2018年02月19日

「雨水」の雪の朝

koma2.jpg今朝は珍しく6時頃に目が覚めました。カーテンの隙間から見える外は薄暗く、まだ早いともう一眠り。7時に起きてカーテンを開けると曇り空だったけれど、東の雲の隙間からスリットのように注がれた光が、庭の雪山に綺麗な光の筋を作っていました。綺麗だなぁと思っているとすぐに雲に隠され、細かな雪がまっすぐに降ってきました。今日は二十四節気の「雨水」。雪が雨に変わる頃と言われる時期ですが、今年の冬将軍は手強そうですからこの通りにはなりそうもありません。それでもこれから1ヶ月ほどのうちに、ふゆごもりの虫が出てくる「啓蟄」、昼と夜の時間がほぼ同じになるという「春分」があり、間違いなく春は近づいています。雪かきで疲れている人もあと少しと思って、この厳しい冬を乗り切って欲しいですね。まだまだ真冬日が続くようですが、体を大事にしながら1週間のスタートの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:03| PhotoDiary