2019年09月30日

四稜郭の秋色

siryoukaku.jpg9月最終日の今日は、秋も深まっているはずなのに、車の外気温計は25度を超えていた函館。まだまだ半袖は片付けられないですね。(^^)今日のランチは友人といつもの回転寿しへ。11時過ぎで、まだ客もまばらでしたが、知らないうちにいつの間にか席が埋まっていました。テーブルにあったメニューには、いつもは一皿2貫なのが同じ値段で3貫というサービスも。これも明日からの消費税のアップで客足が鈍らないようにするためなのでしょうね。私は上がっても行きたいですが。(^^)色々な話をしながら食べ終わって、友人のタイヤ価格を調べに出かけました。いつもは目にしていても気づかなかった「タイヤ」という看板がしっかりと目に入ってきました。人の目って、うまくできているものですね。(^^)2店を回って見積もりを出してもらいましたが、4本セットで今日と明日とでは1万円くらいの違いが出ることがわかりました。戻ってから、店員に聞いたタイヤの減り具合の目印を調べて見ると、まだそんなに減っていなかったので今冬はそのまま使うことに。仕事があるのでそこで別れてから四稜郭に寄り道をしてくると、駐車場のエリアを広げて春に綺麗になりそうな芝桜が植えられた遊歩道コーナーができていました。春には山桜との共演が楽しめそうです。園内には誰もいなくて、ゆっくりグルっと1周しました。五稜郭だと大変ですが、ここは小さいのであっという間。傾き始めた西日に照らされた真っ赤なツリバナの実や、赤くなり始めた桜の葉などに、秋が近づいているのを感じました。こんなに気温が高いと秋という気も失せがちですが、間違いなく秋なのですね。本州あたりでは台風の影響で30度を越すエリアがいくつもあるという予報。今年の暑さは、まだまだ続いているようですが、週末の函館の最低気温は一桁になるそうですから油断はできないですね。10月スタートの晴れ予報の明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 20:47| PhotoDiary

2019年09月29日

秋、盛者必衰の趣き

teien.jpg今朝、晴れかな?と思って散歩に出かけ戻ってきたら、急に雨になってきた函館。この季節は一雨ごとに寒さが増してくると言われていますが、今日の雨上がりは外気温25度前後まで上がった過ごしやすい1日になりました。午後から久しぶりに親類の家に行きましたが留守だったのでメモを置いて戻りがてら、久しぶりに秋の庭園はどうなっているかな?と、七飯経由で見てきました。以前、小学校の遠足でよく利用した素敵な「大和静観園」は、あれ?ここだったはずだけれど・・・と疑いたくなるようになっていました。草は生え放題、名木も伸び放題という感じで、当時の面影は全くありませんでした。池の様子も見たかったですが、立ち入り禁止の立て札で行けませんでしたが、鯉などは元気かなぁと思ってしまいました。現在の所有者はどうなっているのかはわかりませんが、手入れにはお金も人手もかかることを考えると、部外者が言えることではありませんが、当時のような素敵な庭を歩いて見たいなと思いました。「森を豊かに」と、ドングリの苗を植えた苗床も姿を消していましたから、小さな手で移植をした記憶のある子ども達にとっても寂しいですね。自然を相手に10年20年と育てるものは、受け継ぐ体制が大切ですね。その静かな中でトンボが1匹2匹と羽を休めていました。秋の初めにはヒョイと飛んでいたトンボも、かなり近づいても逃げようとはしません。カメラ慣れしている?とは思いませんが、秋の深まりとともに、季節を噛みしめていたのかも知れません。明日からの1週間は10月への橋渡しの週。最低気温も10度前後になってきますので、そろそろ秋への衣替えをしながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:51| PhotoDiary

