2018年03月31日

変化の大きかった3月

sakamiti.jpg天気予報では今日は1日晴れ予報なのですが、朝の函館は薄曇り。この雲を通り抜けた弱い日射しが庭を照らしています。鳥の餌場を移動して、痛んできたミカンやパンを置いておくと、ピーピーという鳴き声とともにヒヨドリが降りてきて、それらをついばんでいました。そろそろ餌を用意するのをやめないと山に戻りませんね。自然の変化の大きかった今日で3月も終わり。3月に入った途端に襲った大雪で、今年の雪解けは4月に入ってからかな?と思っていたのが、中旬からの暖かさで一気に雪解けが進んだのにも驚きました。そして今はすっかり雪も消えて、窓を塞いでいた雪はいつだったかな???と思うほど。素敵な思い出はいつまでも心に残っていますが、苦労・大変なことは忘れるようになっているのですね。(^^)その雪が消えた庭には、たくさんのチューリップの芽が出ていて、日増しに成長していたり、先日植えたビオラも日を浴びてキラキラと輝いています。新しい年度が始まる明日からは、学校や会社などにフレッシュな笑顔が集まるのですね。私は数日前からのんびり進めていた春への衣替え・模様替えを今日で終え、明日からは春バージョンの部屋で過ごせるように頑張らなくては!(^^)今までの暖かさに慣れた体にはちょっぴり冷たい風が吹く週末ですが、体調管理をしながら元気でいい日になりますように!
写真は函館の坂道。函館は基本平坦な街なのですが、函館山の麓から上へと伸びる街並みは坂道とともにあります。八幡坂、護国神社坂、チャチャ登りの坂など、坂道だけではなく、その両側や振り返る景色の変化も楽しい坂道が数多くあるのも函館山付近の魅力。疲れたら谷地頭温泉でゆったりできます。(^^)
posted by Kan at 08:50| PhotoDiary

2018年03月30日

麓の春便り

haruyama.jpg今日も晴れた函館でしたが、昨日よりも気温が低くてセーターで出かけた4時過ぎの風は7・8度と、ジャケットを着てこなかったことを後悔しました。(^^)それでも、ベイエリアに射し込む西日が倉庫群を照らしたり、東から出てきた白い1日前の満月。西と東の昼夜のバトンタッチを見ているようでした。市内はまだ明るかったけれど、函館山の麓は山陰になり早く暗くなります。そんな中、登山道の駐車場に停めてちょっと近くを見渡すと、カタクリの蕾があちこちに見えました。他にもキクザキイチゲ?だと思う白い花も開き始めていました。その周囲には早春の先輩格の福寿草。春の花たちの共演ですね。(^^)函館山の登山車道はまだ閉鎖中でしたが、今年はもう少し開通を早めてもいいのでは?来週末になると、匠の杜のカタクリも森の中で静かに咲くことでしょう。いつもよりも早く動いている函館近辺の春。今朝は東京の姉から桜が散っていると伝えてきました。桜前線も東北に足を入れたようですから、桜も早まるかも知れませんね。連休前後を狙って花見を考えている人たちが多いようですから、その期待にも応えて欲しいと思いますが、自然のままにですね。晴れが続く明日の土曜日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:05| PhotoDiary

2018年03月29日

花咲く庭に

flower.jpg今日も晴れて気持ちのいい日になった函館ですが、昨日よりも気温が上がらなかったようです。それでもまだ3月だというのに、すっかり春気分で過ごしています。お向かいさんもタイヤ交換、もっと早くても良かったかなぁと、まだ交換をしていないタイヤを物置の奥から出していました。寒く雪の多かった冬の反動なのか、春は思いの外早く進んでいそうです。庭の肥料を買いに出かけたホームセンターの入り口に、春の花の苗が並べられていました。まだパンジー・ビオラの種類だけでしたが、安かったのでビオラを各色2つずつ買ってきて、早速庭に植えました。チューリップの芽が並んでいる横に華やかな彩りを見せてくれるビオラ。それだけで春気分になりました。(^^)肥料を混ぜて耕した場所には、もう少ししたら枝豆やトマトなどの野菜の種や苗を育てる予定。夏がくると毎日のように朝もぎのトマトを食べられるのも楽しみ。野にはフキノトウや福寿草などの春の花が咲いていますが、今日の植物画カレンダーにも福寿草。いつもは早めに出てくる絵も、今年は本物の方が早かったです。春の山も野草が花開くと出かけるのが楽しみになります。4時くらいからひんやりとした風に変わってきて、気温も下がってきているようです。暖かくしながら気温差に気をつけて明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 16:47| PhotoDiary

