2018年10月19日

秋晴れの続く函館

sea.jpg今朝も10度以下の寒い朝の函館でしたが、家の中にいると玄関で14度程度あったり居間で18度と、体も慣れてきたせいなのか、そんなにヒンヤリとは感じませんでした。真冬で10度あったら暖かい!となるのですから、氷河期や四季を何代も繰り返して行く中で、人は環境に慣れていく生き物になってきたのですね。しかも今はユニクロなどのヒートテックという最新秘密兵器もありますから(笑)、薄着でも兵器なのかも?先日、函館山へ行く途中に大森浜へ寄ってきました。静かに波が行き来する浜に人影はなく、砂の中の海藻や石がその度に洗われていました。その石を撮ろうと接近しているうちに波が来て、危うく足元が濡れるところ。慌てて後ろへ下がりました。この前の台風後の大波でしたら十分以上に用心するのですが、普通の波を甘くみていたようです。(^^)啄木公園に啄木と縁のある「・・・蟹と戯る」と歌に記されている蟹もいました。まだみていない人は、このカニを探して見つけるのも楽しみかも?今日・明日も晴れマークが続いています。道央ではマイナス気温が続いているところもあり、晩秋から冬へと向かっている季節も、少しずつ南下しているようです。晴れても半袖では出かけられない時期、暖かい格好をして今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:06| PhotoDiary

2018年10月18日

秋の函館山散歩

hakodateyama.jpg空に広がる雲の隙間にある青空と太陽の位置がピッタリと合うと、射し込む光が部屋の中に入ってくる朝。昨日と同じくらいの一桁の冷え込みになったようです。部屋の中は20度近くありましたが、ちょっと寂しくなってちょっぴり暖房スイッチを入れてしまいました。(^^)昨日のニュースでも深夜の石北峠の雪などが映し出されていましたが、こうした映像が徐々に平地へと降りてくるのですね。そんな寒さも日中の日射しが温もりを与え、昨日は函館山を散歩してきました。麓からの登山ではなく、車で展望台のある御殿山に行き、ツツジ山駐車場に停めて千畳敷方面へ歩いてきたのです。舗装面から一歩で土の山道に変わり、その上にはたくさんの落ち葉が積もっていました。左右の草木の花は終わり、葉も枯れかけています。その緑と茶色の中で目立つのが赤い秋色。この季節、やっぱりホッとするのは、この色を探しながら歩いているからなのでしょうか?(^^)逆光の日射しにキラキラと光るススキの穂。細い白樺の木が密集している斜面では、寒さに負けないようにおしくらまんじゅうをしているよう。遠くから眺める山は茶色になってきて、函館山の秋も深まってきていました。帰りの木々の間から見えた帆船。調べて見ると新潟へ向かう途中の日本丸?今回は一般公開はなく休養や物資の積み込みだけだったようです。太平洋の白鳥と呼ばれている帆を広げた姿を見てみたいですね。今夜から明日は太平洋側に冷え込みが強くなるようです。外でも部屋でも暖かくしながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:35| PhotoDiary

2018年10月17日

白い冬への準備

panoramapk.jpg早朝の函館は6度ほどまで下がったそうですが、私が目覚めたときには昨日と同じように10度を超えていました。(^^)この寒気で道央周辺では氷点下や山・峠では雪の予報がありました。富士山も昨日雪化粧宣言があったそうです。日本アルプスの冠雪と紅葉も見られるという映像も見ましたが、秋が冬に追い立てられているような感じですね。(^^)昨日の道内ニュースでは、タイヤ交換をしている映像もありました。トラック便で夜間に峠を超える場合などは、安全のために早め早めですね。一般の車でも、朝晩に峠移動する場合はそろそろ必要になってくるのでしょうか?函館は例年11月に入ると初雪が降りますが、それを見てスタンドで交換する人の列が毎年見られます。秋の景色を眺めながらも、季節は休むことなく進んでいるようです。今週末から始まる香雪園のもみじフェスタのライトアップ準備も忙しいことでしょう。市内のあちこちで枯れることのない松の葉が枯れていたりするのは先月の台風の潮風ではという話がありましたが、香雪園はいつも通りの真っ赤な秋を見せてくれるといいですね。遅寝早起きする人は寒暖差に気をつけて、秋の装いをしながら今日もいい日になりますように!
写真は秋のパノラマパークへの道風景。八郎沼からパノラマパークへは、川を横切る大きな橋を通るとショートカットできます。その途中には大きな白樺があったり、たくさんのヤドリギをつけた木が見れたりします。クリスマスに玄関に飾るところでは、女性が男性にキスの特権を与える風習があるそうです。「わたしにキスして」という花言葉はここからきているのですね。「困難に打ち勝つ」というもう一つの花言葉は、雪の中でも緑を保ち続けるからだそうです。花言葉というのは、それぞれの草花や風習をじっと見つめてできているのですね。(^^)パノラマパークからの駒ケ岳はまだ秋色でしたが、もう時期白い帽子をかぶった姿が見られる時期になってきました。
posted by Kan at 09:40| PhotoDiary

