2019年12月27日

良いお年を!

年末.jpg朝起きた時にはチラチラ雪だったのが、8時を過ぎたあたりから本格的に降り出してきて、数cmの積雪になってきた函館。まだまだ降りそうですから、スキー場はホッとしていることでしょう。こんな時、市街地は積もらなくて、スキー場だけというわけにはいかないのでしょうね。(^^)今年は暑い夏が続き、長い秋と遅い冬で、生活するには過ごしやすかったような気候でしたが、こうした微妙な変化が農作物やイカ漁など、自然を相手にする方々にとっては経験値が活かされない状態だったようです。函館でイカを他の地から入れるなんて悔しい気がしますが、加工業者などにとっては死活問題。四季がはっきりとしている日本ということが、当たり前のように四季の美しさを味わえることにつながっていると思いますが、これからは少しずつ変化していくかも知れません。2019年もあと少し。この1年間も無事に過ごすことができ、多くの方々と知り合うことができました。我が子の結婚もあり、来年は可愛い孫が一人増えるということで、私自身も元気でいなくては。(^^)函館周辺の四季の光景を日々載せている本ブログも、知らないうちに10年を迎えようとしていて、記事も5500近くなっていました。「塵も積もれば山となる」昔に習ったことわざの通りですね。(^^)今年は明日から冬休みにして、次回は2020年正月明けから再開しようと思っていますので、よろしくお願いいたします。2019年の今年も、多くの方々からアクセスしていただき、ありがとうございました!みなさまの年末年始が、いい時間になりますように!
posted by Kan at 09:32| PhotoDiary

2019年12月26日

アフタークリスマス

finale2.jpg1ヶ月近く毎日続けてきたベイのクリスマスファンタジーも昨日で終わり、今日からツリーや周辺の飾りを片付けていることでしょう。今年は雪が少なくホワイトクリスマスにならないかな?と思っていても、クリスマスの日には雰囲気たっぷりの雪が舞い降りていました。雪を見たことのない台湾などからの観光客なのか、雪が降り出すと、ツリーの点灯よりも大はしゃぎ。見たこともないものに出会えるというのも旅行の醍醐味ですね。(^^)それぞれいろいろな思いを持ちながら過ごしたであろうクリスマス。今日のアフタークリスマスの日にも、忘れられない記憶を持ちながら過ごしている人もいることでしょう。365日、それぞれの年にそれぞれの思い出を胸に持ちながら、心温かく過ごせたら最高の幸せですね。クリスマスプレゼントも、その年の記憶を呼び覚ますスイッチになるようです。サンタさん役になったパパ・ママも「サンタさん、ありがとう!」と、自分に向けた感謝の言葉でなくても本望ですね。(^^)サンタさんにお願いしていたものと違うものが届いたとしても、子ども達はその記憶を何十年も幼い時の記憶として楽しむことでしょう。クリスマスが終わると、冬休みに入った子ども達はお正月の夢。「もういくつ寝ると・・・」今年もあと5日。当たり前のように元日も開いていた店も、正月三が日はお休みというところも増えているようです。全ての人にお正月でゆっくりというのはいいですね。年末の大掃除も疲れすぎないで、小掃除程度でゆっくり迎えるのもありです。(^^)今年1年を振り返りながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 13:49| PhotoDiary

2019年12月25日

雪降るクリスマスナイト

finale.jpg寒い日が続いていますが、日が射したり陰ったりしていた函館。それが日が沈むとともに雪がちらついてきて、クリスマス気分を盛り上げていたようです。(^^)今日は午後からスターウォーズの映画を観て、その帰りに金森倉庫前のクリスマスファンタジー最終日の様子を見てきました。車を駐車場に停めてブラブラと歩きながら、歩数も5000歩を超えるくらい歩きました。冬に入ってから1万歩はなかなか歩けませんね。(^^)今年最後の点灯式がある6時まで少し時間があったので、近くのラッキーピエロで早い夕食を食べようと入ったら、中で行列ができていました。週末はいつも混んでいますが、今日はそれ以上の混み合い。そういえば駐車場には観光バスが6・7台停まっていましたから、その人達もいるようです。並んでいる人や食べている人たちの言葉が様々。クリスマス休暇や年末年始を日本で迎えようとしている人がいるのですね。有名なご当地バーガーとコーヒーを頼むと、ユニセフへ10円寄付するとシェイクがプレゼントというキャンペーンをしていたので、寄付をするとコーヒーとシェイクという奇妙な組み合わせに。(^^)ラッキーピエロはこうした公益性の高いキャンペーンを何度も続けているのがいいですね。食べ終わって店を出ると、あと少しで点灯。カウントダウンが始まり花火が打ち上げられました。道路を埋める人たちの視線はツリーの上。大小それぞれの花火が終わると今年のイベントも終わり、明日からは片付けが始まります。1ヶ月続いたものが終わるとなんだか寂しくなりますが、サンタもおやすみしなくてはね。(^^)帰る頃に雪がたくさん降り出してきて、明日は積もるかな?と思っていたら、それも止んでホッと。真冬日ギリギリ超える寒い日が続いています。心も体も暖かくしながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:57| PhotoDiary