2019年09月28日

函館・札幌560Km

trip.jpg今日は朝8時から札幌へ向け出発し、途中何回かトイレタイムを取りながら予定時刻から1時間以上早く着きました。札幌市内に入ると、同乗者にコースを教えてもらい、一度もコースミスをすることなく無事に到着できたのです。駅前のJRタワーからの眺めもクリアで、遠く富良野岳や反対方向の祝津や石狩湾の石油タンクなどが見えました。こんなに見えるのは珍しいですと、店の人が驚くほど。ラッキーだったのですね。(^^)そこで、とっても美味しいお祝いの料理をいただき、お腹いっぱい胸いっぱいになり、気付くと予定の4時を過ぎていて「あのー、そろそろ・・・」と店の人の申し訳ないような声に促されて出てきました。今日の秋晴れのような爽やかな気持ちでお別れし、帰りはニセコの紅葉を撮りながら行こうかな?とのんびり構えていたら、定山渓への道が思いの外混雑していて、夕暮れ間近に迫ってしまいました。中山峠を過ぎる頃にはすっかり暗くなり、ライトに照らされた紅葉が名残惜しかったです。(^^)もう途中で停まる目的が無くなったので、ノンストップで函館まで帰ってきました。到着時刻が9時でしたから、往復13時間の幸せいっぱいの旅でした。峠での外気温計は12度まで下がり、走行中に窓を開けて空気感で冷たさを感じました。峠を過ぎて海岸沿いの国道は16度と、随分と違うものです。桜とは逆に、北から高いところから降りてくる紅葉。函館も来月半ばになると真っ赤な秋が見られそう。寒暖差が秋色を創ると言いますから、体調に気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:13| PhotoDiary

2019年09月27日

秋色が似合う街

831.jpg穏やかな朝とは言え、少しずつ風が冷たくなっているのを感じる函館。朝のコーヒを飲んでからのご近所散歩もすっかり日課のようになってきましたが、これも季節を肌で感じるようになった一因ですね。お向かいの庭に置いてある菊の仲間のガーデンマムの葉の間から小さな蕾がびっしりとついていました。我が家の花を咲かせているものとは違って、ここのおばあさんのように、ちゃんと律儀に季節に合わせているんだなぁーと感心したり。四季折々のそれぞれの庭を眺めての散歩もいいものです。少し季節外れになってきた毎朝咲いているアサガオも、蕾をたくさん付けていて、これらが全て咲くまで気温が保たれるといいなぁと思います。観光客が多く集まる元町も徐々に秋色が増えてきて絡まるツタの赤色や、金森倉庫前のイチョウの黄色など、一足早い季節を楽しめるところがたくさんあります。この涼しい風が小さな秋を運んできているのですね。例年よりも暖かな日が続いていますが、庭の草花などを見たり、スーパーの果物コーナーを歩いたりすると、大きな梨や各種のブドウなど食欲の秋の刺激を受けます。(^^)モミジフェスタまではまだ1ヶ月ほどありますが、香雪園の紅葉も徐々に進んでいることでしょう。寒暖差も大きくなっていますから、草の葉に大きな粒をつける朝露や川霧なども魅力的。それぞれの季節を味わい楽しめるといいですね。穏やかな天気になりそうな週末もいい日になりますように!
posted by Kan at 14:10| PhotoDiary

2019年09月26日

里山の秋

satoyama.jpg今日の函館は、この時期の秋らしい爽やかな1日になりました。夕暮れ迫る5時過ぎには西の空がオレンジ色に染まって、函館山にいたら綺麗な景色が眺められるだろうなぁと思っていました。昨夜の風呂上がり後は少し冷えてきたので暖房を少し。こんな気温が少しずつ繰り返しながら秋も深まっていくのですね。この寒さも今日までのようで、明日からはまた最低気温も15度前後になるようなので、またしばらくは暖房のお世話にならなくても大丈夫ですね。出かけた帰り道、久しぶりに四季の杜の里山へ行ってきました。赤とんぼの群れが舞う下には、黄金色に染まった稲がビッシリと実をつけて垂れ下がっていました。作業をしていた人に刈り入れはいつ頃なのか聞くと、来月6日と教えてくれました。その時には近くの幼稚園などの子ども達がやってきて収穫するそうです。今日のような秋晴れだといいですね。駐車場から里山までの間の遊歩道の両側には各色のアジサイが出迎えてくれました。我が家の庭のアジサイは終わりを迎えていますが、気温の差なのか、ここは蕾もまだ沢山ついていました。道央では初霜を観測したところが何箇所かあったようです。まだ9月なのに少しずつ少しずつ冬の足音が聞こえてきています。私の半袖も、あと少しですね。(^^)雲が少し増えそうな明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 17:31| PhotoDiary

