2018年12月23日

街はクリスマス

bay.jpg昨日と変わって今朝はどんよりとした冬の曇り空。気温こそ暖かい気がしてサンダルで家の周囲を散歩してきましたが、路面はツルツルアイスバーン。一旦は戻ろうかなと思いましたが、用心をしながらゆっくりと散歩してくると、以前はツリーやデコレーションをしていたはずと思うようなご近所さんも、子ども達や孫達が成長したからでしょうか、朝も夕も静かな時間が流れる住宅街になりました。そんな中、思いがけずに昨夕は私にもプレゼントが届きました。活きている新鮮なホタテと大きなイチゴとミカン。Sさんのお母様からいただきましたが、お礼を言おうと車から出ないSさんに聞くと、インフルエンザだからと車の窓をちょっとだけ開けて話をしました。勤めている学校では職員が6名もインフルエンザに罹って学期末が大変なことになっているそう。今年は例年よりも早く流行が進んでいるのかも知れませんね。用心をしないと。夕食はホタテのバター炒めに決定。殻から外そうとしても活きが良すぎて開けるのにも苦労しましたが、その美味しさは新鮮すぎるほどの味でした。この週はホタテ週間のように2度も大漁のように頂きました。そう言えば冬に森町で行なっていた「ホタテ祭り」はしばらくお休みのようですが、今年はどうなのでしょうか?友人もご両親に食べてもらいたいと活ホタテをその場で梱包してもらい送っていて喜ばれていたので、復活を期待しています。雪のないクリスマスイブイブ?3連休の最後となる明日も気温は下がるようですが、雪マークはありませんからベイのツリーも雰囲気に欠けて寂しいかも?でも、そんなことは関係ないほどの笑顔に溢れているツリー周辺。ベイの壁を登っているサンタさんだけが寂しそうに映りました。(^^)暖かくなっても家の前の路面は凍っていることもありますから、用心をしながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 11:04| PhotoDiary