2018年03月28日

温かな春を感じた日

springsight.jpg今日は春を超えるような暖かな1日でした。外出するときにも春セーター1枚で十分。ニュース映像では各地で半袖姿が見られているようですが函館はまだあと少しですね。家の中では半袖ですが。(^^)今日はサポートで久しぶりに西旭ヶ岡に出かけてきました。同じ市内でもなかなか行かないところへ出向くのはワクワクします。行く途中に春姿の香雪園やトラピスチヌ修道院に寄って写真を撮ってきたりしました。今回のところは以前からお世話になっている岡山県に住むMさんからの紹介でした。人はどんなところで繋がっているか分かりません。問題点を解決してからもお茶をいただきながら、こうした繋がりを嬉しく思いながら色々な話を伺ってきました。今年もMさんは函館に来れるのか聞くと、向こうで町内会長を引き受けたので長旅はできないとのこと。今回のお宅の方も、ご夫婦それぞれ退職してから資格をとって活躍していたり、NPOの仕事をしていたそうです。緑の島への橋の設計もしたそうですから、意外なところで繋がってもいるのですね。人との繋がりは一期一会ですが、2度3度と会って頂けるような人になりたいとも思いました。帰りに道南の塩ワカメや昆布を頂き恐縮しながら帰ってきました。車の外気温計が20度を指していた今日よりは低くなるようですが明日も春日和予報。日射しを浴びながら明日もいい日になりますように!
写真は今日の函館の春模様。以前は雪があったため上に登る階段が閉鎖されていましたが、今日は大丈夫でした。修道院の建物を撮って振り返ると、見えるはずの函館山は霧のため目を凝らして見える程度でした。アジサイ園の紫陽花はもちろん花は咲いてはいませんが、緑色の芽がいくつも増えていたり、南斜面に福寿草の群落が春を楽しませてくれていました。香雪園には犬の散歩や幼子との散歩など、春の陽気に誘われたかのように何人もの人とすれ違いました。バラ園のある温室近くにはクロッカスが可愛らしく並んでいたり、チューリップの葉がおしくらまんじゅうのように互いの場所を確保していました。花開く日が楽しみです。(^^)
posted by Kan at 20:10| PhotoDiary

2018年03月27日

春の便り

spring2.jpg今日も春を感じる1日で、出かける時も薄いセーター1枚で十分でした。衣替えをし過ぎて、急に寒くなってもダウンジャケットなどの冬の防寒着は仕舞ってしまいましたから、このまま春へと向かってもらはなくては。(^^)今日は友人の車のタイヤ交換へ出かけてきました。まだまだ夏タイヤへの交換のピークはきていないようで並んでいなかったのですが、店員の電話が長くて終わり次第ということで、その間ちょっと近くの店を見てまわってきました。この周辺はうどん屋、中華屋、ファミレスなど食べ物屋さんや百均、おもちゃ屋、パソコン屋などもあって、いくらでも待つことができました。(^^)タイヤ交換をして春モードになった車と別れてから写真を撮りに山の方へ向かいました。四季の杜の近くの畑の雪も消えてきて、畑の畝も見えてきていたり、トラクターで耕したところもありました。遠くに見えるはずの函館山が見えなかったのは濃霧注意報が出ていたから。こうした霞も春霞?暖かくなってきた証拠ですね。それにしても春の日射しは優しく暖かく、冬将軍の残していった雪の山をあっという間に消していっています。その暖かさにつられたのか、友人の家の下に可愛らしい春の使者のクロッカス。東京の姉や弟のところからは満開の桜便り。これから様々な春を飾る花が出てくるのが楽しみです。さらに気温が上がりそうな明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 19:21| PhotoDiary

