2018年02月28日

嵐の前の日射し

goryoukaku.jpg夜中はまだまだ寒く、函館はマイナス8度まで下がったようです。ベッドを起き出すのにも気合い・勇気が必要な季節もあと少しと思いつつも「早く春にならないかなぁ・・・。」とベッドを離れ窓のカーテンを開けると、薄水色の空の東側から眩しい太陽が顔を出していました。そこから伸びる光が庭の雪面を照らし、反射板のように一層明るくしてくれていました。2月も今日で終わり明日からは3月。でも、暦の春のスタートを思わせる明日明後日は台風並みの低気圧が北日本を襲いそうな予報。3年前のこの時期に暴風雪を招いたのと同じようなパターンになるそうです。テレビでも買い物は今日のうちにと話していましたけれど、仕事で出かける人は嵐の中でも出かけなければならないので大変。明日の強い雨・明後日の暴風雪の予報の函館も注意しなければなりません。路面がぐちゃぐちゃしている時期ですから、視界が悪くなると一層運転が難しくなります。こんな時にはゆっくり運転が一番。後ろからクラクションを鳴らされても動じないことですね。昨日も高速道路であおり運転をした車のせいで数台が事故を起こし、運転手が逮捕されたとニュースでありましたが、安全を考えて欲しいですね。嵐の前の静けさのように穏やかな今日も、元気でいい日になりますように!
写真は昨日の五稜郭公園。海外の旅行者が多く入口の「一の橋」を渡って園内に入っていました。抱っこされている1・2歳の子も「○△・・・○・・!!」と外国語で話していました。当たり前なのでしょうが、思いがけずびっくりしました。(^^)公園内の雪は例年にないくらい深く、ランニングしている人たちにとっても大変な年でもあるようですが、長靴を履いてやってきた私は、いつもの視界よりも高い場所から眺めることができてよかったです。(^^)一面雪だらけの五稜郭公園も素敵でした。
posted by Kan at 09:02| PhotoDiary

2018年02月27日

日射しが嬉しい朝

snow.jpg寒い朝が明けると、綺麗な青空が待っていました。カーテンから漏れる朝の光も、今までとは違って見えるのは春が近づいているせい?(^^)ずっと続いていた真冬日も、今日から脱出できそうです。昨日一昨日は雪が積もらず、朝の運動がなかったので、裏向かいの通りで行われている新築工事の様子を見に行ってきました。「カタン、ガチン・・・」パイプで足場を組み立てていく様子も面白いもの。トラックに積まれた部材を手渡しをして雪の上の足場に重さが加わって行っていますが、隣で見ていた人に「雪が解けたら傾かない?」と聞くと「雪が減ってきたら調整するんじゃない?」と。一番寒い時期に基礎のコンクリートを入れ、その上に作られていく建物ですから、雪解けの時期にどうなるか心配ですが、最新技術で行われているでしょうから大丈夫なのでしょうね。それからブラブラと近所の屋根を見ながら歩いていると、みなさん平年の3倍という雪に耐えて過ごしてきたのがわかる家の前の雪の山。今日のような日射しが続くと、春はいつものようにやって来ることでしょう。雪解け道に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:40| PhotoDiary

2018年02月26日

真冬日脱出間近

bayarea.jpg真冬日の寒い日が続く函館ですが、日中の日射しは屋根からの雪解けの雫をポタポタと落としていました。まだまだリズミカルな早いテンポにはなりませんが、ようやく春の兆しが見えてきているようです。近所の屋根からは先週からずっと成長を続けているツララが長く育って、1m近くになっていました。こうした氷になったものが屋根から落ちて来るのも間近。軒下を歩かないように気をつけたいですね。車で走っていると、ガタン!!と窪みに落ちることがありました。マンホールの部分が融けて、数十センチも路面に積もった堅雪との落差。暖かくなって来ると、平年の3倍という積雪の後遺症もあちこちで目にしそうです。上と下に目を向けながら歩いたり運転をしていきたいですね。(^^)低温注意報も今夜まで。明日からは0度を超える日が増えて来る予報。木曜日には7度まで上がるそうですから、雪解けも進みますね。2月もあと2日。春を告げる3月の風を早く感じたいですね。風邪は避けたいですが。(^^)ちょっぴり暖かくなるあしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 23:31| PhotoDiary