2019年09月25日

夜の函館空港

airport.jpg朝晩の気温も下がってきて、朝方は思わず落ちた掛け布団などを探すほどになってきました。秋も本番になってきて、夕方の天気予報では、明朝は今季一番の寒さになりそうということ。それでも、3ヶ月予報では平年並みか暖かい冬になりそうで、積雪もすこない予報ですが、太平洋側は雪が増えるかも?と話していました。数年前のような大雪は避けたいですが、程よい雪は欲しいというのはわがまま?(^^)昨夕は友人を迎えに函館空港に行ってきました。日没後の空港は久しぶりで、この時期、家を出る頃には既に夕焼け空が広がり、空港では薄っすらと茜色が残る程度に。夏は7時過ぎまで明るかったのに、秋分の日を過ぎた昨日は5時半を過ぎると暗くなります。屋上から眺めた滑走路の西に見える景色も、点々と明かりが灯っていました。駐機中の2機の機体には、燃料や荷物の搬入作業に忙しそう。出発ロビーにはハロウィンのデコレーション。10月31日に行われるようですが、この行事も少しずつ市民権を得てきているようで、七夕の行事と同じようになっていくのでしょうか?少し時間があったので、久しぶりに美鈴のホットコーヒーをブラックで味わいました。飛行機が到着して出迎えにいくと、ちょうど階段を降りてくる友人と目が合い、早い順番で降りてこれたようです。遅い夕食をご馳走になり、いろいろな話を聞きながら頂きました。旅人や知人が行き交う駅や空港には様々な物語がありますが、どんな時でも力になりたいと思うのは友人だから?(^^)ギリギリ20度に届かなかった函館の今夜は11度!いよいよ寝冷え警報ですね。(^^)風邪をひかないように気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:48| PhotoDiary

2019年09月24日

嵐のあとの晴天

seminer.jpg昨日は風呂上がりに少し寒かったので暖房を入れると、ポカポカ気持ちよくなるスイッチも入ったようで静かに眠ってしまい、気が付いたときには2時を過ぎていました。暖房のスイッチを切ってベッドに入ると再びすぐに眠り、起きたのは7時頃。昔からどこでも眠ることだけは得意だったですが、それは年を経ても変わらないようです。(^^)3連休最終日の昨日の函館は雨の1日で残念だった方も少なくなかったでしょうね。あの大沼キャンプ場も、警報が出ていましたが大丈夫だったでしょうか?台風が変わった低気圧の進路に渡島半島があったので、どうなるのかと思っていましたが、我が家の近所では普通の雨の人変わらないまま過ぎていきました。お向かいの大きなヒマワリにも倒されないようにと、しっかりと支柱をつけていましたが、元気にびっしりとタネを付けて重くなった花も無事でした。これで来年も蒔けますね。今朝もお隣さんと話をしたら、何本か支柱をつけていたけれど、ここは大丈夫だったねと話していました。大雨や風などで大きな被害を受けたところもあったようですが、北海道に届く頃には小さくなったり向きが逸れたりすることが多くて油断をしてしまいますが、60数年前にあった「洞爺丸台風」のように大きな被害を出すこともあります。近年自然災害の程度が変化しているようなので、十分気をつけたいですね。1日穏やかな晴れ予報の3連休後の今日も、元気でいい日になりますように!
写真は一昨日の大沼セミナーハウス周辺の秋色。大沼周遊道路からここの駐車場に入ると、ナナカマドやツタの葉の秋色が迎えてくれました。ドングリもたくさん落ちていて、もうすっかり秋の準備完了ですね。セミナーハウスではバイオリンやピアノのコンサートの準備がされていて「芸術の秋」も味わえますね。
posted by Kan at 09:26| PhotoDiary

2019年09月22日

嵐の前の大沼キャンプ場

camp.jpg今日は1日曇りがちの天気でしたが、明日が台風の影響で大荒れになるというので、久しぶりの大沼公園へ行ってきました。久しぶりに走った高速道路区間も車が多く、ナンバーも札幌、旭川など、函館ナンバーに混じって北へ向かっていました。トンネルを抜けて右折しても、いつもより車が繋がっていたのは連休の中日だったからでしょうか。いつも停める公園駅前には向かわず、周遊道路を走っていると、レンタサイクルの人たちが何人もいて、撮影スポットにはスマホを構えて駒ケ岳を撮っていました。大沼の水の色がいつもと違う?と近づいてみると、緑の藻が大発生して、絵の具を撒いたようなところもありました。これは大沼に流れ込む川の水量が減っていたり、富栄養化などが関係しているのでしょうか?いつもの綺麗な水に戻るといいのですが。キャンプ場の敷地にはビッシリとテントが張られていて、一つの町のようになっていました。昼過ぎだったので、食後ののんびりタイムを過ごしている人が多かったです。入り口には「台風警戒」のロープを張る準備ができていて、日が沈む頃には立ち入り禁止になりそうです。そのせいか、テントを片付けている人もいましたが、トントントンと、これからテントを張る人もいて、今夜ここで泊まるのかな?と他人事ながら心配になりました。紅葉時期には真っ赤になる周遊道路の木々も、まだポツリポツリ。来月になると見事になりそうです。セミナーハウスでトイレを借り、沼の家で大沼団子を買って帰ってきました。30分程度で様々な自然いっぱいの場所に行けるのは最高の贅沢かも知れませんね。暴風雨が待っている予報の連休最終日の明日も、いい日になりますように!
posted by Kan at 20:50| PhotoDiary