2018年03月26日

春への衣替え

motomati.jpg記録的に多かった函館の雪も、春の日射しを浴びてあっという間に消えていき、あの雪の壁は夢だったのかな?と再び思ってみたり。(^^)庭に少し残っていた雪もすっかり消えて、たくさんの芽が出てきています。つるバラの葉芽も出てきて、一気に春らしくなってきました。それらを目にして、我が家も春への衣替えをしています。冬に大活躍をしてくれたダウンジャケットなどをクリーニングに出したり、タイヤ交換をしたりしていました。スタッドレスタイヤを夏タイヤに替えると、何だかスーッと軽く静かに走り出したような気がして、春がきた!と思いました。もうこれで林道の雪深いところへは行けなくなりましたが。(^^)ちょっと出かける時もセーター1枚で済んだり、家の中では半袖。暖房も朝晩につけてはいますが、これもあと少し。大島のチビちゃん達は春休みを利用して昨日グアムへ出発しました。常宿のように使っているホテルには何度も宿泊していて、プールや真っ青な海で楽しんでいることでしょう。今週は晴れが主体の天気が続くようなのも、冬を頑張ってきた人たちへのご褒美。寒暖差に気をつけながら明日もいい日になりますように!
写真は昨日の元町風景。元町公園へ行くと人力車が公会堂の前に止まっていました。出発は金森倉庫のあるベイエリアですから、ここまで登ってくるのは大変だったことでしょう。それでもニコッと笑顔で対応しているのはプロですね。雪がまだ残る公園の隅に冬の名残を感じました。
posted by Kan at 18:22| PhotoDiary

2018年03月25日

春を感じた日曜日

Hakodatekouen.jpg今日のサポートの帰り道、あまりにも気持ちのいい春の陽気だったので、元町周辺を散歩しようと出かけてきました。いつもの場所へ向かうと、すでに先約が停まっていました。どこに止めようかな?とあちこち探していましたが、今日はどこも車が溢れていました。ベイの通りにも長い車列とたくさんの観光客。もう春の観光シーズンがスタート?と思うほど。東京の桜はそろそろ満開のようですが、来月末には函館まで桜前線が北上してきますが、その頃はもっと多くの人出が予想されます。函館公園のほうに車を置いて、園内を散歩していると、多くの人の声が聞こえてきます。昨日からオープンしたこどもの国の乗り物には、子ども達の笑顔がたくさん乗っていました。「行ってきまーす!」と可愛い声で手を降りながら動き出した子ども新幹線にはしゃぐ子。まだ噴水は出ていないけれど、その周りで休んだり遊んでいる人たち。ようやく待ち望んでいた外で楽しめる季節がやってきた喜びに溢れていました。紅白の梅が咲く木の花芽も膨らんできたり、鹿やポニーなどの小動物を見ているヨチヨチ歩きの子など、春をいっぱいに感じてきました。明日からは3月最後の1週間。4月異動のある人にとっては引越し準備が始まるのでしょうか?多くの人が行き来する3月末から4月初め。それぞれに喜びが待っているといいですね。最低気温が6度という暖かい明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:45| PhotoDiary

