2018年12月09日

星降る函館

ekimae.jpg今朝はマイナス7・8度という、真冬のような寒さだった函館。その寒さは体感できずにヌクヌクとベッドの中。7時過ぎに青空になりそうな空から細かな雪が降ってきました。これで3日連続で雪が降ることになりましたが、去年と比べるとまだまだ少ないそう。私が子どもの頃の函館の雪はそんなに多くはなかった記憶がありますから、天候は変化しているのかも?先週末からの真冬日も明日まで続きそうですから、積もった雪も固まって滑りやすくなりそうですから注意が必要です。昨夕、気に入って何年も履いていた靴の底が薄くなったので、靴屋に行ってきました。市内の靴やさんが増えたからなのか、以前よりも安くなっているような印象で、冬でも安心な靴を買ってきました。ここ数年、八幡坂の冬景色を撮るときに滑ってヒヤッとするときもありましたが、そうしたことも減るのではないかと期待しています。ポケットに入れている歩数計をみると、意識して歩いたわけでもないのに、5000歩を超えていました。これも雪かき効果?(^^)運動不足を解消してくれる雪ですが、程々にしてもらいたいですね。冬将軍に負けないで今日もいい日になりますように!
写真は函館駅前のイルミネーション。雪降る光景を撮りたくて元町周辺を撮ってきた帰り道、降ったり止んだりしていた雪が再び降り出したので、駐車場に停めて撮ったもの。バスターミナルに並ぶ人、駅へ出入りする人なども、この光のトンネルを通って行きました。夕空に降る雪も、まるで夜空の星のように見え、星空とイルミネーションという光の共演。駐車場も時間内だったためか無料だったので、余計によかった!(^^)
posted by Kan at 08:46| PhotoDiary