2019年10月15日

深まる秋

isikawa.jpg晴れた日が続くと気持ちがいいものです。6時30分過ぎに起きて庭を見たときには、アサガオの花が4・5個だったけれど、10時過ぎには倍以上になっていました。ひょっとしてアサガオよりも早起きした?(^^)今朝の北海道はかなり冷えたようで、旭川や北見ではマイナス気温になったり、道東の峠では10cmほども雪が積もったというニュースを見て、再び冬近しを実感しました。今日は友人とお昼を食べに行き、おしゃべりをしているうちに、いつの間にか3時間が過ぎていました。友人のところのアサガオは相変わらず元気いっぱい咲き乱れていて、ご近所さんの目も惹きつけているようです。その後、四季の杜の紅葉の様子を観に行くと、思った以上に紅葉も進んでいました。やはり山に近いから気温も低いのでしょうね。1日の寒暖差が紅葉を進めるといいますが、今週で一気に鮮やかさが増しそうな気がします。久しぶりに八郎沼や匠の杜などにも行って見たいです。この時期ならではの景色を味わえるというのも贅沢ですね。(^^)昨日あんなに飛んでいた雪虫が、今日は1匹も見ることはありませんでした。あの雪虫たちが飛んで行って峠に雪を降らせたのかも?(^^)市内で早くもインフルエンザでの学級閉鎖が出ました。冷える明日も体調に気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 21:40| PhotoDiary

2019年10月14日

初雪のような雪虫

nakano.jpg昨夜は10度を下回る気温だったようですが、タオルケットと羽毛布団のおかげで寒さを感じず、8時前まで眠っていました。今日は道内各地冷えたようで、旭川も0度まで下がったのですから、大雪山系は雪山の季節になりますね。その前の秋の錦色に染まる山裾も魅力的。その美しさも、これから始まる厳しい寒さを耐えるご褒美かも知れませんね。(^^)今日の午後、庭を見ると今までにないくらいにビッシリと雪虫が飛んでいました。雪虫が上下左右に揺れ動く様は、まるで雪が降ってきた?と思うほど。昨日までは3・4匹がたまに見える程度でしたから、今朝の寒さが動きを活発化させたのでしょうか?こうした光景を目にしたり、暖房をつける時間が増えてくると、函館にも秋が深まり冬が近づいてくるのを感じます。香雪園の紅葉を楽しむ「モミジフェスタ」は19日、今週の土曜日から始まります。そろそろライトアップの照明を取り付け始めていることでしょう。今日の4時過ぎに出かけたときに、夕景が綺麗そうだったので、赤川を過ぎ、中野ダムまで寄り道をしてきました。山の夕暮れは早く、途中で夕日が山に隠れて夕日と紅葉のコラボにはなりませんでしたが、公園内には前回に来たときよりも一層赤くなってきていました。数年前、友人と紅葉を撮りにきたときは、さらに真っ赤でしたから、あと少しで盛りになりそうです。この下にある笹流ダムの紅葉もこれから楽しみなところ。大沼の紅葉など、またグルっと周遊して秋を味わいたいですね。寒暖差が大きくなってくる明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:51| PhotoDiary