2018年02月25日

低温注意報の朝

sakura.jpg朝食を終えて一休みしてからちょっと外に出て見ると、震えるほどの寒さが体全体を覆ってきました。慌ててすぐに家に戻りましたが、今日の函館には低温注意報が出ていました。最低気温マイナス8度、昼の最高気温でもマイナス2度。午後からもグングンと気温は下がっていきそうです。日射しもあったりしたのですが、今日の太陽は北風に負けているようでした。(^^)車にうっすらと積もっていた雪を払っていても、2・3日前のべた雪ではなく、さらさらとした雪。あと1週間ちょっとで冬眠をしていた虫が顔を出すという「啓蟄」ですが、今年の函館の虫は大変そう。雪で3月の温もりを感じるのは遅くなりそうです。それでも、「2月は逃げる」と言いますが、その2月もあと4日。長そうな雪解けを待ちながら、今年の春は今まで以上にワクワクしそうです。寒さと凍っている足元に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真は冬の五稜郭公園。4月の末になると公園内をピンクに染める桜の木も、今は雪の中。枝の先の蕾も、寒さにギュッと縮まっているようです。ご近所の玄関フードの中に、幾つもの桜の枝がありました。枝払いのものを分けてもらってきたそうですが、3月3日のひな祭りには間に合わないようですが、早めに春を感じられそうですね。長い冬もあと少しと思いたい冬の終わりです。(^^)
posted by Kan at 10:50| PhotoDiary

2018年02月24日

春への準備

motomati.jpg曇り空の朝。朝はやっぱり青空に太陽の日射しがいいですね。曇りですが今日も0度を超えそうな予報ですから、市内の道は雪と氷で大渋滞しそうな感じです。何事も早め早めの行動が安心を生みますね。速めは禁物です。(^^)今日は2月最後の週末。記憶が正しければ、毎年この辺りに花の種を小さなポットにいくつも苗を作って、春に植える準備をしていたような気もします。3月末には園芸店に行ってパンジーなどをいくつも買ってきて植えていましたが、今年の庭の春はいつになるだろう?と思ってしまう雪の量。先ほど名古屋の神社へ出かけているという写真が送られてきたら、周辺はもうすっかり春気分の様子。羨ましい限りですね。函館も晴れると一気に雪解けが進むと思うのですが3月に期待ですね。(^^)来週からの3月に入ったら予想最高気温が6度などもありましたから、ビチャビチャの雪解け光景にはなると思いますが、それも春への通り道。日没後の空を見上げると、くっきりと見えた半月。放射冷却で冷えそうな明朝。春近しとは言え真冬日の明日も元気でいい日になりますように!
写真は雪の中で煌めく光景。昨日のベイエリアの散策はチラチラ雪が降っていたからどうかな?と思っていましたが、曇り夜空に反するようにくっきりと見ることができました。基坂を見上げると目に入る公会堂。そこまで行って函館港を眺める景色も大好きな一つ。元町公園の除雪域外の場所から撮りたかったので、長靴に履き替えて足跡のない雪の上をゆっくりと歩くとズボ!!!と膝上まで埋まってしまうところもあり、慌ててカメラが埋まらないようにしながら脱出。キラキラ効果も入れて撮ったのがその場所からの1枚。シャッターが長めだったので、露光間ズームで光の筋を作ったり、色々と遊んできました。(^^)
posted by Kan at 19:05| PhotoDiary