2019年12月24日

クリスマスイブ

eve.jpg今日は真冬日のイブを迎えた函館。寒いけれど、心が温まった日になりました。午前中に朝市の買い物に出かけ、年末の活気ある市場を眺めたり、イカ釣りのコーナーに並ぶ笑顔の観光客の多さに喜んだり。いつもの店で親類に送るものを相談して、大きなホッケや、数の子がいっぱい入った自家製の松前漬けなどを選んで発送してもらいました。何を喜んでくれるかなぁと、相手を思う気持ちが届けられたら一番ですね。それから干物屋さんへ足を向けると「今年もお孫さん来るのかい?」と名前だけではなく様子も覚えていてくれるのは、プロの記憶力なのでしょうか?1日に何人もの来客を対応して、それが毎日続くのですから、それだけでもすごい!と思ってしまいます。私は名前が出てこないことも少なくないですから見習いたいですね。そこで貝柱を買うと「前は〇〇円だったね。それじゃ、・・・」と、ここでも以前買った時のイメージが浮かんでいるような感じ。恐れ入りました!(^^)今日の夕食は友人と五島軒のミニコースで美味しい時間。途中で花火が上がる音が聞こえ、窓から見えるかなと思ったら見えなかった様子に食事途中でしたが、担当の方が3階に行くと見られるかも?と案内してくれました。すでに花火は終わっていましたが、そこから眺める夜景は、案内してくれた気持ちが伝わって花火より綺麗でした。そして、メニューの違いを伝えると急いで作り直してくれたり。イブの夜も、こうして懸命に仕事に励んでくれる方々がいるから楽しめるのですね。こうしたイベントを通して、人との関わりを再発見・再認識できるのもサンタさんのプレゼント。素敵な時間・日々の気持ちに感謝。予報では気温は上がるけれど、週末にかけて雪が激しく降りそうです。今夜のホワイトクリスマス。子ども達の耳にもサンタの鈴の音が聞こえて来る頃ですね。雪道に気をつけながら、あしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 23:39| PhotoDiary

2019年12月23日

雪の少ない12月末

soumatei.jpg今朝も寒い朝を迎えた函館。暖房タイマーがなかった時代は、こんな朝はスイッチを入れて再び布団に入って部屋が暖まるまで待っていたような気がしますが、今は起きる少し前からタイマースイッチが入り、居間に行くと最適な温度になっていますから改めて便利になったと感じます。そして半袖・裸足で過ごしているのですから、省エネにはならないかも?(^^)北海道の冬の室温は全国比でも高いようですから、今朝のようにニセコスキー場の近くの比羅夫や旭川近郊ではマイナス20度前後を記録したようです。冷蔵庫よりも低いのですから大変ですが、このような土地でも家の中では南国気分。きっと風呂上がりもシャツ1枚でアイスを食べているのではないかと思います。(^^)今年は例年よりも雪が少なく、今日の札幌の積雪も1cmと、1953年の観測開始以来2度目の少なさだそうです。クリスマス寒波がやってくると天気予報情報で伝えていますが、明日は全道的に真冬日。日本海側で雪が降るという話ですが、函館は日本海側の時もあるし、太平洋側の時もありますから、果たして明日はどっちなのでしょうか?(^^)我が家の除雪機も今シーズン1回起動したきり。きっと働けなくてウズウズしているでしょうね。インフルエンザも増加中で、函館でも注意報が発令されました。雪は少なくても冬の出来事は間違いなくやってくるようです。足元や風邪などに気をつけて、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:28| PhotoDiary