2019年10月13日

台風一過の青空

silvermuse.jpg東海・関東などに河川氾濫などで大きな被害を与えた台風が去ったけれど、市街地に溢れた水はまだ引かず、これから寒くなる時期に大変なことでしょう。八王子の姉のところも避難勧告があったようですが、マンションの頑丈さを信じて過ごしたそうです。結果、何事もなかったようで安心しました。ダイビングショップのある大島も大変だったようですが、なんとか無事に過ぎ去ったようです。ダムを放水するというのも苦渋の決断のようで、少しでも放水しなくてもいいような状況確認を繰り返し、下流への影響を最後の最後まで考えていたのですね。今年は異常な暑さや繰り返される大型台風など、様々な災害がありました。冬にかけて北海道東北での大雪被害も心配になってきますが、これら自然災害ばかりは避けようがありません。やはり、今までの規模を超えた段階にきているのかも知れませんね。姉が「令和元年はサバイバル元年?」と書いていましたが、まさにそうなのかも知れません。だからこそ、人々の助け合いが今まで以上に重要になってくるのではないかと思います。今日、久しぶりに元町周辺を歩いてきました。今まで下から眺めていただけの義経を祀ったと言われる船魂神社を参拝しましたが、ひっそりとした場所にあるのに、何組もの人たちがお参りにきていました。こうした時代を見守ってくれるといいですね。3連休最後の晴れ予想の明日も、寒さに気をつけながらいい日になりますように!
写真は停泊中の大型客船シルバーミューズ。昼前に朝市に出かけ、用事を済ませて2階の食堂でお昼をと思い、ホッケ定食を頼むと「混んでいるので焼き魚は注視しています・・・」と説明され、イクラは食べられないし、500円のイカ刺し丼にしました。親善なイカがのった丼を美味しくいただき市場を出ると、目の前に大型客船が停泊していました。近づくと台風の余波なのか、湾内なのに大きな波が岸壁に打ち付けるとドドーン!という音とともに、波しぶきが歩道まで上がってきていました。こんな波の中でもきっと揺れなかったんだろうなぁと思うほど大きな船体。マンションのような船室で日本一周の帰路の途中。いい思い出がいっぱいできるといいですね。
posted by Kan at 22:35| PhotoDiary

2019年10月12日

台風接近中

2012070614500027e.jpg今日はテレビで朝から日本列島にゆっくりと接近する台風情報が流れていました。増水を続ける川の様子や防波堤に打ち付ける高波など、緊迫するエリアを詳しく報道していました。台風などの自然災害を避けることはできませんが、そこから避難して命を守るというほうになっているようです。今回の台風の影響範囲の円は、ほぼ日本列島が隠れてしまうほど。上陸地点の静岡、足立区や八王子・柏、大島などで台風対策をしている親類がいますが、本当に無事に過ぎることを願うのみ。夜中に通過しているときに川が氾濫しても気づかなかったらどうしようと思うと、夜も眠られないかもしれませんね。函館の雨風は弱く、大きな影響はないようですが、それでも万一を考えると心配な人もいることでしょう。「大雨特別警報」が初めて出た東京も、河川が氾濫したらその被害の大きさは想像できないほど。十分な避難対策をしながら、過ごす数時間は落ち着かないでしょうが、明日は安心できる日になっているといいですね。こうした中で関東で震度4の地震があったようですが、いろんなことが重なると慌ててしまいます。ゆっくりと体を休め、明日がいい日になりますように!
posted by Kan at 21:43| PhotoDiary

2019年10月11日

雪虫が舞う朝に

hori.jpg今朝は少し暖かさが戻ってきたような函館。南の海上では大型の台風が接近中で、東海・関東辺りから上陸しそうということで、朝の番組でも警戒を呼びかけていました。特に1ヶ月前に大きな被害を受けた千葉では、より一層の不安で準備をしているのではないでしょうか?そんなことを知ってかしらずか、函館には雪虫がだんだんと増殖中。朝の散歩から戻って、チューリップの球根植えをしていると、その周囲をフワフワ。息を吹きかけるとフワリとかわし、悠々と飛び続けていました。この雪虫が大量に飛び交うようになると、1・2週間後には雪が降ると言われているようですが、予報を見ると3連休の頃には峠で積雪もあるという。自然の摂理のままに現れるのですね。不思議!(^^)小さな子どもの球根をまとめて庭の奥の方に植えておきましたが、春の忘れた頃に咲き出すと嬉しいです。我が家の庭もすっかり秋仕舞い。友人に教えてもらった「お礼肥」も入れて、来年も楽しませてくれることを願っています。函館の初雪平均日は11月3日。あと1ヶ月しないで冬の装いになるのでしょうか?そうしたことも伝えているような雪虫を半袖で眺めているのは失礼?しっかりと寒さに備えていかなければダメですね。(^^)明日からの3連休は台風の影響で各交通機関も乱れて旅行を考えていた人には残念なことでしょうが、安全第一。風の備えをしながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 11:03| PhotoDiary

