2022年01月13日

2年ぶりの再会

snowswan.jpg昨夜から降っていたサラサラ雪も、道央・道北ほどには積もらず、除雪機を出すまでもなく片付きました。お隣さんが早くから周囲の除雪をしていてくれ、こちらはそれを綺麗にする作業。新雪の下にはガリガリの氷があり、お隣さんは2回転倒したそうです。用心しないと危ないですね。昨夜は高校時代からの仲間と2年ぶりの再会。会っていないのに、すぐにいつものような気持ちで語り合えるというのは心地いいもの。あっという間に4・5時間が過ぎていました。その話の中でも、同期や少し上の先輩が亡くなったという話もあり、この年代も油断をすると危ないですね。酒を飲んでいなかったので、帰りに七飯町に住んでいる仲間を家まで送り届け、美味しいコーヒーなどをいただいてきました。思い返すと出会ってから50年以上にもなり、年に1・2回会ったり、数年前には紅葉時期に、出かけられない事情の仲間を訪ねる旅をしたりと、いい時間を分けてもらっています。それぞれ手術をしたり大病を克服して元気一杯の姿でしたが、無理せずのんびりゆっくりですね。(^^)函館の小中学校は明日から3学期が始まり、短い学期を1年間のまとめ・新年度へ向けて頑張ることでしょう。コロナ禍で卒業式ができなかったところが少なくなかった去年でしたが、今年は無事に行えるといいなと願っています。足元が滑って危ういですが、十分気をつけて今日もいい日になりますように!
写真は大沼の白鳥セバットの様子。茶色い毛が残る幼鳥が何羽もいて体を休めていました。今年は夕暮れの巣へ戻るときの編隊飛行が撮れるといいなと思っていますが、こればかりは野鳥撮影専門の人の根気には敵いません。(^^)
posted by Kan at 09:48| PhotoDiary