2019年09月21日

五稜郭の映画館

goryoukaku.jpg台風が通過した沖縄や、これから風が強まりそうな西日本やリンゴ台風のようなコースを進んで心配な東北など、秋は台風の心配が多いですが、今日の函館は穏やかで日射しが気持ちのいい1日でした。それでも、朝は12度前後の気温で、急に下がってきている秋気温に戸惑っている人も少なくないようです。お向かいのチビちゃんも風邪をひいて病院通いをしたようですから用心したいですね。今日は午後から映画を観に五稜郭まで出かけてきました。駐車場が少ないから歩いて行こうかなとも思いましたが、近くの駐車場に停めることができました。少し早めに行ったので、その間にお昼を食べようと「シェスタ」の地下に各種の食べ物屋さんが入っているところに行こうと思って地下に降りて行くと、3連休だからか多くの人たちが館内にいて、食事や飲み物を頼んでいました。これは時間がかかりそうだと、映画を観てから食べに行くことに。今回の作品はブラッド・ピットとトミーリー・ジョーンズというお気に入りの俳優が出る父と子の物語。宇宙が舞台のSFですが、どんな時代になっても、親と子は互いに愛し影響し合う関係なのですね。終わって駐車場に行くとミニパトと警官が2台の車とドライバーらしき人とを見比べて事故の記録をしていました。バンパーがめくれ上がっていた程度だったのが不幸中の幸い?気をつけなくては。明日から明後日にかけて台風の影響で天気が崩れそうです。せっかくの連休も飛行機などを利用している人はハラハラかも知れません。天候に気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:05| PhotoDiary

2019年09月20日

冷たくなった朝の空気

hatiman.jpg今朝はいつもよりも寒い朝だった函館。気温は14・15度まで下がり、昨夜寝る前に掛け布団をかけていたのが役立ちました。もう布団から足を出したり、タオルケット1枚で寝るというのは考えられない気温になってきました。カーテンを開けて庭を見ると、いつも以上に咲いていたアサガオ。きっとこの寒さに驚いて慌てて咲いているのでしょうか?昨日の初雪の便りも植物界に届いているのかも?(^^)朝のご近所散歩で道を1本隔てた家のご主人がゴミ出しに出ていて、「急に寒くなりましたねー。」と話していましたが、その姿はシャツ1枚。私も半袖で寒かったですが、もうそろそろ痩せ我慢の領域になっているかも?昨日は花の湯温泉に行って露天でのんびりとしようと外へ出るドアを開けると、風が冷たくて慌てて湯船に浸かりました。周囲を見てみると一人が入っているだけ。冬でも平気なはずなのに、まだ体がこの冷たい風に慣れていないのですね。しばらく体を暖めて内湯に戻ってホッとしました。いろいろなところで秋へと向かうのを感じていますが、少し秋も急ぎ足でやってきているようですから、季節変化で風邪などひかないように気をつけなくては。最低気温が12度まで下がりそうな明日も、暖かくしながらいい日になりますように!
写真は西部地区。八幡坂や二十間坂の街路樹にも赤や茶色の部分が増えてきたり、ナナカマドの赤い実が目立ってきた大三坂の茶店の小さなテラス席に人がいなかったりなどに秋を感じる時期。窓を開放して作品を見せているガラス工芸店の窓が閉まるのもあと少し。秋だなぁと思っていると、隣のソフトクリーム屋さんでアイスを頼んでいる人が数人。この周りだけ、まだ夏が続いているようでした。(^^)遠くに見える駒ケ岳の初冠雪もそう遠くはないですね。
posted by Kan at 09:19| PhotoDiary

