2018年11月07日

晩秋晴れの朝

kousetu.jpg今朝は4度まで冷えるということで覚悟をしていましたが、その時刻には目が覚めず7時過ぎに起きたときには、庭が明るくなっていました。コーヒーで頭をスッキリさせてから、8時過ぎに庭に出て見ると、そんなに寒くは感じませんでした。これも日射しの恵みなのでしょうか?枯れていそうなつるバラの葉に触れると、ハラリと落ちていきます。こうした落葉は、冬を乗り越えるための防寒対策なのでしょうか?昨日、友人を空港へ迎えにいく途中で香雪園に寄ってきました。もう葉もすっかり落ちて枯れ枝のライトアップかな?と思ったのですが、シンボル的なイタヤカエデの葉が、真っ赤に染まっていたり、赤・気・緑の配色が見事でした。足元の紅葉じゅうたんも厚みを増していましたが、それよりも見上げる紅葉が綺麗だったです。4時から夕暮れの中にライトが点灯してより幻想的に。函館の紅葉も今週いっぱいでしょうか?最後の美しさを魅せてくれました。空港に着くとちょうど日没の時刻。屋上に行って函館山方向へ沈む夕日の縁を撮ったりしていると到着。友人も機上から夕暮れや夜景の函館を撮っていて見せてくれましたがシンクロしていましたね。(^^)今日は立冬だそうですが、それを感じさせない毎日。晩秋の秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:18| PhotoDiary