2018年02月28日

嵐の前の日射し

goryoukaku.jpg夜中はまだまだ寒く、函館はマイナス8度まで下がったようです。ベッドを起き出すのにも気合い・勇気が必要な季節もあと少しと思いつつも「早く春にならないかなぁ・・・。」とベッドを離れ窓のカーテンを開けると、薄水色の空の東側から眩しい太陽が顔を出していました。そこから伸びる光が庭の雪面を照らし、反射板のように一層明るくしてくれていました。2月も今日で終わり明日からは3月。でも、暦の春のスタートを思わせる明日明後日は台風並みの低気圧が北日本を襲いそうな予報。3年前のこの時期に暴風雪を招いたのと同じようなパターンになるそうです。テレビでも買い物は今日のうちにと話していましたけれど、仕事で出かける人は嵐の中でも出かけなければならないので大変。明日の強い雨・明後日の暴風雪の予報の函館も注意しなければなりません。路面がぐちゃぐちゃしている時期ですから、視界が悪くなると一層運転が難しくなります。こんな時にはゆっくり運転が一番。後ろからクラクションを鳴らされても動じないことですね。昨日も高速道路であおり運転をした車のせいで数台が事故を起こし、運転手が逮捕されたとニュースでありましたが、安全を考えて欲しいですね。嵐の前の静けさのように穏やかな今日も、元気でいい日になりますように!
写真は昨日の五稜郭公園。海外の旅行者が多く入口の「一の橋」を渡って園内に入っていました。抱っこされている1・2歳の子も「○△・・・○・・!!」と外国語で話していました。当たり前なのでしょうが、思いがけずびっくりしました。(^^)公園内の雪は例年にないくらい深く、ランニングしている人たちにとっても大変な年でもあるようですが、長靴を履いてやってきた私は、いつもの視界よりも高い場所から眺めることができてよかったです。(^^)一面雪だらけの五稜郭公園も素敵でした。
posted by Kan at 09:02| PhotoDiary