2016年09月29日

秋晴れを期待して

aki9.jpg今日は思いの外、日射しに恵まれた秋晴れの1日になりました。秋の日射しは柔らかく街を暖め、そよ吹く風で爽やかさを増していました。日中の太陽の光が夏とは違うのは、やはり秋分を過ぎているからでしょうか?紅葉が美しく飾る香雪園の「MOMI-Gフェスタ」は10月22日から11月13日までのようで、後1ヶ月を切っていますが、毎夕に開かれるミニライブイベントなど、秋を目と耳で楽しむことができます。秋を感じる日が続くと、こうした秋のイベントが待ち遠しくなりますが、秋が早く過ぎるということは、冬が早くやってくるということですから、駆け足ではなく並み足でお願いしたいですね。(笑)明日は道外から新幹線でやってくる旅行者の撮影を予定しています。天気予報は晴れマーク一色ですから、秋を楽しんでもらいながら元町・ベイエリアなどを味わってもらえたらと思っています。朝方の冷えに気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:34| PhotoDiary

深まる秋の日に

sep29.jpg今朝の気温は昨日の朝と6度ほど下がったようで、久しぶりの冷んやり感で目を覚ましました。空は曇り、雨も降り出しそうですが、予報では曇り時々晴れですから、朝の厚い雲も去っていくことでしょう。この時期の天気はコロコロと移り変わりが多いですね。よく「〇〇心と秋の空」と言われますが、〇〇に入るのは「男心」「女心」どちらなのでしょうか?私はまっすぐな道が好きですが。(笑)大島のチビちゃんは最近の寒暖差からなのかサッカーで骨折をして動けないからか、風邪をひいて皆勤賞が途切れて休みになったそうです。大島では日曜日に運動会。今年は応援だけになりそうなチビちゃんですが、これもいい経験としてこれからに活かして欲しいですね。「秋深き隣は何をする人ぞ」こんな時は秋の囁きに耳を澄ましてゆっくりのんびりですね。(笑)気温差に気をつけながら今日もいい日になりますように!
写真はカトリック元町教会。秋晴れに映える教会の鐘楼。その下の赤い屋根に合わせるように大三坂のナナカマドの赤色が増えてきています。この道路の端には赤い実が落ちていたり、元町にもゆっくりですが確かに秋が深まってきているようです。
posted by Kan at 08:25| PhotoDiary

2016年09月28日

秋の槌音が聞こえる

aki13.jpg雲に覆われていた今日の函館。気温は昨日と同じような25度前後でしたが、日射しがある時とは違う感覚の夏日ですね。この夏の名残の暖かさもそろそろ終わりそうで、今シーズンはもう25度を越すことはないでしょうね。週末にかけては最低気温が10度ちょっとの日が続いて、いよいよ秋も深まってきそうです。出かけた3時過ぎに見た下校途中の小学生の手には傘がたたまれたままで、出番がなかったようですが、こうした出番はない方が嬉しいですね。(笑)先週まで土台だけだった近所の新築現場では、2・3日で柱・屋根が出来て壁が作られ、あっという間に形ができてしまいました。クレーンで壁のパーツを持ち上げて柱に固定していく工法のようですが、まるでプラモデルのようでした。斜め向かいの家では足場とビニールで囲まれ、屋根と壁の塗装中。周辺の住宅も年数が経ってきてリフォームも増えてきているようです。冬になるまでに仕上げたいと急いでいるのかも知れませんね。あと1・2ヶ月すると、この辺りの雰囲気も変わるかも?日射しがありそうな明日もいい日になりますように!
写真は笹流ダムの上にある畑地から撮った1枚。広い畑の一角に日没間近の斜光が当たり、鮮やかな黄緑色、深い緑、茶色、赤色と、色数も増えてきていました。その向こうの霞んだ先には函館山の姿。この日の夜は、ロープウェーに乗って夜景を眺めた旅行者も多かったでしょうね。秋が来ているよと、赤トンボも教えてくれているようでした。(笑)
posted by Kan at 17:58| PhotoDiary

