2022年06月04日

ゆっくりと進んでいる季節

kousetu6.jpg朝晩はまだまだ冷える函館。それでも少しずつ少しずつ季節は進み、春から初夏模様へと変わってきているようです。昨日は出かける途中にある香雪園により、少しの間散策してきました。春に顔を見せていた桜はもちろん、木陰にひっそりと咲いていたカタクリの花などはすっかり消えて、木々の葉の緑色が眩しいくらいに鮮やかになってきていました。ここは紅葉で有名なところですが、そのカエデの仲間たちも見上げるとステンドグラスのように日射しを透かしていました。円の中央あたりに多くのカメラマンがジッと静かに同じ方向にレンズを向けて撮っていました。皆さん無言でシャッターを押すような動作だけが伝わってきました。以前ですと「カシャカシャ、パシャパシャ」などと一眼レフのシャッター音が聞こえてきたのですが、最近はミラーレスが増えたせいか無音に近くなっています。野鳥やリスなどには向いているかもしれませんね。私は一眼レフでパシャ!っと音を出しながらぶらぶら撮って歩いています。(^^)先日大阪の友人から頂いたシャッターに付けるレリーズボタンを指で押すとちょうどいい感じです。これで腕も上がるといいのですが。(^^)今日はお向かいさんの1年生の運動会だったそうで、予想通りの3位だったということで「すごい!やったね!」と言うとなんだか照れているよう。近くにいたママが言うには3人で走っていたそうです。来年は頑張れ!!今年の運動会は保護者は立ち見で、2学年ずつ3回にわけてするそう。始まってから終わるまで1時間程度だったそうで、初めての運動会としては寂しかったそうです。まだお祭り騒ぎはできないようです。でも晴れでよかったですね。低めの気温が続きそうですが、日曜日の明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:23| PhotoDiary