2015年09月30日

鮮やかに色づく月へ

knk4.jpg今日は秋晴れの1日だった函館。少し強い風が木々を揺らし、飛ばされた落ち葉がカサカサと舗装路を走り回る姿も。枯れ葉たちの秋の運動会ですね。(笑)大三坂だけではなく、街中のナナカマドの街路樹も実だけではなく葉にも黄色や赤色が増してきて秋模様。気温差や天気変動の大きかった9月も今日で終わり。スーパームーンを眺めた長月から紅葉が広がる神無月へと切り替わります。今日は利尻岳や東北の岩木山にも雪が降ったようで、秋ではなく冬間近のサインも見られるようになってきました。函館が秋の衣をまとう10月11月。寒くなるのは苦手ですが、この季節の鮮やかな自然の色が好きです。大沼公園、城岱牧場、きじひき高原、八郎沼。函館近隣の紅葉も北から順番にやってくることでしょう。そして、ダム公園、香雪園なども色づいてくると秋も深まってきます。こうした秋を味わうためにも、体調管理に気をつけながら元気でいたいですね。10月が始まる明日もいい日になりますように!
写真はハリストス教会とカトリック元町教会。教会の上の通りから階段を降りてくるとカトリック元町教会と並んだハリストス教会を眺めることができます。でも、階段の位置では電柱が間に入って残念な写真に。そこですっかり降りてから撮ると木で隠される部分が増えてしまいます。もう少しして木々の葉が少なくなってくると、視界が広がり眺めが変わってきます。同じ場所でも、季節によって様々な顔を見せてくれますね。(笑)
posted by Kan at 18:05| PhotoDiary