2019年07月31日

熱帯夜間近の函館で

bay20.jpg暑い暑いと毎日のように言っている日が続いています。今日も昨夜からの最低気温が24度と、25度を下らない熱帯夜とほぼ同じ。夜中もタオルケットだけでも暑くなり、お腹だけで腹巻のようになっていたかも?(^ ^)日中も29度と真夏日まであと1度という暑さ。お向かいさんとの話でも「函館の暑さは短いからあと少し。」と言っていたけれど、週間予報ではまだまだ続きそうです。そんな中、8月が始まる明日から5日まで「函館港まつり」が始まり、花火大会、ワッショイはこだてなどの夏のイベントが続きます。こうした夏の祭りにはふさわしい気温かも知れませんね。(^^)久しぶりにフルサイズのカメラを持って祭り風景でも撮りに行こうかなと思っています。今日の午前中、庭の草花の配置換えをしていました。こんな暑い日に移植すると根付かないかなぁと心配しながら始めました。宿根エリア・1年草エリアに分けて手入れしやすくしてみました。これは昨日の友人の花壇の配置の真似をしたのです。(^^)こうすると、確かに手入れがしやすくなる気がしたり、肥料などの世話もわかりやすくなりそう。今秋から来年にかけては、もっと綺麗になるかも知れません。(^^)色々作業をしてベンチで30分くらい休んでいる間に、短パンから出ている白い足が、赤く日焼けしていました。鏡を見ると、鼻の頭も赤く・・・。(^^)やはり夏の太陽が照りつけているのを実感しました。今夜も熱帯夜に近い暑く寝苦しい夜になりそうですが、水分補給をしながら明日もいい日になりますように!
写真は明日花火が打ち上げられる緑の島周辺。島へ渡る橋の手前には江戸時代、21歳の時に函館からアメリカへ渡った新島襄の記念碑があります。島を囲むようにヨットやボートが泊めてあり、島から眺める夜の景色もいいものです。
posted by Kan at 19:22| PhotoDiary