2018年01月31日

スーパーブルーブラッドムーンの夜

m1.jpg夕方前から雲が広がり、月が出始めた頃には雲を通して月明かりが見える程度になって、今年はダメかな?と思っていたのですが、八王子の姉から皆既月食が綺麗に見えるよとLINEがあり、10時過ぎにカメラを持って2階の窓を開けて眺めると、南東の高い空に赤銅色に光る月が見えました。手持ちで300mmのレンズを向けて何枚か撮りましたが、感度を25600まで上げて手振れ補正のおかげでなんとか月らしく撮れました。やはり暗い時には三脚を立てて低感度で撮ったほうがいいですね。(^^)窓の外には冷たい空気が広がり、一気に足元から冷えてきてすぐに引き上げてきました。マイナス5度を下回るくらいの気温は、空気をキリッとしてくれて、星空を撮るには最適ですが、体力気力が必要です。4年後は11月のようですから、お気に入りの場所に行って撮ろうかな?来年のこと以上に鬼も笑う気にもならないでしょうね。(^^)明日から始まる2月もいい毎日になりますように!
posted by Kan at 22:31| PhotoDiary

1月最後の日

z20.jpg雪の気配を感じて今朝も早めに起きると数cmの雪が積もっていました。マイナス気温が続く真冬日が続いていますから、サラサラとした雪は軽く、除雪にはちょうどいいですね。(^^)除雪機の相棒も快調に動いて、今までよりも効率的にできるようになり、心の中では「もっと降り積もらないかなぁ・・・」などと思ってしまいました。(^^)今夜は10時前後を境に皆既月食が見られるそうです。でも、函館の天気予報は雪・曇りで期待できそうもなく残念。次回は2022年11月8日だそうですから、それまでお預け?寒い冬の夜空は見上げる機会が少ないので、こうした天体ショーがあると見たいものです。日射しが真っ白な雪に跳ね返り、庭を明るくしてくれています。青空と白い雪のコントラストもいいですね。これも窓から眺めるから?(^^)今週末から土日に2週続いて道南でも五稜郭公園などの観光地でキャンドルが灯されるシーニックナイト2018というイベントがあります。5時頃から1・2時間の短時間の点灯を眺めたい人は時間厳守ですね。(^^)寒い冬でも暖かな格好をして出かけると、心もホッコリするでしょう。今日もいい日になりますように!
写真は雪が緩んだ緑の島風景。10日前くらいに出かけた緑の島。この時には積もっていた雪も融け出して広場に雪解け水が広がっていました。それが鏡のようになって対岸の建物を映し出し、まるで蜃気楼のように見えました。ホテルや岸壁などに大型クレーンなどが目立ち、春過ぎにはまた違った光景になりそうです。歴史を大切に積み重ねる函館の中にも、新たな姿が見られそうですね。
posted by Kan at 10:06| PhotoDiary

2018年01月30日

冬の下の春

katoriku.jpgマイナス気温が続く朝の函館。日中もマイナス気温となる真冬日も、これで連続何日目になるのでしょうか?東京なども冬日が続いているようですが、この寒波による影響も予報では明日までのよう。カレンダーをみると、2018年がスタートした1月も明日で終わり。この暦と合わせて季節も春へと向かっているのでしょうか?昨日、京都へ旅行をしていた仲間から春の頼りの写真が届きました。春・秋と京都の四季を味わっている仲間の冬バージョンにも、色鮮やかな梅や桜の花が可憐な姿。雪に囲まれた函館からは想像できませんが、寒波の中にあっても少しずつ少しずつ春へと向かっているのを感じることができました。我が家の雪の庭の下には、昨秋植えたチューリップが眠っています。まだまだゆっくりと休んで、暖かくなる春に可愛らしい色の花を見せてくれることを。どんなに寒くても、どんなに雪が深くても、やがてくる春が忘れさせてくれます。インフルエンザの流行に乗らないで、体を大事にしながら今日もいい日になりますように!
写真はカトリック元町教会が見える風景。冬の大三坂やチャチャ登りの坂は覚悟が必要です。ツルツルの氷の坂は、カメラを守りながらゆっくりゆっくり。そうして歩いていると、枝の上にスズメが群れをなして飛んできました。「ふくら雀」というそうですが、フワッと丸い姿はとても可愛らしかったです。このスズメたちは春が近いのを感じているのでしょうか?
posted by Kan at 08:02| PhotoDiary