2018年02月23日

雪解け道の渋滞

yuukei.jpg今日は春の初めを感じるような暖かさを感じる日中でした。さらっと積もっていた雪を書いてから、近所の通りの雪の状況を見ながら散歩をしていると、裏の通りで車が雪に埋まって動けなくなっていました。仕事の途中の軽トラから出てきた若者がシャベルで雪をかき出して動けるようにしていました。バックしてもらって同時に前から押していると、おじいちゃんドライバーが勢い良くアクセルを踏んで、タイヤが雪を跳ね飛ばして2人とも雪だらけ。(^^)ますます埋まっていくので一旦止めて「あまりアクセルを踏まないでくださいね。」と伝えて再度試してもらってもギュルルルルルー!!と目一杯のアクセル。おばあちゃんが「代わって運転してください。」と心配そうに言いましたが、ここはおじいちゃんのプライドのためにも力一杯押してようやく抜け出すことができました。80歳を超えているドライバーの免許返納が話題になっていますが、こうした姿を目にすると事故を起こさないうちに早めに返納をと願ってしまいます。それでも、日常の生活を考えると、なかなか実行できないのが現状ですね。誰にもそんな時がきますが、早く全自動の車が安く販売されることを期待しています。(^^)雪解けの道には轍で走り辛かったり、1車線しか確保できずに写真を撮りに行ったベイエリアから1時間半と、いつもの3倍くらい時間がかかりました。細かな氷のデコボコ道を走る車のシートはマッサージチェアのようでした。(^^)晴れ予報の明日も一層雪解けが早まるかも知れません。週末の雪道にも気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:17| PhotoDiary

2018年02月22日

それぞれの冬模様

hakodate.jpg放射冷却でマイナス10度を超える冷えた夜が過ぎた朝は、青と白が顔を覗かせる晴れの空。天気予報では曇りでしたが、そのうち日射しが庭を照らし、ヒヨドリが3羽やってきて餌をついばんでいました。もうパンくずも無くなったので、しばらく餌はありませんが、一度覚えた餌場には期待をして毎朝来るようですから、そのうち用意をしておかなくては。(^^)2月22日、ニャンニャンニャン?と甘えてくる「猫の日」だそうです。初めて務めた地で、猫を8匹ほど飼っている方のところに夕食をご馳走によばれたことがありますが、落ち着いて食べることができませんでした。猫の匂いと戸棚の上から眺める目。テーブルに近寄って来る数匹。「コレッ!」と飼い主に叱られると離れて行きますがそれの繰り返し。それ以来、その家に上がることはありませんでした。(^^)離れて見ている分には可愛い面もありますが飼う気にはなりません。友人も私以上に猫とは距離をとりたいようですから気持ちはわかります。(^^)「ワンワンワン」と、1月11日は「犬の日」だったのでしょうか?毎朝犬を散歩をさせている人が何人も入れ替わり通って行きますが、年配の方にとっては運動になっていいと話していました。生き物を飼うということは共に暮らす喜びと責任がありますね。私は自然の中に飛び込んで、野鳥やキジ・キツネなどを眺めて楽しむ方を選んでいます。(^^)青空の今日も元気でいい日になりますように!
写真はそれぞれの函館風景。市内の観光地は冬でも旅行者の姿があり、日本語や外国語のおしゃべりが聞こえてきました。旧イギリス領事館の向かいにあるバス駐車場から、団体客が降りてきて雪道を渡るのですが、恐る恐る歩く人がほとんど。教会通りの除雪も不完全で、凸凹道を歩くのが大変そう。市民の生活の足と同時に観光客への安全も大事な課題だと感じました。何年か前に私も転びましたが。(^^)青空の下で初めて屋根の雪下ろしをするご近所さん。雪に関して初めて尽くしの冬の函館。大雪を体験したいのなら今ですよ。(^^)
posted by Kan at 09:55| PhotoDiary

