2018年11月16日

それぞれの冬への準備

otiba.jpg暖かさを感じた今朝は、気持ちよくてウトウト。昨日の寒かった朝と比べると4倍ほど温度が高い8度あったそう。寒い朝に落ち葉に付く朝霜の写真を撮ろうと思っているのですが、緊張感がなくなる朝はダメですね。(^^)それでも日曜日から来週にかけては最低気温がマイナスになったり雪も降りそうですから、いよいよ函館も冬へ一歩踏み出しそうです。お向かいの玄関フードの中には既に除雪道具が並んで準備万端。昨日プリンターの設定で出かけた美原のSさんの家の庭も真っ赤な秋模様。その脇にもスノーダンプが用意されていました。部屋の中の猫ちゃんも、暖かなソファーの上でウトウト。何匹かいる中での最高齢の20歳。大切にされて幸せな猫ちゃんです。(^^)帰りに笹流ダム公園を見たり、その上の畑の様子を見てきましたが、枝についていた紅葉のほとんどが落ち、地面は赤い絨毯。亀田川の流れにも紅葉が落ちていて、水の流れに踊っているものもありました。その中でも川辺に日射しを浴びていた1本の紅葉が綺麗で印象的でした。最後まで頑張るぞ!というような使命感ではなく、自然のままにという穏やかな雰囲気がよかったです。(^^)我が家も車庫に入れていた壊れたソファーを粗大ゴミで回収してもらいスッキリ。除雪機も出番を待っています。それぞれの場所で冬への準備が始まっている函館。今年の冬も元気に過ごせるといいですね。曇りだけれど気持ちは明るく、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:55| PhotoDiary

2018年11月15日

今期1番の寒い朝?

akizimai.jpg今朝は一段と寒い朝。雨が雪に変わるところもありそうな寒さで、私はヌクヌクとベッドの中でしたが、函館も日の出前の6時頃は1度だったそう。起きてから玄関に出ると、さすがに冷たい空気を感じました。屋根からはポタポタと雨ではないのに雫が落ちていたのは朝露でしょうか?車のフロントガラスにも露がついていましたが、もう少し冷えてくると霜になりそうですね。いよいよ秋というよりも初冬という言葉が似合う時期になってきました。昨日の午後から湯川へ行く途中に香雪園に寄ると、日曜日まで実施していたライトアップの照明器具を片付けていたり、大きな松の木の枝を積雪から守る雪つり作業をしていたり、虫から守るこも巻きをしていました。紅葉の残る園内で、秋から冬へ切り替わる作業でした。園内の遊歩道や木々の間には紅葉の落ち葉の他に、黄色いイチョウの葉も増えてきて、秋の終わりを一層感じました。帰りには日没間近の浜に寄って海に伸びる光の道を撮ってきました。向かいの下北半島もくっきりとして、大間へ向かうのか、フェリーらしき船がゆっくりと動いていました。6月から始まったイカ漁も、そろそろ終わり?11月も半ばを過ぎてくると、12月の便りが届き出します。冬への備えをしていない方も、そろそろ準備をしておく時期ですね。寒さに対応できるように対策をしながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 11:09| PhotoDiary

2018年11月14日

初雪観測の朝

yuugure.jpg寒い日があったけれど、北海道の平地に雪の記録はまだ無い日が続いていましたが、昨夜から今朝にかけて20日以上も遅れて稚内や網走で初雪が観測されたそうです。函館も2度でしたから、いつ降ってもおかしくない気温。来週は全道的に気温が下がって各地で雪が古そうです。積雪とまではいかないでしょうが、朝晩の道路状況は滑りやすくなるので、タイヤ交換をしておくと安心できますね。1本裏の家の前でもタイヤ交換をしていました。私は峠に出かけようかなと早めに交換していましたが、まだまだ出かけてはいません。ちょっと早すぎたかも知れませんね。(^^)今日はこれからご近所の大きくなった木の枝払いのお手伝い。ひらひら落ちる枯葉を散らしている枝を縮小したいそうです。木は放っておくと縦横に想像以上に大きくなって、敷地をはみ出してしまいますから、早め早めの対応がいいですね。写真を整理していたら、去年の大雪の写真が出てきて、こんなに積もっていたんだと改めて驚くとともに、季節が過ぎると大変だったことは忘れるものなんだなぁと思いました。これも人間が持っている能力?(^^)冬は大変なことばかりではなく、それ以上の美しさや思い出がたくさんあります。もういつ白い世界になっても大丈夫ですが、もう少しあとでいいですね。週末にかけて寒くなってくる予報ですから、風邪などに気をつけながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 13:21| PhotoDiary

