2019年11月01日

北風で始まる11月

otiba.jpg今日から始まる11月。早いもので今年もあと2ヶ月なのですね。暖かい日が多かった10月が終わった途端に、今日は冷たい北風がビュービューと吹いていて、庭の葉を揺らしています。見上げる空に浮かぶ雲の流れも速く、日射しがあったりなかったりを繰り返し、天気予報の「晴れ時々曇り」に合わせているようです。先ほどご近所散歩をしていても、半袖の上にセーターを着て出かけましたが、それでもサンダルに裸足の足元から冷たい風を感じました。ぐるっと一周して戻るところに、鉢の植物を玄関に入れる作業をしている家がありました。玄関フードの中は温室のようでもありますから、そこで冬を過ごすのですね。その中に大きな「金のなる木」学名は「クラッスラ・ポルツラケア」というそうですが、育てて30数年という50−60cmほどに生長した木があり、そこに小さな花の蕾がたくさんついていました。女の子にお金がかかる時に買ったけれど、お金がならなかったと冗談で話していました。(^^)その子も今年で55歳になるそう。帰宅も8時を過ぎることが多く毎日大変そうだけれど、頑張っている姿を見れるのは嬉しいと話していました。親にとっては、いくつになっても子は子なのですね。寒い風の中で、親子の温かい話を聞けてポカポカして戻ってきました。これから明日にかけても一桁気温が続きそうです。この風で紅葉もすっかり飛ばされているかも知れません。秋から初冬への切り替えの11月。冬への備えをしながら、いい毎日になりますように!
写真は笹流ダム公園。ここは春は桜、夏はバーベキュー、秋は紅葉と四季を通して市民に親しまれている場所。この日は枝から葉が散って、たくさんの紅葉が足元に敷き詰められていました。今日の風で、残っていた葉も飛んでいってしまったかも知れませんね。ダムの近くの噴水周辺のイチョウの黄色やカエデの赤がとっても綺麗でした。
posted by Kan at 11:22| PhotoDiary