2018年02月21日

青空の朝

snow2.jpg今日の函館は低温注意報が出ていて、最高気温もマイナス4度の予報。それでも朝は気持ちのいい青空が顔を見せて外に出たくなりました。(^^)昨夜からの雪が少し積もっていましたが、しっかりと雪かきをするようなレベルではなかったので、ご近所の道幅が狭くなっているところを広くするお手伝いをしていました。「そろそろ免許証を返納しようと思っているんだ・・・。」と寂しそうに語る80代の方の車のバンパーには雪と格闘をしたたくさんの傷。先日もアクセルとブレーキを間違えて店に車ごと入っていった事故のニュースがありましたから、そうなる前にと意識しているのですね。数日前から家の庭にヒヨドリがやってきて食料を探しているような動作を見せていました。それで、家にあったしなびたミカンとパンを昨秋作った餌場に置いて置くと、昨日もヒヨドリがしばらく食べていなかったかのように何度も何度もパンを口に入れていました。毎年思い出した頃にやってくるのは、山の餌がなくなっているから?野生の生物にとって今年は雪が深くて大変でしょうね。大沼に住む狐の親子も懸命に生きていることでしょう。こうした生き物たちのためにも、雪の季節は早く終わって欲しいですね。青空が続きそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:57| PhotoDiary

2018年02月20日

雪の世界へ

nakano.jpg昨日今日と穏やかな天気に包まれている函館。今朝起きたときの窓からの景色にも青空が添えられていましたが、広い雲に隠されて曇り空。それでも朝の雪かきタイムがないだけでもゆったり過ごせます。この冬の運動は雪かきがメインになっていますが、こうした天気が続くと運動不足になりそうです。でも、こんな風に思っていると、また大雪になりそうですからほどほどに。(^^)昨日は友人と久しぶりに新函館北斗駅まで行ってきました。立体駐車場もびっしりで、屋上までいかなければならないほどでした。随分と賑わっているんだなぁと思いながら駅に向かうと、開業当時の熱気はなく、ガランとした雰囲気。やっぱり函館への観光客は飛行機が主流なのですね。新幹線の普及を目指して半額で乗れるキャンペーンをやっていて、それを利用して青森までショートトリップに行ってくる予定です。ちょうど昼になって駅の目の前のランチバイキングへ。とろろ蕎麦やカレーなどの他にも様々な料理が並び、びっしりと混んでいたのでチョッピリ待ってお腹いっぱい食べてきました。家に帰ってからもお腹が空かなくて夕食は抜きました。女子カーリングチームのように、おやつタイムはありましたが。(^^)これから暖かくなってくると大変になるのが雪解けの道。いつも以上に気をつけながら運転・歩行に気をつけたいですね。今日もいい日になりますように!
写真は昨日の中野ダム・赤川水源地の雪景色。亀田川沿いの道を遡っていくと、徐々に積雪量が増えてきて、車高を超える雪の壁に囲まれます。更に人家が無くなる辺りからは、路面の除雪も少なくなって、深雪を左右に振られながら走行。こうした道が好きです。(^^)管理事務所の建物も雪で埋まり、ダムも雪で白くなる雪世界。桜の木々も春までジッと我慢をしているのですね。川の音も吸い取られるような、静かな静かな世界でした。
posted by Kan at 08:32| PhotoDiary

2018年02月19日

「雨水」の雪の朝

koma2.jpg今朝は珍しく6時頃に目が覚めました。カーテンの隙間から見える外は薄暗く、まだ早いともう一眠り。7時に起きてカーテンを開けると曇り空だったけれど、東の雲の隙間からスリットのように注がれた光が、庭の雪山に綺麗な光の筋を作っていました。綺麗だなぁと思っているとすぐに雲に隠され、細かな雪がまっすぐに降ってきました。今日は二十四節気の「雨水」。雪が雨に変わる頃と言われる時期ですが、今年の冬将軍は手強そうですからこの通りにはなりそうもありません。それでもこれから1ヶ月ほどのうちに、ふゆごもりの虫が出てくる「啓蟄」、昼と夜の時間がほぼ同じになるという「春分」があり、間違いなく春は近づいています。雪かきで疲れている人もあと少しと思って、この厳しい冬を乗り切って欲しいですね。まだまだ真冬日が続くようですが、体を大事にしながら1週間のスタートの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:03| PhotoDiary

