2020年12月21日

穏やかな冬至

motomachi4.jpg今日は1年のうちで昼の長さが一番短くなる冬至。函館の日没は16時10分。函館山の梺は、日射しが山蔭に入るので、この時刻よりかなり早く暗くなります。冬至には古くからカボチャを食べたりユズ湯に浸かって無病息災を願う風習がありますが、我が家は昨夜ユズ湯に浸かりました。発泡入浴剤でしたが。(^^)函館山からの日没直前のトワイライトも絶景で、このあたりの時間にはロープウェイも混み合うようです。函館にくる旅行者の多くは函館山からの夜景を考えているようですが、平地よりも2・3度は低くなる冬の山頂の気温は厳しく、高さが低いと思って軽装で山頂に行くと、寒くて屋外の展望台に出られず後悔する人もいるようです。ここ数日の寒波の中では、これがさらに大きかったことでしょう。数年前に大晦日のカウントダウンに山頂へ向かったことがありますが、展望台は混み合って歩けないくらいで、この人数の重さで山も少し低くなりそうと思ったほどでした。(^^)あと10日で2020年も終わります。想像もしなかった出来事で、1年前には思いもしなかった世の中になっていますが、来年こそは、こうしたことを克服していい年になるといいですね。今日は友人と年賀状作り。来年は丑年で、イラストの牛の鼻が豚に見えるなどと笑いながら仕上げました。(^^)夜は久しぶりに中華店で麻婆豆腐やチャーハン、焼きそば、春巻をいただきました。春巻は火傷するほどの熱々でしたが、美味しさが優って一気に食べました。麻婆豆腐も辛い!と甘さに慣れた舌に喝を入れるよう。それぞれが美味しく出来立てを食べ、寒さも忘れるほど。ごちそうさまでした。(^^)先週からの寒波も去り、クリスマスイブには7・8度まで上がりそう。雪かきもしたし、もう春になってもいいですね。(^^)油断をしないように気をつけながらあしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 23:06| PhotoDiary