2019年09月19日

道央で初雪の便り

damlake.jpg今日は最高気温が20度に届くかどうかの風の強い1日だった函館。日射しがあっても夏のように背中がジリジリ暑くなるような強さは消え、ポカ・・・というような感じの、弱い日射しになってきています。日没もいつの間にか6時を切り、今日は5時41分。いつの間にか来週の月曜日は「秋分の日」で、これからは日毎に昼の時間が短くなっていくのを実感しています。函館はまだですが、北海道央にある大雪山黒岳で今朝にかけて5cmほどの積雪があったようです。今年の長かった夏の後にはすぐに冬がやってきそうな気がしますが、これからは北海道が鮮やかに色づく紅葉の季節が始まります。先日行った香雪園では、毎年行われている「紅葉フェスタ」が1ヶ月くらいの期間、始まる時期が近づいています。園内のモミジも部分的に赤くなっていたり、遊歩道に落ちる葉が増えてくると秋だなぁと感じます。しばらく行っていない大沼の紅葉も同じような時期ですから、秋分を過ぎた来月からは写真を撮りに毎週出かけることになりそうです。その頃は今までのような半袖の軽装というわけにはいかないですね。そろそろ我が家も衣替えをしなくては。今日よりもちょっぴり気温が上がる晴れ予報の明日も、元気でいい日になりますように!
写真は中野ダム公園の秋色。市街地よりも少し高い場所にある中野ダム公園。この下にある笹流ダム公園も桜の名所でもありますが、見事な紅葉を見せてくれる場所でもあります。このときには赤とんぼが日向ぼっこをしていたり、近づく秋をゆっくりと味わっているようでもありました。今度行くときにはどのような顔を見せてくれるか楽しみです。
posted by Kan at 18:59| PhotoDiary

2019年09月18日

急ぎ足で進む秋?

nesaki.jpg昨夜のテレビの天気予報で今日は、午前中晴れて午後から雲が多くなるとのことでしたが、それと全く逆の天気になった今日の函館。午前中は薄曇りが続き、半袖では少し寂しくなる肌寒さ。それでもいつも通りの半袖で過ごしましたが、ランチを食べに行く頃には日が射してきて、爽やかな暖かさになりました。それでも、今までのように25度は越えず、9月も中旬を過ぎると、秋が勢いを増してくるのですね。12時少し前に久しぶりにランチに寄った店で「お久しぶり!」と覚えていてくれ、ランチメニューを頼もうとすると「モーニングも大丈夫ですよ。」と言いました。何でだろうと思い返すと、前回にモーニングを頼んだからでした。よく覚えているものです。学校で子ども達の顔と名前を一致させるのと同じなのかも知れません。今日はランチを食べたあと、2時間くらいMacで文書作成をするのに、その場所を借りました。家でするのもいいですが、たまには場所を変えてすると、気分も変わって作業が進むこともあります。暑いときや寒いときには最適な場所ですね。終わってお礼を言いながら店を出て車に乗り込んでも、先週までのような暑くて窓ガラスを全開するような必要は無くなっていました。嬉しいような寂しいような、季節の移り変わりを感じました。明日は20度に届かず、夜中も13度前後まで下がるそうですから寝冷えしないようにして、明日もいい日になりますように!
写真は夕暮れの根崎浜。赤く染まってきた海の先に下北半島の姿が映り、その縁にポツ・ポツと明かりが灯ってきました。イカ釣り船の集魚灯。これからもっと暗くなると海深くから海面まで上がってくるのですね。漁期はまだまだありますから、大漁旗をはためかせながら帰港できることを。まだ少し暖かさが残る海に足を入れ楽しむ人たちの姿に、夏の終わりを感じました。
posted by Kan at 19:41| PhotoDiary

2019年09月17日

元町の教会を巡って

motomachi.jpg今日は朝からいい天気の函館。風が秋を運んできているような爽やかさも感じました。10時過ぎに元町へと出かけ、いつもの駐車場所へ停めて、カメラを持って教会を中心に撮り歩きをしてきました。9月は3連休が続くからなのか、思った以上の観光客がいました。それも団体ではなく個人旅行者が多かったように感じます。夏はガイドさんの旗のあとに十数人の列を作って観光にまわる姿が多かったのとは対照的。秋の修学旅行もちょうどシーズンなのか、子ども達のグループも何組か目にしました。今日のコースは、聖ヨハネ教会を通りチャチャ坂を登って、ハリストス正教会の後ろに港が見える位置から奥の方に歩いて行くと、数名の方々が教会の絵を描いていました。彩色まで進んでいる方に話を聞くと、退職して絵を始めてから10数年間だそうで、みなさんとても上手でした。ハリストス正教会の庭に行くと、お昼の眩しいくらいの光が教会の白壁を照らし神々しかったです。赤みが増えてきているカトリック元町教会のツタの葉が絡む壁のある道を歩いていると、二人を乗せた人力車が教会の説明をしながら通り過ぎました。金森倉庫から坂道を登ってきたからでしょうか、息を整えながら話しているようで、ご苦労様!と小さく声をかけました。信者ではありませんが、それぞれの教会の前ではいつも以上に敬虔な気持ちになりました。車に戻るときに寄ったギャラリーの前にはぶどうのような実をつけた鮮やかな植物。秋も様々な自然の色とで出合わせてくれますね。午後から下り坂になりそうな明日の天気。連休後の日常リズムに戻すのも大変でしょうが、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:42| PhotoDiary