秋の坂道

sakamiti28.jpgここ数日続いていた朝の冷え込みが消えた暖かな曇り空の今日の朝。早朝まで降っていたような濡れた庭の草花や石に残る水滴。その水滴も光が当たらずぼんやり眠たそう。(笑)4月から始まった今年度も半分が過ぎようとしています。2期制の学校では前期終了間近。テレビ番組も改編の時期。春・夏、そして秋の入り口を過ぎてきた半期。10月からの後半は秋・冬という寒い季節に向かいますが、だからこそ、温かな気持ちをいっぱいにして過ごしたいですね。今週末は東京周辺の小学校では運動会のところが多いようです。秋晴れの中を走り回る元気な姿にふさわしい天気になるといいですね。曇り空の今日もいい日になりますように!
写真は元町の初秋の坂道風景。函館の坂道の斜度は散策するにはちょうどいい感じ。坂と坂を結ぶ横通りと坂道に沿って建ち並ぶ歴史的な建物。視線も上下に変化して面白いです。でも、ここで暮らすお年寄りには大変な障害になっているようです。函館山に近づけば近づくほど傾斜が急になります。先日も買い物袋を持ったお年寄りがハリストス正教会の裏の階段を一歩一歩確かめるように登っていく姿に、味わうことのない苦労を感じました。観光だけではなく、地域の人々が過ごしやすい坂道を考えるのも大切ですね。
posted by Kan at 09:39| PhotoDiary

2016年09月27日

支え合う二つの木

aki7.jpg朝の日射しは短時間限定だったようで、徐々に雲が広がって日没とともにポツポツと雨粒が落ちてきました。それでも気温は9月末とは思えない暖かさで、窓を開けてちょうど良い感じでした。今日・明日の弱い雨が過ぎると、週末にかけては日射しが出る日が多そうですからしばらく我慢ですね。仲良しの二つの木は、まだ緑の葉で覆われていて、今年も元気いっぱい。夏の季節の豊かに育った枝ぶりも、ゆったりした時間を過ごしているからでしょうか?それとも、いつも一緒という穏やかな気持ちがつくるのでしょうか?(笑)秋も深まってくると葉の色も緑から茶色へと変化し、やがて1枚2枚とハラハラ落ちていく時期がやってきても、この二つの木は大丈夫と思えます。それは、夕暮れに西の方を眺めながら、茜色に染まっていく空を何年も何十年も一緒に過ごしてきたことを思い出せるから。四季の変化をともに感じていけるからですね。この日もきれいな夕焼けがつくられていました。その夕陽が反対側の雲も照らして、うっすらピンク色に染まり二つの木の心のようでした。物語が作られる木。こうした気持ちになるのも秋だから?(笑)今年も「世界で一冊だけの本・展」の季節。その出品票をいただきましたが、今年は間に合うか自信はありませんが、2年越しの物語を完成させようかなと思っています。曇りがちの明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 19:57| PhotoDiary

スズメも喜ぶ朝の日射し

akiiro2.jpg目が覚めると入ってきた曇り空。天気予報では晴れだったので、あれ?ハズレたのかな?と思いながら静かな朝の庭を見ながら朝食をとり、朝のコーヒーを飲んでいると、スズメが賑やかに鳴き出したかと思ったら空が明るくなってきて、朝の光が射し込んできました。スズメも日射しが嬉しいのですね。(笑)開けている窓からは涼しい風が入ってきますが、函館の昨日の2時の気温は25.4度。9月末の秋だけれど夏日の暖かさでしたが、今日も25度予報。暖かな秋晴れになりそうな今日も寒暖差が大きくなっていますから、季節の変わり目の体調管理も大事ですね。深まっていく秋を楽しみながら、今日もいい日になりますように!
写真は昨日の中野ダム公園の秋模様。園内をグルッと巡ると、あちこちに小さな秋を見つけることができました。それも青い空と光の演出でキラリと輝いていた赤色があったから。いつの季節もそうでしょうが、秋は雨や曇りではなく、晴れた青空が似合う季節。明日は雨予報ですから、また一つ秋が進んでいきそうです。
posted by Kan at 08:44| PhotoDiary

2016年09月26日

秋色を探しに

akiiro.jpg秋晴れの今日の午後、秋色を撮りに中野ダム公園へ行ってきました。4時過ぎに駐車場に着くと、公園の木々を斜光が照らしきれい。この辺りは周囲の山影になって、日没時刻よりも早くに暗くなってきます。園内には犬の散歩をする人が二人だけの、ダムの水音だけが聞こえる風も弱い静かな公園でした。新中野ダムの周囲の山は、少しだけ色づき始める程度でしたが、園内の桜やカエデの葉はチラホラ赤く染まってきて、そこに当たる光でステンドグラスのような美しさ。香雪園では消えてしまったツリバナの赤い実も秋の色。見上げる空には先週よりも多くの赤とんぼの群が舞っていて、飛びつかれたのか一匹が私の手の甲へ止まってしばし休憩していました。(笑)これから始まる紅葉シーズン。今度来る頃には、この秋色が山や園内を飾っていることでしょう。一足早くに秋がやってくる亀田川上流も行ってみなくては。駆け足でやってくる秋を撮るのも忙しくなりそうです。(笑)秋晴れが続きそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:28| PhotoDiary