懐かしい機種に

sizuku.jpg昨夜は1時間ほど早く眠ったためか、今朝は1時間早くが覚めました。何もない日でも、睡眠サイクル・時間は決まっているのでしょうね。カーテンを開けると窓ガラスに雨上がりの水滴と濡れた庭が、夜中の雨を物語っていました。この雨で庭の雪もほとんど消えて、土の色と出てきた緑色の芽がくっきり。去年植えてあっという間にフェンスの端から端近くまで伸びたクレマチスは、まだまだ枯れたようになっていますが、きっとこれから色鮮やかになってくることでしょう。我が家の庭にも春がやってきました。(^^)昨日のパソコンのサポートでは、久しぶりにWindowsXPの動作不良の依頼。ハードディスクの読み取りができたので、ぎっしり詰まっているというデータを救出する方針に変更しました。暫く振りに使ってみたということでしたが、依頼者の男性はあれこれ機器を分解して内部を見るのが好きなようで、ジャンク品を買っては分解したのが置いてあるということでした。Windows10が主流になっている時代にXPを大切に使っていたことに、機器に対する愛を感じました。(^^)パソコン自体の売り上げが減少を続けていて、仕事は別にして趣味でネットなどに利用していたパソコンは、スマホやタブレットに代わったようで家の隅で埃を被っているようです。今の時代、タッチディスプレイが当たり前になっているので、Macbookの画面を指で押しながら「あれ?」と反応がないことに驚く人もいます。(^^)常識は時代とともに変化するのですね。これからの10年間、どんな驚きがあるのか興味津々。天気予報では暖かな晴れになる日曜日。年度末、頑張ってきた体を休めながら今日もいい日になりますように!
写真は庭のしずく。緑が目立ってきた庭にキラリと光るものが目に入り、近づくと苔についた水滴でした。純水を集めたように綺麗な色をしていました。こういう自然の雫はいつ見てもいいものです。霧雨の降った後もじっくり眺めると、小さな中に綺麗な世界が広がっています。
posted by Kan at 07:58| PhotoDiary

2018年03月24日

懐かしいイベントで

renrakusen3.jpgすっかり春らしくなってきて、気持ちのよい朝をたっぷりと味わっています。起きると暖かな日射しが迎えてくれるのも、この時期ならでは。春眠とはよく言ったものです。(^^)山のように積もっていた雪も、あれは夢だったのかな?と思うほど消えていき、庭の影の隅に少し残るだけになり、その後にはたくさんの春の芽が出てきています。これからは一気に春がやってきそうです。この庭の様子を見ながら山にも出かけて、カタクリなどの野草を楽しもうかなと思っています。昨日の午後、本を探しに大型書店の蔦屋へ出かけると、そのイベントホールで珍しいものが展示されていました。青函トンネル30周年を記念する当時の記事や連絡船の模型、チケット、メダルなど、懐かしさが蘇ってきました。旧函館駅舎から長い通路を渡って連絡船に乗船したこと。連絡船の中にも線路があり、そこへ貨物列車が入っていたことなど。そう言えば先日久しぶりに会った福島町に勤めていた仲間が話していたことを思い出しました。青函トンネルが完成したら、町の人口が急に減ったのには驚いたということ。何年間も頑張って町が気に入っても、仕事がなくなって生活できなくて異動した人もいたのではないかと思います。新幹線が開通して最初の北海道側の駅が木古内。ここの「みそぎの郷」という道の駅も人気のようです。昨日オープンした七飯町の道の駅も人気が出るといいですね。来週あたり出かけてみようかなと思っています。昔の街道のように交通機関のルートが町を形作っていくのは、馬やカゴが列車・バスや車に変わっても同じなのですね。春晴れの土曜日の今日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 10:02| PhotoDiary

2018年03月23日

雪が消えていく春

nagoriyuki.jpgもう春だからいいかな?と昨夜眠るときに居間の暖房のタイマーを切って眠り今朝起きてくると、流石に冷やっとしてすぐに暖房を入れました。やはり春の暖かさはもう少し先でしたね。(^^)昨日は1日中雨やみぞれが降っていて、その名残が庭を濡らしていました。冷たくても雨は雨。庭の雪もかなり減って様々な緑が見えてきました。予想以上に伸びていたチューリップの芽。球根のところに品種をかいたプレートを置いていたのですが、それぞれの生長の違いや形が違うのは気のせいなのでしょうか?春を彩ってくれるチューリップ、これからの庭の注目株です。(^^)後10日もして4月に入ったら園芸店の店先にも春の苗が並ぶことでしょう。それまでに草花のお気に入りになるように、庭の土に栄養も必要ですね。段々畑のように去年作ったイチゴ畑の葉の緑も濃くなってきています。大きな赤い実ができたり、秋にはブドウの実ができるのも楽しみ。この雪が消えて春風が吹いたら、外の活動も本格化しそうです。冬の間は除雪が一番の運動でしたから、またカメラを持って元町周辺を散歩できる季節になって、運動不足も解消できそうです。(^^)暖かさが戻ってくる今日も春を感じながらいい日になりますように!
写真は春間近の雪景色。屋根に白い雪が積もったトラピスチヌ修道院。遊歩道の雪は消え、桜の下に残る雪。私立図書館の日陰の雪。四稜郭の輪郭を示す雪など、雪多い家の窓から眺める雪景色も消えていく時期。毎年のこととは言え、巡り来る春はいいものです。
posted by Kan at 08:38| PhotoDiary

