2016年11月30日

クリスマスファンタジー前夜

precf.jpgのんびりとした時間を過ごしていた今日の日没頃、ベイエリアの様子を見に行くと、ちょうど明日から始まるクリスマスファンタジーイベントの予行演習が始まるところでした。日が沈み、まだ空が暗い青色に染まった頃、大きなクリスマスツリーに明かりが灯りました。緑から様々な色に変化をしたり、レーザー光線でアクセントをつけたり、様々な色の変化を楽しめそうです。本番の明日は昼頃に雨になりそうですが、それも上がって明日の初日のイベントが成功するといいですね。これから毎日夕方から繰り広げられるツリーを囲む幸せの時間。この時だけではなく、みんなの幸せの笑顔が集まる場所になるといいですね。夜は友人と食事をしながら旅行の話などをしていたら、あっという間に10時を過ぎていました。楽しい時間は止められないのですね。(笑)明日から師走の12月。慌ただしさが徐々に加速していきそうですが、慌てず1日1日を過ごしていきたいですね。明日からの師走もいい月になりますように!
posted by Kan at 23:55| PhotoDiary

旅の魅力と函館

bamboo.jpg朝、寒さで目が覚めました。旅行中のホテルは暑いくらいの暖房が入っていて、切っても熱が残って朝も何も寒くなかったのですが、今朝は肩のあたりから寒い空気が入ってきて、さらに深く亀のようにベッドに潜り込みました。(笑)決断をして起きだすと、それはいつも慣れた冬の空気。外は0度を下がっているような堅雪が庭に残っています。玄関を開けて外を見ると、一気に体が冷えてきましたが、雪が残っているのは車の上だけ。お隣の車は雪がなく、我が車が休憩中だったのがよくわかる光景でした。(笑)南北に旅をして一番わかるのが季節の違い。秋の終わりだった京都・神戸から冬の入り口を進んでいる函館まで飛行機で2時間もかからない距離でも随分と違うものですね。また、その変化が旅行の楽しさかも知れません。函館ではまず見ることのできない竹林が続く道を歩くのも新鮮。フカフカしていた細かな紅葉の絨毯も秋の終わりを知らせていました。東京の仲間から毎年知らせてもらっていた京都の紅葉。今年は自分の目で見て、その通り!と納得できました。雨のライトアップと翌日の晴れの散策ができた京都。古の京都を歩くのは1日2日じゃ無理だと実感し、仲間が春秋と毎年京都へ向かっていた理由がよくわかりました。(笑)旅行に出て旅先の街を眺めて、改めて感じる函館の良さ。それは、街並みだけではなく、そこに住む人の気持ちが届き会える距離だからですね。京都の店の人、神戸の六甲ガイドの人に地元じゃないとすぐにわかってしまう言葉の違い。それもまた旅の魅力。(笑)最高気温3度の寒い日の今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:39| PhotoDiary

2016年11月29日

雨の紅葉京都編

kyoto.jpg今週日曜日から今日まで、関西の秋を楽しむ旅に出ていました。紅葉は散って、そろそろ終わりとのことでしたが、雨の夜の紅葉は、また一味違った風情を感じさせてくれました。函館の紅葉はすでに終わり、秋に美しさを誇っていたカエデなどの木々の枝の赤い葉は、大地に還って赤く染めていたのさえ雪で隠されていました。それが伊丹空港から京都へ向かう雨の中から山々の赤色が通り過ぎて行って、まだ大丈夫!と自分に言い聞かせながら夕暮れの紅葉寺の散策に出かけると、ゾロゾロと人波が増えてきて、同じ方向へ向かっていました。遠くにライトアップされている清水寺を目にしながら、紅葉の永観堂などを周ってきました。函館の紅葉よりも葉が小さくて綺麗と聞いていた通りの美しさも味わえたりして、雨ならではの水滴がつくる光や反射も楽しむことができました。見終わって夕食をと思った時には8時を過ぎ、急にお腹が空いてきて、ホテルの近くの居酒屋に入って食べて飲んで、気づくと10時を過ぎていました。高校以来からの仲間三人旅も、翌日には神戸に住む後輩がホテルまで迎えにきてくれ、四人で嵐山を中心に見て周ることができました。続編はまたの機会に紹介をして、今日は眠ることにします。(笑)マイナス気温になる夜、暖かくして明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:47| PhotoDiary

