。(笑)さらに奥へ進んで園亭に向かうと、雨でたっぷりと水分を含んだ苔が光に照らされて、キラキラと緑に輝いていました。こうした光景が見れるのもタイミングですね。1時間ほど散策しての帰り道、カメラをぐるっと回転させて撮ったら、今日の日射しは◎とでも伝えているような写真になりおもしろかったです。(笑)教と同じような気温が続く明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:56| PhotoDiary

雨上がりの朝

raindrop.jpg昨日は梅雨前線の大雨で各地に被害も出たようです。少なくても多すぎても困る雨。優しく降ってほしいですね。昨夜は函館でも結構な雨風が続き、今朝の庭の草花も風の影響が見られました。まっすぐに立っていたナデシコやルピナスの茎が斜めになっていたり、実が出来始めたえんどう豆の茎も斜めになっていました。早めの朝食の後にマクロレンズをつけたカメラを持って雨上がりの庭を撮っていると、青空が見えて少し日も射してきましたが、それもすぐに雲に覆われて曇り空に。体を前後にしてピントを合わせても、風が吹くと数ミリで外れてしまう花や葉を追い続けるのに苦労しました。小さな緑の実が膨らみ始めたトマト。バラの花びらにつく綺麗な水玉。立ったりしゃがんだり、目覚ましにはいい運動でした。(笑)今日明日は晴れマークがありませんが、たまに顔を出す時間があるかも知れません。不安定な夏至のあとの曇り空。寒暖差に気をつけながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:37| PhotoDiary

2017年06月21日

嵐の露天風呂

bn10.jpg今日は夕方前から雨が降り出し、夜になると雨も激しくなり嵐のようになっていました。昼過ぎには雲が薄くなり晴れるかな?という時間もあったのですが、気象予報士も喜ぶ雨に。その前にご近所さんと向かいに建築が始まる場所であれこれ話をしたり、高い枝を切る方法など先人の知恵を聞いていました。雨が降ってきたので、早めに夕食を食べて花の湯温泉に出かけてきました。目的は雨の中の露天風呂です。(笑)山の手温泉では一つある露天風呂に屋根がついているので、完全露天風呂のある花の湯に着くと、雨脚はかなり激しくなっていました。内湯のラベンダー風呂で体を温めてから外湯の場所に出ると、結構冷たい雨から逃げるようにお一人さまの露天風呂に入りました。首まで浸かって頭だけが雨に当たっている状態になり、こんな感じなんだーと経験しなければわからない感覚を実感しました。(笑)いつもよりも低い水温は雨水が入ってきているからなのでしょうね。長く入っていてものぼせることもなく、髪も顔もビシャビシャになっても風呂だから平気。なるほどと思いながら実験を終え内湯でまた体を温めました。(笑)夏の暑い時にはこれも気持ちが良さそうですから、また雨の日に挑戦してみようかな?いいのは入浴客が少なく、駐車場も温泉内ものんびりできること。たまには雨の日の温泉もいいですね。雨が残りそうな明日も、元気でいい日になりますように!
写真はタイヤ公園の夕景。昨日の夕焼け間近の公園の1枚。この公園は昔よく通った懐かしいタイヤ公園。巨大なタイヤの恐竜がシンボルでした。幅の広い滑り台には幼い子ども達が何度も何度も滑っていました。この辺りは小学校・中学校も近くですから、学校帰りの中学生が仲間とおしゃべりしている姿もありました。公園には様々な物語がありますね。
posted by Kan at 21:27| PhotoDiary

曇り空の夏至の朝

motobay.jpg昨夜はいつもより早く寝たためか、早く目覚めた今朝の窓からは明るかったような・・・。7時過ぎに起きた時には空全体に雲が広がる空になっていました。昼までは晴れの予報だったのですが、予報よりも天気が早く変わろうとしているような気もします。午後から曇り・雨になっていくようですから、せっかくの夏至の太陽の姿や日射しを十分に感じられない日になりそうですね。日が一番長くなる夏至の今日は晴れると4時2分の日の出から7時15分の日没までたっぷりの光を浴びることができたはずなのに、全国的に今日は雨模様だそうです。日本から離れていた梅雨前線が北上してきて、いつもの位置で雨を降らしていくことになりそうです。関東の水瓶であるダム湖の水量も40%を切っているようですから、こうした雨は恵みの雨になりますね。それでも、あと1日晴れが続いたらなぁと思うのはわがままなのですね。(笑)冬至はかぼちゃを食べて風邪をひかないようにと食べ物とつながっていましたが、夏至にはこのような全国的な風習はないようですから、夏に向けて健康でいられるようにそれぞれ気をつける日にもしたいですね。雨でも昨日よりも気温が高くなりそうな今日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 08:35| PhotoDiary

2017年06月20日

楽しい1日に

baynight.jpg今日は1日中いい天気だった函館。日中22度前後まで上がり、車内は暑くて22度設定のエアコンから涼しい風が顔を冷やしてくれました。そんな午後から依頼されていたスマホの講座に出かけてきました。事前調査が不十分だった中でも、皆さんの笑顔や幾つかの質問に助けられ終えることができました。授業でもそうですが、事前の準備が大切ですね。また機会があったら、この経験を活かして取り組みたいと思いました。終わった時の拍手も嬉しかったです。それから夕食を食べずに夕日が綺麗な夕暮れ時のパソコンサポートに。終わったときにはすっかり暗くなっていました。帰りにベイエリアに寄ってまだ微かに紺色や夕日の色が残っている函館山や緑の島などを撮って帰ってきました。あと20分ほど前だったらもっといい感じだったでしょうが、今日出合えたこの景色も一期一会ですね。(笑)静かな湾内の海面に映り込む緑の島の街灯。食後の散歩をしていた旅行者らしい人たちが何組もいて、この景色を撮りあっていました。明日の夜は傘マークがついていましたから今日で良かったですね。明日は夏至ですが、帰り道の外気温は17度まで下がって、車内のエアコンからは暖房の風が吹いてきました。行きはクーラー、帰りはヒーター。まだ6月らしからぬ気温が続いています。寒暖差で体調を崩さないように気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:02| PhotoDiary

夏色の函館で

natuiro.jpgいつもよりも少し早く起きた窓の外は、すでに朝の斜光がすでに庭の花々を輝かせていました。一番背の高いつるバラの赤い蕾も、いつも以上に綺麗に見えたり、大きく伸びたルピナスに当たる光も静かに存在感を示していました。土に近いところに咲くデイジーの花たちも、光を浴びようと背伸びをしているようで可愛いかったです。庭に出ていないのでまだ分かりませんが、えんどう豆も日毎に大きくなるのがわかるくらい育っています。「ジャックと豆の木」の物語で豆を捨てたところから一夜にして天まで育っていったのが「豆」なのもわかるような気がします。今週末には一気に大量にできそうですから、味噌汁、炒め物などえんどう豆料理の研究をしなくては。(笑)スーパーではトマトなども安くなり、地物の野菜も増えてきているようです。友人のところのミニトマトも小さな実ができていました。夏至が近づく太陽パワーは全ての生き物に元気を与えてくれそうです。晴れ予想の今日もいい日になりますように!
写真は緑の季節の函館。元町の周辺も緑が輝く気持ちのいい季節。その中を散策する旅行者も心地好さそうに見えました。葉が茂る前までは遠くまで見渡せた景色も、緑のカーテンに囲まれてあっちへこっちへ動いて視野を確保するのも楽しい季節。四季それぞれに味わいのある函館ですが、この春から夏へ向かう季節はいいですね。
posted by Kan at 07:40| PhotoDiary