2018年12月19日

スノーフレークが舞う季節

bay.jpg昨夜から降った雪の積もり具合が心配だった朝、カーテンを開けた景色を見てホッとしました。朝食を終えてからセーターを着て車の雪払いに出るとお隣さんも出てきて、いろいろ話をしていました。結構な時間が過ぎて再び雪払いをすると、かなり積もっていた雪が解けていて、日射しと2・3度の気温のパワーを感じました。これなら放っておいても消えたかも知れませんね。週末の函館は7度くらい上がりそうですから、白くなった庭の雪も消えていく?去年と比べると雪かきの頻度が全く違うようですが、楽しいことは覚えていても苦労したことは忘れるのか、写真を見て思い出すくらいです。(^^)まだまだ冬の入り口の12月。来週から年末にかけて寒波がいくつも北海道を覆うようですから、こんなのんびり天気は今週くらいなのですね。今日の誕生花は「スノーフレーク」というスノードロップと似たような花。春になるとクロッカスと一緒に群生を見せてくれる遺愛高校のホワイトハウスの白い花はスノードロップ?鈴蘭水仙とも呼ばれているようです。我が家の庭も春まで雪の下。本当のスノーフレークが舞う季節が始まっています。柔らかな日射しが嬉しい今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:03| PhotoDiary