2022年06月18日

色づいてきた庭景色

garden618.jpg今日は曇りでしたが気温が20度を超える暖かな1日になりました。昼から気温も上がりそうだったので、朝食後に庭に出て苗を移植したり手入れをすることに。初夏の庭の主役のピンクのつるバラも徐々にその色を増してきて、青空にも映えるようになってきました。そして、いくつも大きな蕾をつけている赤いポピーも風に揺れて気持ちよさそう。そのポピーの種は一粒一粒がゴマ粒よりも小さいかったのですが、それが今では草丈が50cmを超えているのですから驚きですね。玄関前に植えていたポピーは、マリーゴールドの花を隠すようになったので、プランターに移植して裏庭に。今年の花壇はポピー以外にもコスモスが異常に育っていて、蕾もつけ始めました。神奈川のアジサイで有名な長谷寺は満開を迎えているようですが、我が家のアジサイは蕾が大きくなってきたところ。友人から分けていただいた小さなマツバボタンの種も数えきれないほどの苗となっています。その小さな葉をよくみると、まるで「松葉」のよう。動植物の名付け親はよく観察しているものですね。(^^)そろそろ終わりを迎えた塀沿いに植えているアヤメと交代するようにラベンダーが紫と白の花をつけています。指で花部分に触れるとフワーッと鼻にラベンダーの香りが感じられます。6月は寒い日が多くて、スイカの苗が寒さに枯れたりしたけれど、冷蔵庫にあった冬の芽が出たジャガイモを植えたところから、緑の葉がたくさん出てきました。メークインとキタアカリ。これから庭や畑を見るのも楽しみです。今日も少しムシムシしましたが、明日遅くには雨の予想。明日もいい日曜日になりますように!
posted by Kan at 22:24| PhotoDiary