2019年09月16日

初秋の香雪園

kousetu2.jpg晴れたり曇ったりの今日の函館。朝の散歩をして庭で一息していると、ピンポーンとチャイムが聞こえたので玄関に回ると宅配の人が荷物を持って待っていました。受け取った箱には「ぶどう」と書いてあり、送ってくれた人がすぐにわかりました。先ほどLINEで近況を知らせてくれた東京の仲間からで、すぐにお礼を伝えました。箱を開けると大粒の甘い香りがする3種類のブドウ。巨峰と掛け合わせた種なしピオーネ、川のまま食べられるシャインマスカット、赤いマスカットと言われる赤嶺という、どれも美味しそうな表情でした。感謝しながら食後のデザートにいただいたピオーネはとっても甘く上品な味がしました。山梨のぶどう農家が丹精込めたものですね。食べて元気も出てきたので、久しぶりに香雪園に行ってきました。駐車場には思いのほか車が止まっていて、園内からは子ども達の歓声が聞こえてきました。ああそうか、今日は敬老の日なんだと、休みだと気づきました。遊歩道の上に広がる緑の枝のところどころに赤い色があったり、もみじの種が赤くなっていたりしたのも秋の始まり。その種が飛んで芽吹いたのか、小さなもみじがコスモスの隅っこで小さくなっていたり。ヒュッと枝を駆け上がる影を見つけその先を見ると可愛いリスが大きな実を加えていました。これもやがて来る冬に備えての秋仕事?28mmのGR3を持って行っていたので、望遠は使えなかったけれど、画像編集で大きくできたのは、このカメラ画像の素性の良さですね。明日はずっと晴れそうな予報。秋晴れのあしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 19:44| PhotoDiary

2019年09月15日

庭に増える仲間達

hakodatehatiman.jpg今日は曇りが主体の天気で、たまに小雨が降ったり日が射したりと不安定な天気でした。今日も朝のコーヒーを飲んでから庭に出てつるバラの剪定などをしていました。根付くといいなと思い、そのときに切り取った枝を何本も土に挿しておきました。この成果が現れるには来年の春・夏になるのでしょうが、草木の世話というのは数年単位ですから、若い頃には全く関心がなかったのも無理はないですね。2・3年前はアジサイの枝払いをしたときに切ったものを、フェンス沿いに挿していたら、すっかり根付いて今年は花まで咲きました。それに気を良くして、今日もバラと一緒に何本か挿しておきました。こうした方法は数年前に横浜から函館に観光にいらした方から教えていただいたものです。いくつになっても色々なことを吸収したいというものはあるのですね。3連休最終日の明日も元気でいい日になりますように!
写真は函館八幡宮。函館山の麓にある谷地頭電停の近くの神社。初詣やお祭りには、ものすごい人で溢れていますが、出かけた日は2・3組の人がお参りをしたり、おみくじを引いていました。普段はあまり意識しないことでも、たまにこうした場所に来て感謝や願いを伝えるのもいいものですね。
posted by Kan at 23:24| PhotoDiary

