2020年12月02日

北海道は雪の季節へ

snowgarden.jpgここ1・2週間、朝8時になると地震のような揺れと音が聞こえていましたが、それもそろそろ終わりのようです。我が家の隣の解体作業で働いている重機は、シャベル部分が口のようになっていて、それを開いて上手に解体したものを挟んでダンプに乗せていっていました。その下であちこち動いている作業員も慣れているのでしょうが危なかしい感じがしました。(^^)道路沿いの塀も消え、今年の除雪場所には広過ぎる空間ができました。これならどんなに雪が降っても大丈夫です。お向かいのチビちゃんのためにソリで遊べる大きな坂でも作ってあげようかな?(^^)まだ先の話だと思っていた雪も、昨日から岩見沢など道央では50cm以上積もったそう。ニュースでも歩道の両側に高く積まれた雪があり、さらに深々と降り積もる様子が映されていました。こうした映像を見ると、雪が解けて乾燥舗装路面が見えている函館は幸せなのかも知れません。車庫に眠るチビちゃんたちのスキーも、今年は出番がなさそうです。早くコロナも収まり、いつもの生活に戻ることを願っています。寒い日が続いています。体調に気をつけながら明日もいい日になりますように!
写真は昨日の朝の香雪園の雪景色。園内に入るとすぐにリスが木の上に登っていくのが見えました。冬眠のための食料が足りないのかも?落ちた紅葉の上に薄っすらと積もった雪。雪が降った後に散った紅葉などが白い世界に彩りを与えていました。まるで夜の星座のような気もしました。(^^)雪曇りの中でしたが、日が射すと、もっと綺麗だったことでしょう。
posted by Kan at 18:26| PhotoDiary