2018年02月18日

久しぶりの青空の中で

snow18.jpg毎日毎日雪かきをしている人々の姿を見る函館。日曜日の今日は両親、お姉ちゃん、幼稚園ほどの弟と一家総出で雪かきをしている家もありました。この子ども達には初めての大雪。20・30年後にまた大雪の年になった時に、今年の大雪を思い出すのでしょうか?私は札幌・函館・白老と各地で暮らした経験はありますが、白老の山奥でもこんなに積もってはいませんでした。雪を捨てる場所はいくらでもあったのですが。(^^)それでも行き帰りの5kmほどの道には吹き溜まりのところもあって、FRの車にとっては厳しかったです。上り坂の曲がり角で一度止まってしまうと動けなくなってしまうので、ラリーカーのようにスピードを出しながらカーブしたのを思い出します。(^^)そんな雪の多い函館に久し振りにの青空に陽が長く射していました。狭くなった幹線道路も水が増えてきたり、凍ったところとの差で凸凹道になって昔の未舗装道路のようになっていました。除雪の進んでいないところは、春の陽射しが増してくると、こうした問題も出てきますね。2月も4週目。まだ寒波が居座っているようですが「北風と太陽」のように、太陽の力で暖かくなるといいなぁと思います。あしたからの1週間もいい毎日になりますように!
写真は青空と雪風景。青空に白い駒ケ岳。大沼プリンスホテルの鎌倉。雪が積もった道。雪と氷でいつもと違う亀田川。晴れていると、雪はやっぱりいいですね。(^^)
posted by Kan at 21:17| PhotoDiary

2018年02月17日

雪に好かれた函館で

snowful.jpg今日も朝から軽い雪かき。昨日の潰れた車庫の家を見に行くと、車庫の残骸はすっかりなくなり車がおかれていました。車の屋根の修理は雪解けになる春になったらするそう。今年の車の修理は例年以上に混み合っているそうです。道幅が狭くなっているところへ無理をするとギリギリ2台が並走していることがありますが、ちょっと滑ったらあっという間に接触事故になります。車の側面や後ろに、こうした傷がある車を何度も見ました。こうした仲間にはなりたくありませんね。(^^)それにしても毎日のように降り積もる函館。今夜は吹雪になってあっという間に綺麗にした路面や車が雪で消えてしまいました。明日朝までにどのくらい積もるのか心配ですが、0時前には収まる予報を信じたいですね。函館に住んで初めてと言っていいほどの積雪量ですが、こうした大雪を乗り越えられるのもご近所さんがいるから。人と人のつながりが困難な時を乗り越えられる一番のエネルギー。狭くなった道路も譲り合ったほうが互いに気持ちよくなります。冬も終盤にきて冬将軍も最後の粘りを見せています。日が射すと屋根からポタポタと雫が落ちてくるのも春近し。雪かきで疲れた体をゆっくりと休め、明日もいい日になりますように!
写真は大雪の元町風景。教会の屋根は尖っているからか、雪が積もってもスルスルと落ちていきます。でも、その周辺の路面は雪で覆われたり氷で滑りそうになったりと、油断はできない状況になっています。そんな中でも、中国系の言葉が飛び交う団体客や日本人の団体が足元を気にしながら通り過ぎていきました。予想外の雪と寒さでゆっくりと観る気も失せてしまいそうになるでしょうが、これに懲りずにまた訪れて欲しいですね。
posted by Kan at 21:27| PhotoDiary