2016年11月27日

暖かさを感じる朝

fubuki.jpg今朝の函館は日射しが嬉しい天気になっています。気温も上がっているようで、寒さを感じないのもいいですね。三寒四温の逆ではありませんが、寒さの中にも暖かさを挟みながら寒さも厳しくなってくるのでしょうから、油断はできないですね。庭の残っている白い雪も、今日で見納めになることでしょう。まだまだ市内の白い世界は後でいいですね。それでも道内各地のスキー場はこの週末からオープンをしてリフトが動き出しているようです。ニセコですでに積雪80cmとなっているようですから、間違いなく冬になっているのですね。晩秋だと思っていた11月も後4日。あと少しで12月がやってきます。のんびりとした初冬の空気の今日、体を休めながらも冬の季節を迎える準備時間となりますように!
写真は亀田川中流の雪景色。吹雪の日のようですが、実は晴れの良い天気。夜中に枝にも降り積もって白い枝を見せていた木々に風が吹くと、それが細かく大きく粒や塊になって飛び散っていました。これを撮ったのは昼近くでしたが、早朝の日射しの中で真っ白に染まった枝は見事だったのだろうなと思います。早起きは三文の徳ですね。(笑)
posted by Kan at 09:01| PhotoDiary

2016年11月26日

冬の夕暮れの美しさ

night.jpg今日は穏やかな天気の1日でした。日射しが心地よく、庭や道路の雪も解けていきました。それでも残る白い雪があるのは、地面が冷えていたりするからなのですね。4度まで上がった気温もこれから夜になるにつれて下がってきていますが、それも日付が変わる日曜日になると、逆に気温を上げる空気が函館に入ってくるようです。明日の予想最高気温は10度前後!せっかく寒さに慣れてきているところなのに、また暖かくなってくると気も体も緩んでくるようで、振り出しに戻りそうです。(笑)こうした寒暖差を繰り返しながら季節が進んでいくようですから、体調に気をつけながら冬へ向かいたいですね。冬眠する動植物などは、この寒さスイッチで、春までおやすみですから幸せなのでしょうが、逆に寒いけれど冬の楽しさ美しさを知らないで春を迎えるのですから勿体無いかも知れません。全国で始まっているイルミネーション。こうした光景を眺められるのも元気だからこそ。寒くなる季節も体を大事にしながら過ごしたいですね。明日もいい日になりますように!
来週から始まる函館のクリスマスイルミネーション。その舞台の函館港は、夕暮れ色に染まった綺麗な光景を見せてくれていました。大きなツリーもイルミネーションも素敵ですが、こうした自然が創り出す光景は、目に見えない色彩の魔術師がいて、あちこちで動き回って生み出しているのかも?色彩部門のアカデミー賞確実ですね。(笑)
posted by Kan at 21:16| PhotoDiary

冬がつくる助け合い

yuki.jpg薄日が射す朝の窓。今日の天気予報は曇りですが、こうしたハズレは大歓迎ですね。(笑)山の方にも結構な雪が積もってきて、スキー場オープン前に一滑りを期待していたSさんなどには最高のシーズンになりそうです。この日射しで市内の雪もひとまず消えていきそう。昨日、ご近所さんと家の前の除雪をしながら、そんな話をしていました。毎年積雪が増えている函館の雪。家の周囲の雪捨て場も相対的に狭くなってきて、今までは塀の一角に集めるだけで住んでいたのにとか、今年はどうしようなどとちょっぴりの不安も。それでも、どんな大雪の年も一人ではないという心強さが、気持ちのいい春を迎えさせてくれています。人は一人では生きてはいけないことを、冬は自然の中で教えてくれているのかも知れませんね。(笑)穏やかな日になりそうな週末土曜日の今日もいい日になりますように!
写真は雪の前後の風景。上は東本願寺の黒くて大きな瓦屋根。雪が降ると、ここがスキー場のスロープのように見えてきます。小さなコブが連なって、右へ左へと軽やかに滑ったら、最後は大ジャンプ!ですね。(笑)下は白い冬を彩る赤いナナカマド。晩秋に赤い葉を落とし、その分も赤く染まった丸い実が熟して枝に残っています。山から降りてきた鳥、渡ってきた鳥たちに止まれの目印になる赤信号。ここで栄養を摂って寒い冬を乗り越える鳥たちもいることでしょう。昨日はちょっぴりオシャレをして、白い帽子をかぶっていました。(笑)
posted by Kan at 10:13| PhotoDiary