2018年01月29日

大雪の朝

ohnuma.jpg今朝起きたら雪の多さにビックリ!昨夜遅く寝る前にカーテンを開けて窓を見ると、水滴がついていて雨なら大丈夫と油断をしていたので、余計に驚きました。20cm前後積もった雪を眺めながらコーヒーを飲んで雪かきの用意をしようかなと思っていたらピンポーン!とインターフォンから「雪だよーー」とお隣さんの声。玄関から出て見ると家の前はほとんど除雪されていて、7時頃からやっていたということ。車もすっかり雪だるま状態。今週末は節分ですが、雪はまだまだ続きそうです。我が家の除雪機も近所の空き地が無くなってきたので、ブレード型からロータリー型へと買い換えることにして今日届くはずだったのでちょうどよかったと思ったら、なかなか連絡が来ず確認をすると3時過ぎになりそうとのこと。これで雪かきも少しは楽になるといいのですが。(^^)昨夜八王子の姉から電話があり、八王子の雪もなかなか消えないと話していて、何年か前に函館で買ったスパイクを出し入れできるブーツも効かなくなってきたと嘆いていました。それほど活躍の場があったということですね。温暖化と言われている逆の現象が起きている日本ですが、この寒波が去ると春も近づくことでしょう。体調に気をつけながら今日もいい日になりますように!
写真は昨日の大沼公園と駒ケ岳。雪と氷の祭典の氷の滑り台などの作業工程などの写真を撮りに出かけたのですが、久しぶりに見た真っ白な駒ヶ岳は絶景でした。最近予兆もなく噴火する火山もありましたから油断はできませんが、日本は火山とともに生きていることを改めて実感。この光景や近くの温泉も地球の恵みですね。
posted by Kan at 14:34| PhotoDiary

2018年01月28日

まつりの前に

kousetuen.jpg昨日今日と7時頃は青空が見えて気持ちのいいい朝を迎えています。東の空からの日射しが周囲を照らし始める8時過ぎになると、雲が広がって来て天気予報通りの曇り空に。これから1週間ほどは曇りマークが並んで、青空や星空はあまり期待できそうもありませんが、1月31日の満月の夜は皆既月食になるそうですから、夜の9時頃には晴れて欲しいと思います。今朝も早くから電話があって、氷の切り出しや滑り台つくりの様子を撮ってくれないかという内容でした。空を見上げて、その時は青空だったので時間を見て行きますと電話を切りましたが、青空を雲の幕でしまい込むようにゆっくりと隠していきました。どうしようかなぁと思ったけれど一度様子を見に行くことにしました。今週は全国的に再び寒波がやって来て雪や寒さに覆われそうですから、晴れは期待できませんね。毎日朝8時から頑張っているという80過ぎの方々の頑張りのためにも、せめて当日は青空の下で子ども達が喜ぶ笑顔が広がるといいなぁと思います。真冬日が続く今日も暖かくしながらいい日になりますように!
写真は香雪園の雪景色。いつも散策をする人が絶えない園内も、この雪と寒さで少なくなったように感じます。散策路の中間辺りにクレーン付きのトラックが止まって、切り分けた松の枝を積み込んでいました。きっと大雪で枝が折れたのでしょう。雪対策をしている園内ですが、その想像を超える雪にはどうすることもできないのでしょうね。冬も後半。雪の少ないことを。
posted by Kan at 08:33| PhotoDiary