2018年03月22日

小雨降る朝

bayarea18.jpg朝起きて窓のカーテンを開けると、向かいの家の軒先から水滴が落ちていました。朝から屋根の雪解け?と思っていたら、よく見ると細かな雨が降っていました。濡れたところと乾いているところがある庭から、降り出してからそんなに時間は経っていないようです。ずっとプラス気温の函館でも、関東周辺に雪を届けた低気圧が近づいて午後からはみぞれ混じりになる予報。これが今シーズンの名残り雪になることを。(^^)身長よりも高く積まれていた市内の雪の壁も、まるで夢でも見ていた?と思うほど急速に消えていったのも春への切り替わり。桜前線も関東まで北上中。外で楽しむにはまだまだ寒いようですが、この前線も三歩進んで二歩下がるというように近づいてくるのですね。函館は連休あたりのようです。雪が消えた庭にはチューリップの芽がたくさん顔を出したり、デイジーの蕾が見えたりと、春の準備をしている庭の花々の様子が嬉しいですね。春の花というと福寿草やカタクリを思い浮かべますが、匠の森のカタクリの群生地は2・3週間後でしょうか?うつむき加減で咲いているカタクリも愛らしいですね。小中学校も明日が修了式と退任式。ピカピカの1年生も2週間後には2年生になって新1年生を迎えるのですね。1年間が早く感じる時期、そうした期間を振り返りながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:50| PhotoDiary

2018年03月21日

春分の朝

komagatake.jpg天気予報で函館の朝方はマイナス7度まで下がったようですが、寒かった昨日の今日ですから、そんなに寒さは感じませんでした。今はストーブの前だからかも知れませんが。(^^)それでも青空と朝日が春分の日にふさわしい朝。関東などは雪が降っているようですから、桜が咲いたとはいえ日本は春への脱皮に苦労しているようです。それでも今日を境にして気温もグッと上がってくるよそうですから嬉しいですね。明日からは昼の時間も長くなってきますから、日の出写真を撮るのが難しくなってきますが、暖かくなった晴れ予報の早朝に海に出かけて撮れたらいいなぁと思います。84年前の今日、函館大火があり、二千人以上の犠牲者が出ました。この大火被害から延焼を防ぐためのグリーンベルトが広がったり、振興のために翌年から函館みなと祭りが始まったりと、その後の市内の防災景観や行事を形づける元にもなったようです。まだまだ寒い日が続く函館ですから、春近しでストーブなどの火などにも油断をしないで、先人の経験を生かしていきたいですね。週末には函館公園のこどもの国の乗り物も動き始めるようです。冬眠していたものも目を覚ましますね。春休みが近い子ども達もワクワクして自転車などで走り回ることでしょう。今まで以上に気をつけながら運転をしなければと気を引き締めながら、今日もいい日になりますように!
写真は大沼周辺。先週の大沼風景ですが、公園内の雪景色も変化していることでしょう。海外の人の雪遊びもできなくなりますね。(^^)雪が降らない国の人にとっては、真っ白に埋め尽くされた景色に目を奪われて、何度も何度もカメラ・スマホのシャッターを切ったり、雪を背景にいくつもポーズを変えて撮っていました。この気持ちは十分わかります。(^^)
posted by Kan at 07:49| PhotoDiary