2019年10月10日

オリパラ2020

rx2.jpg青空を爽やかな風がそよぐ秋晴れの函館。8時過ぎに外に出ると、お向かいさんの庭で植木屋さんがきていて、オンコ(イチイの木)の木を形良く刈っていて、赤い実の粒が日射しを浴びて綺麗に見え、さすが職人!としばし眺めていると、お向かいさんが出てきて「寒くないの?」と半袖の私の姿に驚いていました。まだまだ大丈夫です。(^^)いつものコースよりも奥の道を歩いていると、出窓の下に水滴がついていて、室内と屋外での寒暖差で生じる結露かな?と思い、昨夜の冷えに暖房をつけて暖まっていたことを予想させました。庭の様子や木々の様子に秋の深まりを感じながら我が家へ。今日は10月10日。1964年に東京オリンピックの開会式があった日。この日は晴れの特異日と言われ、これを記念した祝日が1999年まで続いていて、スポーツの秋のイベントが色々と行われていましたが、その後ハッピーマンデー導入で第2月曜日に替わり、何だかピンとこない休みになりました。50数年ぶりに来年の夏に行われるオリンピック・パラリンピック。開会式が7月24日ということですから、真夏の中の大会に今から暑さ対策に苦慮しているようですが、今年の長く続く蒸し暑さを考えると、選手や観客に影響が出ないことを願っています。「天高く馬肥ゆる秋」食欲の秋を味わいつつ気持ちのいい青空ですが、週末にかけての台風に備えながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:57| PhotoDiary

2019年10月09日

古くて新しいカメラ

RX1.jpg日毎に冷えてきているような函館。子ども達の姿も半袖の子は少なくなり、長袖のジャケットなど暖かいものを着て、いつでも雪が降ってもいいような感じです。(^^)2ヶ月ほど前にカメラ屋さんで見せられたカメラ。記録画面上にゴミが付いていて諦めていたのですが、先日連絡があって分解掃除をして綺麗になったので見てみないかとのこと。店まで行ってメモリーカードを入れて撮ってみると、以前の大きなゴミはすっかり消えていました。これなら使えそうと、持ってきたレンズを下取りに出し、値札の半額で手に入れることができました。RX1というかなり前に発売されていたフルサイズコンパクトデジタルカメラ。ズシリとする重さも、このカメラには似合います。このカメラを持って大森浜、函館山、函館公園などを周って試し撮りをしてきました。GRVと併せて機動性十分のカメラに満足しています。(^^)今日の写真は、Macを使用中だったため、その時に撮ったそのままを組んだもの。これを元に好みの色味などRAW現像すると、原板がいいだけに思い通りの写真ができそうです。子どもがおもちゃで楽しむ気持ちと同じですね。山の気温は14度だったので、温かくて美味しいコーンポタージュを今季初めて飲みました。(^^)明日は晴れの1日で、久しぶりに気温も20度を超えそうです。台風の進路も気になる明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:13| PhotoDiary

