2017年10月31日

晩秋風景

mirai.jpg今日は気温が上がらない1日でしたが、いい日になりました。昼頃から久しぶりに友人とのランチ。最近体調があまり良くないと聞いていたので食べられるかな?と思っていたらペロリと美味しそうな顔を見せて完食しました。その様子に嬉しくなってしまいました。食欲があれば病気も怪我も早く良くなりますね。(^^)それから蔦屋で行われるピアノコンサートのプレイベントを観に行って来ました。大型のプロジェクターに映し出されるピアニストの指先やオーケストラの人々の顔。聴いたことのない曲でしたが、クラシック演奏中に出てくる笑顔に私もついニコッと。生で聴くとこんなに大きくは見れませんけれど、直に聴くと感動も違うのでしょうね。終わって画面に向かって拍手をしていました。(^^)イベントホールでは目が大きくて可愛いけれど、ちょっぴり怖いブライスドールという人形がたくさん並べられていました。1体1体手作りの人形は魂がこもっているようで、夜に一人では会いたくないかも?本以外にも様々な体験ができる本屋さんがあるっていいですね。(^^)帰りに笹流ダム公園に寄りましたが、すっかり紅葉も消えて担当の人が落ち葉を集めてブルーシートで山を作っていました。函館の紅葉の秋もそろそろ終盤。産業道路を変えるときも京都ナンバーの車が車線間をフラフラしていましたが、きっと函館に来て迷っていたのでしょうね。旅行者が多い函館のドライバーは、こうした人たちに優しい運転がいいですね。暖かくなりそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:58| PhotoDiary

冷たい風の朝

mgarden.jpg昨日は午後から道央を中心にして強い北風が看板を倒したり樹木の枝を折ったりする被害が出ていました。これも台風から変化した温帯低気圧が発達した爆弾低気圧の影響のようです。それが雨から雪へ変わっていき、ニュースで見た旭川の映像では吹雪状態でした。まだギリギリ10月だというのに吹雪?と思いましたが、10日ほど前の道南の山々の冠雪を思い出して、もう冬が目の前なんだと改めて感じました。昨夕、チラチラと雪が舞ったと放送していた今朝の函館山はどうかな?と窓から眺めてみると、函館山も横津連峰も薄い霧にかすんだようになっていましたが、山頂は白くはなっていなかったようです。我が家の庭の花たちも冷たい風に揺れながらも綺麗な色を見せてくれて、まだ目を楽しませてくれています。この花たちが咲いている間は、この庭に冬は来ないことを。(^^)薄い雲が日射しを強くしたり弱くしたりする今日も、予想最高気温が10度前後の冷たい風が道南に吹き続けるようですが、明日からは少しホッとできるようになりそうですから、今日は暖かくして風邪をひかないようにしたいですね。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:08| PhotoDiary

2017年10月30日

舞い上がる落ち葉の中の秋

daisanzaka.jpg今朝の日射しも冷たい北風に運ばれてきた雲で、曇りや雨になった函館。気温も夕暮れ前に4度台まで下がり、函館山にもヒラヒラと白い雪が舞ったそう。関東でも木枯らし1号が発表され、冷たい風が日本に広がっていきそうです。もう少し気温が上がると思っていたのですが、友人が上がらないと話していた通りになりました。明日まではギリギリ10度前後までしか上がらないようですが、水曜日は18度まで上がってホッと一息つけそうです。出かけた2時過ぎには下校途中の子ども達の姿。駆け足で通り過ぎる子を追いかけるようにカサカサと勢いよく舞い上がる落ち葉。秋もそろそろ終わりそう。函館のFMラジオではタイヤ交換の話題があり、40分待ちほどになっているとありました。まだ10月末ですから、あと1ヶ月は大丈夫でしょうが、こう寒いと冬が近づいていると感じてしまいます。家に帰ってきてすぐにすることが暖房のスイッチを入れること。暖まってくると靴下やセーターを脱いでアイスを食べるのですから寒いのか暑いのか分かりませんね。(^^)こうした寒暖差で風邪をひきやすかったり体調を崩す人も増えてきそうですから、十分に気をつけて寒い季節を乗り切れるようにしたいですね。寒い明日も元気でいい日になりますように!
写真は元町の秋模様。大三坂を登っていくと美味しい蕎麦屋さん、パン屋さんがあり、その両側には真っ赤になったナナカマドの並木。そこを登っていくと見えてくる赤い屋根のカトリック元町教会。そして、この壁を彩る真っ赤になったツタ。散歩をしていた大型の犬も坂道でしゃがんで秋色を楽しんでいるように眺めていました。(^^)函館でも一番早く日が隠れる地区の元町。その秋も終わりに近づいています。
posted by Kan at 18:28| PhotoDiary

