2021年12月06日

明日は大雪(たいせつ)

memory.jpg昨日の朝は車のフロントガラスにうっすらと雪が積もっていましたが、それも日射しとともに消えていき、今朝はさらに暖かな感じがした朝。季節の移り変わりで言うと明日7日は「大雪」。雪の気配が各地であるはずなのに、今年は暖かな日が続きそうです。雪深い青森の酸ヶ湯温泉でさえ今週は雨予報。市内から見える横津連峰の峰にあった雪の白さもすっかり消えてしまいました。雪が少ないのは過ごしやすくて嬉しいですが、近くのスキー場などはオープンできるか心配なことでしょう。この時期で10度を越す気温は珍しいですが今週末まではこの気温が続きそう。新型コロナの猛威が始まる3年くらい前には台湾などの暖かく雪の降らない国の観光客が雪に体を埋めて楽しんだり、粉雪で崩れやすい雪玉を投げ合ったりしていたのは懐かしいですね。(^^)ということで今日の写真は、その頃の雪景色や花火の様子、小さな明かりを入れたランタンをあげた元町公園など、大勢の人で賑わい楽しんでいました。早くこうしたイベントができるような日がくるといいですね。新型コロナの新しい株が出るたびに報道で出てくる名前も覚えたと思ったら新しい名前。「デルタ株」「オミクロン株」次はなんでしょうか?今日の1時過ぎに新しいメガネを受け取りに出かけると、バス停などには小中学校の子ども達が大勢待っていました。午前授業?中学校は学期末試験の時期でしょうか?1・2年生の小さな顔いっぱいにマスクの姿も大変そうでした。暖かそうな日が続く明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:00| PhotoDiary