2018年10月16日

八郎沼の秋模様

hatirounuma.jpg今朝も早く目が覚めたのですが、ベッドの中でダラダラするのがお気に入り。(^^)起き出して窓のカーテンを開けると、今日も雨上がりの晴空。眠っている間に雨が降り、日中は晴れって最高の天気サイクルですね。(^^)昨日も同じような天気で、日中は秋晴れが続いていました。そんな中、友人と久しぶりの八郎沼へ秋色を探しに行ってきました。ガランとした駐車場は平日だからでしょうか?釣り人やキックボードで遊ぶ子どもなどがいた程度で静かな湖畔。水面に群れている鴨も、そうした秋の深まりを静かに味わいたいのでしょう。大雪で崩れた木の赤い橋が鉄に変わったのはもう何年も前のこと。いまではすっかり馴染んでいますが、あの頃の雰囲気はやっぱりよかったですね。赤い橋にはたくさんのトンボが一休み。近づいて行くとパッと飛び立っては直ぐに同じような場所へ止まります。その中の一つのトンボがいつまでも友人の肩に。あったかい人はトンボにもわかるのですね。手でそっと離れるようにすると、名残惜しそうだったような?(^^)夏には赤やピンクの花を見せる蓮の葉も、今は静かな季節。時折湖面に波紋を広げるのはフナでしょうか?桜の木の場所では落葉を片付ける作業のような音。静かな静かな八郎沼で、深まる秋を感じてきました。今夜から北から降りてくる寒気団で、道内の山や峠では雪予報。夜の峠越えにはスタッドレスが必要な季節。晩秋を楽しむとともに、冬の準備をする時期になってきました。寒暖差に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:02| PhotoDiary

2018年10月15日

雨上がりの朝

Gpark.jpg日々少しずつ気温が下がってきているのを感じる函館。今朝もベッドの温もりから起きだすのに勇気が必要でしたが、体がゆっくりと秋モードにシフトしてきているのか、以前よりも寒い!とは思わなくなりました。まだ着替える前にカーテンを開け庭をみると、土が濡れ、枝にも水滴がついていました。眠っている間に雨が降ったのですね。一雨ごとに季節が進んで行くと言われる時期ですから、秋も一歩深まっていくことでしょう。昨日久しぶりに出かけた五稜郭公園には大勢の観光客の団体などがいて、修学旅行だけではなく観光シーズン真っ盛りなのでしょうか?晴れが続いて日中の市内観光や函館山からの夜景などにもいい季節ですね。私もそんな中に入ってブラブラ外周を歩いていると、先ほど見かけたランナーと再びすれ違いました。そして、見る間に小さくなっていきました。後ろから「パパ、がんばれー!」という小さな声と同時に駆けて行くパパと、小さな自転車に乗った5・6歳の男の子。名トレーナー?観光・散策・ランニングなど、集う人々にもそれぞれの思いがあるのですね。(^^)桜で有名な公園内の桜の葉も紅葉してきて、その落ち葉が芝生を彩り始めていました。秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:09| PhotoDiary