2019年12月22日

凍てつく冬至

hako2.jpg今日の函館は晴れた時間もあったけれど、気温が上がらない1日でした。そのため、日当たりのいいところは乾燥路面になり、日陰になっているところはツルツル路面になっていたりと、歩くのも運転するにも油断できない感じでした。昼頃に郵便局に出かけたとき「腹が減っては戦ができぬ」状態となり、近くのカレー屋さんでカレーを食べてきました。料理を頼んでから、あれ?そう言えば昨日もカレーだったなと思い出しました。昨日は函館山の帰りに十字街にある昔からある「小いけ」というカレー屋さんで新メニュー「チーズチキンカレー」を頼みました。1時を過ぎていたのに、結構な人が入れ替わり入っていました。あまり混んでいる印象はなかったけれど、ここの味を求めてくる人も少なくないのですね。私もそうですが。食べてから、やっぱりいつものカレーのほうが美味しかったかな?今日食べたカレー屋さんも美味しかったです。何日続いても美味しく食べられるカレーは、日本人の国民食ですね。(^^)それから郵便局まで日陰側の歩道を歩いて行くと、何度か転びそうになるほどガチガチの氷の道になっていました。昨日の下りの山道で鍛えた足腰が役立ちました。(^^)日曜日なのに郵便局内は何人も並んでいるほど。隣には年賀状販売の人もいて、話題になっているノルマがあるのかな?などと思いながら不在時の郵便物を受け取りました。帰りは日向側を歩いてくると路面がすっかり出ていて歩きやすかったです。行き交う車の量がいつもより多かったのは、クリスマスの買い物もあるのでしょうね。トイザらスなどは、子ども達と親・おばあちゃんなどがニコニコ笑顔で買い物をしていたかも知れません。そんなクリスマスも近い今日は「冬至」。明日からは少しずつ昼の時間が長くなりますが、冬が本格化する時期です。真冬日も増えてきますから、足元にも気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:21| PhotoDiary

2019年12月21日

函館山から

hakoyama.jpg今朝も新しい雪が積もっていましたが、それも表面にサラッとしたもので、さすがのお近所さんも、今朝の雪かきはありませんでした。天気予報では今夜からの雪は、大きな雪だるまマークになっていますから、数cmは積もるのでしょうね。気温といい雪といい、暖かいと思っていた冬も、12月後半になるといつもの冬になってくるものですね。(^^)今日の昼前に久しぶりの函館山へ行ってきました。最近運動不足を感じていたので一瞬、駐車場から山頂までと思ったのですが、やはり標高140mの2合目まで歩いて登ってきました。いつものようにびっしり停まっていた車から、この冬も人気の山のようです。今日の山道は冷えていて凍っていたので滑りそうになったところもありました。途中で出会った一回りほど上の方とおしゃべりをして「山頂までですか?」「いいや、どこまで行けるか・・・」と元気な足取りで登っていきました。私は2合目で写真を撮って楽しんでいると、先ほどの方が降りてきて「今日は帰ります。頑張ってください。」とバトンタッチをしたような感じに。(^^)ここまでは20分かからずに来れますが、山頂には1時間ほどかかるので覚悟が必要ですね。3・4年ほど前に函館山に点在している「33観音」を求めて、友人と2・3日をかけて歩いたことがありますが、決めた時にすぐ行動してよかったと思います。そのうちにねと話していたらできなくなっていましたね。(^^)歩いていても息切れしなかったので、今度は今日教えていただいた観音コースを歩いてみようかなと思いました。たまに歩くのもいいものです。雪予想だったけれど、今は強い雨が降っています。「クリスマスイブ」の歌のように今夜はこれが雪に変わるのでしょうか?凍結した道が雨に濡れて滑りやすくなると思うので、運転にも気をつけながらあしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 20:27| PhotoDiary

2019年12月20日

雪景色の朝

chacha.jpg深夜からチラチラと降り続いていた雪で、今朝の窓からの景色は久しぶりの雪景色。玄関を見るとそんなに積もっていなかったので放って置いたら、いつの間にか家の前が綺麗になっていました。ちょうどお向かいさんに会ったのでお礼を伝えると「雪かきするほどでもなかったけれど・・・」と言ってくれました。有難い隣人です。車の雪を払うと、フロントガラスにはガリガリするような氷もついていて、油断できない寒さかな?と思いました。日射しの温もりに騙されては風邪を引いてしまいますね。(^^)インフルエンザも拡大中のようですから、体調が良くない人は特に気をつけて、自分で無理かなと思うことは人に頼ることも必要ですね。相互に助け合う世の中が一番住みやすい地域をつくり、それが膨らんで過ごしやすい街へとなっていくのですね。観光で行きたい街ランキングでは上位にいる函館も、住みたい街ではランク外。一人ひとりが充実した生活を続けていけると住みたい街になるのでしょうか。魅力的な人がいるところが魅力的な街になりますね。雪が積もらなくてスキー場はどうなるだろうかと思っていたら、今日・明日は雪模様の寒い日になりそうです。乾燥路面に慣れてきた車の運転も気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真は雪のチャチャ登りの坂。1ヶ月ほど前の雪の日の1枚。左にアーチ状の聖ヨハネ教会。右にロシア風のハリストス正教会。背にするのは存在感のあるカトリック元町教会。なんと贅沢な坂道なのでしょうと、感慨深く登っていると「ズルッ!!」と足を滑らせそうな坂道です。やはり、ここはゆっくりと、おじいさんという意味の「チャチャ」のように背を丸めながら登ったほうがいいようです。(^^)ファッションショーのようにスッと背を伸ばし、足を大きく動かすと転んでしまうかも知れません。登り口にある説明板を見ながら歩くことをお勧めします。(^^)
posted by Kan at 13:05| PhotoDiary

