2018年02月17日

雪に好かれた函館で

snowful.jpg今日も朝から軽い雪かき。昨日の潰れた車庫の家を見に行くと、車庫の残骸はすっかりなくなり車がおかれていました。車の屋根の修理は雪解けになる春になったらするそう。今年の車の修理は例年以上に混み合っているそうです。道幅が狭くなっているところへ無理をするとギリギリ2台が並走していることがありますが、ちょっと滑ったらあっという間に接触事故になります。車の側面や後ろに、こうした傷がある車を何度も見ました。こうした仲間にはなりたくありませんね。(^^)それにしても毎日のように降り積もる函館。今夜は吹雪になってあっという間に綺麗にした路面や車が雪で消えてしまいました。明日朝までにどのくらい積もるのか心配ですが、0時前には収まる予報を信じたいですね。函館に住んで初めてと言っていいほどの積雪量ですが、こうした大雪を乗り越えられるのもご近所さんがいるから。人と人のつながりが困難な時を乗り越えられる一番のエネルギー。狭くなった道路も譲り合ったほうが互いに気持ちよくなります。冬も終盤にきて冬将軍も最後の粘りを見せています。日が射すと屋根からポタポタと雫が落ちてくるのも春近し。雪かきで疲れた体をゆっくりと休め、明日もいい日になりますように!
写真は大雪の元町風景。教会の屋根は尖っているからか、雪が積もってもスルスルと落ちていきます。でも、その周辺の路面は雪で覆われたり氷で滑りそうになったりと、油断はできない状況になっています。そんな中でも、中国系の言葉が飛び交う団体客や日本人の団体が足元を気にしながら通り過ぎていきました。予想外の雪と寒さでゆっくりと観る気も失せてしまいそうになるでしょうが、これに懲りずにまた訪れて欲しいですね。
posted by Kan at 21:27| PhotoDiary