2016年11月25日

優しい冬景色を眺めて

snow.jpg今日は昼前後の空き時間を使って市内の雪景色を撮ってきました。曇りと雪の予報だった函館ですが、いく先行く先で日が射し、雨男返上の晴れ男の1日でした。(笑)今日は中野ダム・笹流れダムの雪風景を眺めてきましたが、もう少し早く出かけて枝に張り付く雪景色を見たかったなぁと着いてから思いました。それでも、まだ11月。これから嫌という程出合えることでしょう。紅葉の名所だったところも、すっかり葉が落ちて枝だけになった雪飾り。園内を流れていた人工の川にたまっていた紅葉も見えませんでした。長い棒を持って絞る動作をしていた管理人は水を止めている作業中。またこの公園で流水を楽しめるのは、雪解けの春までお預け。冬の準備は日常の中で見られないところでも、様々始まっているのですね。気温が4度まで上がりそうな明日の土曜日も曇り予報ですが、徐々に体を冬になれさせながら、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 19:04| PhotoDiary

朝焼けの雪の朝

snowmrg.jpg今日はいつの間にか目覚ましがセットされていて、6時30前に目を覚まされました。本当はもう少し眠っていたかったけれど、1日前と比べると意外に暖かく感じる朝に、カーテンを開けて窓の外を見ると雪景色と東方向に赤く輝く朝焼けが目に入りました。すぐに服を着て2階のベランダに出て写真を1・2枚撮ってきました。冬の時期の朝焼けは、私と同様に朝寝坊ですから大好きです。(笑)見下ろす庭もすっかり雪に覆われてしまいました。それでも0度前後の今朝は、そんなに寒く感じませんから徐々に体も冬モードへと変化しているのですね。冬は花や緑が少なくなって寂しいですが、そんな時は毎日めくる植物画カレンダーのイラストで楽しんでいます。何年も前の友人からのプレゼントの日めくり万年カレンダー。365枚のイラストを何度繰り返したのか忘れるほど年数が経っていますが、このイラストを楽しむのも私の1日の中のルーティンになっています。昨日のイラストは函館近郊の大野町の名産である、思い出深いマルメロの実が描かれていました。今日のイラストは常緑のニオイヒバ。我が家の庭のヒバの仲間は綿帽子をかぶってクリスマスツリーのようになっています。(笑)あと40日弱でスタートに戻るカレンダー。同じイラストでも、その年の出来事で色々違って見えるのもいいですね。例年になく各地で雪が多くなっていますが、雪かきで腰を痛めたり、転倒や風邪などに気をつけながら、週末の今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:16| PhotoDiary

