2022年01月22日

冬晴れの空

nanaesp.jpg昨夕の夕焼けはとても綺麗で雲を照らす光は茜色で、写真を撮りに行こうかなと思いましたが、早い夕食の準備をしていたので断念。きっと夕景を眺めていた人も多かったことでしょうね。今日も予想よりも青空が広がり、とってもいい天気になっています。こんな日中の天気を表す言葉がいくつかあるようで、その言葉通りの「冬晴れ」のほか「冬日和」「寒凪」「風花」「凍て晴れ」などがあるそうです。大寒を過ぎているのに庭の雪も解けて舗装面が出てきたりしていますが、集めた雪が固くなっていたり、玄関前が硬い氷になっているのは、やはり冬ですね。(^^)北海道が一番冬らしくなる2月。その雪を利用して行われる札幌の「雪まつり」は、今年はコロナ禍で中止になったそうです。道南の大沼で行われている氷の大滑り台が人気の「雪と氷の祭典」もどうなるか心配ですね。この2・3年の花火などの四季の行事は、ことごとく中止や縮小されて観光都市としては寂しいけれど、他府県同様に北海道も「まん延防止処置」が指定される予定ですから、2年ぶりに年末年始に子や孫たちのファミリーと会えたのは奇跡のようです。今日の天気のようにスッキリとした気持ちで過ごせる世の中になるといいですね。今日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 13:46| PhotoDiary