2020年05月31日

五月晴れの函館

yama1.jpg昨日今日と、半袖でもちっとも寒くない日が続いています。最高気温も20度を超えてくると、1日中半袖でも大丈夫と思えるのですが、この時期の夕暮れ後には一気に冷えてきて、昨夕もそのまま庭に出たらちょぴり寒さを感じました。この気温変化が大きいのも、北海道の特徴でしょうか?いくら暑くなった日でも、夜には気持ち良く眠られるのは、当たり前に感じているけれど、本州のムシムシした暑さの中で眠るのを考えると天国ですね。(^^)先ほど、近所の方から立派なイチゴをいただきました。七飯町産の美味しそうな大きな一粒を口に入れると、甘さが口中に広がり、お昼のデザートになりました。我が家の段々畑のイチゴは、緑色の実がたくさんついていますが、真っ赤に完熟するのを楽しみにしています。このような日射しが続くとドライブや写真撮影などアウトドアに出かけたくなります。明日から6月で、2ヶ月休んでいたPCサポートの仕事も始めていきたいと思っています。撮影の仕事やパソコンの設定などのお手伝いをいたしますので、よろしくお願いいたします。コロナなどに気をつけながら、明日もいい日になりますように!
写真は2・3日前の函館山から。明日から函館山のロープウェイや自動車道も開通するようですから、昼の景色や夜景なども新鮮に感じるかも知れません。私は登山道から2号目まで登って写真を撮り戻ってきましたが、「こんにちは!」と行き来する登山者の多くは山頂までの健脚の方々。老若男女問わず愛されている函館山。日射しに緑輝く葉に、元気をいっぱいもらってきました。春の草花も、名前がわかるものはわずかですが可愛らしかったです。いつもと変わりのない季節の変化が嬉しいですね。(^^)
posted by Kan at 13:04| PhotoDiary

2020年05月24日

戻って来た5月の風

motomachi2.jpgkouzi.jpg今日は朝から暖かい日射しの函館。昨日まで冬のような格好だったお隣さんやお向かいのチビちゃんも軽装になってピョンピョン跳ねていました。(^^)カレンダーではなく、こうした日々の変化に季節を感じていくのですね。昨日は本当に久しぶりに元町からベイエリアまで散策して1万歩近く歩きました。足は使っていないと衰えていくと言いますから、屋外の天候がちょうどいい5・6月の函館を散歩して、目を楽しませ、足を鍛えようかなと思っています。元町の桜も、ソメイヨシノの季節は終わり、色の濃い八重桜が咲いていました。元町公園の八重桜と旧北海道庁函館支庁庁舎の薄緑色の建物の対比も綺麗だったです。その上に見えるはずの旧函館区公会堂はまだ工事中で、その覆いの中からトントントンと槌音が聞こえていました。工事中といえば、ベイエリアの岸壁改良工事もだいぶ進んでいて、スターバックスや土産物屋さんの建物の海側に、広くて気持ちのいい広場ができていました。そこで日向ぼっこをしている人もいましたが、今日のような天気は最高でしょうね。まだそこから始まる遊歩道などが未完成ですが、今回のコロナ自粛で作業は捗ったのではないでしょうか?今年の夏は散策に疲れたら海を眺めながら一休みするのにいいかも知れません。金森倉庫が今月いっぱい閉鎖など、まだまだ観光客がのびのびとできる雰囲気ではありませんが、街も少しずつ回復しているようなのが嬉しいですね。明日からもいい日になりますように!
posted by Kan at 11:22| PhotoDiary

2020年05月22日

動き出してきた新しい日常

zinusi2.jpgzinusisakura.jpgコロナウィルスの感染者の数が全国的に減少してきて、関西圏の緊急事態宣言も解除され、来週月曜日には継続している地域も解除されていくだろうという予測が出されています。飲食業などは死活問題である外出自粛が解除されると嬉しいでしょうが、函館のような観光主体の街では、都道府県をまたいだ観光客や海外からの旅行者などが主人公ですから、そうした意味では解除されたら即、今まで通りとはいかないようです。先週、金森倉庫の通りを見てみたら、金森倉庫自体が今月いっぱい休業するという表示がありました。こうした時期にやってくる旅行者にも?ですが、せっかく来てもトラピスチヌ修道院が閉鎖していたり函館山へは登れず、店も閉まっていて、観光というわけにはいかなかった事でしょう。1日も早く朝市のイカ釣り堀の周囲でワイワイ賑やかになることを。先週末、最後の花見へと市中心部から少し離れた「石崎地主海神社」の八重桜のトンネルを眺めに行って来ました。ここの桜は松前から移植されたそうです。来ている人は少ないだろうなと思っていましたが、予想外の人数にビックリ。やはり、みなさん同じような思いだったのですね。小中学校も来月からの登校に備えて、今週から分散登校をしているようです。埼玉に務める仲間の学校も登校へ向けて準備が始まり、教員は透明プラスチックでフェイスシールドを手作りしているようです。触れ合いが大切な低学年など、ハードルが高そうな指導体制になりそうですが、一つ一つ解決していきながら歩き始めているのですね。これからも、いい方向に向かいますように!
posted by Kan at 19:03| PhotoDiary

2020年05月07日

連休明けの青空

torapisakura.jpgkousetusakura.jpgsakurastreet.jpg今朝の函館は朝から青空。時折雲が流れてきて太陽が隠されてしまいますが、それもすぐに消えて晴れが続いています。ただ、風が少し強くて庭のタープを揺らしています。朝のご近所散歩でお隣さんと話をして、互いの近況を伝えたりしていました。一人で暮らす状況になったロビンソンクルーソーのように、家に閉じこもってばかりでは体にもよくないですね。3密とならないように気をつけながら散歩することも必要かも?近くの学校に勤めている方の話を聞いても、新しい学級の子ども達と4月6日に会ったきりで、学習進度も一歩も進んでいないと悩んでいましたが、持ち前の明るさで、楽しく学習できる動画を作成しているとのこと。そんなことをやりそうもなかったけれど、こうした機会に新しいスキルを身につけようとしているようで拍手ですね。できないなりにできることを考えていくことが求められていく時代なのかもしれないですね。全国的に少しずつ感染者も減少しているようですが、再び増加することのないように互いに気をつけて過ごしたいですね。5月の気持ちのいい空の下、いつも以上に庭がグレードアップを続けています。(^^)体に気をつけながら限られた時間、いい毎日を過ごせますように!
写真は早朝のトラピスチヌ修道院、香雪園、桜ヶ丘通りの桜。函館の桜は満開を過ぎ、風が吹くとハラハラとピンクの花びらが舞っていました。五稜郭公園の堀に散った桜がつくる「花筏」もできてくる頃だけれど、今年は園内に入られなくて見られないのが残念。来年に期待ですね。
posted by Kan at 12:29| PhotoDiary