2016年11月24日

冬将軍に備えながら

24mt.jpg今日は関東周辺の雪のニュースの比重が大きかった1日でした。函館は、たまにチラチラと降るだけの寒い1日。八王子に住む姉からの通勤途中の雪中継や、休みだった弟の車に積もった雪の様子など、関東に覆いかぶさった冬将軍の活躍を見せてもらったり、小樽の雪の様子など北海道チームの慣れと諦めにも似た冬の入り口に「冬がやってくるねー・・・。」と改めて感じた1日になりました。(笑)今日の函館はギリギリプラス1度の寒い日になっていましたが、また明日から少しずつ気温が戻ってきそうです。それでも来週からは12月。こうした寒さにも慣れていかなければならない時期ですね。カメラや手袋など色々と入れるポケットがついているオレンジのダウンジャケットや、カメラのシャッターを押したりスマホを操作できる暖かな手袋など、これからの季節にも外で楽しめるアイテムを数年前にプレゼントしていただいたので、いつ真冬の寒さになっても大丈夫。函館の代表的な坂道、基坂、八幡坂、二十間坂にもポカポカのロードヒーティングが活躍を始めていました。私の冬アイテムも、ハートヒーティングの温もりで冬に活躍してくれています。(笑)気温差や凍結による転倒などに気をつけて、ちょっぴり暖かさが戻りそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 17:41| PhotoDiary

雪話題の朝に

3ch.jpg昨日の日中の雪模様や、ニュースで真冬並みの寒気が来ているということで、朝はかなり雪が積もっているのかな?と思って窓を開けてみると、昨夕から積もった雪はなく、ただただ寒いだけでした。7時を過ぎると雲の切れ間から日が射してきました。今日の予報は1日曇りですから、この日射しは早起きの三文の得なのかもしれませんね。(笑)東京都心では54年ぶりの初雪ということで、八王子の朝の様子は函館と同程度の雪でした。違うのは気温。マイナス0.2度とマイナス4度との差は大きいですね。道内の最低気温も北見ではマイナス12度!あれ?と思わずカレンダーを見て11月であることを確かめました。すでに冬に入っているとは言え、まだまだ入り口の時期ですから、今年の冬を想像すると雪かきの体力づくりをしておかないと大変かもしれません。今回の寒波のピークは過ぎたようですが、このような日を繰り返して本格的な冬になっていくんだなぁと、ストーブの前で暖まりながら思っています。(笑)寒気を上手にかわしながら、今日もいい日になりますように!
写真は昨日の元町雪風景。ハリストス正教会やカトリック元町教会の屋根に積もった雪。聖ヨハネ教会横の茶々登りの坂道の雪など、市内にうっすら積もって足元を用心させた昨日の雪。その低い雪雲がベイエリアのずっと向こうの横津連峰を隠していました。日が射すと融けて乾燥していきますが、乾く前に冷え込むと一番厄介な氷に変わります。今週はまだ11月。冬将軍には、もう少し心の準備をお願いしたいですね。(笑)
posted by Kan at 07:40| PhotoDiary

2016年11月23日

雪上がりの街で

snowday.jpg今日は雪が降ったり止んだりを繰り返し、マイナス気温が続く1日になりました。昼近くに薄日が射してきたので、久しぶりの雪景色を撮りに元町方面へ行ってきました。元町に行く途中の外気温はマイナス2度。その中を粉雪が舞いながら降っていましたが、それも上がってチラッと青空も見え、日が射してきて雨男返上の天気に。(笑)カメラを持ってカトリック元町教会の方へ歩いていると、大きな黒い本願寺の屋根が雪で真っ白になっていました。日陰の路面は凍結しているようで、歩く時にも十分に気をつけて歩いていましたが、例年の初転びは元町辺りですから何か縁があるのかも?そのような縁は遠慮したいですね。(笑)雪道になったチャチャ登りの坂。聖ヨハネ教会の白壁とピッタリですが、ここも用心をしながら登り、ハリストス正教会を経由して八幡坂まで撮りに行きました。流石に観光客は減っていましたが、雪を珍しがりながら歩く数名の人たちと何組も出会いました。車に乗ってベイエリア方面へ向かうと、こちらには多くの旅行者が歩いていました。ここで12月1日から始まるクリスマスファンタジーのイルミネーションが、じゃらんの調査ではハウステンボスに次いで第2位になったと車内のラジオで流れていました。ツリーの点灯希望者を募り、カウントダウンとともに毎夜点灯される会場に浮かぶ大きなクリスマスツリーの明かり。そして、その上に打ち上がる花火。周囲の煉瓦造りの建物の雰囲気も加わり、この季節にぴったりですね。私も大好きな12月。様々な思いを乗せて始まるクリスマスファンタジーに合わせて降っているような雪ですが、まだまだ積もらなくても大丈夫。週の半ばの今日の祝日でパワーを回復して、明日からもいい日になりますように!
posted by Kan at 19:14| PhotoDiary