風の強い晴れの朝

hati2.jpg昨夜のニュースや天気予報では北上する台風情報で、台風が消えた後も北風が強くなると言っていましたが、カーテンを開けると庭の草花の葉がゆらゆらと揺れていたり時折強く揺さぶられていましたが、思ったほどではありませんでした。それよりも台風一過の晴れのような青空が綺麗な朝。浮かぶ雲の動きは早くて上空の風の激しさを物語っていました。その北風が運んできたのか、今日の最高気温は真夜中の13度で、時間とともに少しずつ下がっていっているようです。この北風が一気に冬への道をつくっていくのかも知れません。函館の近くの紅葉も最盛期を過ぎてきて、紅葉の絨毯や風に飛ばされたイチョウの黄色い敷物が目立っています。見る側は綺麗だなぁとか秋も終わりかなぁなどと思いながら眺めているだけですが、店の前などは気になるのか、大きな袋を用意して綺麗にしています。ホウキで掃いた後からヒラヒラと落ちてくるイチョウの葉。なんだかコメディみたいな感じでした。(^^)イチョウといえば金森倉庫のところや旧イギリス領事館の入り口にあるのが私のお気に入り。前回行った時にはまだ緑色でしたが、今頃は黄色い葉が見事かも知れません。今週は10月から11月へと橋渡しの1週間。香雪園のモミジフェスタも後2週間。深まっている秋もそろそろフィナーレを迎えて冬へとバトンタッチしそうですが、残り少ない函館の秋を楽しみたいですね。心をいっぱい満たして、寒さに打ち勝つパワーを蓄えるためにも。(^^)寒いけれど晴れでスタートした今週も、いい毎日になりますように!
posted by Kan at 09:39| PhotoDiary

2017年10月29日

オータムパーク

autumnpark.jpg午後から雨予報だった函館は、暗くなり始めた頃からポツポツと降り始めた久しぶりの雨になりました。この時期の庭の土は気温が低く太陽の光も弱いせいか、乾燥していないのでそんなに水分を必要としていないのでしょうが、それでも植物たちはホッとしているでしょうね。(^^)今日は昼過ぎから姉からの発注が入っていたので、必要なものを買いに五稜郭公園裏の六花亭に出かけてきました。その駐車場に入ろうとすると車がビッシリで、待機している車もいたので、後で行く予定だった図書館の駐車場に停めて歩いて向かいました。桜の紅葉を楽しみながら公園内の堀沿いを歩いていると、ジョギングをしている人が何人もいました。季節に関係なく走っている人もいるのですね。六花亭に着くと先ほどの車はどこへ行ったのか、ここの駐車場は3・4台の空きがありました。タイミングの差でした。(^^)頼まれたものと美味しそうなものを買ってレジに出すとその横に月1回の限定品のコマーシャルが。美味しそうだったので、それも予約してしまいました。減量中ですが食欲の秋、これを食べてからですね。(^^)図書館へ戻ると、ここも満車状態。読書週間だから?読書の秋でもありますね。堀の周囲もすっかり秋模様。今降っている雨でまた一段階空きが進みそうです。「コートの腕を組み 辺りを歩く恋人たち 今日の日をありがとう 或る午後の 或る Autumn Park 今日の日を心にいつまでも」と歌う松任谷由実のオータムパークの最後の歌詞。カップルが何組も歩いていた今日の公園にもぴったりでした。日々を大切に過ごしたいですね。(^^)この雨も夜中には上がりそうです。新しい1週間も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 18:23| PhotoDiary

晴れのち曇り、のち雨?

