2017年03月18日

雪が消えていく函館で

motomachi.jpg少し遅い目覚めの日曜日の朝。窓からは光がいっぱいの景色。今日・明日の函館の天気予報は晴れマークのオンパレード。最低気温が0度前後で最高気温が10度前後と、雪が消えた南斜面では、そろそろ福寿草が顔を見せてくれそうな時期。毎年観に行っている七飯町までちょっと散歩に行ってこようかな?と思わせる天気が続きます。もう雪の心配はいらないような気がしますが、以前、入学式のある4月になってから雪かきをする必要があるほど積もって、綺麗な服を着た子どもや保護者が足元を気にしながら来校したのを覚えていますから、あと少し注意をしたいですね。(笑)今日から三連休の人も少なくないことでしょう。市内にはいつも以上に冬の観光客や卒業旅行らしい若者たちの姿を目にするようになりました。これも3月26日に開業した北海道新幹線の影響なのでしょうか?この冬、天候悪化で運行が乱れた飛行機と比較すると冬にも強いところを見せてくれた新幹線。年度末・年度始めの予定が詰まっている人にとっては安心できる交通機関。それも1周年を間近に控えて2年目に入りますから、これからが正念場ですね。観光客はもちろん、そこで暮らす函館人にとっても自慢できる魅力いっぱいの函館であってほしいですね。春の日射しを浴びながら、連休初日の今日もいい日になりますように!
写真は2・3月の元町風景。雪が降った後の晴れた日を意識して何度も出かけましたが、こうした雪景色もそろそろオフシーズン。元町の通りに集まって建っている教会は、どれも絵・写真になる場所と形。暖かい季節になると、スケッチブックやキャンバスを広げてこうした風景を描く人達を何度も目にします。後ろから覗くと写真では描ききれない、その人の目・心が見ているであろう教会の姿がありました。絵が描けたらなぁと思う瞬間です。(笑)
posted by Kan at 09:07| PhotoDiary