2018年10月14日

秋色へと変わり始めた鳥崎川

komagatake.jpg朝晩の冷え込みや日中の気温など、函館のここ数日は秋色だけではなく、秋を感じることが増えてきました。今朝のひんやりとした空気も秋そのもの。庭の菊の仲間ジャーマンガーデンマムも、一時はダメになったかな?と思って奥の方へ植えていたのが、今年はいくつかの花をつけて復活をしていたのも嬉しいこと。(^^)植物は長い目で見て育てないとわからないこともありますね。昨日の晴れた午前中、久しぶりに森町の鳥崎渓谷へ行こうと出発すると、函館新道には結構な車列が続いていて、週末の大沼などへ向かう車も多かったように思いました。トンネルを過ぎると右手にクッキリ大きく見えた駒ケ岳。その山頂にはまだ冠雪はなく、もう少しというところでしょうか?去年は10月20日過ぎでしたから、それも後少し。森の道の駅を過ぎて左折をすると、車はほとんど無くなり、まだ紅葉には早いのかな?と思いながら奥へと。まだクマは出ないだろうと思いながら、駒ケ岳ダムのところまで進んで行くとゲートが閉じていました。雪が降る頃まで開いていると思ったのに残念!そこでダムの方から周囲を眺めると、紅葉が広がっていましたが、日射しが今一つ。風景写真は一に運。腕は二番目ですね。今度は晴れ指数が高い友人と一緒に来てみたいです。(^^)ダムの下のキャンプ場には釣りをしている人が二人。来年春まで静かな時間が流れそうです。帰り道の途中で数台の車とすれ違いましたが、来週・再来週はもっと増えそうです。秋のイベントも増えてくるこの時期。寒暖差が大きくなって来ていますから、体調に気をつけながら秋を味わいたいですね。晴れた今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:09| PhotoDiary

2018年10月13日

真っ青な朝空

motomachi10042.jpg今朝目を覚ますと既に明るい日射しが目に入ってきました。カーテンを開けて空を眺めると、どこまでも続く青空。雲一つ見えない快晴。これぞ秋空!という感じでした。気温は昨日と同じかそれよりも低くなるとのことでしたが、この日射しがあったら、どんなに寒くてもワクワクウキウキしてしまいそうになります。こんな日はカメラを持って遠出をしたいですね。まだ少し早そうな鳥崎渓谷の紅葉や江差へ抜ける峠の紅葉などもそろそろ色づいてくる頃。一昨日家の前で洗車した後で、すぐに雨に当たったのは慣れないことをしたからかも知れませんが、雨を弾くボディを見て、お隣さんは苦労をわかってくれたようです。(^^)徐々に寒くなってくると、テレビで暖房機器のコマーシャルが増えたり、ホームセンターでも除雪機が大々的に並んで販売されていたり、季節が進んでいることを実感します。先日我が家の除雪機のバッテリーを繋いでテストすると、順調に動いて準備完了。あとは・・・。まだまだ冬の準備はいいですね。今は秋を楽しまなくては!(^^)秋晴れの今日もいい日になりますように!
写真は1週間ほど前の元町風景。まだまだ緑が多いですが、ナナカマドやツタを中心に秋色が増えてきていました。真っ白な壁のハリストス正教会とのコントラストや、カトリック元町教会の壁を飾るツタも赤みを増してきていました。八幡坂の並木も季節を感じているのか茶色になってきていたり、チャチャ登りの坂に落ちていたクリの殻も秋。函館は小さな秋から中ぐらいになってきたかも?(^^)
posted by Kan at 09:50| PhotoDiary

2018年10月12日

寒くなってきた函館

Mthakodate.jpg今朝もベッドの温かさから抜け出す勇気がなく、7時を過ぎて起き出すと、窓から雨上がりの濡れた景色が目に入りました。今日も雨?と思っていたら、8時過ぎから明るくなってきて、日が射してきました。コロコロと変わる天気に昔から男心と秋の空と言われていますが私は違います。(^^)青空が綺麗な昼前に函館山へ出かけると、登山道の合間合間で濡れた跡があり、不規則な雨が降っていたようです。そういえば友人と七飯町の城岱牧場へドライブしていたとき、今日のよりもクッキリとした雨の跡が珍しくて笑っていました。(^^)高度によって降る降らないがあるのでしょうか?現在はロープウェーの1年点検で人も少ないかなと思ったら、山頂にはバスやタクシーなどで来ている観光客がいました。修学旅行の高校生もカメラを構えて記念写真。晴れていたので久しぶりに千畳敷まで歩こうと思ったら、パラパラと雨が降って来ました。幸か不幸か、それで歩くのを断念しました。そこへ保育園の子ども達が下から登ってきて山頂へ向かって行きました。あの小さな足でずっと登ってきたのですね。歩くのをやめた自分が少し恥ずかしくなりました。着いたら美味しいお弁当が待っていますね。(^^)今日の函館の最高気温は17度弱。車の気温計も18度から上がりませんでした。ニュースで熊本でもストーブをつけたと言っていましたから、北海道も当然ですね。明日の最低気温は8度!いよいよ一桁気温になってきて、紅葉も広がってくることでしょう。寝具も1枚多めにかけて、風邪をひかないように気をつけたいですね。秋晴れ予報の明日の土曜日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:19| PhotoDiary