2019年09月14日

美味しいランチ

tatimati.jpg今朝も良い天気で始まった函館。起きて窓を開けるとアサガオがいつもよりも多い9輪咲いていました。ピンクのクレマチスの花が一輪。かわいい花を咲かせるデイジーも株を増やしています。函館の秋は12月に入るまでですから、畑に落ちて芽吹いているコスモスやポピーは、きっと冬を越せないだろうなぁと思いながら、朝のデザートの甘くなった庭のブドウを味わっていました。この味は秋。今日は友人とカニ屋さんでランチ。函館山を正面に眺められる初めての席で嬉しい話を聞きながら美味しくいただきました。カニの刺身も絶品。やっぱり友人と食べると何でも美味しくなりますね。(^^)ランチを終えたあと、マイレージカードの申し込みをしようと空港に寄ってその場で手続きをしようとしたら、ハガキで出さなくてはならないと知り、空港でハガキを書いて出て来ましたが、ネットで調べたときにはその場で手続きができるとあったのに、時期や場所によって違いがあるのでしょうね。今日の天気予報に合わせるかのように少しずつ日射しが弱くなって曇り空になってきました。昨日の中秋の名月を見たという友人に負けずに今夜の満月を眺めようと思いましたが、雲で月が隠れていました。やっぱり昨日眺めておくべきでしたね。(^^)最高気温が25度を超えなかった今夜は、窓を開放していても柔らかな風が涼しさを運んでくれています。その風に乗って聞こえてくる虫の音で、付き・気温と合わせて秋の三点セット?昨日も庭に数匹の赤とんぼが止まっていました。間違いなく秋へと向かっている函館の街。お腹などを冷やさないようにして、明日もいい日になりますように!
写真は立待岬。遠くの駒ケ岳もくっきりと見え、まるで近づいてきたみたい。台風シーズンになると中継に使われる懐かしの住吉漁港も岬の近く。岩肌が特徴的な立待岬も函館山の一部。この日もリュックを背負った登山姿の人が千畳敷につながる山道から降りてきていました。
posted by Kan at 23:07| PhotoDiary

2019年09月13日

秋晴れの子ども達

santyou.jpg朝方、14度前後まで下がり、涼しい夜を過ごせぐっすりと眠ることができましたが、最近掛けている羽毛布団がどこかへ飛んで早朝に目が覚めます。まるで目覚し時計のようです。(^^)今夜は十五夜。明日が満月。昨日、函館山へ出かけるときに、交差点でススキを持って信号待ちをしている人に出会って、もうそろそろ十五夜さんだなぁと思っていたら、FMイルカからの十五夜情報で納得しました。爽やかな秋空の下、函館山山頂にはたくさんの車が来ていて、帰りには駐車待ちの車が5・6台になっていました。いつもより多いその訳は、強風でロープウェイが運休していたから。私はちょうど空いていたスペースにすぐに停めることができ、カメラを持って歩き出すと「おつかれーー!」と、後ろから可愛らしい声が聞こえてきました。黄色や青い帽子を被った幼稚園の子ども達。引率の先生に聞くと、下から登山をしてきたとのこと。すごいなぁー!と思いながら、山の自動車道を降りてくる登山客が随分と多かった理由もわかりました。きっと、チビちゃん達が登山道に溢れていたからですね。それにしても引率は大変。山頂で写真を撮ったり30分ほど経って帰る時にもまだ子ども達を待っていましたから。「もう歩けない・・・」と言われたらどうしましょう?(^^)下に降りてお昼時になったので、蕎麦を食べようと市電の谷地頭終点の近くの店に入ると結構な人が入っていました。天ザルを頼みましたが、やはり友人と一緒に食べたほうが味が増すようです。(^^)美味しくいただき、近くの函館八幡宮の正面階段を上がると、こんなに段数があったかな?と思うくらい登りごたえがありました。この場所は何度来てもいいものです。帰りに通ったベイエリアにも宿泊研修らしい子ども達のグループが走り回っていました。爽やかな秋晴れになりそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 07:56| PhotoDiary

2019年09月12日

爽やかな朝に

goryokakupk.jpg昨夜は風呂上がりにウトウトして、つい眠ってしまいました。空気が冷たくて目が覚めたのは0時頃。時計と天気を見ながら、今朝の日の出時刻を調べると5時14分だったので、久しぶりに日の出写真を撮りに行こうかと悩みましたが、出かけるまでの時間に眠ってしまいそうなので断念。朝、目覚めた時のスッキリとした青空を眺めながら、日の出は綺麗なっただろうなぁと函館山山頂や大森浜などからの風景を想像していました。その日射しを浴びて庭のアサガオがいつも以上にたくさん咲いていたのは、慰めてくれていたような気がしました。(^^)朝のご近所散歩では、菊の仲間、コスモス、コキアなど秋に楽しめる草花が、それぞれの庭で元気に咲いていて、昨日・今日の冷風でホッとしているのかも知れませんね。グルッと周って戻るとお隣さんが出ていて、コキアが大きくなったと話すと、今朝のテレビで関東のコキアの公園では赤くなっていたと教えてくれました。ここもあと少しで赤くなるのですね。1年草のようですから、また種が飛び散って来年も数を増やして咲きそうですね。サポートの時間が少なかったら、久しぶりに秋を感じながら函館山でも歩いてみようかなと思っています。まだ秋も始まったばかりで、登山道にもそんなに秋の草花が咲いていないかも知れませんが、ハイキングにもいい天気ですから。爽やかな秋の日の今日もいい日になりますように!
写真は五稜郭公園。図書館に行く前にぶらりと半周。多くの子ども達が橋を渡っていました。秋の修学旅行シーズンが始まっているようです。「ドン、ドン、ドン・・・」と奉行所の櫓から時刻を知らせる太鼓の音が響き出し、観光客は見上げながら聞いていました。春は桜の花。秋は桜の落ち葉。それぞれの季節を彩ってくれる公園の今年の夏も終わり、秋が始まっているようです。
posted by Kan at 09:23| PhotoDiary

