2018年12月01日

師走スタート

snowday.jpg今日から12月。2018年もあと1ヶ月ですね。この時期になるといつも思うことですが、1年が経つのって本当に早いものです。年齢を重ねるごとに時間感覚が短縮していくのでしょうか?「ちょっと前のあれは?」とか言うのは、たいてい年単位のことが増えてくるような?(^^)この時期になると目にするもの。クリスマスデコレーションの品々。スーパーの店先などで早くも売られている正月飾り。テレビでは福袋の予約など、季節行事が交錯して店の装飾係も大変でしょうね。そんな様子を見て早すぎると思いながらも季節を感じるのは、一歩も二歩も先をいく、こうした光景が当たり前になって来ているからなのでしょう。慣れとは「日常」なのかも知れませんね。年賀状も受付開始が15日で、25日までに出すと元旦に届けられるようです。作成や印刷のサポートで年賀状を仕上げた人も、早く出してしまうと年内に届いてしまうかも?年賀状の発行枚数が年々減少しているようで、メールやSNSで「あけおめ!」などと短縮形で伝える人も少なくないようです。それでもちゃんと1年の始まりを祝う気持ちがそうさせるのでしょうね。1年のはじめに平成最後と名のつく正月ですね。(^^)天気は昨日今日と寒いようですが、来週はまた10度以上でスタートしそう。今日から始まるクリスマスファンタジーも、この週末は寒いけれど雪がないイベントになりそうです。21回目ということで二十歳を過ぎた函館の冬の行事を楽しみたいですね。暖かくしながら今日もいい日になりますように!
写真は昨日の雪が降った日。朝は少し積もっていた市内の雪も、街中ではほとんど消えていましたが、香雪園や上の方の畑では、融けかかった雪と下地の色が微妙に組み合わさったデザインを描いていました。こうしたことを何度か繰り返して雪景色になっていくのですね。
posted by Kan at 08:58| PhotoDiary