マイナス気温の1日

snowlf.jpg寒い夜が明けて窓の外を見ると、うっすら雪景色。積雪数mmですが、この寒さにはぴったりの景色でした。9時過ぎには白い空からゆっくりと舞い降りてきた細かな雪が、今日の寒さを目で伝えています。まるで12月の雰囲気ですが、まだまだ11月の今日は勤労感謝の日。まさか、冬将軍は「いつもご苦労様!」と感謝の声を期待してやってきたのかも?(笑)今日は風雪・低温注意報が出ている函館。先ほど京都の紅葉風景を情報番組で放送していましたが、紅葉の数よりも多い観光客に、毎年京都に出かけている東京の仲間の声「人を入れないで撮るのが大変。」という言葉に納得したり、混雑する寺の回廊では「撮影禁止」になって、せっかくの絶景も撮れなくなったようです。それで秋の絶景ランキングが1位から5位に落ちたとか?混雑するところは待ち時間、トイレなど様々な問題が出てきますから人気があると逆に大変。週明けの京都はどうなっているのでしょうか?紅葉を眺めることができなくても、そうした空気の中で久しぶりの友と出会えるのが楽しみと、今から自分を納得させていました。(笑)雪が降ったり止んだ理を繰り返しそうなマイナス気温の今日も、暖かくしながらいい日になりますように!
posted by Kan at 09:49| PhotoDiary

2016年11月22日

マイナス気温の夜に備えて

sday3.jpg今日は朝から福島沖の地震で驚かされ、八王子に住んでいる姉も、目覚ましよりも先に携帯緊急地震警報で目を覚ましたと知らせてくれました。大きな被害がなくて何よりだった今回の地震ですが、これも5年前の東日本大震災の余震と考えられるそうですから、油断はできません。震度5弱という大きな地震にもかかわらず、建物や人的被害も最小限に済んだのは、前回の教訓が活かされているからですね。それでも、揺れで住宅の窓ガラスが割れたり、津波で港の小型ボート20隻前後が転覆したようです。日本で暮らす限り地震とは無縁ではいられませんが、お手柔らかに願いたいですね。ずっと曇り空の函館にちょっぴりの明るさが見えましたが、日没からぐんぐんと気温が下がってきているようです。今夜から明日の夜までの24時間で、最高気温は0度。最低気温がマイナス4度!まだ11月だというのに、こんなにも早く真冬日近くになるのでしょうか?気のせいか、部屋の暖房の設定温度を上げたくなってきました。それよりも半袖にセーターを着たほうがエコですね。(笑)買い物に出かけたスーパーでも、クリスマスの長靴やおやつを並べたコーナーができていました。子ども達にとっても楽しみな季節が近づいてきています。インフルエンザで学級閉鎖する学校も増加中とのこと。楽しい冬にするためにも体調に気をつけて元気に過ごしたいですね。あったかくしてゆっくり休み、勤労感謝で休日の明日もいい日になりますように!
写真は11月9日の函館の雪景色。前日の晩秋風景を一気に白く染めたこの日の光景が、今週またやってきそうです。この時には紅葉など秋色の中の雪で綺麗でしたが、これから降る雪は本当の白と黒のモノクロの世界になりそうです。石川啄木も寒そうだった大森浜。遠くがかすんで見えた雪の中のトラピスチヌ。まだ紅葉が見事だった香雪園。それぞれの地に積もった雪の白さも、今度は根雪になるのでしょうか?
posted by Kan at 17:26| PhotoDiary

