2018年02月13日

寒さと雪の函館で

motomachi13.jpg今まで経験のないような雪と寒さが続いている函館。昨日は依頼をしていたブルドーザーがやってきて周囲の雪を空き地につくりあげた排雪場に運んでいきました。それでも今年の雪の量は異常。その広いと思っていた場所も雪の高い山ができて、これから雪まつりの雪像を作る感じになっていきました。午後からの除雪も我が家の前の通りになると雪捨て場がなくなって、道の両側に積んだ雪山を小さくすることはできませんでした。それで今日は狭くなっている雪道をご近所さんと自前で広げることにしました。こんなに雪で苦労するなんて思わなかったですが、その反面、買い換えた除雪機の操作が上達してきて面白かったです。(^^)友人のところの雪も大変なようで、雪かきで腰や背中を痛めたり苦労しているようでした。2月も半ば。明日から最高気温もプラスになってくるようです。三寒四温という春へ向かうセオリーのように、この大雪をもたらした寒気も、静かにフェードアウトして行くといいですね。急いで春の日射しと温もりが続くと融けていく雪山で洪水になりそうですから。(^^)雪かきで疲れた体をゆっくりと休めて、明日もいい日になりますように!
写真は元町と雪のコラボ。静かに降る雪は幻想的でフォトジェニックな光景をつくってくれます。ストロボをパッと灯すと、目の前の雪が姿を表します。近くの雪は明るく、遠くの雪は暗くなるけれど、その一つ一つに存在感を感じました。八幡坂の路面は光ってイルミネーションを一層綺麗に見せてくれます。大雪で大変な毎日ですが、こうした景色をつくってくれるのも冬の雪なのですね。
posted by Kan at 20:49| PhotoDiary