2018年02月16日

雪で混み合う函館

ns3.jpg今朝も5cmほどの雪が積もっていましたが、当初「5cmも!!」と驚いていたのが今では「5cmほど、可愛いものだね。」と考えも変わっているのを感じます。(^^)市内の道路は除雪が追いつかないところが多く雪道で大渋滞。幹線道路の一つである「産業道路」も2車線確保できていないところもあり、1.5車線で交互に譲り合いながら走行していました。夕暮れ前に脇道に入ると、道の両側はツルツルに凍ってきていて、浅い轍を走ってくる対向車が轍からはみ出して、危うくこちらの車線へ向かってくるところ。ひやっとしましたが、相手は照れ隠しなのかニコニコ。お互いに、いつもよりも慎重に運転をしていきたいですね。今夜から明日にかけてまた大雪注意報が出ています。この大雪の被害が我が家から道路1本離れた家の車庫を潰してしまいました。アルミの強力そうな支柱もグンニャリとして、庫内の車の上の方に傷がついていました。それぞれの屋根の上にも1m近い雪が積もっています。暖気がきて水分を含むと重くなってきますから、落雪などにも用心しなければなりませんね。日中の晴れの日射しと青空はやっぱり気持ちがいいもの。こうした天気が続くと一気に春へと向かいそうですが、明日からの週末は真冬の寒波が待っているようです。体を大事にしながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:25| PhotoDiary

2018年02月15日

雪と餃子と四季の杜

gyoza.jpg昨夜からの雪も結構な量となり、今朝もご近所さんと一緒に雪かきをしていました。道路の両側には何から守るかわからない砦のように高く積み重ねられていて、改めて吹き出し式の除雪機の便利さに気楽に動けます。お隣の冬は使っていない車の上に屋根からの雪が落ちて、カマクラの中に車を入れてようになっていました。幸い車に傷はなかったようですが、これから暖かくなってくると、屋根に積まれた雪が落ちるのに気をつけなければなりませんね。お昼は久しぶりに友人と会い、寿司を食べながら近況を話しながら楽しい時間を過ごしました。そこへ行き来する道路は積雪で狭くなったせいで、2車線が確保できないところも多く、ゆっくりゆっくり、いつもの2・3倍かかりました。幹線道路の排雪をしてもらいたいですね。今日の夕食は初めて餃子を作りました。皮の端に水をつけて開かないようにしたり、飽きてきてシュウマイのような形にしたり。グリンピースがあればなぁ。(^^)結構時間がかかり焦げてしまいましたが、いつもよりも美味しい餃子を食べることができました。日が射すとフワッと温もりを感じるのは春が近づいている証拠。明日の予報には久しぶりの雪だるまがない晴れマークと曇り空。気温もギリギリの真冬日のようですが、日射しで道路の雪も解けて水跳ねしそうですから気をつけたいですね。インフルエンザに気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:39| PhotoDiary

2018年02月14日

雪のバレンタイン

ntsight.jpgなかなか雪から脱出できない函館。今日も昨夜からの積雪で朝から雪かき。そんなに多くはなかったのですが、すでに道の両側には高い雪の壁ができているので、さらに高い壁になっていきますが、この雪の季節もそろそろ終わりと思いたいですね。今日は2月の折り返し点のバレンタインデー。1年の中で一番チョコレートの人気が高い日でもありますね。これにあやかろうと、各種の業種でもバレンタインデーを商機にと考え出されているようです。チョコレートの老舗のGODIVAが先月出した広告が話題になりました。「日本は義理チョコをやめよう」という見出しの意見広告ですが、その最後に「バレンタインデーを好きになってください」と書かれていて、本心からチョコレートをあげたい人の日になるようにということ。それが本当ですね。好きだけれどなかなか気持ちを伝えられない内気な人には残しておいてあげたいですね。(^^)久しぶりに植物画カレンダーを見たら「ミズキ」の枝の絵。まだまだ野の花の絵は先のようです。友人の庭も厚く積み重ねられた雪の下になって、チューリップ咲かないかも?と心配していましたが、春になるときっと可愛らしい花を見せてくれることでしょう。春の一番乗りの花、福寿草やクロッカスも出番を待っていることでしょう。そうした季節も後1ヶ月。例年よりも真冬日や積雪が多い函館ですが、春をイメージしながら元気に過ごしたいですね。明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:46| PhotoDiary

