2024年02月12日

快晴の雪と氷の大沼公園

Ohnuma11.jpgOhnuma11a.jpghannnoki.jpgここ2・3日は最高気温が3度前後と過ごしやすい毎日が続く函館。この連休3日間、七飯町大沼公園で行われていた雪と氷のフェスティバルがあったので出かけてきました。家の近くのインターチェンジから高速道路に乗り、大沼へと向かいました。混雑するのが嫌だったので、8時過ぎに出発しましたが、道路上には連休だからか結構な車の数。路面は乾燥していたけれど、高速を降りてからは中央分離帯の雪が解けた水が前の車で飛沫となってフロントガラスを汚していきます。少し距離をとると大丈夫?と思っても、間隔を開け過ぎると車がスルッと隙間に入り込み同じ。雪解けの春先のようにウォッシャー液とワイパーが大活躍でした。(^^)公園駐車場に着くと誘導員から「出店の方ですか?」と聞かれ、一般客にはまだ早すぎたようです。雪像や氷像がある公園内に進むと、雪像・氷像に積もった雪を箒で払っていました。なるほど、まだ一般客向けの時間帯ではなかったですね。滑り台や雪像周囲の雪かきもして、見学者が歩けるようにしたり、雪が積もると余計な仕事も増えるのですね。それでも汚れた雪像も化粧直しをしたかのように綺麗になっていました。遠くに見える真っ白な駒ケ岳も綺麗に見え、天気としてはそんなに寒くもなくて最高。会場の写真を撮ってから、歩いて小沼のハンノキを撮りに。多少の雪は平気なようにブーツを履いて行きましたが、その上辺ギリギリの雪の中を歩いて行くと、すでに1・2名が湖面に張った氷の上を歩いた跡があり、その上をさらに歩いてハンノキのところへ。こんなことは真冬でないとできませんから嬉しいですね。ということで総歩数が5Km弱。冬のいい運動になりました。明日明後日は10度を超えそうな予報。連休明けの運転にも気をつけながら、明日からもいい日になりますように!
posted by Kan at 18:38| PhotoDiary