2goume.jpg明るかった朝も徐々に雲が増えてきて、今は日射しが消えた曇り空になっている函館。午後から深夜にかけては雨になる予報。そういえば、しばらく雨が降っていませんから、秋の草花にはいい雨になるかも知れません。夜中の気温も10度前後とそれほど下がらなさそうなので、峠のように雪になったり凍結することはないので安心ですね。台風22号は日本の東側に影響を与えながら北東に移動中。長野・東北などのリンゴ農家に影響を与えたコースにならないようですが、海上やこれからのコースには注意が必要。雪の報道がある中の台風もピンとこないのは、季節外れだからですね。気象については長年の経験通りにはいかないことが増えているようです。「クモの巣に朝露がかかっていると晴れ」「カエルが鳴くと雨」「鐘の音が遠くまで聞こえると雨」などの観天望気も、自然が消えてきている都市部ではカエルもツバメもなかなか目にしないでしょうから役に立たなくなってきているかも知れません。昔はよく聞こえていた鐘の音も「騒音だ」と周囲から苦情が出てやめたところもあったという時代。人との距離が密だった頃の「お互い様」というわけにはいかないこともあるようです。「夕虹は晴れ」という言い伝えもあるようですから、そんな天気になってほしいですね。(^^)穏やかな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:23| PhotoDiary

2017年10月28日

函館公園の秋色

hakopk.jpg今日も1日いい天気だった函館。気温も15・6度と平年並みだったようですが、低い気温に慣れてきたせいか、今日のように日射しがあると暖かく感じました。朝の情報番組の映画コーナーでランクに入っていた映画が、上映もそろそろ終わりになってきたので、昼から観に行ってきました。3Dの映画でしたが、この方式の出始めは話の筋よりもどれだけ飛び出ているかということに重きを置いていたような気がします。最近の3D映画は、その場にいるようなリアルな感覚がストーリーの中に自然に入り込めるような気がしました。アトラクションなどでも3D映像と動作でその場にいるような感覚のものがあるようですが、まさにその中に身を置いて実体験するのですね。映画が終わってもまだ日没まで時間があったので、函館山2号目からの景色を撮ったり、久しぶりの函館公園へ行ってきました。最初は登山口の駐車場に車を置いて歩いていこうと思いましたが、さすが秋。午後の時間でもびっしりと車が停められていて、1台の隙間も有りませんでした。仕方なく車で2号目まで(ラッキー?(^^))。横津連峰の雪もすっかり消えて、その峰の上には夏雲のような立派な雲が。山肌の色は茶色に染まり、元町の教会通りも晩秋の色。写真を撮っている間にも何台も車が止まったり徐行して、ここからの眺めを楽しんでいました。Uターンをして函館公園の中に入ると、親子連れの姿や親子とおばあさんの3代で紅葉を楽しんでいる人が多く見られました。ここは函館山の影になって3時30分にもなるとすっかり影になってしまいます。公園職員が落ち葉を何袋分も集めていました。この紅葉が終わる頃、霜が降りてきたり雪になったりして公園も遊園地も静かな場所になっていきますが、まだあと少し秋を楽しみたいですね。(^^)久しぶりの曇りマークの明日の日曜日、ゆっくり休んでエネルギーを蓄えられる、いい日になりますように!
posted by Kan at 21:29| PhotoDiary