2019年09月11日

真夏から秋へ

hakodatebay.jpg今朝は涼しい雨の日の函館。昨日までは友人と電気店でエアコンを探していた真夏のような暑い日だったのに、一晩で秋風が吹いていました。(^^)今日は最高気温が20度前後と平年よりも急に低くなったので、寒さを感じる人には体調にも気をつけたい日でした。私はまだ半袖とハーフパンツで夏気分ですが、午前中に開けていた窓からスーッと涼しい風が入り始めると、窓を閉めてしまいました。庭のアサガオはいつもよりも多い6つの花。まだまだ蕾がたくさんありますから、次々咲かないと寒くなってきますね。庭の土を耕したところには、夏に咲いていたコスモスやポピーなどの小さな芽が出ていました。もう春だと思って出てきているとしたら可哀想。秋の次には長い冬が始まりますから。園芸店の大きな温室内では、冬のうちに苗を育てて春に屋外に出すのでしょうが、ここでは温室はありませんからどうするのでしょうか?今年の夏は今までにない暑さや雨が列島を覆っているようです。先日台風被害のあった千葉南部では今日も大雨が降ったようですから、電気も水も復旧していない中でホッとする間もないことでしょう。やっぱり日常・いつも通りの毎日が過ごせることは幸せなのですね。最高気温が22度で秋晴れ予想の函館ですが、全国的に晴れになりそうな明日も、元気でいい日になりますように!
写真は函館漁港。10日くらい前のものですが、イカ釣り船が何隻も岸壁に並んでいました。今年はイカ漁が不振のようですが、柏のチビちゃん達に先日行けなかった朝市のイカ釣りをさせてあげたいなと思いながら眺めていました。(^^)
posted by Kan at 23:25| PhotoDiary

2019年09月10日

桟橋に並ぶ客船

port1.jpg相変わらず蒸し暑い日が続く函館。そんな日はさっぱりとしたものが口に合います。昼に友人のところへ行くと、庭のクライミングアーチに青いアサガオの花が数えきれないほど咲いていました。散水された土で、ピンクや赤のバラの花やクレマチスなど、この居心地の良さそうな庭で楽しむように咲いていました。きっと友人の花を愛でる気持ちが伝わっているのですね。(^^)お腹も空いてきたので、いつもの寿司を食べに行って、おしゃべりしながらお腹を満たし、暑さが続く今年の夏に、友人がもう一台エアコンをつけたいというので、電気店をいくつかまわって店員に話を聞くと、みなさん考えることは同じなようで、どこも今月いっぱいは見積もりもできないほど混んでいると言われました。その中で、年が開けると今のモデルも結構下がるので、それを狙ってはと提案されたところに期待することに。来年の夏は涼しく過ごせそうですね。(^^)友人と別れてからFMイルカを車内で聴いていると、連絡船の隣にできた桟橋に大型客船「パシフィック・ビーナス」が停泊と言っていたので、コースを変更して連絡船・摩周丸の駐車場へ向かいました。船首の向きは違いますが、並んで停泊している姿は珍しいですね。その大きさと美しさに、もっと見てみたくて、初めて湾岸道路の歩道を歩きながら撮ってきました。小学校の修学旅行生らしき姿も懐かしかったです。何だか疲れたなと思って歩数を見ると8000歩を超えていました。最近は暑くて5000歩も歩かない毎日だったので、運動不足だったのですね。日没近くまでいて、夕陽に染まる景色も撮って帰ってきました。30度を超える最高気温もそろそろ終わり、明日からは平年並みに戻る予想。朝方も冷えそうですから寝冷えをしないように気をつけなくては。秋の空気を吸えそうなあしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 21:36| PhotoDiary