2018年10月11日

初秋から深まる秋へ

oonuma2.jpg昨日の朝よりも暖かかった今朝も雨。大沼へ出かけた晴れの日は絶好の秋日和だったのですね。小雨が降る中を雪虫が雨を避けるように飛んでいる庭にはまだピンク・青、紫色などの花が咲いていて、バラなども朝晩の寒さに耐えながら咲いています。春の花だと思っていたデイジーも、赤や白の花を咲かせていたり、昨日はトマトを育てていた場所から、いくつものトマトの葉の形をした目が大きく育っていました。苗になるかも?と思ってもこのまま冬を越せるわけもなさそうなので、何本かを鉢に植え替えましたがどうなるのでしょうか?コスモスの芽が大きく育っていたり、今年の夏の暑さが植物を勘違いさせているような気がします。函館も少しずつ秋が深まり、予想最高気温が20度を切る日が続いています。一雨ごとに気温が下がるとも言いますが、寒暖差が紅葉を鮮やかにすると言いますから、来週・再来週には真っ赤な秋がみられるかも知れません。寒くなるのは寂しいけれど、変わりゆく季節を感じられる喜びの方が大きいかも?(^^)冷えてきていますので、体調に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:22| PhotoDiary

2018年10月10日

大沼公園の秋色

ohnuma1009.jpg徐々に冷えていく秋を感じる朝。玄関につけている温度計は17度を指していました。窓を開けて最初に目(?)が合ったのは雪虫。以前見たものよりも一回り大きなフワフワの雪虫が飛んでいました。そう言えば香雪園のもみじフェスタの頃には吹雪のような大群に出合ったことがありますが、これも寒くなっている証拠なのですね。深まっていく秋を感じながら、昨日は友人と大沼を周遊してきました。5号線を右折して見えてくる駒ケ岳もくっきり。この山頂に雪の冠が見られるのもあと少し。周遊道路を右折すると道の左右にナナカマドの赤い葉が続いていました。走っていくと林の中の幹が真っ赤に染まったところがいくつもありました。ステーキハウスの壁面も同じような葉でデコレーション。周遊道路の歩道ではブロワーなどで枯葉の片付けをしているような作業員のみなさん。風が吹いてきたら元に戻ってしまいそうと友人と話をしながら駒ケ岳が正面に見えるところから湖岸へ。木で作られた遊歩道を進んでいくとたくさんの赤とんぼ。グルッと見渡す周囲の景色は秋。来週は湖畔の道路は真っ赤に染まりそう。函館よりも1・2週間早く始まる紅葉。今年も静かに染まっているようです。途中でオーベルジュ・エプイのパン屋さんで買って頂いたパンが今朝のご馳走でした。来週もまた違う紅葉を観に行く予定ですが、秋晴れが続くといいなぁと思っています。予想では午後から雨の函館ですが、深まっていく秋を楽しみながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:24| PhotoDiary

