2020年12月06日

久しぶりの元町散歩・公会堂

koukaidou.jpgcharch.jpg朝から気持ちのいい青空が目に広がっている函館。気温も8度まで上がる予想ですから半袖でも歩ける?とまではいかないでしょうが、12月としては日射しも手伝って暖かくなりそうです。(^^)緑のフェンスになっていたクレマチスの葉もすっかり茶色になって枯葉色。今月に入ってピンクの花を咲かせていたコスモスも、蕾を残して枯れていきました。この時期まで楽しませてくれた背高ノッポのコスモスにも「お疲れ様、ありがとう」と伝えたいです。草花も冬を感じて寒さに備えているのですね。木々や花の葉が落ちるのは、雪の重さを避けるためもあるのかも知れません。この時期になると思い出す絵本「葉っぱのフレディ」。1枚1枚の落ち葉が次の年への草花の糧になって続いていくという話は、終わりを迎えるすべてのものに感謝する気持ちも与えてくれています。昨日、久しぶりに元町散歩をしてきました。カトリック元町教会からスタートして、チャチャ登りの坂を上がり聖ヨハネ教会、ハリストス正教会の上の道を歩いて八幡坂に出ると、数名の観光客がガイドさんの説明を聞いているところへ。そこから工事中の公会堂の方へ歩いていくと、グレーの工事用の遮蔽幕に隠れていた公会堂の姿が見えていました。あれ?終わった?と思いながら近づいて行くと、外観はほとんど終わったようですが、内側の工事などで来年3月までかかるそうです。それでも2年ぶり?くらいに見た姿に感激しました。色も少し変わったようですが、これが本来の色だったのでしょうね。この姿が見れなかった来函者は是非また来て見てもらいたいですね。(^^)元町公園から旧イギリス領事館のすっかり冬仕様になっていたバラ園を見てベイへと向かい3時間程の散歩になりましたが久しぶりに歩くと疲れますね。もっと歩かなくちゃ!(^^)気持ち良さそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:35| PhotoDiary