東北沖地震の報道に

ky16.jpg今朝いつも通りに目が覚めて曇り空の空を眺めながら、いつも見ている朝のテレビをつけると、津波警報!よく聞いていると、福島県沖を震源とする最大震度5弱の地震が6時1分前にあったそう。函館は震度1・2だったので気づかなかったですが、東北から関東まで影響が出ているようで、各局とも番組を中断して放送をしていました。5年前の大地震の映像が思い出され、福島などの人々の思いはどれほどだろうかと気になりました。また、一番の被害を出した津波、原発も心配な状況が放送され、30cmから90cmが記録されているよう。第2原発の燃料プール冷却装置が停止している報道もあり、直ちに危険な状況は考えにくいと発表されていましたが、やはり地震大国の日本では原発のリスクは大きく、縮小すべき技術ではないかと思います。福島沖だけではなく、今年は南から北まで大きな地震が起きて多くの被害が出ています。5年前の大地震で日本周辺の安定していた地盤が落ち着くまで、何度も繰り返されるのではとも言われていますから、これからも用心が必要ですね。いつどんな規模でやって来るかわからない地震。暗い朝に目を覚まさせた人たちにとっては恐怖が蘇ったことでしょう。経験則を活かしながら、安心できる街づくりをしていけるといいですね。いつもは意識しない自然災害へも目を向けながら、今日もいい日になりますように!

posted by Kan at 08:09| PhotoDiary

2016年11月21日

冬へ向かって

otiba.jpg今日はのんびりした時間を過ごせた1日でした。来週から出かける旅行の準備をしたり片付けをしたりと、部屋の中を行ったり来たりしていました。(笑)「あれはどこだったかな?」「確か、ここにあるはず!」としばらく着ていない服などを探すのも1階2階を上下していましたから、家の中でも結構な運動になりました。寒くなってくると出かけるのも億劫になってきますが、寒い冬を乗り越えるためには、少しずつ体を動かすことも必要ですね。庭からちょっと日陰に移したホダ木には、あと少しで食べられそうな椎茸がラッシュ時の混雑のように、押すな押すなと混み合ってきています。もっと間隔を空けて出てくれたらいいのにと思っても、こればかりはどこから出てくるかわかりません。大きくなってくるのが楽しみですね。(笑)夕方出かけた時の外気温は4度前後。明日も同じような気温のようですが、全道に雪だるまが並ぶ日になりそうです。12月並みの寒気がやって来るということですから、風にも十分気をつけて明日もいい日になりますように!
写真は名残の紅葉。函館市内の紅葉は秋を過ぎて冬へ向かって真っしぐら。秋の美を魅せていた各地の紅葉も、残り数枚を残して枝ぶりがくっきり。その下には枯れかかった赤や黄色の落ち葉の絨毯。ちょっとの風が吹くとカサカサカサと乾いて軽くなった枯れ葉が舞い上がります。これから紅葉シーズン真っ盛りになる本州。紅葉の名所の京都なども見頃を迎えているようです。カメラやメディアの準備をしっかりとして、自分の目とカメラの眼で、今年の秋風景をしっかりと写し撮って来ようと思っています。(笑)
posted by Kan at 19:20| PhotoDiary