2019年12月19日

冬を感じた朝

takuboku.jpg今朝、起きて窓を開けると一片の雪が上から舞い降りてきました。見上げる空には青空が見え、ちょっとフェイント気味の雪なのかなと思っていたら、10時を過ぎた頃から雪虫が舞うように次々と雪が降り始めてきました。積もりそうもない雪の降りかたですが、ゴミをだしに出たときに感じた冷たさに、やっぱり12月も末に近づくと本物の冬になるようです。(^^)今日は昼から出かける予定ですが、そのときにはお気に入りのダウンジャケットを着て、暖かくしようと思っています。昨日は郵送するものがあり近くの郵便局に行ったら、窓口のところにお守りのような「KitKat」が置いてありました。この名前のおかげで「きっと勝つ!」と語呂合わせも良く、毎年いろいろなアイデアパッケージで楽しませてくれています。そこに「お年玉袋つき」とあったので、正月に孫たちがやってくるので買うことにしました。チョコよりも「甘い」かも?帰ってからパッケージをよく見ると「キット、夢にとどきマウスように」と書かれてあって、なるほど来年の「子年」にもかけているんだと一人で感心していました。(^^)ここ2・3日、ニュースで問題になっている日本郵政のかんぽ保険不正販売で苦労している職員たちがいることも考えると、このメッセージも頑張っているみなさんに「届きマウスように!」と伝えたいですね。今週末から慌ただしくなってきそうな年末になってきますが、自身を大切にしながら今日もいい日になりますように!
写真は大森浜と五稜郭。雪が降った日にぶらりと立ち寄った場所。午後の太陽の動きは早く、あっという間に日が暮れていく感じがします。冬至まで後少しですが、日没時刻に関しては既に少しずつ遅くなっているようです。1日の昼の時間が9時間程度というのは7月の15時間と比較すると6時間も違うのですね。そんな四季を静かにじっと見つめているような啄木像も冬の寒さを感じているのでしょうか?この日は五稜郭公園の堀も雪で覆われた冬景色。6時頃から始まるライトアップをタワーから眺められるように、この期間は7時まで100円安く夜間営業しているようです。私も一度行ってみようかな?
posted by Kan at 10:54| PhotoDiary

2019年12月18日

強い風吹く日

wildwind.jpg12月後半に入るとは思えない暖かな朝を迎えた函館。今日の気温は、眠っているときが一番高かったようで、それから少しずつ下がってきていました。昼前にゴミを出したときにも、ちょっと散歩をしようと歩き始めたら冷たい風が吹いてきて、すぐにUターンをして家に戻りました。(^^)午後からコートを着て出かけたときには、これで防寒は大丈夫!と思って、函館駅裏の港に出ると、急に風が強くなり、帽子も飛ばされそうに。いつもは静かな湾内の海も波立ち、白波が岸壁を登って来るようにもなっていました。早々に引き上げてツリーのある金森倉庫に向かうと、同じ湾岸なのに風が弱かったのは、金森倉庫と緑の島に挟まれて防風林のようになっていたからでしょうか?数年前には強風でツリーの先端が折れたこともありましたから、関係者もハラハラドキドキだったかも?通りには海外からの観光客が多く、雪と触れ合いないのが残念なような感じがしました。特に雪の降らない台湾などからの旅行者は、白い雪に対する憧れもあるようですから、今年の12月の気温は想定外だったことでしょう。いつも通りの季節変化は、そこに住んでいる人以外にも、大きな意味を持つ時代になっているのですね。積雪0の函館も、今夜からまたマイナス気温になる予報。再び冬の始まりがやってきそうな気もします。寒暖差が大きく体調も崩しそうな天候にも気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:14| PhotoDiary