2019年10月08日

ひと雨降るごとに

bay6.jpg今日は朝から降ったり止んだりを繰り返している函館。午前中、その雨が止んだ時にいつものご近所散歩に出かけました。半袖がこんなに冷えたかな?と思うほど冷たい空気にスッポリと包まれているような感じでした。雪虫が飛んで、この寒さになると、秋も終わりかなぁとかもうすぐ冬かなぁなど、季節の切り替わりを感じます。昨日一昨日はものすごく咲いていた青いアサガオも、今日は冷たい雨にしおれて数個が咲いただけ。よくここまで咲いたなぁと褒めてあげたいですね。(^^)でも、この品種は種が付かないF1なのか、咲き終わった後に種が膨らむことが少なく、今までに3・4個の種を採っただけ。来年も春に園芸店に買いに行かなければならない仕組みかも知れません。お向かいのヒマワリの種が羨ましい。(^^)お隣から広がっているコキア(ホウキグサ)も、本家のお隣は大きな黄緑のままですが、お向かいなどの株分けした小さなコキアは赤く変化してきていました。それを見てお隣さんも、おかしいなぁ・・・とコキアを撫でながら呟いていました。まだこれからですよ!と、根拠のない励ましを。(^^)昨日の図書館帰りに見た五稜郭公園の桜の葉も、緑色から赤みを帯びてきていたり、傘をさした下校途中の子ども達の姿も長袖で歩いていたり、ゆっくりと季節が変化しているのを感じます。18度に届かない予報の明日も、暖かくしていい日になりますように!
posted by Kan at 16:30| PhotoDiary

2019年10月07日

暖房が恋しい季節?

bayarea.jpg昨夜はギリギリ二桁の10度まで下がった函館。日中も20度まで上がらず出かけた時には今季初ジャンバーを着ていきましたが、途中で袖が隠れる感覚に違和感を感じ車内で脱いでしまいました。(^^)今日は友人とランチに出かけ、おしゃべりをしながら美味しくお腹を満たし、その後に私立図書館へ寄ってきました。友人が図書を借りている間に、入り口近くに設置されていた映画図書コーナーに目が行き、フーテンの寅さんこと渥美清や夏目雅子などの俳優・女優の本や、映画の中の街を解説した本などがありました。その中で、フランス映画に出てくる街並みのような本があり、興味深く立ち読みしてきました。たびの目的の一つに、このような映画のシーンを歩いてみたいというのがありますね。あと、カメラ雑誌の今月号の特集を読んだり、友人の借りた本の一部を読ませてもらったりして、自分では気づかない思いがけない文章に接することができました。得意分野が違うジャンルの人と繋がっていると、自分では決して目にすることのないものを体験できるということを改めて感じました。館内の掲示板に以前映画を観に行った時に予告編で知った、ニューヨーク図書館のドキュメンタリー映画の格好いいポスターが貼られていて、機会があったら観たいと思いました。こうした様々な知的好奇心を満たしてくれる図書館って、やっぱりいいですね。(^^)それから友人の庭で春をイメージしながらチューリップの球根を植える手伝いをしてきました。雪虫の数も増えてきた函館も、暖房が恋しくなってきています。気温が上がらない雨予報の明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 18:49| PhotoDiary

2019年10月06日

雪虫が飛ぶ季節

garden10.jpg今朝は10度まで下がったらしい函館。日曜日はいつもゆっくりと起きているので、その時間帯の寒さはわかりませんでしたが、庭のブーゲンビレアの花びらについた露が寒さを表していました。10時過ぎにちょっと遠回りの散歩をしていると、庭先の紫色の朝顔が何軒も続いていたので、種が飛んでいって増えているのかも知れませんね。我が家のアサガオも毎日5〜10個の青い花をつけています。同じ品種の友人の庭には毎日その何倍もの花を咲かせていて、毎回驚きとともに見ています。あまり手入れをしないほうがいいのかも?(^^)ぐるっと周って家の通りに戻ると、お向かいさんが大きく育ったヒマワリの茎を切り、びっしりと付いた種をとっていました。数百個という数だと思います。これは前年の種から育ったということですから、来年は孫に当たる花が咲くのですね。庭に咲く草花も、こうして世代を超えて愛されると幸せなことでしょう。戻ってからカメラを持って庭に回って秋の花たちを撮りました。つるバラやガウラ、ナデシコなども秋の空の下、元気に咲いています。そこへフワフワと舞ってきた雪?と思ったら初「雪虫」。冬を運んでくる雪虫が、今日の冷たい風に乗って函館の季節を一歩進めるのかも?まだ半袖で頑張っていますが、この姿で1枚多く着て出かけなくては。(^^)明日からの1週間の寒暖差も大きくなる予報。風邪に気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 14:07| PhotoDiary