冬へ向けての対策に

beurre.jpg薄曇りの空から早朝の光が射し込む庭。チュンチュンと鳴きながら庭の土をついばむスズメ達も、寒い冬へ向けて何でもかんでもいっぱい食べて太ってきているようです。昨日の話題の中に俳優の松山ケンイチが将棋の映画の役作りのために太って、それが終わったら元に戻って新しい役に取り組んでいるってすごい!というのがありました。食べて寝て、また食べてを繰り返すと太ってくるのはわかりますが、その体を元のように絞っていくのは並大抵ではないでしょうね。海外の大物女優の中にも、役の中で太っていくのに特殊メーキャップやSFXを使わず自力で取り組むのは、やはりその役に惚れ込まなければできないことでしょうね。ボクシング映画では極限まで痩せていく俳優もいましたが、こう考えると俳優も過酷なものですね。庭のスズメはそんなことは考えず、生き残るため、冬を暖かく過ごすために脂肪を増やしているようですが、太りすぎて巣に入れなかったり飛べなくなっては大変。自然の生き物ですから、そんなことは分かっているのでしょうね。(笑)気温が徐々に低くなる1週間も、冬へ向かう人達へのプレゼントかも知れません。体調に気をつけて、今日もいい日になりますように!
写真は駅近くにある旧浅野セメント函館営業所。以前は週末に紅茶を楽しめる店だと思っていた大手町ハウスの様子がなんだか変わっていたので、車を停めて正面を見ると、BEURRE(ブール)というバターゴーフレットの店になっていました。入り口横の看板にはメイプルくるみやハスカップなど6種類ほどのものを挟んで目の前で出してくれるそう。いつもは暗かった窓にも、暖かな色の光が漏れていました。歴史的な建物も、誰も使わないと消えていってしまいそうですが、こうして活用されているのは嬉しいですね。今回は入り口だけでしたが、今度は歩いてきて、ゆっくりと味わいたいなと思いました。
posted by Kan at 09:21| PhotoDiary

2016年11月20日

嬉しい1日

ns6.jpg今日は雨・曇り・晴れが交差する1日でした。強く吹く風に色々なところから紅葉や黄葉が飛んできたり、冬へと向かう冷たい風になってきました。それでも温かい気持ちにさせてくれた友人の用意してくれたご馳走。冬なのにポカポカ温まる料理を用意してくれました。ポカポカ温まったのは料理の暖かさだけではなく、友人の心がこもっていたからですね。お腹も心も満たされた頃、大島のチビちゃん達から元気いっぱいの大声お祝いメッセージ。みんなの元気が一番のプレゼントですね。正月にはスキーを滑りに北海道へやってくるというチビちゃん達。季節の変わり目も元気に乗り切って欲しいですね。朝に届いた兄弟からのメッセージや以前の職場の仲間から届いたメールも嬉しかったです。今日は嬉しいことがいっぱいですね。(笑)11月も早いものであと10日。来週後半の12月から始まるクリスマスファンタジー。様々な楽しみが待っている冬の始まりを元気に待つためにも、体調に気をつけて過ごさなければ。ぐんと気温が下がってくる明日からも、元気でいい日になりますように!
写真は緑の島から眺めたベイエリア。日が沈んだあと、まだ空の青が残る中、夜の明かりがはっきりしてくる頃の光景が好きです。静かな海面がにぶい鏡のように周囲の光景を映し出す姿もきれい。奥で光を増してきたベイエリアに大きなツリーが立つのもあと少しですね。
posted by Kan at 23:03| PhotoDiary

晩秋の名残の雨上がりの朝

masyu.jpg雨上がりの暗い朝。葉が落ちたカエデの枝やすっかり葉が消えたブドウ棚、バラの枝葉に残った水滴も晩秋を思わせる光景。夜に降っていたらしい雨の名残も、これからは凍ったり雪に変わっていくと思うと、何だか急に貴重な宝石のような目で見ていました。(笑)今日の予想最高気温は12度前後。明日からはずっとマイナス気温が顔を出したり雪だるまマークが姿を見せて来る函館。横津連峰など遠くの山の頂に冬の白さを眺めていたのが、いよいよいつ定着してもおかしくない気温が続きそうです。思い出すと昨年はクリスマスの辺りまで雪が無く、クリスマスの夕食を食べに出かけて店を出ると真っ白になっていて驚いた記憶があります。ホワイトクリスマス。12月末になると白い世界が素敵な季節。たまにそっと降ってリフレッシュした白さを見せてくれる程度がいいですが、一度にどかっと積もると大変。今日は午後から晴れ予報。初冬から冬へと向かう1週間のスタートになりそうな今日もいい日になりますように!
写真は摩周丸からの光景。昨日の午後、久しぶりに摩周丸の桟橋へ行ってきました。船内を巡る観光客の姿が目に入りましたが、青函トンネルが完成してからは記念館として桟橋に固定されています。「ゴーゴー、グー・・・。」と波に揺られて船体が発するかすかな音を聞いていると、長い勤めに疲れてグッスリと寝息を立てているような気がしました。函館と連絡船は、切り離されないですね。その桟橋の端から元町を眺めると、八幡坂、公会堂、元町公園、旧イギリス領事館が一つのフレームに入ります。こうした景色を毎日眺めている摩周丸。今の函館にどのような夢を見ているのでしょうね。(笑)
posted by Kan at 08:17| PhotoDiary