深まっていく秋

hati3.jpg今日で5日めの日射しの朝。雨や雪が続くと悲しくなってきますが、こうした朝は何日続いても嬉しいものですね。それでも雨も雪も季節・地方によって必要なものですから、それらがバランスよく繰り返されるといいようです。(^^)台風が沖縄に接近中とは思えない秋晴れの函館も、朝の気温に晩秋を感じます。最低気温が1桁になるのは当たり前で、来週は2度!?平地でこの気温は夜中に水たまりが凍るところもありそうな気がします。初氷の日の登校日、いつも通う道に氷が張っているとパリン!と割れる音を聞きたくて、わざと氷に足を踏み入れて割って歩く姿をよく見ましたが、最近は舗装路面がほとんどですから難しくなりました。それでも子ども達は遊びの名人。いろんな脇道に入って氷割りを楽しんで、割れた氷を手袋をつけた手で持ってくることもありました。そんな初氷・初霜・初雪を手に触れるのもあと少し?下旬とはいえ、まだまだ10月ですからもう少し秋の季節を楽しみたいですね。(^^)今日の植物画カレンダーは秋色の「エゾノギシギシ」の葉。夏に花をつけていた草花も、この時期は実を拡散させる頃。先日小沼の散策路を歩いて戻ってきたら、ジーパンの
裾にトゲトゲのオナモミの実がいくつも付いていました。知らないうちに秋も深まっている函館。知らないうちに風邪を引いてしまうこともあるかも知れません。体調に気をつけながら、秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:13| PhotoDiary

2017年10月27日

秋の日射し広がる函館

ringo.jpg函館は今日で4日間晴れが続いています。まさに秋晴れを満喫ですね。(^^)現在沖縄方面に接近中の台風も、北海道へ近づく前に太平洋へと消えていくようです。現在道南では赤や青のリンゴがたくさん実っています。七飯町は北海道のリンゴ発祥の地ということで、いくつもリンゴ畑があり、どれも大きく太陽の光にキラキラ輝いていました。旧道には直売所がいくつも並び、スーパーなどで買うよりも新鮮で安く美味しいものが手に入ります。リンゴ農家の人がいるところもありますが、無人の店では袋に入ったリンゴやキノコなどが一袋200円などで売られています。こうして無人でもちゃんと料金箱にお金を入れていくのも日本人のいいところ。元町にも無人の販売所があったのですが、最近その姿を見れなくなったのは観光客のせいでしょうか?こうした心も一緒にお土産に持ち帰って世界へと広がっていくといいですね。(^^)夕方には綺麗な夕焼け。秋に相応しい秋色の優しい夕焼けでした。こうした時間帯にポツポツと光が増えてくる市街地の夜景を函館山から眺めると一層綺麗でしょうね。家へ帰る途中、自転車で帰宅する高校生の首にはマフラーが巻かれていました。ゆっくりと秋から冬へと移り変わっていくこの時期、寂しさと美しさが重なり合って時間が流れていきますね。明日も晴れ予報ですから、5日連続になりそうです。ちょっぴり暖かさが増しそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:25| PhotoDiary

秋の読書週間始まる

takuboku.jpgブルっと震える寒い朝の函館。7時過ぎに起きて玄関の温度計を見ると10度!屋内でこの気温でしたから、庭に出てみるとヒンヤリ冷たい空気に囲まれてしまいました。チュンチュンチュン!と元気よく鳴きながら飛び立つスズメたち。冬のスズメは羽毛がたっぷり膨らんで暖かそうですが、この時期は寒くはないでしょうか?冬が近づくと、あまり早く起きると寒さの洗礼が待っていますね。(^^)毎年文化の日を挟んだ今日から来月9日までの2週間は秋の読書週間。市立図書館や学校の図書館などでは、この時期に様々な企画を考えて読書意欲を高めてくれているようです。先日も友人と五稜郭公園裏の図書館へ行ったとき、ガラスケースの中に石川啄木の原稿が展示されていました。1枚目を読むと興味が湧いてきて、2枚目に進み3枚目へといこうとすると、その先は場所的な関係からか2枚目の下に重ねられていて読めませんでした。これを本にしたものもあり、その本の紹介もされていましたが生原稿の持つパワーなのでしょうか、啄木を身近に感じることができました。本は借りてきませんでしたが、改めて啄木の文章に引き込まれている自分がいることが嬉しかったです。(^^)読書週間を機会に新しい本と出合えるといいですね。ちょっと寒い秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:02| PhotoDiary