2018年11月13日

初霜の寒さに

syotou.jpg今朝は函館で初霜が観測されたそうで、暖冬の影響を受けている北海道での初霜ニュースが全国ニュースになっていました。(^^)これは冬の始まりの報せなのか、今夜からは全道的に寒気が入ってきて、雪だるまマークが徐々に増えてきました。先週は傘をさした雪だるまでしたが、今週は雪だるま単体ですから、いよいよ雪の季節が始まりそうです。倶知安にも雪予報が出ていて、スキー関係者はホッとしているかも知れませんね。友人の家も数日前から朝の暖房タイマーをセットして眠っているようですが、それよりも早めに起きてしまうことが多いような?寒さ対策も本格化してきた北海道で、東京からきていた姉が帰るときには、暖かなコートを買って帰りましたが、羽田に着くと暑かったそうです。今日帰った姉の住む小樽は、明朝はかなり冷えるよう。函館も20日に傘マークと雪だるまマークが同居していますから、いよいよスタッドレスタイヤも本領を発揮するかも知れません。例年以上に遅くなっている雪は嬉しいような寂しいような。やはり、経験を活かせるいつも通りがいいですね。(^^)金森倉庫には絡まるツタの葉に埋まるようなサンタの姿。明治館の通りには12月から始まるライトアップの工事をしていました。緑の島から眺める横津連峰や駒ケ岳にも雪の姿はまだですが、ここにも冬が根をおろす日も遠くはないですね。寒くなってくる季節に備え、体を大事に過ごしながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:19| PhotoDiary

2018年11月12日

寒さが増す晩秋の函館

bansyuu.jpg今日は最高気温が12度という、冷たい風の吹いていた函館。東京からきていた姉が帰る前に、お昼に「ラッキーピエロ」でチャイニーズチキンピザなどを頼んで食べました。そして空港まで一っ飛び。2時45分発で八王子に着いたのが8時頃でしたから、ちょっとした海外旅行の時間ですね。(^^)函館は陸空海の交通機関へのアクセスがいいのが利点。この地の利を活かすと、もっと活性化できるのではと誰かが話していたような気がしますが、空港方面への高速道路がつながると、さらに便利になると思います。我が家の近くには高速道路への出入り口ができるとのことで、大沼公園へも一気に行けそう。(^^)明日の昼に帰るという小樽の姉は、函館に来たら食べたいものの一つとしてハセガワストアの「やきとり弁当」が今日の夕食。明日はJRで帰る前に、朝市の2階にある食堂で500円の海鮮どんぶりをご馳走予定。函館に来たら食べたい3大食?を食べて満足することでしょう。(^^)午後から急に冷えてきた函館の明朝は3度予報!いよいよ冬近しですね。週刊天気予報でも、傘をさした雪だるまマークが現れ、雪への準備が進みそうです。暖房タイマーを入れ、眠る時も油断をしないように暖かくしながら、明日もいい日になりますように!
写真は函館晩秋風景。今年は紅葉がゆっくりと進み、思いの外秋の色を味わうことができました。元町方面や香雪園など、秋の日差しに輝く赤や黄色の葉が綺麗でした。五稜郭公園裏にあるお菓子屋さんの大きなガラス窓から眺める風景も、動く絵画のような秋の風景画。イギリス領事館のところでは、真っ赤な着物姿のロケーションフォト。何を見ても秋色に繋がってしまう函館でした。(^^)
posted by Kan at 22:26| PhotoDiary

2018年11月11日

長い晩秋の楽しみ

kousetu11.jpg今日は最高気温が12度と、昨日の暖かさから一変して冷えるようなので、朝から部屋の暖房を入れていました。いよいよ暖房タイマーの出番かも知れません。(^^)一昨日から函館にきている姉二人とともに、市内あちこちを移動していました。昨日は一泊したホテルへ迎えに行ったついでに金森倉庫を見て買い物をしたり、元町周辺を車で観光。そして、95歳になる母を見舞いに行くと、ちょうど中で弦楽のミニコンサートをしていて、ちょっと一緒に芸術の秋を楽しんできました。母もその音に気持ちよさそうに眠っていました。その後も東奔西走?で、あちこち見て回りましたが、夜は早めの誕生日をしてくれ、誕生プレゼントまでいただきました。私も早めに1つ歳をとりました。(^^)夜に11日が最後という香雪園のもみじフェスタへ行って、ライトアップされた紅葉を見に行くと、駐車場には多くの車が停まって、最後の紅葉をなごり惜しんでいるかのように園内も賑わっていました。日中の足元に敷き詰められた紅葉も綺麗だっただろうなと思いながら見上げる枝に頑張ってついている真っ赤な葉も健気。いつもよりも長く楽しめている紅葉シーズンもそろそろ終わり。道南にも初冬が始まり、落ちた紅葉に雪が積もるのもあと少し。急に冷えてきた今日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 08:04| PhotoDiary

2018年11月09日

季節を進める雨?