2016年11月19日

赤い色に囲まれて

redseason2.jpg今日の午後から晴れる予報でしたが、時折雲間に青い線が入る程度で曇りの1日になりました。そんな2時過ぎにブラッと週末の市内を周ってみると、各地で車が混雑していました。これは初冬の観光客なのでしょうか?五稜郭公園、ベイエリアなど旅行者らしい人たちが多く歩いていたのも、この時期の景色を求めてきているのでしょうね。今はちょうど紅葉が終わり、雪の季節へも後少し。周囲の色の変化が少なく寒い時期ですが、飛行機や列車を利用してのパック旅行やホテルなど、年末までのお得な時期ですから多いかも知れませんね。八幡坂、二十間坂などのライトアップまであと10日ほど。ベイに設置される大きなクリスマスツリーもまだ姿を見せていませんが、ベイエリアはすっかりクリスマスの雰囲気に満ちていました。金森倉庫の壁につかまりジッとしているサンタクロース。周囲のツリーにつけられたイルミネーションのLED電球。倉庫の通りにはこの季節におなじみの可愛らしい家が並んでいました。こうしてみると、ベイエリアは赤い色に囲まれているようでした。パワフルな赤色は、これから寒くなる季節のエネルギー。赤い蔦からの伝言を受けたサンタクロースは、白い世界になる冬に温もりも届けてくれることでしょう。情熱的な色でもある赤は、これからの寒い季節にもパワーを与えてくれるといいですね。二桁気温の最終回になりそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:09| PhotoDiary

寒くなる季節もポカポカで

goryokakutw2.jpg週末土曜日の函館の朝は、はっきりとしない曇り空。予報では弱い傘マークがついていましたが、庭の中には水滴は確認できませんでした。この後の天気予報は曇りのち晴れですが、この予報もひょっとしたらずれてきているのかも知れません。見上げる全天に雲が広がり、晴れそうな気もしないのですが当たって欲しいですね。(笑)昨日家に帰る途中のコンビニで買い物をして店を出る時、ドアを開けると店内に入る人がいたのでいつものようにドアをおさえていました。すると、その若者はちょっと戸惑ったような声ながらも「ありがとうございます。・・・」と店内へ。こんな小さな一言が心の中をスッキリ青空にしてくれます。言われることを期待しているわけではありませんが、こうした声を耳にすると、どんな時にでも小さな手助けを続けたいと思いますね。もちろん言われなくてもいいのですが、何だか温かくなるのがいいなぁと思いました。こうした気持ちにさせてくれたのも、友人がいつも伝えてくれる「ありがとう」の一言。どんな寒い冬でも大丈夫と思える「ありがとう」というのは魔法の言葉ですね。私も弟子にならなくては。(笑)最高14度予報の暖かさの今日もいい日になりますように!
写真は初雪降る前の五稜郭タワー周辺。イチョウの葉が落ちかかっていた五稜郭公園の通りを撮っていると、美術館前だったので、その落ち葉を集める人たちに、落穂拾いの絵画風景が浮かんだり。(笑)すっかり晩秋風景でした。それも10日しないうちに雪が降り風が吹いて、あっという間にイチョウの黄色や赤い葉も消えていって、この通りも冬の準備完了になりました。同様に葉が赤くなっていたナナカマドの並木も、すっかり葉が落ちて真っ赤な実が露わになって冬鳥が来るのを待っているようです。そういえば我が家の庭にも、いつものスズメの他にシジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリがやってきていました。雪が降った山から、少しずつ平地へ移動してきているのですね。
posted by Kan at 09:34| PhotoDiary