2018年03月20日

久しぶりの健康診断

samui.jpg勤めていた時には毎年行っていた健康診断ですが、ここ6・7年ほどは毎年届く市の無料健診を、いつ行こうと掲示板に貼って3月末に捨てていました。今年は友人からの電話で一緒に健診へ行こう!と誘われて夕方に行ってきました。久しぶりの尿検査、血液検査。久しぶりの注射は怖いものですね。(^^)身体計測の身長は減り、体重は増える。これは縦が縮んで横に広がっている???(^^)レントゲンや心電図も診てくれ無事に終わりました。血圧が少々高かったので、しばらく経過観察をと言われたのは家系かも知れません。詳しい検査結果は後日ということですが、どうなるでしょう?待合室で以前勤めていた一つ下の人と会って、色々調子が悪いところが出てきたと、様々な検査を続けていました。当たり前に感じている健康に感謝しつつも、やはり車検のようにたまには調子を診なくてはダメですね。終わってからお腹も空いたので、友人といつもの中華料理店に行って麻婆豆腐、チャーハン、焼きそばを美味しく食べてきました。もう体重測定も終わりましたからね。(^^)明日は寒い春分の日になりそうです。風邪などを引かないようにしながら、明日もいい日になりますように!
写真は今朝の我が家の庭の芽吹き。寒くて大きな霜柱ができていた庭に、小さな芽がたくさん出てきました。紫陽花の枝先にも緑が目立ってきたり、硬い蕾に守られた木の芽も大きくなってきているようです。温室の種はまだ芽を出していませんが、明日の寒さを乗り越えたら一気に春の暖かさが草花の芽を覚まさせるかも知れませんね。
posted by Kan at 22:21| PhotoDiary

庭の春の芽

seaside18.jpg青空が広がる朝、気持ち良さそうだったので窓を開けるとひんやりとした空気が入ってきて、すぐに窓を閉めました。雪が消えてきて小さな芽が出てきたり、バラやアジサイの緑の葉芽が見える春景色ですが、今日の風は冬将軍の終わりを告げる吐息?今日・明日の夜のマイナス気温で冬も去っていきそうです。今日の植物画カレンダーにはヒトリジズカが描かれています。函館山の登山道で顔を見せてくれる花ですが、今年もたくさん見ることができるはず。たくましい野の花も、庭の可愛い花も柔らかな春の温もりを待っていますね。今日の誕生花はチューリップと書かれていて花言葉は「永遠の愛情」。チューリップの芽が膨らんで花開くずっと前から、球根が土の中でゆっくりゆっくり育っていたからこそ、綺麗な花を咲かせるのですね。ちょっと芽が顔を出すだけでも嬉しいと感じるのもチューリップの愛情を感じるから?(^^)それぞれの庭の春の花も一斉に咲くのも間近。名残の雪がヒラヒラと舞ってきました。寒暖差に気をつけながら今日もいい日になりますように!
写真は晴れの日の西部地区。冬季間閉鎖していた「ティーショップ夕日」や「モーリエ」もオープンして、多くの客が入っていました。きっとこの人たちも、オープンする春を待っていたのでしょうね。昼なのに長い影を落とすのも明日からは短くなっていきます。足の長い影写真を撮るのは今日まで?(^^)
posted by Kan at 09:26| PhotoDiary

2018年03月19日

明日は冬の風

open.jpg今日の昼は友人とランチ。いつもの店で美味しく食べながらおしゃべりをしていると、いつの間にか2時間が過ぎていました。店を出てから車を買い替えを考えている友人とディーラー巡り。何にしようかなとか考える時が一番嬉しいかも?(^^)お気に入りの車は4駆ではなく、デザインは気に入ってても函館の冬を考えると悩みますね。特に今年のような大雪の時には心配しながら運転をしなければなりませんから大変。4駆だとサイズが大きくなったりしますから、しばらく今のでいいかな?と。高い買い物ですから慎重にですね。私は「これください」と目に入った店先で契約をして買ったことがありますが。(^^)友人の庭の雪も消えて、土の中からチューリップの芽が出ていました。大雪で折れたバラの枝を片付けたり、そろそろ春の庭造りが始まります。ホームセンターにもよりましたが、まだ花の苗は早かったようで、肥料や土が並んでいました。3時を過ぎるとひんやりとした風が吹いてきて寒くなってきました。天気予報では最後の冬の寒さだそうです。今週末からは春の暖かさが戻ってくるそうですから、やはり春は春分の日を過ぎてからですね。(^^)寒暖差に気をつけながら、明日もいい日になりますように!
写真は冬から春への光景。ピーピーと小鳥のさえずりが聞こえてくる林の中。そのほうを見ると数羽のゴジュウカラのような姿。春を感じて顔を出してくる虫を狙っているようでした。雪の中に埋まっていた枯葉も雪解けを助ける存在に。大沼のホテルのパン屋さんのツララも今年はこれが最後のような感じ。今週末にオープンする道の駅「なないろ七飯」も準備完了。いろいろなところで春が始まりますね。
posted by Kan at 20:28| PhotoDiary