2018年01月27日

1月最後の週末

garden.jpg今日は目覚し時計を設定しなかったけれど、7時前に目が覚めて起き出すと曇りのような薄暗さ。コーヒーを飲みながらボーッとしていると、窓から朝の光が射し込んで来ました。今日の日の出は6時55分。久しぶりに太陽よりも早起きできたようです。(^^)出かけていると日が沈むのが遅くなったのを感じますが、当時のあたりは4時10分だったのが今では4時46分と、30分以上も長くなって来ています。1週間後の立春の頃にはそれぞれ10分ほど広がるようですから、寒かった冬も今週がピークだったのでしょうか?そうあって欲しいですね。(^^)今朝早くから以前の職場の先輩から電話があり、珍しく写真のことを聞かれました。大判サイズの印刷にいくらかかるかなどを話していましたが、元気な声を聞けると嬉しいものですね。それにしても起きていてよかったです。(^^)真冬日から脱出するには後3・4日かかるようですが、冬も後半に向けて元気で過ごしたいですね。全国的にインフルエンザB型が警報レベルに流行していて、各地の病院もその増加に限界が近づいているようです。体を自己管理して罹らないように気をつけなくては。もし風邪かな?と思ったら、無理をしないで仕事を休んだり、早めの治療が一番です。暖かくして今日もいい日になりますように!
写真は去年の我が家の庭色。まだ冬も折り返しだと言うのに、もうそのあとの花景色が浮かんで来て去年の夏の我が家の庭色を並べて見ました。今はまだ真っ白な庭ですが、この下で晩秋に植えた各種のチューリップが眠りを覚ます4月には桜と合わせて春色が爆発しますね。気が早過ぎですが。(^^)
posted by Kan at 09:00| PhotoDiary

2018年01月26日

寒さが続く函館

motomachi.jpg寒い朝に積もっていた雪の後、雪が止んでいた函館の各地で見られた雪かき風景。大きな雪を片付けるスノーダンプや家の前の雪を懸命に片付ける人たち。週末の学校帰りの子供達も雪に飽きてきたのか寒いのか、静かな下校風景に感じました。今季最低気温を記録した後志の喜茂別町のマイナス31.3度は、富士山のマイナス31.8度とほぼ同じ。富士山山頂で暮らしているようなものだったのですね。マイナス5度前後の雪景色を撮るのに手袋を外してカメラを持ったときの冷たさなんて問題外なのでしょうが、それでも冷たく感じるのは体が甘えているから?(^^)こんなときには友人からプレゼントされた手袋の親指の先から指を出せる手袋をすると大丈夫。寒い季節でないと見られない絶景。鳥崎の染み出た水が氷柱を創る景色や、恵山に行く途中のトンネルの出入り口付近の氷の様子などを撮りに行きたいですね。来週は2月に入りますから、この寒波が去ったら冬のお祭りとともに雪の季節も駆け足で進んで行きそうな気もします。冬も半分を過ぎそうになると寒さへの免疫も付いてくるのでしょうか?冬を元気に楽しめる体力を持ち続けたいですね。(^^)真冬日が続く週末の明日も、風邪などに気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 20:13| PhotoDiary

雪曇りの朝

torapis.jpg昨夜寝る前に窓の外を見ると雪は降っていなかったので、翌朝の雪かきは大丈夫!と思って今朝目を覚まして見た庭の景色は、10cmほどの新雪が積もっていました。シンシンと静かに降り積もっていたのですね。コーヒーを飲んでから雪かきでもしようかなと思っていると、通りから雪かきの音が聞こえてきました。早くからお向かいさんが綺麗にしてくれていました。助けてくれるお隣さんに感謝ですね。全国的に寒波に覆われていて真冬日が続いている函館。この寒さも今月いっぱいまでのようです。カレンダーを見ると2018年が始まって26日目。長いのか短いのか、やはり正月を挟むと時間の流れが日常とは違うようです。来週末は節分。先週大雪情報を送ってくれた東京の仲間も、6年生と一緒に雪遊びを楽しんだそう。この子達も40日後には卒業と話していましたから、いい思い出のプレゼントになったかも?(^^)学校も職場など、「年度」で動いているところでは3月末のまとめに向けて慌ただしくなってくる時期でもあります。インフルエンザの流行で学級閉鎖も増えてきているようですから、体を大切にして寒い時期を乗り越えたいですね。寒さが続く今日も暖かくして、いい日になりますように!
写真は昨日のトラピスチヌ修道院。湯の川方面に用事ができたので、カメラを持って出かけてきました。一仕事が終わり近くのトラピスチヌ修道院の写真でもと思ったときには青空がすっかり消えて、吹雪模様になっていました。それでもどんな様子か坂道を登って行くと、シーンと静まり返った場所。いつもは観光バスが何台も並んで停まっている場所もひっそり。入口から歩く先には誰の姿も見えません。階段も凍っているためか立ち入り禁止になっていて、下から眺めるだけになっていました。とにかくカメラを持つ手も冷たくなって、売店であったかい牛乳を頼むと「売れ切れでーす。」「粒つぶコーンポタージュありますよ?」とお勧めのものを買って手を暖めました。寒い冬のスナップは完全防備が必要ですね。(^^)
posted by Kan at 10:36| PhotoDiary