2018年02月13日

寒さと雪の函館で

motomachi13.jpg今まで経験のないような雪と寒さが続いている函館。昨日は依頼をしていたブルドーザーがやってきて周囲の雪を空き地につくりあげた排雪場に運んでいきました。それでも今年の雪の量は異常。その広いと思っていた場所も雪の高い山ができて、これから雪まつりの雪像を作る感じになっていきました。午後からの除雪も我が家の前の通りになると雪捨て場がなくなって、道の両側に積んだ雪山を小さくすることはできませんでした。それで今日は狭くなっている雪道をご近所さんと自前で広げることにしました。こんなに雪で苦労するなんて思わなかったですが、その反面、買い換えた除雪機の操作が上達してきて面白かったです。(^^)友人のところの雪も大変なようで、雪かきで腰や背中を痛めたり苦労しているようでした。2月も半ば。明日から最高気温もプラスになってくるようです。三寒四温という春へ向かうセオリーのように、この大雪をもたらした寒気も、静かにフェードアウトして行くといいですね。急いで春の日射しと温もりが続くと融けていく雪山で洪水になりそうですから。(^^)雪かきで疲れた体をゆっくりと休めて、明日もいい日になりますように!
写真は元町と雪のコラボ。静かに降る雪は幻想的でフォトジェニックな光景をつくってくれます。ストロボをパッと灯すと、目の前の雪が姿を表します。近くの雪は明るく、遠くの雪は暗くなるけれど、その一つ一つに存在感を感じました。八幡坂の路面は光ってイルミネーションを一層綺麗に見せてくれます。大雪で大変な毎日ですが、こうした景色をつくってくれるのも冬の雪なのですね。
posted by Kan at 20:49| PhotoDiary

2018年02月11日

連休中日の雪解けの音

shop.jpg今日は3連休の中日。日中はプラス気温になって、家の前の通りも車が通るたびに嵐の大海原を航海しているように大きく揺れてゆっくりと走っていました。そこで昼から柔らかくなった雪を削って、舗装面が出るくらいまで除雪機を動かしていると、ご近所さんも出てきて一緒に作業してスッキリしましたが、道路一本過ぎたその先では雪が結構積もったままで、同じような嵐の航海をしているような動きで通過していきました。町会の班長さんと相談をして、みんなで出資して除雪の重機を頼んで綺麗にしてもらうことに。本当は市の作業なのでしょうが、それを待っていたら雪の捨て場がなくなってしまいますから。今年の函館の雪は、北陸の雪まではいきませんが、寒波の波が連動しているような気がします。2月も10日を過ぎ大島は椿まつり。五稜郭タワーのアトリウムにも例年各種の椿が展示されていますが、今年もそれが始まるそうです。寒桜といえば松前の小さな白い桜の花が思い浮かびます。松前城の雪景色も綺麗でしょうね。冬晴れの青空の下をドライブして観に行くのもいいなぁと思います。明日明後日も函館は真冬日予報。まだ冬の雪とお付き合いをしなければなりませんが、少しずつ春に向かっているのは間違いないはず。明日の休みも体を大事にしながらいい日になりますように!
写真は昨日の市内の雪風景。どこも雪に覆われていますが、観光客にとっては珍しいのか雪の山の前でニコニコしながら写真を撮っていました。ラッキーピエロやハセガワストアには何人もの客が出入りして賑わっていました。数年前までは冬の函館は静かでしたが、昨日の冬花火も何人もの観光客が「ここで観れますか?」と撮影ポイントを聞いてきました。イベントは続けるのが大事ですね。(^^)
posted by Kan at 21:40| PhotoDiary