2019年10月05日

十月最初の週末

kouzi.jpg今日は曇りがちの天気だった函館。今朝はいつもよりも早く6時頃に目が覚めて、カーテンを開けると空一面の薄雲が広がっていました。西の空に見えたわずかな青空が広がってくると晴れそう、と思いながらコーヒーを飲んでからいつもの散歩へ。外へ出ると風がすっかり秋仕様になっていて、早朝に半袖は厳しくなってきたようです。週間天気予報を見ると最低気温が10度前後で、明日の最高気温も20度に届きません。ギリギリ20度だった今日でも少し寒かったので、今夜はがっちりと暖かくして眠らないと風邪をひきそうです。今月下旬には親類が集まるので、渡したいものなどを探したりしながら、ついでに部屋の片付けをしました。一石二鳥ですね。(^^)ひと段落して電器店に出かけると、あれこれ欲しくなってきますが「断捨離」ではありませんが、我慢する力が鍛えられました。でも、今日はAMAZONから頼んでいたものが届いて、やっぱり変わらないかなと思ったり。(^^)晴れるけれど予想最高気温が17度の明日も、体を大事にしながらいい日になりますように!
写真は函館駅前から金森倉庫。駅前周辺は海外の旅行者とホテルラッシュ。大きなスーツケースをゴロゴロ引きながら倉庫方面へ歩いている人が多かったです。駅の裏手や右側にも新しいホテルが建築中。楽しそうなホテルのようなので、出来たら行ってみたいと思っています。今夜の寒さでナナカマドやイチョウの葉も一気に赤や黄色に染まっていきそうです。私は寒さで真っ青にならないようにしなくては。(^^)
posted by Kan at 23:36| PhotoDiary

2019年10月04日

低気圧の接近する朝

kousetu2.jpg昨夜は夕食後にのんびりとしていたら、いつの間にか眠ってしまっていました。やはり、お腹いっぱいに食べると血液が頭のほうまで回らなくなるようです。夜中に目を覚まして時計を見てソファーからベッドへ移動すると、あっという間に眠ってしまったようです。でも、スヤスヤ直ぐに眠れるのは健康の証拠?というわけで、昨日のブログはお休みになりました。(^^)今朝は台風から変わった温帯低気圧の影響が東北から北海道へとゆっくりと移動してきて、テレビの気象情報などでも大雨の警報や注意報が出ていましたが、函館の雨はシトシト降る程度で済みました。今回の台風でも、直撃をしない外周部でも大雨被害で道路や家屋が冠水しているニュースを見ましたが、自然災害が増えている地域の人々にとっては大変なことですね。電話で話をしている間に函館に日射しが戻り、窓を開けると秋ではないぽかぽかとする風が体をかすめていきました。台風の影響で10月なのに、まだ夏の空気を引きずっているようです。それもあと1日2日。とうとう日曜日からは最低気温が一桁になるのが当たり前のようになる予報。この時期になると上湯川に務めていた頃に、いつもよりも早く出勤をして高台になっている畑に行って、朝露や朝霜が付いた葉をマクロで撮っていたのを思い出します。空港の誘導路がわかる夕暮れが綺麗な時には函館山方向を撮ったりしていました。今日も半袖ですが、来週からは衣替えをしなくては。季節の変わり目になりそうな週末も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 14:13| PhotoDiary