春が芽吹く時期

motomachi18.jpg今朝起きてカーテンを開けて庭を見ると、昨夜よりも雪がかなり減っていました。雨が降ったのか、大きな塊だった雪も濡れて小さくなっていました。雪が消えるのもあと少しのようです。あまりの雪の多さに4月いっぱいまで消えないかなぁとご近所さんと話をしていたのがちょっと前ですから、3月に入ってからの日射しや気温は、やっぱり春なのですね。卓上の植物画カレンダーの植物もシラン、ハマボウフウなど花を咲かせる野草が増えてきました。このカレンダーは何度も何度も毎年繰り返して見ているおかげで花の名前も少しずつ覚えていきました。もう少しすると園芸店の店先にもパンジーなどの花の苗が並ぶことでしょう。真っ白だった冬が彩華やかな春になってくると、人々の顔も柔らかくなって笑顔が増えるといいですね。(^^)晴れてきた今日もいい日になりますように!
写真は元町散歩。青空の下の散歩は気持ちのいいもの。いつもの建物の色も鮮やかになったような気がします。函館山の影になって日が沈むのが早い元町周辺は、道路の端にまだ雪は残っていましたが、これらも今週いっぱいで消えそうな気もします。雪が解けた下には、デイジーの葉がしっかりと根付いて広がっていました。もう少しすると元町公園を中心に花が広がっていきそうです。函館にも春がやってきていますが、人々の心の中は一足先に届いていますね。(^^)
posted by Kan at 08:35| PhotoDiary

2018年03月18日

青空の日曜日

goryokaku18.jpg窓から外の空を眺めていると、とても気持ちのいい青空と白い雲。気温も上がるだろうと考えて、朝食後に去年採った庭のポピーなどの種の苗床を作っていました。苗ポットに庭の土を入れようとちょっと深く掘ると、土と一緒に霜柱が出てきました。土の下の春はあと少しなのですね。土をフルイで細かくしてごま粒よりも小さな苗を撒いて温室へ。この芽が出て来る頃には庭の本当の春になっているといいのですが。(^^)それから泥んこになった愛車を洗車に行って気分良くなって市内をドライブ。五稜郭、元町、緑の島などを巡ってきましたが、観光客の多さに驚きました。多くは外国の人でしたが、若者グループは卒業旅行であったり、カップルで元町を歩いて楽しんでいる姿もありました。見慣れない街を一緒に歩いて楽しむのはいいものです。私もまた旅行に出たくなりました。(^^)晴れ予報で始まる明日からの1週間は、小中学校の修了式などあったり、先生方の異動の発表もあることでしょう。15・16日の卒業式を終えた卒業生も、進学する新しい環境に不安や希望を持って過ごしていることでしょう。一歩踏み出す春。その足跡が輝く道になることを。明日もいい日になりますように!
写真は五稜郭公園風景。今日はフキノトウや水仙の芽を発見しました。お菓子の六花亭のシンボルにもなっているフキノトウですから、その建物の下に可愛らしく出ていました。(^^)まだ雪や氷が残っていた公園でしたが、確実に春へと向かっているようです。今日の寒風も、春を感じる風になってくるといいですね。
posted by Kan at 20:32| PhotoDiary