2017年10月26日

秋の八郎沼で

hati1.jpg今日も秋に相応しい秋晴れの日でした。2時過ぎから少し薄雲が広がってきましたが、車の外気温は16度前後を指して、日射しとともにポカポカした1日でした。それでも早朝と日中の気温差は大きかったので油断はできません。季節の変わり目ですから、用心をしながらですね。今日は昼前から八郎沼へ行ってきました。葉が落ちているものも多くて、すでにピークは過ぎているようでしたが、湖面に映る紅葉が綺麗な日でした。湖畔をゆっくりグルッと1周して赤い橋や湖面に映る木々などを撮っていました。たくさんのカモがのんびり休憩中だったので、驚かさないように抜き足差し足忍び足で通過しようとしましたが、さすが自然児です。バタバタバタ・・・!と危険を察知して中央部へ移動していきました。悪者ではないのに・・・とも思いましたが、この本能があるから生き延びているのですね。厳しい自然の掟ですね。(^^)トントントン・・・と頭の上の方から音が聞こえてきました。ゆっくり見上げると縞縞の体で頭が黒いヤマゲラが木をトントン突ついて虫を探していたようです。カップルが紅葉を背景に写真を取りにきた人。湖水に竿を下げている数人がのどかな釣り風景。八郎沼の秋も、静かな秋の日が流れていました。明日も今日と同じような晴れの日。仕事の人も体調に気をつけながら、明日も秋のいい日になりますように!
posted by Kan at 20:03| PhotoDiary

天高く秋晴れの朝

oonuma26.jpg雲ひとつない青空と日射しが嬉しい朝の函館。温かなベッドから起きだすのは勇気が必要でしたが、一歩を踏み出して窓のカーテンを開けると、気分は爽やかな朝気分。やっぱり青空は気持ちもスーッと綺麗にしてくれます。10月も下旬になって夜の冷えと秋晴れが続いていることで、いつも以上に次々と紅葉が色づく景色を眺めることができています。雨の日も風情がありますが、やっぱり青空との対比が伝える「秋」とは違うような気がします。こう毎日が紅葉条件に当てはまると、道南周辺の紅葉も一気に出揃いそうです。今日は風もなく、絶好の紅葉チャンス。これから八郎沼の方にでも出かけてこようかな?関東の方の小学校では運動会が延期される日が続いて平日開催されたところも少なくなかったようです。こうした秋晴れの日を願って決めても「秋の空」はわからないですね。これからは音楽会・学習発表会などスポーツの秋から文化の秋へとつながっていきます。今年の北海道の11月は冬になっているかも?(^^)体調に合わせてゆっくり体をならせていく時期でもありますから、無理をしすぎないで過ごしたいですね。秋晴れの今日も元気でいい日になりますように!
写真は大沼公園駅近くのいい雰囲気のホテル、エプイの庭。水辺と芝生と季節で変化する草木。毎日手入れをするのが大変だろうなと思いますが、ホテルに入る前からおもてなしの気持ちが伝わってくるようです。またいって見たいところの一つです。
posted by Kan at 09:24| PhotoDiary

2017年10月25日

秋色の夕暮れ

yuukei25.jpg今日はゆったりとした1日でした。午後に玄関を出るとお向かいさんが玄関の窓掃除をするところ。20年来の汚れがこびりついて気になったそうです。話を聞くと娘さんが遊びに来るとバックで玄関側に駐車し、出かける時に長い時間エンジンをかけているので、排ガスがガラス面にこびりついたそう。我が家にあったガラス磨きを持っていって擦りましたがなかなか取れず悪戦苦闘。やはり1年に1回くらいはガラス磨きをしないと簡単には取れないようです。その作業中色々な話をしている中で「一回り太くなってお父さんに似てきたね?」と痛いところをグサリ。(^^)只今ダイエット中でもないですが、ベスト体重から10Kg減を目標にしています。お腹周りだけ。(^^)現職時がいかに体を動かしていたかということですね。自分みたく食欲もなく太らないのも寂しいものとお隣さん。病気になって10年が経ちますが、思い切り食べることができないそうです。やっぱり美味しく食べられるのがいいですね。食欲の秋ですし。(^^)日没少し前に漁火通りを走っていて、夕焼けが綺麗だったので写真を撮ってきました。大森浜の啄木像の背景は夕焼けと函館山。啄木もこんな景色を見ていたのでしょうね。先週は寒くて出られなかった砂浜も、今日は暖かな風を感じた夕暮れ。今夜はまた4・5度に下がるようですから、暖かくして休まなくては。晴れが続く明日も体調に気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 20:12| PhotoDiary