2018年01月25日

寒い朝の函館で

20kensaka.jpg今朝はマイナス10度近かった寒い函館。1902年の今日、旭川でマイナス42度を記録し日本最低気温の日に制定されたそうですが、今日はそれを記念したわけではないでしょうが、全国的に冷え込んだ朝になったようです。この寒さは今週いっぱいまで続くそうですが、自身の体はもちろん凍結予防や除雪時の怪我などにも気をつけたいですね。雪に慣れているはずの函館でも、先日来の大雪で雪を捨てる場所がなくなってきて、道幅が徐々に狭くなってきています。一度、市の除雪機でも入ってくれたらホッとできますが、幹線道路主体で動いているブルドーザーは、脇道を入ってくることはなかなかありません。当分ご近所さんでしのぐしかないですね。コーヒーも飲んだし、これから除雪をしてこようと思いますが、曇りの7時前でも随分と明るくなってきました。24節気では20日の大寒が過ぎ、2月4日の「立春」も後10日ほど。寒い寒いと言っているうちに、少しずつ春も近づいてきているようです。無理をし過ぎないで、今日もいい日になりますように!
写真は昨夕の雪模様。日没後の5時過ぎ辺りにベイエリアや元町周辺を撮ってきましたが、視界が一時的に吹雪で遮られるような天気でした。そんな中でも旅行者は元気一杯。雪のない国からやってきたのか、雪に体を埋めて写真を撮ったり、この天気を結構楽しんでいました。こんな余裕も必要かも?(^^)
posted by Kan at 07:20| PhotoDiary

2018年01月24日

雪降る景色

konuma.jpg昨日は大雪警報が出ていたけれど、函館市内はプラス気温もあったからか、思ったよりも積もりませんでした。今朝も雪かきが必要なかな?と思いながら起きて窓の外を見ると、4・5cmほどでもっと積もってからと思っていたら、ザザッ!と堅い雪かきの音が聞こえてきました。お隣さんが雪かきを始めたようですが、それもすぐに止んで終わりました。着替えをして出てみると、車に積もった雪よりも路面が綺麗になっていました。感謝!寒波に包まれた北海道の各地に出されていた大雪・波浪警報なども深夜には解除されましたが、地域によってはホワイトアウトになった視界の中で事故を起こしたり大変だったところもあったようです。油断はできませんね。わたしも昨日は久しぶりに遠出をしようと思っていたのを変更して大沼まで行ってきました。いつもは観光客の賑やかな歓声が聞こえる公園内は静かで、大型機械で雪と氷の祭典の雪像づくりの準備をしていました。対岸に見えるはずの駒ケ岳も全く見えない風景は、やっぱり何か欠けている感じがしました。そんな吹雪の中、小沼に移動をしてハンの木を撮りに行くと、中国人グループをガイドしていた人と出会い、雪の上を歩くスノーシュー自慢やじゅんさい沼を一周したという話を聞いてきました。そのグルプが帰った後、今シーズン初めてのハンの木の島まで歩いて行ってきました。思ったよりもしっかりとした氷が張っているようで足跡がにじむということもありませんでした。帰りに白鳥を見に行くと、3羽が吹雪の中を寒そうにしていました。せっかく南下してきたのに・・・と思っていたかも知れませんね。(^^)週末まで真冬日が続く毎日ですが、風邪をひかないように気をつけながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:08| PhotoDiary