aki11.jpg朝からどんよりとした厚い雲に覆われた函館。9時過ぎからは窓にポツポツと雨粒がつき始め、風も強くなってきました。天気予報では今日は夜まで傘マーク。気温は高めですが、それも晴れて17度予想の明日までのよう。日曜日からは平年並みの気温になって、一気に秋も終わりそうな感じがします。1ヶ月続いていた香雪園のもみじフェスタも日曜日まで。地面に落ちた紅葉に白い雪が、パウダーシュガーのように振りかけられる日も遠くない気がします。ガソリンスタンドのタイヤ交換の風物詩も、まだポツリポツリ。今日は東京と小樽から姉がやってきますが、雨の出迎えですね。雨女がやってくる?(^^)明日からは晴れるようですから、1日くらいは大丈夫ですね。市内の紅葉も暖かな日が続いたせいか、じっくりと熟成されたような色合い。こんな年もいいものです。産業道路の銀杏並木の大きな黄色い葉も落ち始め、店の前の落ち葉を大きな袋に入れて片付ける姿を見ます。今日の雨風で一気に落葉しそうですから、店の人はそれを期待しているかも?寒暖差が大きくなってきていますから、風邪などに気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 09:38| PhotoDiary

2018年11月08日

晩秋の彩り

irodori3.jpg昨日は立冬でしたが、今年は秋が長くて、まだ霜や雪には触れることはできていません。でも、遅いということは暖房費が少なく路面が滑らなくてなど、いい面がたくさんありますね。(^^)これで冬将軍が大きくなって一気に攻めてくると、慌ててしまいそうですから、やはり事前予告のような小出しの冬の雰囲気もあるといいかも?自然のことはなかなか思い通りにいきません。それが自然なのですね。(^^)昨日の出かけた帰り道、函館山方面に真っ赤で綺麗な夕焼けが見えました。写真を撮れるようなところがなかったので、家に着いてから撮りましたが、この時間帯は1分違うと全く違う感じになってくるものですね。もっと赤い部分が広がっていて見せたかったです。一昨日空港へ友人を迎えに行ったときにも、屋上から夕日が沈む場面を眺めていました。最近は日没時刻が早くなって、5時前かな?と思っていたら、4時30分を切っていました。冬至には4時10分に沈むということですから、南下する太陽の動きはこれからゆっくりなのですね。この陽の長さや気温が作り出す自然の色彩。春の萌える若草色、夏の輝く緑色、秋の燃える秋色というように四季が作り出す色を味わえるのもいいものです。これから始まる白い世界もほどほどにしてもらうといいですね。(^^)穏やかな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:01| PhotoDiary

2018年11月07日

晩秋晴れの朝

kousetu.jpg今朝は4度まで冷えるということで覚悟をしていましたが、その時刻には目が覚めず7時過ぎに起きたときには、庭が明るくなっていました。コーヒーで頭をスッキリさせてから、8時過ぎに庭に出て見ると、そんなに寒くは感じませんでした。これも日射しの恵みなのでしょうか?枯れていそうなつるバラの葉に触れると、ハラリと落ちていきます。こうした落葉は、冬を乗り越えるための防寒対策なのでしょうか?昨日、友人を空港へ迎えにいく途中で香雪園に寄ってきました。もう葉もすっかり落ちて枯れ枝のライトアップかな?と思ったのですが、シンボル的なイタヤカエデの葉が、真っ赤に染まっていたり、赤・気・緑の配色が見事でした。足元の紅葉じゅうたんも厚みを増していましたが、それよりも見上げる紅葉が綺麗だったです。4時から夕暮れの中にライトが点灯してより幻想的に。函館の紅葉も今週いっぱいでしょうか?最後の美しさを魅せてくれました。空港に着くとちょうど日没の時刻。屋上に行って函館山方向へ沈む夕日の縁を撮ったりしていると到着。友人も機上から夕暮れや夜景の函館を撮っていて見せてくれましたがシンクロしていましたね。(^^)今日は立冬だそうですが、それを感じさせない毎日。晩秋の秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:18| PhotoDiary

2018年11月06日

足踏みしている秋と冬

motomachi.jpg曇り空の朝。風もなく穏やかな函館は、季節が一時的に止まったようにも感じます。11月初旬ですから、いつ冬の訪れを感じてもいいのでしょうが、上空の冬将軍が秋の強い空気に阻まれているそうです。暮らしていくにはいいのでしょうが、いつもと違う季節変化に、この冬はどうなるのだろう?と心配にもなりますが、何とかなるでしょうと思ってしまいます。(^^)今日の植物画カレンダーには、赤くなっているツタが描かれています。先日ぶらり散歩していた明治館の壁に広がっているツタも真っ赤になっていました。窓の方までジワジワと侵食していくように広がり、館内からの照明でステンドグラスのように見えるところも。このツタは目立たない花が咲き、小さな紫紺色の実をつけます。金森倉庫の裏のツタには、そうした様子を見ることができます。どこにでも見られるツタの風景ですが、レンガ壁とか古民家に似合います。それでも一度増殖していくと、見る間に家全体を包んでいき、絡まり合った枝を切り離すのも大変。ツタを育てるのは覚悟が必要ですね。私はツタよりも優しいクレマチスのフェンスがお気に入り。(^^)何かいいことがありそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:06| PhotoDiary