気持ちのいい朝に

sasanagare.jpg昨日に続けて今朝も明るい朝が待っていました。昨日・今日・明日は晴れマークが続く秋晴れの3日間になりそうです。先ほども庭に出てみましたが、吐く息も白くならず半袖でも寒くはありませんでした。先週は寒くて草花の葉も朝露に濡れるほどだったのですがそんなこともありません。これは8時台だったから?(^^)朝晩の冷え込みが紅葉を鮮やかにすると言われていますが、今年の紅葉は各地で見事な色を見せてくれていて、道南の見頃もそろそろ終わりに近づいています。昨日の大沼帰りの午後、笹流ダム公園へ寄ると駐車場近くに並ぶモミジの紅葉に日が射し込み、とっても綺麗な光景でした。足元には赤くふわふわサラサラと感触もいい紅葉の絨毯。その中に可愛らしいキノコが顔を出していたり、まさに秋が真っ盛りという場所でした。それぞれの色の違いや木の幹・枝の面白い造形なども楽しめました。亀田川にかかる紅葉も鮮やかで撮っていると、散水車と書かれた車がバックで入ってきて、何をするのだろう?と思ったら、道路で散水している水は川の水を利用していたのですね。ホースでゴクンゴクンと吸い込んでいました。世の中の仕組みは知らないことばかり。(^^)次から次へとやってくる紅葉狩りを楽しむ人たち。こうした季節を感じながら過ごせるのは贅沢な時間。元気でいるからできること。互いに自身を大切に過ごしたいですね。気温も上がりそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:29| PhotoDiary

2017年10月24日

雪の駒ヶ岳と紅葉

komagatake.jpg今朝は決意をして朝早くに出かけた甲斐がありました。天気はどこまでも青空が続き、家を出るとき10度前後だった気温も昼頃は15・6度まで上がって、爽やかな秋の1日になりました。行き先は高速を走りながら時期的にいったら紅葉が先に始まっているだろう鳥崎渓谷なのですが、トンネルを抜けると白い駒ヶ岳がすっきりと綺麗に見えたので、大沼を周遊することにしました。高速赤川インターに乗る前の道路から白い峰が見え、あっ!横津連峰に冠雪!と思い写真を撮ろうと思いましたが、スムーズに動いていたので、停止できずに目でしっかりと眺めるだけだったので、冠雪した駒ヶ岳を見て何だかホッとしました。(^^)トンネルから右折する橋の上には数人の人がカメラを構えて写真を撮っていましたが、白い駒ヶ岳だけではなくこれを背景にした鉄道を撮るのでしょう。私はラッキーなことに春に友人と函館駅に見にいった特別仕様列車「四季島」が札幌方面に進んでいくのを大沼公園駅で見ることができました。撮り鉄さんは、こうした時刻表をしっかり頭に入れて待機しているのですね。大沼周遊道路を走っては停めて歩きを繰り返して、大沼周辺の真っ赤な秋を取ることができて満足。友人と一緒に来れたら良かったですが、後で動画でもつくって見せてあげようかなと思っています。(^^)今日の写真は駒ヶ岳の映ったものから選んで配置しました。カメラ片手に一人、二人、数名で遊歩道を歩く人たちも、今日の秋色をたっぷりと楽しめたことでしょう。晴れ予報で秋晴れの明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 20:15| PhotoDiary

