2018年05月08日

春の花に囲まれて

hana.jpg目を覚ますと昨日の天気が嘘のような曇り空。気温も下がっているようで、予想最高気温も10度。函館はまだまだいつもの春ではないようです。そんな中、久しぶりに晴れた昨日は、友人と花を眺めに行ってきました。場所は木古内町サラキ岬のチューリップフェアと、近くにあるというシバザクラの庭。いつもの高速道路を使わずに海岸道路を走るのも久しぶり。引き潮で浅くなった潮溜まりに青空と白い雲が映り込み、遠くに函館山が見える光景も綺麗でした。学生時代に臨海実習をして海の生物のスケッチを何枚も描いた旧校舎はどこだったかな?と思い浮かべながら話をしているうちにチューリップ色と幕末の帆船が見えてきました。車を停めて園内に入ると広い場所にカラフルなチューリップがあふれていました。様々な名前のついているチューリップ。我が家の庭にもある品種も咲いていて親しみが持てました。(^^)一番のお気に入りはプリティウーマンという品種。1600年代のオランダでは球根一つで職人の年収の10倍以上という、チューリップバブルがあったそうです。このプリティウーマンの花を見ていると、それ以上かもと思いました。(^^)それから木古内駅方向に向かうと札苅村上芝桜園というところに着きました。友人は去年も見たということですが、7年かけて個人でこれほどまでに広げたことに驚きとともに、情熱・愛情を感じました。育てている村上さんともお話しでき「ここから見るといいよ。」とか、浜言葉で色々と説明していただきましたが、友人は半分以上わからなかったと残念がっていました。道南の春も今が盛り。暖かな日射しと春の風の中で、ゆっくりと味わいたいですね。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:52| PhotoDiary