2018年01月23日

関東に広がった雪だるま

z8.jpg昨日の午後から関東圏を中心に4年ぶりに降った大雪で、陸空の交通も大幅に混乱をしたようですが、今朝もその後遺症が残っているようです。八王子に住む姉も、臨休などは望めずに朝から融け始めた雪を避けながらの出勤になりそうです。冬に雪が当たり前のように降る地域では大きな問題にならないようなことでも、地域によっては被害が広がっていくのですね。北海道でも冬に入る11月末から12月の雪が降り始める頃には、スタッドレスタイヤに交換をしていない車や慣れない雪に慎重になる車で、朝の通勤時間が何倍にもなっていましたから、きっとこのようなことなのですね。今朝の函館は雨混じりの細かな雪が降ってきて、明日までこのような天気が続きそうです。今日は久しぶりに鳥崎渓谷の斜面に滲み出た水が凍ってできる青く輝く氷風景を撮りに行く予定でしたが、日射しもなさそうなので断念しました。こんな日は駒ヶ岳の麓のチャップリン館や近くの花の湯などの温泉でのんびりタイム?(^^)暴風雪警報も出ている道南ですから、出かける人も気をつけて、元気でいい日になりますように!
写真は雪の中のティーショップ「夕陽」。冬季間はお休みになるこの店は、四季の夕陽が綺麗に眺められる場所にあります。この店がオープンする4月頃になると、この辺りも春になるのですね。
posted by Kan at 07:37| PhotoDiary

2018年01月22日

新雪に輝く朝日

sinsetu.jpg今日の8時過ぎからは日が射してきて明るくなっている函館。こうした晴れの朝も最近では珍しいです。昨日も雲の流れが早い曇り空だったり、何日も青空の朝が少なかったような気がします。こんな晴れている函館ですが、東京などの関東圏は午後からの積雪で夜には10cm近くなるとテレビでしていました。冬とはいえスタッドレスタイヤなども履いていない車には厳しい積雪になりそうです。アメリカの東海岸の寒波のニュースやロシアのマイナス60度を下回る気温など、いつもとは異なる気象状況が増えてきています。先日観た映画でもフィクションですが、各地で異常気象が頻発して、それを管理する衛星で安定させるというものがありましたが、全くの夢物語とは言えないのが怖いですね。人は自然の恵みを受け過ぎて、お返しを忘れているのかも?数センチ積もったフワフワの雪もマイナスの寒さを伝えています。真冬日でスタートした今週も、元気でいい毎日になりますように!
posted by Kan at 08:45| PhotoDiary

2018年01月21日

2日前の記事

z21.jpg2日前の朝に一時掲載をして、その日の夜に新しい記事で上書きをしてしまって消えた記事を再掲します。m(__)m
天気予報では晴れマークが並ぶ空模様のはずだった朝の空ですが、青空や日射しは冬の雲に覆われた曇り空。ここしばらくすっきりとした青空を見ていないので、真っ白な雪に反射する光が眩しいという感覚も忘れそうです。(^^)暖かかった昨日と比べると4・5度ほど下がる今日の最高気温。1度前後というのはこの時期の平年並みなのでしょうが、舗装面を出そうと頑張っていた人などは、このまま暖かな気温が続いてくれたらと思っているのでしょうが、春まではまだ遠いようです。昨夜は八王子の姉と姪の子どもと久しぶりにテレビ電話でおしゃべり。表情や声の様子が伝わってくるテレビ電話は元気が伝わってきていいですね。ゴロンダラリとしているときに突然呼び出し音が鳴るのもドキッとしますが、元気な様子は嬉しいですね。また寒波がやってきて寒さが厳しくなるという週末から来週にかけても、暖かくして寒い冬を元気に過ごせますように!
写真は冬の函館漁港。イカ釣り船がずらりと並び、いつでも出漁できる感じでした。今年も漁具合があまりよくないようですが、大漁旗を掲げながら笑顔で戻ってくると、イカの街としての函館も活気が出るでしょうね。
posted by Kan at 11:03| PhotoDiary