2019年12月17日

予想外の暖かさ

hakodatepk.jpg今日は10月並みの気温で推移した函館。雨が降っている時期もありましたが、寒さには影響がなかったような気がします。ここ数日の気温の高さは今日までのようで、明日からは徐々に下がってきて、明日夜には0度前後と冬に戻りそうです。来週はクリスマスイブ。なかなか雪が降る冬の雰囲気にはならず、今日のツリーの点灯式も雨の中で迎えたのではないでしょうか?クリスマスイブの24日には白くなっているといいのですが、凍ったり雪があると苦労する人がいますから、一長一短ですね。一昨日、雪遊び用にと温かそうな靴を買いました。今までは長靴を履いて深い雪の中などを歩いて写真を撮りに行っていましたが、今年はこの靴で足元をあったかく歩けそうで、今からワクワクしています。早く雪が積もらないかなぁ?(^^)今日は日吉町にできたスーパーに初めて入りましたが、予想外の結構な人出と品揃えにびっくり。すぐ隣には半年前からドラッグストアができていましたから競合するかな?と思っていると、互いに行き来している人も何人もいて、比較をしたり、買いたかったものが無かったりしても、こっちはどうかな?と行動しているので、互いに助け合っているような気がしました。来年はこの上を走る高速道路のインターチェンジが完成するようですから、さらに便利になりそうです。冷えていく明日も、体調に気をつけながらいい日になりますように!
写真は初冬の函館公園。ちょうど1ヶ月前の函館公園の様子。紅葉が綺麗で、まだまだ見頃が続いていました。公園の噴水はもちろん止まっていて、子ども達の歓声は消えていましたが「サッサッサッ」というリズミカルな音が聞こえていました。ほうきで落ち葉を集める人たちの横には、大きな袋に入った落ち葉がびっしり。これらが木の枝に付いていたなんて、その量に改めてびっくりしました。今は枝しか無くなった園内の木々も、冬が明けてくると、若葉が芽吹きます。どんな四季も素敵な日本の魅力ですね。
posted by Kan at 18:56| PhotoDiary

2019年12月16日

積雪0の函館

kamisama.jpg8度前後まで上がった今日の函館。晴れていたら嬉しかったけれど、雨が降ったり止んだりと、先週の天気変動と似た傾向に、快晴か大雪か変化が欲しいですね。大雪だと困りますが。(^^)今日の道東や道央に位置する朱鞠内、幌加内や層雲峡などは50cm以上の積雪ですが、スキー場の多い倶知安は21cm。一番近いスキー場のある大沼で3cm。函館は0cmの記録となっていましたから、人工降雪機を使っても雨が降ったりして、スキーにはまだまだですね。スキー大好き人間のS先生にとっては何とも悲しい今年の雪情報。平地で暮らす人には過ごしやすい今年の天気ですね。市内のスケートリンクは先週オープンしたようですが、この雨で再び滑られなくなっているかも知れませんが、学校の授業はまだありますから、冬休みになるときっと大丈夫でしょう。今日は午後から久しぶりに蔦屋に出かけてきました。中央のイベント広場にはクリスマス関連の売り場などができていて、雑貨屋さんでコーヒーの試飲をしたり。それらが目的ではなくて本を買いにきたのですが、ここが書店であることを忘れてしまうことがあります。(^^)それから夕方に温泉「花の湯」で小雨降る中、露天風呂でのんびり暖まっていました。この場所は、雪の日とか、晴れた日以外でも楽しみなところです。明日も曇り主体の穏やかな日になりそう。寒暖差に気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:22| PhotoDiary

2019年12月15日

気温が上がらなかった函館

simobasira.jpgいつものように7時過ぎに起きてカーテンを開けると、庭に白い粒々がありました。何だろう?と思ってよく見ると霜柱。畑の土の下から手を押し上げてくるような姿は、まるで力持ちのレスラーのようですね。(^^)夜中、なんだか冷えるなぁと思い、いつものように掛け布団を跳ね除け他のかなぁと思っていましたが、そうではなく本当に寒買ったのですね。今日の最高気温は1度。去年の今頃は最高0.7度で同じ様ですが、最低気温がマイナス8.4度と、かなり寒く雪も多かったのですね。1年経つと忘れてしまうものです。近郊のスキー場、七飯スノーパークも昨日オープンの予定だったのが積雪が少なく延期になっています。シーズンが短くなると、食堂や用具レンタル店、ゴンドラなど、働きに出ようとしている人にとっても大変ですね。街には少なく山には多くという配慮をしてくれるといいのですが。(^^)今日、買い物に出かけたら久しぶりに以前の職場の仲間と会い、しばらくおしゃべりしていました。これから母親と一緒に金森倉庫前のクリスマスツリーを見に行くと話していました。私も車にカメラを2台積んで撮りに行こうと思っていましたが、雪が降らなかったので断念していました。逆に足元が滑らなくて安全なので、母親孝行にはピッタリの日かも知れません。寒かった今日を過ぎると、明日から2・3日また雨の暖かな日が続きそうです。もうそろそろ雪になってもいいかも?(^^)12月も後半スタートの明日もいい日になりますように!
写真は霜柱。マクロレンズを持って出るとよかったのですが、標準レンズの最短撮影距離と画像を拡大しての1枚。三脚とマクロを出すともっと緻密な氷の様子が撮れたのでしょうが、裸足にサンダルにカメラという姿で庭に出たら、流石に寒くて、パパパッと撮り終えて部屋に戻り暖房の前で暖まりました。(^^)葉に付いていた雫だと思ったものも氷で、一気に冷えたのでしょうね。
posted by Kan at 19:59| PhotoDiary

