2019年11月07日

冷たい雨降る函館

nakanodam.jpg毎晩温かいベッドで眠っているせいか、目が覚めても寒さは感じないのですが、ベッドから出ると急に冷んやりとした空気を感じます。玄関の温度計を見るとギリギリ10度。外はきっと一桁気温ですね。昨夜8時過ぎに出かけた時の車の外気温計は4度を指していました。函館も晩秋というよりは初冬に入っているのでしょう。今日は10時頃から小雨が降っていますが、同内各地の峠や旭川周辺では雪や積雪もありそう。週間予報を調べると、来週の木曜日には函館にも雪マークがついていましたから、そろそろ初雪が降るかも知れません。先日は除雪機のエンジンの動作確認をしたり、お向かいさんは玄関フード内に雪かき用具を置いて、冬への備えをしていました。去年の初雪は11月21日だったそうですが、春になるとすっかり忘れ、異常に暑い夏が続くと冬は来るの?などと、のんびり構えていました。それでも、太陽の光が弱くなったり、陽が沈むのが早くなってきたり、青々としていた木の葉も落葉してきて、冬がやってくることを知らせているよう。冬はマイナスイメージが多いようですが、私は大好きな思い出深い季節。暖かなものを着て真っ白な世界へ飛び出すのもいいものです。ほどほどの雪がいいですが。(^^)午後から晴れる予報の雨が上がりそうな今日も、いい日になりますように!
写真は先週の中野ダム公園風景。秋色に囲まれたこの場所は、四季折々の色と景色を楽しませてくれます。赤一色ではなく、赤・気・緑がグラデーションをつくりながら斜光を浴びて輝いていました。ミニダムの湖面に映る紅葉もいいものです。
posted by Kan at 11:55| PhotoDiary