久しぶりの日射しの朝

cofee.jpg北海道の東を抜けていった台風が変化した温帯低気圧は、日本各地に大きな風水害を及ぼしていました。その低気圧が北風を引き込み、道内各地で積雪があったり冷え込んだりしていて、函館も深夜はかなり冷えたようです。私はあったかい対策をして眠りましたので大丈夫でした。函館近郊の紅葉の名所もこの寒さで秋色もかなり進んでいることでしょう。香雪園、笹流・中野ダム公園、八郎沼、大沼、鳥崎渓谷など見所はたくさんあります。今日は早く起きたのでこれから大沼周辺を歩いて秋を撮ってこようかなと思っています。昨日までの風も嘘のように静まっていますから、この日射しが続くといい景色に出会えそうです。我が家の庭に発芽しているコスモスの芽も大きくなってきて、これからの寒さにどうするのだろう?と思ってしまいます。せっかく元気いっぱいに出てきても、ブルブルと震えているような気もします。このまま春までチューリップと一緒に冬眠をしてくれたら、目覚めを知らせる春の温もりに出合えるのに・・・と思ったりもしました。小さな庭の自然。どうなるのか見守っていきたいと思います。秋晴れの日射しを浴びながら今日もいい日になりますように!
写真は大沼にあるレストラン。大沼周遊道路にあるちょっと面白いユニークな喫茶・レストランです。敷地内には面白い飾り・遊具などが並んでいたり、店内にも航海時代に集めた人形などが並んでいます。店主の個人的な思い・趣味を店全体で伝える気持ちがわかる店です。
posted by Kan at 08:35| PhotoDiary

2017年10月23日

寒さが降りてくる北海道

warmcol.jpg今日は台風接近で北海道も影響を受けるという予報だったのが大きな被害がなくホッとしました。でも、その低気圧が「西高東低」の冬型の気圧配置を作り、北海道の内陸部や道東は雪になりました。サラッとした初雪という可愛らしいものではなく、積雪数cmというノーマルタイヤでは危なかしそうな本格的な雪景色。今夜も0度くらいまで下がる旭川や北見は路面凍結に要注意。タイヤ交換は冬前と春先の恒例行事ですが、スタッドレスタイヤに変えるときは長い冬を覚悟してしまいます。今まで行けたところにも冬季閉鎖という標識でUターンしたこともしばしば。それ以上に運転に気をつけないと危険な季節ですから、夏以上に安全に運転をしなくては。函館の雪はまだですが、この雪が降ると函館山の自動車道は閉鎖になってしまいます。もう少し山ドライブを楽しみたいので雪が遅いことを願っています。明日の明け方は3・4度まで下がる予報ですから、今日までの寝具でちょっと冷えるかなと思ったら、もう1枚かけていたほうが明け方に寒くて目が覚めるということは避けられるかも?秋から冬への気温は行ったり来たり。体が寒暖差に慣れるまでは体調も不安定になりますから、まずは自身を大切にしながら過ごしたいですね。晴れでも寒くなりそうな明日もいい日になりますように!
写真は寒い日の暖かい色合い。先週の夕暮れ、夕焼け色に染まって来た元町は平年よりも寒く、ブルゾンを着て歩いていました。元町の坂は季節・天気によって様々な顔を見せてくれますが、そこに居合わせる観光客によっても様々な景色に変化します。真っ赤なナナカマドの並木が印象的な大三坂の上にある喫茶店の温かな光は、寒い日にはちょっと一休みと誘われてしまいそう。冬になるとここの店主のお婆さんが懸命に雪かきをしているのを思い出しました。そんな光景もあと少し?いやいや、まだまだ先にしてほしいものです。(^^)
posted by Kan at 19:13| PhotoDiary

10月の台風北上中

amenohi.jpg冷たい雨が降る寒い朝、大型の台風が進路を東側に変えながら北上中。気象状況では波浪警報、大雨・強風・濃霧注意報が出ていますが、まだあまり強い風が吹いていないのが幸いです。でも、グルグルと時計と反対回りをしている台風が北からの冷たい風を運んで来て、日中の函館も5度!道央の旭川などは雪に変わりそうな予報で、積雪50cmというところも出て来そうということですから、慌ててタイヤ交換をしている人も少なくないかも知れません。それでもまだ10月。冬の準備には早すぎる気がします。今は秋ですから、あと少しこの季節を味わいたいですね。(^^)今日は午後まで台風の影響が続く予報。青空や暖かな日射しは望めそうもありませんから、屋内作業が良さそうです。何事も思い通りにはいかないですが、「万事塞翁が馬」で、マイナスと思ったことがプラスに転じることもあり、その逆もありますから自然のままにですね。寒い中、風邪などをひかないように気をつけながら今日もいいhになりますように!
写真は雨の日の西部地区。今日の写真ではありませんが、晴ればかりではなく雨の日は雨でなければ撮れない写真があります。濡れた路面に映る光景はお気に入りですが、窓から雨を眺めていると「外に出なくてもいいか・・・」と弱気になってしまいます。(^^)
posted by Kan at 09:26| PhotoDiary