2019年10月02日

日本一周クルーズ

baymtmc.jpg秋が道草しているかのような夏の暑い日が続いている函館。今日の車の外気温計も28度を指していて、エアコンが動作中。10月にカーエアコンを使うのも初めてのような気がします。この暑さはいつまで?と思っていると、今週末の日曜日には道内の峠で雪になるかも知れないとの予報。夏から秋を通り越すような急な寒さも勘弁してほしいですね。(^^)今日の午前中、スマホの設定サポートを伝えてほしいとの電話がありました。詳しく聞いてみると、ご両親が一昨日から日本一周クルーズで函館に寄るので、その間に写真をたくさん撮れるように設定をしてほしいとのことでした。この旅行も息子さん夫婦がプレゼントしたものだそうです。その優しさに、私からもお土産を届けていただけるようにお願いしました。函館駅の2階で会うことになり、互いに顔姿もわからないので、服装を伝えていただいたりして、スパイ映画のようでした。(^^)そういえば友人も、お友達とかなり前に会って、それ以来で顔がわからなくなっているかもと、会う約束をした時に電話で合言葉を決めて場所へ向かうと、大きくなった姿も互いにすぐわかったそうですが、合言葉を楽しんだようです。(^^)今日のお客様もすぐにわかり、ご挨拶をしてからすぐに設定を終えることができました。次は日本海側に向かうということで、台風を心配していました。大型船の最上階の近くということで、眺めもいいそうです。無事の航海を祈り別れました。穏やかで明日も素敵ないい日になりますように。
posted by Kan at 18:57| PhotoDiary

2019年10月01日

今日から10月

kosetu10.jpg暖かい毎日が続いているうちに、いつの間にか10月になりました。今朝のニュースや情報番組では、10月の季節感よりも増税の話題ばかり。それも一番関心が高いことですが、どのチャンネルにしても同じようなのは無駄な感じがしました。今朝も気持ちのいい日射しと爽やかな風の中を散歩して、冬の前に塀の黒カビを除去しようと水を吹き付けたけれど、頑固なカビは薄っすらした程度に。庭のベンチも塗装が消えてきたので、スプレーニスを吹き付けて再生。この気持ちのいい空気が行動の源のようです。(^^)もう一台のベンチでひと休みしていると、友人から電話があり、懐かしい話や頑張りを改めて感じたりしていました。同じ記憶の中で気が合うということは、何時間でも話が尽きないものなのですね。(^^)電話を切ると、いつも幸せになれたり、元気が出るのも友人のおかげ。栄養剤のスーパードリンクかも?(^^)午後から湯川方面に出かける予定があったので、途中にある香雪園の様子を見てきました。駐車場にはいつも以上の車が停まっていて、今日は何かあるのかな?と思いながら園内に入って行くと納得。大きなレンズをつけたカメラを下げている人が何人もいました。私と同じように、この時期の香雪園の秋の始まりを撮りに来たのでしょうか?園内には手入れをする多くの人たち。草を刈ったり落ち葉を集めたり、こうした人たちのおかげで素敵な庭を楽しめるのですね。感謝!リスの姿は見えませんでしたが、カサカサカサ・・・と風もないのに急に大きな葉が落ちてきたのは、きっと樹上のリスが駆け回っていたのかも。好物のドングリや栗の実もいっぱい落ちていたり、シジュウカラやヤマガラなどの小鳥もオンコの実をつついていたり、園内の生き物たちも食欲の秋ですね。(^^)台風が運んでくる南風で暖かな1日になりそうな明日も、いい日になりますように!
posted by Kan at 19:57| PhotoDiary