2019年12月14日

一休みの冬模様

motostreet.jpg朝から不安定な天気だった函館。朝方の雨も10時頃には曇りになったと思ったら、午後からはミゾレになったり雪になったり。それでもプラス気温だったせいか積もることはありませんでした。道央方面では40cmの積雪もあったところもあったようですから、今年の函館は雪かきに関してはいい傾向ですね。今のところは。(^^)今日はバスで旅行する友人を見送りに行ってきました。私のバス利用は、何年も前に東京から青森までの深夜長距離バス。中にはゆったりと隣席との空間があって、カーテンで仕切られた中でフルリクライニングで眠ることができました。今は無くなりましたが、昔の夜行列車のようでした。もっと前には函館・札幌間の深夜バスで、翌朝に着いて雪祭りを見てから、その日の深夜バスで帰ってくる0泊2日の行程。私のようにどこでも眠られる人には安く出かけられていいですよ。(^^)友人が乗ったバスは、一人掛けの席が横に3人セパレートになっていて、ゆったりとしていたようです。函館近郊を出てからはトイレタイムだけで高速道路をノンストップですから快適ですね。毎日車を利用していると、バスや列車に乗る機会がなく、たまに乗りたくなります。函館・青森間の新幹線の特割で安く行けるようですから、今度出かけてみようかな?(^^)12月も半ばになりますが、次の月曜からまた気温が上がってきそうです。なかなか体も冬への覚悟ができないまま年末を迎えそうですが、体調に気をつけて、明日もいい日になりますように!
写真は数日前の元町風景。この時に残っていた雪も、今はほとんど消えてしまっていることでしょう。教会通り・八幡坂を抜けると、スィーツや軽食を食べられる店がいくつかあります。歩き疲れたら、こうした店で一休みもいいですね。寒い時期に入ると、体も温めてくれます。店の前には昔からある和洋折衷の家が並んでいるのも、この辺りの特徴。茶房「菊泉」は店内に囲炉裏などがあり、ディスプレイも昔風で趣があって好きなところです。その正面には柿を吊るして干し柿を作っていましたが、私は食べられなくて好きではないです。光景は綺麗ですが。(^^)
posted by Kan at 21:38| PhotoDiary

2019年12月13日

冬至前の夕暮れ

touzimae.jpg今日は3度前後と少し肌寒い日だった函館。でも、これがいつもの季節感のような気がします。昨夜パラパラと降っていた雪も、庭を白くしていましたが、積もるほどではなかったようです。それでも日が沈むと路面が凍り始めて、ライトに照らされてピカピカと光り出していました。今日は4時過ぎに金森倉庫の方へ向かい、4時半から点灯するというツリーを撮りに出かけてきました。6時少し前までは、以前の記憶では倉庫前の通りも自由に車で移動できたと思っていましたが、今日は通りに警備の人が立ち、スターウォーズのライトセーバーのようなものを振りながら「もう通れませんよ。」と言われました。それではと、緑の島から撮ろうと思い、出かけるとゲートが閉鎖され「花火のため閉鎖中」というような立て札がありました。やはり、こうした撮影は事前調査が大事ですね。(^^)それで、緑の島へ向かう橋の入り口から撮ってきましたが、もっと近くで撮りたかったなぁと思いました。函館山山頂を眺めると、ロープウェイが動いていて、今日の夕景・夜景は綺麗だっただろうなと、旅行者ではないけれど函館人としてよかった!と思いました。(^^)帰りに明治館・八幡坂を経由してきましたが、この時期はやっぱり白い雪があると雰囲気が増すような気がします。クリスマスイブには白い世界を見せてくれるのでしょうか?東の空に昇り始めた大きな満月が見えました。気温が上がりそうな雨予報の明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 21:17| PhotoDiary

