2021年02月22日

春が遠ざかる

komagatake21.jpgoHnumaPK.jpgt624.jpg今日は曇り主体の1日。気温が少しプラスになったせいか玄関前の割った氷も、いつの間にか小さくなっていたり消えていました。胃の前の舗装路も間奏部分が増えてきていよいよ春が近いかな?と思っていましたがまだ2月でした。週刊天気予報でも、木曜日あたりまで真冬日になっていたり、木・金・土曜日の最低気温もマイナス10度近くまで下がるようです。昨日の七飯スキー場の駐車場で見た泥土の広がりは夢だったように感じます。(^^)スキー場の帰りに白鳥やカモが集まる場所に行ってみると、白鳥は2羽だけ見えました。もう北へ帰って行ったのでしょうか?わたし以上に気が早く春を感じていたかも?(^^)そう言えば、スキー場から大沼公園へ行く途中に、カモらしい編隊飛行をする数十羽の群れを見ました。運転中だったので車を止めて撮ろうと思ったけれど、すぐ後ろにも車がいたので断念。渡り鳥の世界では春への行動が始まっているのですね。そこから「リバージュ」というレストランがあるところへ車を停め「湖月橋」越しの駒ケ岳を撮ろうと、氷で滑る道を恐る恐る歩いていきました。グルっと周って橋を正面に撮ろうと凍った湖畔に足を踏み入れたらズボッと埋まってしまい、慌てて足を抜きましたが危なかったかも?湖の周辺は融け始めているところがありました。そろそろ用心ですね。レストランも屋根から落ちた雪で庭も埋まり、冬季休業が続いていました。白鳥たちの春の予感が正しいことを信じて、雪解けが始まり、春の息吹を感じられるようになるといいですね。来週から3月。勢力を強めてきた冬将軍がつくる足元の氷や寒さに気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:52| PhotoDiary