2018年01月20日

晴れの元町散歩

motomati19.jpg昨日は久しぶりの青空を見れた晴れでしたが、今朝はハラハラと小雪が舞う曇り空。今日が大寒という寒さも真冬日にはならずに済みそうですが、一気に解けてしまいそうだった庭の雪もなかなか減りそうもありません。やはり冬はまだこれから?(^^)そんな中、風邪も治って今年初めて散策した元町は、新鮮な感じがしました。歩き始めると目に飛び込んでくるカトリック元町教会や、ほとんどの旅行者が途中で断念をしたチャチャ登りの氷の坂道と聖ヨハネ教会。登った人だけに姿を見せてくれる坂道とハリストス正教会の風景。スパイク付きの靴が必要?と思えるほどの道ばかりでしたが、冬の元町も歩く価値のある街並みでした。もう少し遅い時間帯でしたら、ライトアップされた坂道も見れたのでしょうが、0度前後の風は冷たく、いつもの散策コースの半分で出発地点へ戻ってきました。2月に入ると各地で冬の祭りが計画されていますが、数年前に偶然出かけた森町のホタテ祭り。去年は中止だったので今年は大丈夫かなと電話で確認をしたら、今年も中止という話でした。やはりホタテの生長が順調ではないのでしょうか?早く復活して、また友人と行ってみたいものです。学校が始まって初めての週末。インフルエンザも急激に増加しているようですから、寒さや体調に油断をしないで冬の折り返しも元気に過ごしたいですね。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 11:15| PhotoDiary

2018年01月19日

ジャズが流れる喫茶店

cafe.jpgしばらくぶりに車を停めて元町をブラブラ散歩してきました。昨日よりも数度も低い気温は、足元からも伝わってきていました。チャチャ登りの坂ではツルツルに凍った部分が大半を占め、危うく今シーズン初の転倒になりそうでした。ようやく上に登って眺める景色は、大雪の後とは思えないほど雪が消えかかっている光景。斜面や影の部分にはガチガチの氷が日射しに照らされてキラキラしていましたが、ここ数日の暖かさで日向の雪も減っていました。久しぶりに自分の足で確かめた冬の硬さに、春はまだまだだなぁと感じました。ちょっと疲れたので、元町珈琲で一休み。漢字のいい店員と暖炉の温もりにホッとする優しいLIGHTなコーヒーとサンドイッチを注文。ジャズピアノが時の流れをゆっくりと動かす空間で、暖炉の炎までもジャズのリズムに合わせてスイングしているようでした。疲れもすっかり取れて、のんびりとしてから家へと向かいました。明日は大寒。風邪に気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:38| PhotoDiary

2018年01月18日

穏やかな函館で

z24.jpg今週の函館は晴れそうだけれど、すっきりとしない曇り空が続いています。気温は6度前後まで上がり屋根の雪もポタポタと滴を落としながら消えていったり、家の前の雪も少なくなっています。夕方前に家に戻ってくると、お向かいさんが道路脇に積み上げられた雪を片付けていました。「また積もった時に捨てる場所がなくなるからね、」と、いつも一生懸命です。ありがとうございます。こうしたご近所さんがいるということは本当に頼りになりますね。何かあっても気にしてくれるのも昔からの繋がりがあるから。明日は晴れ予報ですが、週末は雪の冷たい日になりそうです。今度の雪には力を発揮しなくては。(^^)全国的に気温変化が大きくなるようですから、お互いに体調管理に気をつけたいですね。道内の小中学校も3学期が始まりました。晴れの明日、久しぶりに大沼に行ってこようかな?と思っています。風邪をひかないように気をつけて、明日もいい日になりますように!
写真は二十間坂から眺めたイルミネーション。この光景も2月までですから、あと1ヶ月半を切りました。今日の路面も雪が融け出た水面に光が増して、雪の上よりも綺麗。このイルミネーションが終わる頃には春が近いのでしょうが、まだまだ気合いを入れて寒さと雪に向き合わなくては!(^^)
posted by Kan at 17:58| PhotoDiary

2018年01月17日

冬のイベント準備

z5.jpg昨日のマイナス気温から今日・明日はプラス気温で推移していくようです。弱い日射しも味方をして、小路の雪解けも進むかも知れませんが、中途半端に融けかかった路面が凍ると、タイヤがあちこち持っていかれて怖いかもしれません。長くかかった私の風邪の調子も2・3日前からよくなって、カメラを持って腕がムズムズとしてきています。(^^)この季節、札幌の雪まつりや支笏湖の氷濤まつりを始め、大沼公園でも来月の春分の日の前後に「雪と氷の祭典」があります。あと2週間ちょっとですから、公園のイベント広場などには雪像や滑り台、氷像の制作準備が始められているかも知れません。しばらく行っていない小沼のハンの木の様子も見てみたいものです。車にはスノーシューも積んでいますから、氷の状態さえ良ければ、いつでもわたることができます。すぐに行きたい!と思わないのは本調子ではないから?まずは市内のフォトジェニックな冬写真を撮りながら体慣らしですね。(^^)今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:44| PhotoDiary

