2018年12月03日

クリスマスリースとしめ縄

121e.jpg1日が土曜日だったため、早くも12月も2週目に入りました。今朝は最高気温が12度まで上がるようで、風が止まった朝からその温もりを感じます。明日は最低気温が8度と、今シーズン最後の暖かさになりそうですが、それから先はマイナス記号が並んでいて、週末からは真冬日だなんて信じられません。このまま暖かな冬にはならないのですね。(^^)植物画カレンダーの12月の表紙には手作りリースが描かれています。そう言えば元町のカトリック教会の正面に飾られているキラキラと飾られているものもリース?クリスマスの時期にはハリストス正教会の門にも大きなリースが飾られていました。幸せを願うリースには、信念を幸福に迎えるため、魔除け、豊作祈願などの意味があるようです。日本の昔からあるしめ縄にも似たものなのですね。スーパーの玄関前に並べられている大小のしめ縄も、父の時代には大きなものを家の玄関や車につけていましたが、今はそうしたこともありません。昔からのしきたりを続けていくというのも難しいものですね。(^^)それでも、いつの時代にも「いいとしになりますように」と幸せを願う気持ちに変わりはありません。今日もいい日になりますように!
写真は1日の夜のスナップから。歩き疲れて街づくりセンターでコーヒーを飲もうと入ったら、正面にクリスマスツリー、展示コーナーには青函交流の小学生の絵画が展示されていました。この6年生のねぶた祭りの絵も緻密で迫力満点。ブラジルショコラというコーヒーを頼みましたが、初めて飲む美味しい味。幾つになっても初めてに挑戦はいいものです。(^^)
posted by Kan at 09:34| PhotoDiary