2018年10月09日

深まっていく秋

reds.jpg目が覚めた時には雨上がりの曇り空だった函館でしたが、8時前あたりに日が射してきて、その中をたくさんの雪虫が飛んでいました。あのフワフワな体に雨が当たらなかったのかな?と思いつつ、無重力のような動きを眺めていました。(^^)昨夜中はりゅう座流星群が良く見えるということで、眠る前にちょっと見ようと思っていたのですが、いつの間にか忘れてしまって眠ってしまいました。1時間に数個という目立たない上に曇ってきたようですから、忘れていてよかったかも?(^^)次回は12日後の深夜にオリオン座流星群のピークがあるようですから、今度は忘れないようにして見て見たいものです。それにしても、日々朝晩の気温が下がってきているこの頃。明日深夜は10度まで下がる予想で、一桁になるのも近いですね。昨日は姉の誕生日で、LINEの中で色々と父の転居先のことが話題になっていて、遠軽時代の流氷を見に行ったことなど寒かったことが思い出されていました。道央では0度近くまで下がったところも出てきて、朝日を浴びる霜がついてキラキラする葉も見られたかも知れません。北海道の秋は早く通り過ぎて長い冬が始まる予告編のような気もします。昨日衣替えをしましたが、まだまだ残しておきたい半袖。いつまで着られるか挑戦ですね。(^^)連休明けの今日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 08:16| PhotoDiary

2018年10月08日

台風の名残風

wave.jpg昨日の朝とは打って変わった日射しの朝。朝食を終え爽やかな空気を浴びに、8時過ぎに近所を散歩してきました。3連休最後の今日は、皆さんのんびり過ごしているようで、いつもは出勤している車も並んでいました。今日は24節気の一つ「寒露」露が冷気にあたって凍りそうになる頃ということですが、台風が運んできた南風の影響か、まだまだそんな感じではない函館。それでも、来週あたりからは寒暖差も大きくなって冷えてくるそうなので、2階に置いていた冬物を下ろして、今まで衣替えをしていました。セーターなど秋の終わりから冬の間に着るものを手にとって入れ替えていましたが、半袖姿の自分にはまだ早いかな?と、これらを着る頃のことをニコニコ楽しみながらタンスに入れていました。(^^)昨日の午後から上湯川に用事があって出かけた帰り、久しぶりに根崎の海岸へ寄って来ましたが、ゴーゴーという音を立てて高波が砂浜の護岸ブロックに打ち付け、大きな波をあげていました。飛んでいるカモメも時折押し戻されそうになりますが、風に負けないようにバタバタと頑張って進んでいきました。波打ち際で撮っていると、急に大きな波がやって来て、慌てて後ろずさり。上で眺めていた老夫婦がニコニコ顔で「大丈夫ですか?」(^^)天気は晴れで飛び立つ飛行機からの眺めもよかったでしょうが、風の影響で揺れるかも知れません。旅行者にとって一番の心配は交通や天気。これからは落ち着いた秋晴れが続くといいですね。香雪園のもみじフェスタも来週土曜日から。いよいよ道南の木々も色づき始める秋。連休最終日の今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 11:11| PhotoDiary

2018年10月07日

雨上がりの朝の暖かさ

motomachi10043.jpg暴風警報や大雨注意報が出て、台風の影響がありそうだった時間帯も、函館では通常の雨風で過ぎて行ったようです。それとも、夜中にはものすごい風雨があったのかも知れませんが、全くそんな雰囲気はありませんでした。雨上がりの9時前に庭に出ると、部屋の中よりも生暖かい空気に包まれたのが、台風の名残なのかも知れません。外から部屋に戻ったらヒンヤリ感じたので、窓を開けて外気を入れて暖めようかな?(^^)昨日は午前中にサポートに出かけ、問題はすぐに解決して昼過ぎまでおしゃべりをして帰って来た途中で、スーパーへ寄り道をして買い物へ。店内の入り口にはハロウィンのパッケージデザインのお菓子がたくさん並んでいます。季節を感じるには、このコーナーに目をやるといいようです。(^^)それでつい大島のチビちゃん達にと思っていくつか買いましたが、いつ送れることになるのか???数年前には全く一般的ではなかったハロウィンも、仮装イベントなども恒例になったりして、七夕のように当たり前の行事になるのでしょうね。昨夜のブログは夜に書こうと思って映画を見ていたら、いつの間にか映画よりも魅力的な夢の世界へ。(^^)気づいたら12時数分前でパス。こんな日もありますね。今日は暖かな曇り空が続きそうです。この3連休はあまり天気に恵まれなかったので、屋外施設は残念ですね。それぞれの中で今日もいい日になりますように!
写真は元町公園。公園を囲むように植えられているナナカマドの赤い実もはっきりと見えて来たり、園内のバラの葉も秋色に染まっていました。函館山の木々はまだそうではありませんが、あと少ししたら一面秋に染まってくるのでしょう。それは長い歴史を立ち続けている建物が一番知っているのかも知れません。
posted by Kan at 09:19| PhotoDiary