2018年03月17日

春便りの黄色い花

fukuzyusou2.jpg青空が気持ちよかった今日の午前中、カメラを積んで七飯町の早咲きの福寿草も咲いたかな?と思って出かけてきました。乾燥路面の一般道・高速を通って毎年顔を出している場所へ。まだ数は少なかったですが、遠くからでも黄色い花の春景色が見えてきました。土の中から小さな蕾が顔を出していて「もう少しだよ」と声をかけられているような姿も愛らしかったです。幸せを招く福寿草。その名前もいいですが、黄色は元気をもらえる花の色。雪解けの後に顔を見せるにはぴったりですね。この後アップルロードを経由して大沼へ向かう途中、なんだか見覚えのある人が歩いていました。野鳥などを撮っているYさんで、向こうも雪解けの畑を撮っている姿を目にしていたようです。しばらく野鳥の話や噴火湾沿いの砂原の様子などを話して別れました。それから大沼の山野草園の様子を見にいくと、まだまだ深い雪の中。この雪が消えるといっせいに春の花が咲き出すのを楽しみにしています。風は冷たく気温も2・3度でしたが、行き帰りにはサンルーフを開放して、心地よい日射しの熱を感じながらのドライブ。雪景色もまだまだありますが、太陽は春を告げています。日曜日の明日も晴れ予報ですから、また一歩春を実感できますね。ゆっくり休んで、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:32| PhotoDiary

晴れマークの週末

yukidoke.jpg気持ちのいい青空が広がり、日射しが気持ちいい朝。天気予報をみると、今日明日はこうした天気が続くそうですから嬉しいですね。気温はそんなに上がらないようですが、春の太陽のパワーはすごくて、高かった雪の壁をあっという間に低くしてくれます。我が家の壁に積み重なっていた雪の壁は、お向かいさんパワーで消えていきましたが。(^^)雪を崩した庭の隅に土が見えてくるのも、春ならではのワクワク感。この土色が熱をいっぱいに吸収して、庭に広がっていくのですから、大事な春のひとかけら。こうした雪解けの3月末に目にするのが福寿草。毎年眺めに行っている場所にも、そろそろ作始めているでしょうか?今日あたり出かけてみようかなと思っています。冬の間あまり遠出をしていなかった愛車も、出かけたくてうずうずしているかも?動きが少なかった雪の多かった今年の冬も終わり、春の始まりを感じています。桜の便りも例年より1週間前後早く咲いているようで、九州・四国で開花宣言があり、この週末は東海・関東まで進みそうとのこと。寒かった分、ちょっとした暖かさがスイッチになるのでしょうか?昨日は友人のところの花瓶に挿した彼岸桜が咲いたよと写真を送ってくれました。通りの和菓子屋さんの入り口の張り紙「桜餅・うぐいす餅」もすっかり馴染んできました。とは言っても五稜郭公園などの花見は4月末と1ヶ月以上先の予報。学校も卒業式・入学式が終わってひと段落した時の開花もいいものです。春気分を味わいながら、この週末もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:41| PhotoDiary

2018年03月16日

卒業の朝

oomori2.jpg今朝は何故か3時過ぎに目が覚めて、しばらくモヤモヤしていましたが30分くらいしたら再び眠ったようで、起きたのは6時30分過ぎでした。夜中に目が覚めて眠れなくなるというのをたまに聞きますが、暗く静かな夜中に眠られないと不安になりますね。そんな夜中に雪が降る予報だった函館ですが、起きると新たな雪は見当たらず、庭の雪もあと少しという感じでした。これも昨夜降っていた雨のおかげ?今日は4・5度までしか上がらない予報ですから大幅な雪解けは期待できないけれど、函館の春近しですね。今日は小学校の卒業式。それにふさわしい天気になるように青空が広がってきました。風が少し強いようですが、足元に気をつけながら晴れの舞台を祝いたいです。6歳の小さな1年生だったのが、今日の卒業証書を受け取る姿は、親の身長を超えている子もいることでしょう。6年間という時間を過ごして心も体も立派に育った我が子を目にして、走馬灯のように思いを巡らせる親も少なくないでしょうね。4月からは中学生。その3年後は高校生。次の6年間はあっという間。親も一緒に成長ですね。(^^)笑顔いっぱい溢れる晴れの日、今日もいい日になりますように!
写真は大森浜風景。函館山に雪が降った日、大森浜へも出かけてきました。満ち潮だったのか砂浜に降りてみると、いつもの広さがなく波が押し寄せていました。啄木も「うーん、砂と戯れる場所がない・・・。」と悩んでいるのかも知れませんね。(^^)
posted by Kan at 08:11| PhotoDiary