2017年10月22日

落ち葉散る午後

otiba22.jpg今日は1日太陽を見ることのなかった曇り空に覆われた函館。明日も台風の影響で荒れる予報ですから、紅葉にふさわしい時期なのに残念ですね。今日は衆議院選挙の投票日。8時から開票速報が各局一斉に各党の予想得票数を表示しましたが、1分も経たないうちに速報が出る仕組みがよくわかりません。今夜遅くに大まかな結果がわかると思いますが、どの党であれ少しでもいい方向に進むように願いたいですね。私も午後から指定投票所に出かけて来ました。そこには車が交互にやって来て、この辺りの投票率は高そうです。それからカメラ屋へ行く途中に亀田川中流の両側の木々が赤や黄色に染まっているのを観てカメラで数枚撮りました。亀田川の上流から平地へ降りて来た紅葉。この川水が秋色を運んで来ているようでした。それから目に入った久しぶりの石川公園を歩くと、桜の木の赤い葉、イチョウの黄色い葉など、ここも秋色でビッシリ。イチイの木の赤い実を懸命にとっている子がいましたが、私もよくヌルッとした甘い実を食べたものです。秋は様々な感情を揺さぶる季節。様々な想いの中にある秋の感覚を浮かべながら静かに過ごすのもいいですね。明日から始まる新しい1週間は台風でスタートしそうです。どんな天気でも気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:59| PhotoDiary

雨上がりの日曜日

fall22.jpg6時30分過ぎ、まだ薄暗い時間に起きると窓の外は雨上がり。秋晴れの日が少なくて、今年は各地の鮮やかな紅葉を楽しめる日が少ないようです。明日の函館はコースにもよりますが台風の影響で大雨予報。見事な紅葉になりかかっている場所も、飛んでいってしまうかも知れません。秋の風景にピッタリ似合う青空ですから、そんな空の下を秋ドライブをしながら楽しみたいなぁと思っています。現在の台風21号は921hPaと超大型で、上陸すると大きな被害を及ぼしそうですから、できるだけ早く東に寄って太平洋に抜けるといいのですが、そこを航行する船も要注意。晩秋の台風は寒さも控えているので本当に大変。紅葉といえば京都なども有名ですが、今日は時代祭が開かれる予定だったのが、この台風で中止にしたそうです。天候で中止になったのは第1回が始められた1895年以降初めてだそうですから、準備をしていた人たち、観るのを楽しみにしていた人たちも残念だったでしょうね。逆に、このような大きな行事を安全のために延期ではなく中止した勇気は立派だと思います。来年は今年の分も盛大にできるといいですね。(^^)我が家の植物がカレンダーも友人に頂いてから9年が過ぎ、季節季節の花々を楽しませてくれています。香雪園で黄褐色になっているイタヤカエデは昨日の絵柄。万年カレンダーですから、これからもずっと楽しませてくれますね。(^^)紅葉の花言葉は「大切な思い出」「美しい変化」などいい言葉が重ねられていました。色鮮やかな季節、天気は曇りがちですが今日もいい日になりますように!
写真は秋の美しい変化。10日ほど前の緑の中にポツンと出来始めた紅葉の香雪園から昨夕の雨上がりの紅葉や、ハロウィンのかぼちゃが置かれた入り口。季節によって見る景色が変化するのは楽しいですね。変化しない時にはカメラを回転させて面白い絵にしています。(^^)
posted by Kan at 08:02| PhotoDiary