2019年09月30日

四稜郭の秋色

siryoukaku.jpg9月最終日の今日は、秋も深まっているはずなのに、車の外気温計は25度を超えていた函館。まだまだ半袖は片付けられないですね。(^^)今日のランチは友人といつもの回転寿しへ。11時過ぎで、まだ客もまばらでしたが、知らないうちにいつの間にか席が埋まっていました。テーブルにあったメニューには、いつもは一皿2貫なのが同じ値段で3貫というサービスも。これも明日からの消費税のアップで客足が鈍らないようにするためなのでしょうね。私は上がっても行きたいですが。(^^)色々な話をしながら食べ終わって、友人のタイヤ価格を調べに出かけました。いつもは目にしていても気づかなかった「タイヤ」という看板がしっかりと目に入ってきました。人の目って、うまくできているものですね。(^^)2店を回って見積もりを出してもらいましたが、4本セットで今日と明日とでは1万円くらいの違いが出ることがわかりました。戻ってから、店員に聞いたタイヤの減り具合の目印を調べて見ると、まだそんなに減っていなかったので今冬はそのまま使うことに。仕事があるのでそこで別れてから四稜郭に寄り道をしてくると、駐車場のエリアを広げて春に綺麗になりそうな芝桜が植えられた遊歩道コーナーができていました。春には山桜との共演が楽しめそうです。園内には誰もいなくて、ゆっくりグルっと1周しました。五稜郭だと大変ですが、ここは小さいのであっという間。傾き始めた西日に照らされた真っ赤なツリバナの実や、赤くなり始めた桜の葉などに、秋が近づいているのを感じました。こんなに気温が高いと秋という気も失せがちですが、間違いなく秋なのですね。本州あたりでは台風の影響で30度を越すエリアがいくつもあるという予報。今年の暑さは、まだまだ続いているようですが、週末の函館の最低気温は一桁になるそうですから油断はできないですね。10月スタートの晴れ予報の明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 20:47| PhotoDiary

2019年09月29日

秋、盛者必衰の趣き

teien.jpg今朝、晴れかな?と思って散歩に出かけ戻ってきたら、急に雨になってきた函館。この季節は一雨ごとに寒さが増してくると言われていますが、今日の雨上がりは外気温25度前後まで上がった過ごしやすい1日になりました。午後から久しぶりに親類の家に行きましたが留守だったのでメモを置いて戻りがてら、久しぶりに秋の庭園はどうなっているかな?と、七飯経由で見てきました。以前、小学校の遠足でよく利用した素敵な「大和静観園」は、あれ?ここだったはずだけれど・・・と疑いたくなるようになっていました。草は生え放題、名木も伸び放題という感じで、当時の面影は全くありませんでした。池の様子も見たかったですが、立ち入り禁止の立て札で行けませんでしたが、鯉などは元気かなぁと思ってしまいました。現在の所有者はどうなっているのかはわかりませんが、手入れにはお金も人手もかかることを考えると、部外者が言えることではありませんが、当時のような素敵な庭を歩いて見たいなと思いました。「森を豊かに」と、ドングリの苗を植えた苗床も姿を消していましたから、小さな手で移植をした記憶のある子ども達にとっても寂しいですね。自然を相手に10年20年と育てるものは、受け継ぐ体制が大切ですね。その静かな中でトンボが1匹2匹と羽を休めていました。秋の初めにはヒョイと飛んでいたトンボも、かなり近づいても逃げようとはしません。カメラ慣れしている?とは思いませんが、秋の深まりとともに、季節を噛みしめていたのかも知れません。明日からの1週間は10月への橋渡しの週。最低気温も10度前後になってきますので、そろそろ秋への衣替えをしながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:51| PhotoDiary

2019年09月28日

函館・札幌560Km

trip.jpg今日は朝8時から札幌へ向け出発し、途中何回かトイレタイムを取りながら予定時刻から1時間以上早く着きました。札幌市内に入ると、同乗者にコースを教えてもらい、一度もコースミスをすることなく無事に到着できたのです。駅前のJRタワーからの眺めもクリアで、遠く富良野岳や反対方向の祝津や石狩湾の石油タンクなどが見えました。こんなに見えるのは珍しいですと、店の人が驚くほど。ラッキーだったのですね。(^^)そこで、とっても美味しいお祝いの料理をいただき、お腹いっぱい胸いっぱいになり、気付くと予定の4時を過ぎていて「あのー、そろそろ・・・」と店の人の申し訳ないような声に促されて出てきました。今日の秋晴れのような爽やかな気持ちでお別れし、帰りはニセコの紅葉を撮りながら行こうかな?とのんびり構えていたら、定山渓への道が思いの外混雑していて、夕暮れ間近に迫ってしまいました。中山峠を過ぎる頃にはすっかり暗くなり、ライトに照らされた紅葉が名残惜しかったです。(^^)もう途中で停まる目的が無くなったので、ノンストップで函館まで帰ってきました。到着時刻が9時でしたから、往復13時間の幸せいっぱいの旅でした。峠での外気温計は12度まで下がり、走行中に窓を開けて空気感で冷たさを感じました。峠を過ぎて海岸沿いの国道は16度と、随分と違うものです。桜とは逆に、北から高いところから降りてくる紅葉。函館も来月半ばになると真っ赤な秋が見られそう。寒暖差が秋色を創ると言いますから、体調に気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:13| PhotoDiary

