2021年02月13日

春の足音が聞こえる

seaside.jpg今日の午後出かけた時の車の外気温計は6度を指していました。屋根からポタポタと滴る雪解けの音。ガリ、ガリと響く氷割りの音、車を走らせていると思わずビシャと跳ねる水音。これらは全て春の音。函館はこのまま春になるかも?と思えるような音に囲まれた1日でした。今日は2月13日。2月も半ばに近づき、こんな感じを持ちましたが、来週は再び雪マークやマイナス9度まで下がる真冬日もあります。やはり北海道の冬は、そんなに甘いものではありませんね。(^^)産業道路を走っていると、長崎屋に入る車で混雑していました。卒業式シーズンで新調の服を着せたい親心?柏のチビちゃんのところでは2学年ずつ入れ替えで行い、参加者も人数制限があるとのこと。いろいろな制約を受けながら過ごした6年生も、最後までマスク姿のまま校門を後にしていくのですね。小学1年生も入学式をしないまま1年が過ぎていくところもあるようです。新型コロナウィルスが変えた日常ですが、人と人が目と目を見ながら話し合うということにも影響があると思うと、とても寂しいですね。それぞれの学年の成長に合った活動が思いのままにできるようになることを願っています。厳しい冬も徐々に北へと去って行く2月から3月。こうした春の音がさらに響きそうな明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 22:23| PhotoDiary