2019年12月12日

強風・吹雪の函館で

motomachi20.jpg今日一番暖かかったのは真夜中で10度あった函館。それから徐々に気温が下がって時折吹雪くような時間帯もありました。昼少し前に出かけたときは、ラジオから風が強くてロープウェイも休止という放送や、深夜3時頃の恵山方面のFM中継局に落雷があり、復旧までに12時間近くかかったようです。函館は感じませんでしたが、道東の方では観測史上初という震度5弱の地震があったようですが驚いたでしょうね。幸い大きな被害がなかったようで一安心。寒い冬の時期の災害は他の季節以上に生命の危険を感じます。情報番組でも災害非難グッズのことを放送していました。私の防災グッズのバッグの水や缶詰などは、もう5・6年も経過しているので交換しなくてはなりませんね。消費期限が近づくごとに交換して消費していく方法が推奨されていますが、それができると大丈夫ですね。用事が終わった5時過ぎに家に帰る時、雪のツリーでも撮りに行こうかな?と思ったけれど、お腹も空いてきて帰ってきました。(^^)明日からまた数日間は気温が上がってくる予報。寒暖差に気をつけながら明日もいい日になりますように!
写真は先日の元町周辺。凍結した道路の雪・氷が解け始めて、滑りやすくなっていました。こんな時には用心しなくては。それでも、氷の下に秋の葉が閉じ込められていたり、街灯の支柱に吹き付けられた雪があって、風の強さを感じることができました。これからこうした光景が春まで続くのですね。滑って転びませんように。(^^)
posted by Kan at 18:47| PhotoDiary

2019年12月11日

クリスマスと歳の市

hakokuri.jpg今日も10度を超える気温だった函館。夜8時過ぎに出かけた時にも外気温計は9度を指していました。昼過ぎから降っていた雨もあって、道路の雪はほぼ消えてしまい、先日雪かきをした雪山も、どこへ行ったの?と思うほど無くなってしまいました。今夜も夜中にかけて気温が少し上がるそうですから、雪景色は振り出しに戻りそうですね。正月には娘夫婦と七飯スキー場へ滑りに行く予定ですから、暖冬は嬉しいけれどスキー場には積もって欲しいというワガママを叶えてくれるでしょうか?(^^)スーパーに行くと、入口にはクリスマスの長靴お菓子が並べられていて、その隣には正月のしめ縄や鏡餅も並べられていて、年末年始が仲良く一緒に顔を見せていました。子ども達が小さかった頃は、サンタさんの下請けでプレゼントを用意したり、こうした長靴を並べてワイワイしていたことも思い出します。今は、そうした子ども達が親となり、孫を楽しませているようです。こうして伝わっていくのが伝統にも繋がっていくのでしょうね。喜ぶことは、いつまでも伝え続けられるといいなぁと思います。(^^)あと10日ほどで1年で一番昼が短くなる「冬至」ですが、昨日今日あたりが日没が一番早いようです。今日は16時6分で、冬至は16時10分。昨日は夕焼けを撮って帰る頃に東の空に月が昇ってきました。明日は満月ですから晴れるといいですね。気温も上がって体もホッとしていると明日夜には再びマイナス気温になるそうですから油断できません。風邪などに気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:02| PhotoDiary

2019年12月10日

暖かな12月

yuuyake.jpg先週は真冬日続きと冷え込んでいた函館ですが、今日は車の外気温計で12度。紅葉シーズンの気温のようでした。それが幹線道路の雪を消し、脇道も路面が乾燥してきている場所が多かったです。我が家の家の前の道路は道幅が狭いせいか、雪が残っていて、白い道が珍しいほど。(^^)斜め向かいのお年寄りの方が路肩の雪・氷を割っていました。こうした雪割り風景は冬の終わりの光景がこの時期に見られるなんて、やっぱり今年の冬は暖かい?今日は久しぶりに散髪に行き、さっぱりとしてきました。この床屋さんには年に数回20年ほど通っていて、店内を走り回っていたチビちゃんも社会人と大学受験生になっていました。それだけこちらも年をとっているのですね。(^^)散髪をしながら店主が認知症のお姑さんの世話が大変になってきていると話し、本州に住んでいる子ども達も世話に来れないから仕方ないのかなと。ご自身の同居しているお母様はお元気で、今日も「いらっしゃいませ!」と若々しい声で頑張っていました。この店だけではなく、これからの大きな社会問題ですね。ニュースでも今年の出生数が87万人を下回りそうとありましたが、高齢者を支える人手が少なくなる人口構成で、社会保障費も上がりそう。子育てに対する社会の支えが充実しないと、子どもを産みたくてもそうできない人も少なくないでしょうね。反面、誕生を喜び育ててきた子が、いつか虐待を受け亡くなる事件も少なくありません。人も世の中も、ゆとりを持って暮らせるようになることを。今日よりも暖かくなりそうな明日も元気でいい日になりますように!
写真は今日の夕焼け。4時前に買い物に出かける途中、夕陽がとっても綺麗で「写真を撮ろう!」と思って、店を通り過ぎて海岸へ向かいました。カモメやカラスが寝ぐらの函館山方向へ群で飛んで行く夕暮れ。「夕焼け小焼け」の歌のような光景の中、波が引く砂浜に夕陽の長い光跡が伸びていました。近くの温泉の源泉から溢れた湯が海へ注がれている場所では、温泉成分でエメラルド色に染まった流れが湯気の中にできていました。道路向かいにある「漁火館」にはこれを源泉とする温泉や岩盤浴があるそうです。今度出かけて見たいなぁと思っています。
posted by Kan at 21:19| PhotoDiary