2018年01月16日

雪解けと再凍結の道

light.jpg今日は雪解けが進んだ道とザクザクになった小路が目立った1日でした。函館の最高気温は3度前後と寒いような暖かいような中途半端な感じでしたが、これは前日の暖かさが残っているからなのでしょうね。家の前の道は昨夜融けた雪が凍ってガチガチの滑る道。車で出かけるときも、ゆっくりと運転して出ましたが、それぞれの家の前の除雪の仕方によって轍の高さが違い、溝が深くなってレール状になっているところもありました。昨夕の水をたくさん含んだ雪を頑張って片付けたところはホッとします。こうしたところは感謝の気持ちで通りたいですね。(^^)明日からは晴れて気温が上がりそうですから雪解けが進むことでしょう。雪が融け始めると「春だ!」と勘違いをしてしまいそうですが、冬はこれからが本番。今週末は寒さが厳しくなる大寒。小中学校が始まるとインフルエンザも急速に増えてきますから、今まで以上に体を大事にしながら過ごしたいですね。風邪に気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:04| PhotoDiary

2018年01月15日

2018年もよろしくお願いいたします

motomachipk.jpg年末年始と十分な充電時間をいただき、今日から2018年のサポート作業を始めることができました。これまでの期間、大島のチビちゃん達とスキーへ行ったりしていましたが、長時間の雪山の気温に負けて、十数年ぶりに風邪を引いてしまいました。すぐに治るかなと思っていたら、なかなか喉の調子が戻らずに1週間ほどかかってしまいましたが、それでも重症化しなかったのは今まで蓄えてきた体力のおかげ?(^^)油断をしないで用心をしながら冬を過ごしたいですね。今年の函館は雪が降り出すと一気に30cm40cmと積もることが多く、雪捨て場を考慮していない家の周囲は高い雪の壁ができています。このまま降ったらどうなるだろう?と思ったら、今日からしばらくはプラス気温の予定。少しずつ雪も消えていくといいですね。出かけた先も雪で車を停める場所が無くなって苦労しますが、こうしたことも解消するでしょう。小中学校もあと数日で終わる冬休み。子供達の動きにも気をつけながら運転も用心ですね。早いもので1月も後半に入る明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:24| PhotoDiary

2018年01月01日

2018年、穏やかな年明けに

hatuhi.jpg明けましておめでとうございます。昨日と今日では24時間という時間しか違わないはずなのに、何だか色々なことが変化していくような気がするのも、この新年を迎えるということなのですね。今朝は「ライン!♫」というスマホからの音で6時過ぎに目を覚ましました。外は真っ暗でしたが、ひょっとしたら初日が見られるかも?と思い、急いで外出する準備をしてカメラを忘れずに五稜郭タワーまで出かけました。本当は根崎の海岸から初日や毛嵐などを待ちたかったのですが、いくらプラス気温とはいえ朝の3・4度は応えましたから、屋内のタワーということで出かけてきました。展望台には既に何人もが東側の太陽の出る窓に集まっていました。日の出までミニチュアのような駐車場の様子を眺めていると、次々と増えてきてそれとともに展望台もびっしりの人が集まっていました。夜通しなのか「眠い・・・」と言ってしょぼしょぼしている人の姿も正月風景ですね。7時4分頃に出るはずの太陽は雲の中でしたが、それさえも跳ね返すような光の筋が今年の力強さを示すように伸びてきました。獅子舞や餅つきなど正月風景も味わえたので市内をぐるっと周って帰宅。車も少なく静かな正月風景に突然の雨やあられが降ってきて、休みでよかったと思いました。2018年のブログスタートは15日からですが、今年もよろしくお願いいたします。元旦特別号でした。(^^)
posted by Kan at 21:23| PhotoDiary