2018年02月18日

久しぶりの青空の中で

snow18.jpg毎日毎日雪かきをしている人々の姿を見る函館。日曜日の今日は両親、お姉ちゃん、幼稚園ほどの弟と一家総出で雪かきをしている家もありました。この子ども達には初めての大雪。20・30年後にまた大雪の年になった時に、今年の大雪を思い出すのでしょうか?私は札幌・函館・白老と各地で暮らした経験はありますが、白老の山奥でもこんなに積もってはいませんでした。雪を捨てる場所はいくらでもあったのですが。(^^)それでも行き帰りの5kmほどの道には吹き溜まりのところもあって、FRの車にとっては厳しかったです。上り坂の曲がり角で一度止まってしまうと動けなくなってしまうので、ラリーカーのようにスピードを出しながらカーブしたのを思い出します。(^^)そんな雪の多い函館に久し振りにの青空に陽が長く射していました。狭くなった幹線道路も水が増えてきたり、凍ったところとの差で凸凹道になって昔の未舗装道路のようになっていました。除雪の進んでいないところは、春の陽射しが増してくると、こうした問題も出てきますね。2月も4週目。まだ寒波が居座っているようですが「北風と太陽」のように、太陽の力で暖かくなるといいなぁと思います。あしたからの1週間もいい毎日になりますように!
写真は青空と雪風景。青空に白い駒ケ岳。大沼プリンスホテルの鎌倉。雪が積もった道。雪と氷でいつもと違う亀田川。晴れていると、雪はやっぱりいいですね。(^^)
posted by Kan at 21:17| PhotoDiary