深まる秋への1週間

hw39.jpg元気いっぱいの1週間スタートの朝の太陽。それを和らげる薄い雲が広がって暑さをセーブしているようです。秋晴れが続く函館は、秋の行楽シーズンが始まっているような感じで、昨日の大沼方面への行き帰りの道路も、いつも以上に車列が長く連なっていました。平日であっても各県のナンバーを見かけたり、各地の美味しいものを出しているところや、景色のいいところの人でも増えているようでした。大雪山から始まっている北海道の紅葉も、徐々に平地へと広がってきています。山頂部が雲に隠れていた昨日の駒ヶ岳からつくり出される大沼の紅葉もあと1ヶ月ほど。湖面に映る駒ヶ岳と紅葉の共演も秋の楽しみの一つ。朝霧や朝霜の中の秋景色も魅力的ですが、遅くなっているとはいえ日の出前に出かける気合が必要ですから、寒さに震えて断念かもしれません。(笑)我が家の近くのナナカマドの街路樹も赤い実が目立ってきたり、緑濃かったイチョウの葉の色も薄くなったり黄色味を帯びてきています。元町、ベイエリアにもこうした秋色に染まってきています。元気に季節の移り変わりを目の前にできることに感謝ですね。今週は10月につながる1週間。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:42| PhotoDiary

2016年09月25日

森の中の夢の土地

aoisora.jpg今日は秋晴れのいい天気の中、大沼・駒ヶ岳周辺を楽しんできました。仁山駅の近くにあるという森の中の喫茶店のことを耳にして、いつか見に行こうと思っていたので、友人と一緒に行ってみることに。国道の看板を目印に山へ向かう道を、道の角角にある店の所在を示す旗を頼りに進んでいくと、紅葉が始まりかけている道の突き当たりに、特徴である白い展望塔と薪割りをしている人の姿が見えました。車を降りて建物を眺めながら薪割りをしていた店主に話を聞くと、4年がかりで一人で建てたそう。周囲の建物、カナダ風のピザ焼き釜・バーベキュー所、駐車場など、全て手作りということですから、ものすごいパワーですね。烏骨鶏も飼っていて、卵を期待したいたけれど週に1回しか産まないので、縮小しているという話を聞きながらその烏骨鶏を見てみると、毅然とした顔をしていて、人の意思通りにはなりませんというような感じでした。(笑)白い展望台はヨーロッパの城の塔をイメージして作ったそう。以前はそこに露天風呂を置いて、真っ暗な中で星空を眺めながら入っていたそうです。いくつになっても夢を自分の手で創り上げていくっていいですね。冬は雪で休業するそうですから、その前にもう一度行ってみたいと思いました。晴れても最低気温が下がってくる明日からの1週間。体調に気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:14| PhotoDiary

9月最後の日曜日

ensya.jpg朝起きて窓を開けると、真っ青な空から射し込む朝日がポカポカ。流れる白い雲も秋の雲ではない夏の雲が、繰り返し太陽の前を通り抜け、日射しをコントロールしていました。今日・明日は夏日前後の暖かな日を味わえそうです。早いもので、今日が9月最後の日曜日なのですね。暑い夏から一気に朝晩冷え込んできた9月もあと1週間。「長月」だったはずなのに、振り返ると短く感じます。こうした爽やかな秋の晴れには運動会が似合いますね。昨日、姪の子の保育園で行われた初めての運動会の写真が送られてきました。かけっこも2位だったとか。一桁までの年齢は、駆けても転んでも、何をしても可愛いですね。(笑)本州の小学校も運動会シーズンでしょうが、雨・雨・雨で、思ったような練習もできないまま進んでいるのでしょうか?子ども達の笑顔に負けない太陽が顔を出す天気になるといいですね。秋晴れの今日もいい日になりますように!
写真はピンクの遺愛幼稚園舎周辺。平日にこのあたりを散歩していると聞こえて来る子ども達の歓声。建物のかわいらしい色や晴れた日の青空に負けない元気一杯の子ども達。そして、そうした子ども達を守るように立っているハリストス正教会。ちょっと離れるとカトリック元町教会、聖ヨハネ教会があります。木の葉が枯れ落ちる秋が過ぎるチャチャ登りの坂からは、すべてを一望できます。
posted by Kan at 08:55| PhotoDiary