2018年05月04日

雨上がりの朝

raindrops.jpg春の連休も残り3日となった今日の函館は曇り空の寒い朝。庭の開きかかったチューリップも、咲こうかどうしようか迷っているような感じです。朝の気温もギリギリ10度でしたから、暖房のスイッチも入れました。5月なのにまだまだ暖房が必要なことに、今年の天候不順を体感しています。例年は連休が過ぎてから種まきをしていましたが、ちょっと暖かくなった4月末に蒔いた種も、この続く寒さに土の中でじっとしているのかも知れません。そんな中でもフェンスに伸びているクレマチスに花の蕾がついてきたり、枯れ枝のようになっていたブドウの木にプックリ膨らんできた葉の芽が出てきています。去年友人から上野ファームの種を頂いて、ポピーなどが咲いていた場所にもたくさんの芽が出てきています。桜散る時期になりましたが、こうした新しい草花が出番を待ちながら生長しているのですね。日が射して暖かくなったら、一斉に花開く季節になることでしょう。大きな寒暖差に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真は昨日の雨上がりの庭の雨粒。カメラにマクロレンズをつけて三脚を設置して撮ると、もっと雨粒が大きく撮れたのでしょうが、手持ちで気楽に撮ったものです。(^^)チューリップの葉も雨を弾いて、丸い粒をつくっていました。ブドウの実をつけたようなムスカリの一番上にも透明な雨粒がムスカリの一部になっているような気がした1枚。雨はあまり好きではありませんが、雨上がりの光景は好きなので悩みますね。(^^)
posted by Kan at 09:01| PhotoDiary