2018年04月14日

寒さが続く函館の春

seibutiku.jpg4月になってから春だ!と思えるような暖かな日が少ないですが、今朝も寒くてしばらくベッドから出られませんでした。「春眠暁を覚えず」って、春の温もりが心地よくて起きられないことを表していると思うのですが、函館は寒くて出られないという日が続いています。(^^)まだまだ朝の暖房が欠かせないと思いながら気温をみると、今朝の6時は2度!最高気温も10度予想ですから暖房は欠かせません。今夕から明日の日曜日の昼まで傘マークが並んで寒そうですが、それも月曜日まで。来週火曜日からは一気に気温も上がるようですから、いよいよ函館の春も本格化しますね。昨日はカメラを肩にかけながら、西武地区をぶらぶら。チャチャ登りの坂の上から聖ヨハネ協会などを撮っていると、その坂道をママと手を繋ぎながら登ってくる親子がいました。この近所の幼稚園に入園したのでしょうか?こうした子ども達のためにも、青空と春の陽気がほしいですね。(^^)公会堂もグルっと一回りしましたが、遠くからは分からない外壁のペンキが剥がれていて、修復が必要な気がしました。先日テレビの番組でも函館の歴史的建造物の特集をしていましたが、現状を維持し続けるのも大変なのですね。そんなこととは関係なく、元町公園のクマの親子はノンビリとお休み中。園内のバラはまだまだこれから。今年の函館の春は、ゆっくりゆっくり始まっていますね。暖かくしながら週末もいい日になりますように!
posted by Kan at 11:20| PhotoDiary