2019年12月09日

寒波が過ぎる

motoch.jpg今朝は全道的に冷え込み、道央、道東などはマイナス20度になったところもあったそう。乳牛たちの鼻息も白く、体の表面にもびっしりと白い霜がついてて本当に寒そうでした。でも、この季節ならではの景色も見られるのは魅力的。川霧が凍って周囲の樹木の枝を綺麗に飾ったり、ダイヤモンドミストを見られるのも冷えなければ見れなかったり、日の出の海で港から漁船が沖へと出て行く頃に見られる毛嵐。どれも寒くなければできない自然現象ですから、北海道ならではの光景。数年前に何度か毛嵐を撮りに真冬の日の出前に出かけましたが、そんな時に限って見られなくなるのはなぜなのでしょう?家に戻ってから二度寝をして体を温めたりした事もありました。(^^)今日は友人とお昼を食べてきました。11時過ぎに着いた時には少なかった客が、12時を過ぎると次々に席が埋まってきました。友人は体調があまり良くなかったのですが、いつも以上に食べられたので、きっと早く回復する事でしょう。急な冷え込みや明日は10度ほど気温が上がったりして変化が大きいときは要注意。インフルエンザも広がりつつありますから、今から体力をつけておかなければ。今日の植物画カレンダーにはシクラメンが描かれていました。しばらく花屋さんには行っていませんが、きっと各色のシクラメンが並んでいるのでしょうね。描かれているピンクのシクラメンの花言葉は「憧れ」「内気」。寒くなると咲き続けるシクラメンは、夏にはひっそりしていて花言葉通りかも?冬の部屋にあるシクラメンもいいですね。10度近くまで上がりそうな明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 23:31| PhotoDiary

2019年12月08日

繰り返す真冬日

snowblue.jpg今日もたまに青空が見える雪曇りの函館。最高気温はマイナス2度。もうプラス2桁気温はないだろうなと思ったら、明日からの1週間は10度や11度という雨の暖かい気温が続くようですから、積もっている雪も解けてしまうかも知れませんね。でも、夜はマイナス気温になりますから、アイスバーンなどの凍結路面に気をつけないと危ないですね。今日はガソリンスタンドに行って車のガソリンと除雪機のガソリン携行缶へ給油しようとしたら、何度しても紙幣が入りません。担当者がやっても入らず、鍵を持ってきて中を見ると紙幣がびっしりと詰まっていて入らなかったようです。それを抜いたらすぐに給油ができましたからスタンドも「もう、お腹いっぱい!」という状態だったのですね。(^^)そういえば、2・3日前にスタンドに随分車が並んでいたので、値上がり前にと急いで給油したのがあふれていたのかも?たまに友人からも「値上がり情報」がメールで送られてくるのですが、緊急値上げだったのかも知れませんね。北海道などの冬が厳しい寒さになる地域は、灯油やガソリンなどの値上げが他の地方以上に気になります。東京などはエアコンで冷暖房しているところが多いようですから、同様に電気代が気になるのでしょうね。こうした生活必需品の価格は安定して欲しいですね。でも、明日からは少し暖かくなってくるので、ホッとします。雪道に油断をしないように気をつけながら、明日もいい日になりますように!
写真は元町風景。公園の中の木には雪囲い・雪つりをして、雪からバラの木などを守っていました。その基坂下にある旧イギリス領事館の庭もすっかり冬景色。外壁工事は今月24日前後に終わりそうですから、真っ白い雪に映える姿を見せてくれるといいですね。
posted by Kan at 20:38| PhotoDiary