2018年10月04日

秋色を探しに

nakanodm.jpg雲一つなく、高く澄み切った青空が広がる朝の函館の空。今日の予報は全道全てが晴れという、最高の秋晴れになるそうです。窓を開けても日射しの温もりを感じる方が多く、かすかに動く風の気配に秋の涼しさを感じるだけ。それでも少しずつ本格的な秋景色に変化させているのを感じます。友人と出かけた市内の秋探し第1弾は中野ダム公園。行き交う車はほとんどない上り坂の終点は林道に橋を架けている工事現場入り口。ダム湖の水面は、まだ周囲の濃い緑を映して青々としていました。二人で秋を撮って楽しんでいると、下から歩いて登って来た登山の格好をした人が、林道を登って行きました。歩いて行ったら亀田川の上流風景も見れるのでしょうが、なかなかそこまで決断はできないので、車で下の公園へ戻りました。秋のお気に入りの赤い実をつけたツリバナの写真は友人のもの。前ボケを活かしたいい写真。園内で落ち葉を片付けていた管理者の方に話を聞くと、あと2週間ほどで紅葉が見頃ということでした。香雪園の紅葉フェスタもちょうどその頃から始まりますから、これから本格的に秋が深まっていくのですね。秋化粧は草木の特権ではなく、トンボも真っ赤な秋の装い。もう一歩近づいて撮ろうと思ったら、スッと飛び立って一定の距離を保っていました。捕まえる気は無いのに・・・。(^^)一人で楽しむのもいいですが、こうして友人と話をしながら秋を探すと、より一層秋が楽しくなります。(^^)季節の変わり目、短い函館の秋をゆっくり味わっていきたいですね。秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:18| PhotoDiary