2018年02月10日

函館冬花火

fuyuhanabi.jpg今日は夕方から元町方面へ向かい、雪解けの風景などを撮りに出かけてきました。明治館前では車が行き来するたびに水をはねて通り過ぎていきます。冬の季節の旅行者も多くなっているので、歩行者優先での運転を心がけたいですね。道が狭くて一列で歩く歩道の、そうした旅行者の後ろを歩いていると聞き取れない話が聞こえてきました。韓国語かな?と思いながら聞いていると、一部日本語らしきものも。ああそうか!これは東北かどこかの方言だったのですね。こうして考えて見ると、方言が強い地方に出かけたら、海外へ行った時のように言葉に苦労をするかもしれませんが、それも楽しそうだなぁと思いました。(^^)昨日から始まっている冬花火。開始の7時40分になっても打ち上がらず、函館空港から2機の飛行機が飛び立った30分後あたりから次々と打ち上げられました。途中、警備の人に時間を確認するとき飛行機の話を聞いていたので、落ち着いて待てました。それでも長靴の底が徐々に冷えて冷たくなっていました。あちこち場所を変えてと思いましたが、短時間なのでチャチャ登りの坂から撮っていました。三脚を持ってくるとよかった・・・と思いつつも、積雪の多さにいつもよりも高い視界を確保できたのが嬉しかったです。(^^)明日もあるそうですから、摩周丸のところがベストということですから、出かけてはいかがでしょうか?また気温も下がってきそうな明日の連休もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:38| PhotoDiary

2018年02月09日

雪深い函館で

meijikan.jpg先週・今週はまた雪が積もる?と毎朝起きて窓の外の様子を見るのが習慣になっていましたが、ここ2・3日はいい感じの天気が続いてホッとしています。久しぶりにいつもの床屋に行くと「いつもの長さで?」と聞いてくるので「グッと短くしてください。」と春モード。まだまだ寒いとは思うけれど、頭上から春がくるように切ってもらいました。(^^)散髪中に店の前でタクシーが雪にはまった話をしてくれ、押して手伝ったけれど歯が立たなかったこと、タクシー仲間を3・4人呼んで無事に脱出できたそうです。私も先日、友人と身動き取れない車の脱出の手伝いをしましたが、思ったよりも大変。道路にある暖かなマンホールの部分が深い落とし穴になるようで、これから気をつけなければなりませんね。車高の低い車は特に気をつけないと、あっという間に動けなくなるかも。雪で狭くなった道路で左右に自由に動けるわけでもないので、冬道はゆっくりゆっくりが一番ですね。函館会場冬花火が今日から日曜日まで毎夜20分間ほど打ち上げられるそうです。昨年1昨年と見に行きましたが、厳しい寒さの中の花火は屋外で見るものではありませんね。(^^)それでも明日天気がよかったら函館山2合目まで登山をして、そこから撮ろうとかなとも思っていますがどうなるでしょう?暖かな3連休が過ぎて来週からはまた寒波がやってくるそうです。例年の2倍以上の積雪に参った!という人も少なくないでしょう。小さな道にも市の除排雪が周るといいですね。寒暖差に気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:23| PhotoDiary

2018年02月08日

穏やかな朝

motomachi2.jpg昨日今日と雪が積もっていない朝はなんだかホッとします。北陸地方では大雪でトラックが何台も列をなして動けない状態が何日も続いています。普段雪が積もらない地方にも積雪があって、ノーマルタイヤが滑っている状態の映像もあったり、今年の冬の日本は寒波にスッポリと覆われてしまっています。この寒波が北極まで去ると本当の春が近づくのですね。日射しはすっかり春のようで、その光を浴びた雪道はすぐに融けて春の道。夕暮れからはそれが凍って冬の道。「三寒四温」の周期で寒暖が繰り返されるようになるようですから、もう少し冬を感じながら春を待ちたいですね。雪が多い今年は、いつもの年以上に雪解けの春が待ち遠しいですが。(^^)今日は七飯町に出かけてきますが、七飯町の除雪は定評があり、除雪状態がいいので安心して走ることができます。函館市の除雪費4億円は既に使い切り、予備費で追加計上しているそうですが、家の前には一度も除排雪に来ていません。できることは自分でして、ご近所で助け合って過ごすのもいいものですが1・2回は綺麗にしてほしいですね。(^^)眩しい雪の白さを感じながら今日もいい日になりますように!
写真は元町雪景色。今冬はあまり冬の元町散策に出かけていませんが、どの季節も風情を感じる街です。青空と白い雪のコントラストの中の教会や、函館山2合目から眺める景色も冬ならでは。それでも、この辺りに桜色が増えてくるのが恋しいですね。
posted by Kan at 09:51| PhotoDiary