2018年10月05日

快晴の元町散歩

motomati1004.jpg久しぶりに昨日は元町を歩いたからか、昨夜はいつもよりも早く眠り、今朝は6時前に目を覚ましてしまいました。早寝早起きも暖かい季節はいいでしょうが、冷えてくる朝は寒さに対する覚悟が必要です。(^^)ポケットにいつも入れてある歩数計、昨日は久しぶりに8000歩を超えていました。1万歩を目標にしていたのですが、予定より少なくて、持った手でカチャカチャと動かして数十歩分ズルを。(^^)元町の秋色を探しながら歩いていると、小学校の修学旅行生のグループ学習で歩いているのを見かけました。リーダーが「次はカトリック教会・・・。」すると、八幡坂のところでソフトクリームの割引券を渡している人が「ホラ、あそこの赤い屋根。」と言いながら券を渡していました。なかなか巧妙?グルっと周って来た帰りにソフトクリームを買って食べましたが、暑かったので急いで食べないと次々に融けてきました。これはのんびりと味わうものでは無いのですね。(^^)紅葉にはまだ早かった元町周辺。今度は友人と秋を感じに来たいと思いました。家に戻って庭に水を撒いていると、いくつかの白い虫がフワフワ。今年初めて見る雪虫。もうそんな時期なのですね。道央では2度とか氷点下のところもあったようですから、駒ケ岳などの山が雪化粧する日もそんなに遠くはないのですね。今日も秋晴れの1日となり、台風の影響で明日から荒れるようですから、貴重な晴れの日。日射しをいっぱい浴びながら、いい日になりますように!
posted by Kan at 06:33| PhotoDiary

2018年10月04日

秋色を探しに

nakanodm.jpg雲一つなく、高く澄み切った青空が広がる朝の函館の空。今日の予報は全道全てが晴れという、最高の秋晴れになるそうです。窓を開けても日射しの温もりを感じる方が多く、かすかに動く風の気配に秋の涼しさを感じるだけ。それでも少しずつ本格的な秋景色に変化させているのを感じます。友人と出かけた市内の秋探し第1弾は中野ダム公園。行き交う車はほとんどない上り坂の終点は林道に橋を架けている工事現場入り口。ダム湖の水面は、まだ周囲の濃い緑を映して青々としていました。二人で秋を撮って楽しんでいると、下から歩いて登って来た登山の格好をした人が、林道を登って行きました。歩いて行ったら亀田川の上流風景も見れるのでしょうが、なかなかそこまで決断はできないので、車で下の公園へ戻りました。秋のお気に入りの赤い実をつけたツリバナの写真は友人のもの。前ボケを活かしたいい写真。園内で落ち葉を片付けていた管理者の方に話を聞くと、あと2週間ほどで紅葉が見頃ということでした。香雪園の紅葉フェスタもちょうどその頃から始まりますから、これから本格的に秋が深まっていくのですね。秋化粧は草木の特権ではなく、トンボも真っ赤な秋の装い。もう一歩近づいて撮ろうと思ったら、スッと飛び立って一定の距離を保っていました。捕まえる気は無いのに・・・。(^^)一人で楽しむのもいいですが、こうして友人と話をしながら秋を探すと、より一層秋が楽しくなります。(^^)季節の変わり目、短い函館の秋をゆっくり味わっていきたいですね。秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:18| PhotoDiary

2018年10月03日

秋晴れの函館

motomachipk.jpg昨日は7時前には起きていたのに、今朝は目が覚めたら8時を過ぎていました。(^^)知らないうちに移動の疲れなどが溜まっていたのでしょうか?ぐっすり眠ったせいか、窓を開けたときの青空のようにスッキリ!その青空の南西には白くなった半月が見えています。ときおり吹く風は、すっかり秋模様。今日明日は22度前後の晴れですから、函館の秋景色でも撮りに行こうかなと思っています。本格的な紅葉が楽しめる頃には、友人と紅葉狩りに行く予定ですので、少しずつ冷えてくる真っ赤な秋も楽しみ。1日の気温差が大きいほど見事になると言いますから、その点でも今年は見応えがありそう。元町の歴史的建造物とのコラボ。横津連峰に近い中野ダム辺りの山と川を流れる紅葉。大沼公園周遊道路から眺める紅葉など、あれこれ楽しみな場所がたくさんあります。でも、今週末に北海道に接近する予報も出ている台風25号の進路・勢力によっては、その葉も飛ばされてしまいそう。人々の暮らしに被害を出している今年の台風の数々。未だ停電や屋根の修理も終わっていないところもありますから、人々の生活に影響のないコースを進んでほしいですね。朝食は昨日空港に迎えに来てくれた友人が用意してくれた美味しいパンをいただき元気一杯!ごちそうさまでした。(^^)もう少ししたら充電の終わったカメラを持って散歩してこようと思っています。今日もいい日になりますように!
写真は半月ほど前の元町周辺。坂道の街路樹もうっすらと色づいてきていたところも、半月後の今はどうなっているでしょうか?
posted by Kan at 09:09| PhotoDiary

2018年10月02日

嵐のあとの秋空

ooshima2.jpg風が1日中吹いているのに、ジトッとした昨日の暑さが嘘のように、今朝起きた時には函館のようなヒンヤリを感じた大島。昨夜は早めに眠ったので、6時過ぎに目が覚め、開け始めた青空が気持ちよかったです。もうすでに上のチビちゃんは起きて本を読んでいました。こちらの音で目が覚めたような下のチビちゃんも目をこすりながらニコッ!(^^)風もなく湿気も消えた晴れの爽やかな朝になっていました。一昨日の暴風雨が嘘のようで、運動会のお弁当を作る手も軽快に動いていました。午前中の船で帰るため、運動会は徒競走までしか見れませんでしたが、二人ともまっすぐに前を向いてゴールテープへ飛び込んできました。やったー!と、カメラを向けながらガッツポーズ。これで安心して帰ることができました。(^^)竹芝桟橋から到着したジェット船から降りてくる人の中には、2日間帰れなかったと話している人や、旅行者らしい人が船を背景に写真を撮っていたり、やはり島の生命線である船が止まると想像以上に大変なようです。今週末に再び北上しそうな台風の進路をチェックして、ダイビング客と日程を調整していましたが、今年の台風は同じようなコースで勢力が衰えないでやってくるので厄介です。今日の青空のようにカラッとした天気が似合う大島ですから、予想が外れるといいのですが。全国的に晴れそうな明日も、寒暖差に気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 22:46| PhotoDiary

2018年10月01日

風台風の猛威

IMG_5472.JPG昨夜は関東を走り抜けた台風の影響で、大島に奇怪な音を鳴り響かせながら過ぎていきました。ピーピーと電線を鳴らす風。ゴーゴーと鳴り響く風の本体とともに、ドン!と家全体を揺らしていました。大丈夫かな?と思いながら台風が運んで来た南風で蒸し暑く寝苦しい夜も明けていました。早朝7時前に目を覚まして周囲を散歩していると、夜の間に通過した台風の猛威を目にしました。道路には枝や葉が積もっていたり、近所の家の前の大きな松が倒されていました。それよりも、ダイビングショップをしている家の横のシャワーコーナーの屋根がお隣さんの庭まで飛ばされていました。思い鉄パイプでがっしりと止めてあったものが、紙のように垣根を超えて落下していました。昼前に解体して運ぶのを手伝いましたが。この重いものを飛ばすとは!と、その威力に改めて驚きました。家の窓や車のボディには、海の塩がべったり。昼からのジェットでの洗浄に名乗りを上げたのはチビちゃん。ニコニコワクワクしていました。(^^)昨日午前中から今日いっぱいは船も出ません。嵐の置き土産である蒸し暑さと風を感じながら過ごしています。北海道を過ぎて温帯低気圧に変わったと思ったら、また次の台風が待ち構えているようです。秋は爽やかがいいですね。今日の午後もいい時間となりますように!
posted by Kan at 13:13| PhotoDiary