2019年09月27日

秋色が似合う街

831.jpg穏やかな朝とは言え、少しずつ風が冷たくなっているのを感じる函館。朝のコーヒを飲んでからのご近所散歩もすっかり日課のようになってきましたが、これも季節を肌で感じるようになった一因ですね。お向かいの庭に置いてある菊の仲間のガーデンマムの葉の間から小さな蕾がびっしりとついていました。我が家の花を咲かせているものとは違って、ここのおばあさんのように、ちゃんと律儀に季節に合わせているんだなぁーと感心したり。四季折々のそれぞれの庭を眺めての散歩もいいものです。少し季節外れになってきた毎朝咲いているアサガオも、蕾をたくさん付けていて、これらが全て咲くまで気温が保たれるといいなぁと思います。観光客が多く集まる元町も徐々に秋色が増えてきて絡まるツタの赤色や、金森倉庫前のイチョウの黄色など、一足早い季節を楽しめるところがたくさんあります。この涼しい風が小さな秋を運んできているのですね。例年よりも暖かな日が続いていますが、庭の草花などを見たり、スーパーの果物コーナーを歩いたりすると、大きな梨や各種のブドウなど食欲の秋の刺激を受けます。(^^)モミジフェスタまではまだ1ヶ月ほどありますが、香雪園の紅葉も徐々に進んでいることでしょう。寒暖差も大きくなっていますから、草の葉に大きな粒をつける朝露や川霧なども魅力的。それぞれの季節を味わい楽しめるといいですね。穏やかな天気になりそうな週末もいい日になりますように!
posted by Kan at 14:10| PhotoDiary

2019年09月26日

里山の秋

satoyama.jpg今日の函館は、この時期の秋らしい爽やかな1日になりました。夕暮れ迫る5時過ぎには西の空がオレンジ色に染まって、函館山にいたら綺麗な景色が眺められるだろうなぁと思っていました。昨夜の風呂上がり後は少し冷えてきたので暖房を少し。こんな気温が少しずつ繰り返しながら秋も深まっていくのですね。この寒さも今日までのようで、明日からはまた最低気温も15度前後になるようなので、またしばらくは暖房のお世話にならなくても大丈夫ですね。出かけた帰り道、久しぶりに四季の杜の里山へ行ってきました。赤とんぼの群れが舞う下には、黄金色に染まった稲がビッシリと実をつけて垂れ下がっていました。作業をしていた人に刈り入れはいつ頃なのか聞くと、来月6日と教えてくれました。その時には近くの幼稚園などの子ども達がやってきて収穫するそうです。今日のような秋晴れだといいですね。駐車場から里山までの間の遊歩道の両側には各色のアジサイが出迎えてくれました。我が家の庭のアジサイは終わりを迎えていますが、気温の差なのか、ここは蕾もまだ沢山ついていました。道央では初霜を観測したところが何箇所かあったようです。まだ9月なのに少しずつ少しずつ冬の足音が聞こえてきています。私の半袖も、あと少しですね。(^^)雲が少し増えそうな明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 17:31| PhotoDiary

2019年09月25日

夜の函館空港

airport.jpg朝晩の気温も下がってきて、朝方は思わず落ちた掛け布団などを探すほどになってきました。秋も本番になってきて、夕方の天気予報では、明朝は今季一番の寒さになりそうということ。それでも、3ヶ月予報では平年並みか暖かい冬になりそうで、積雪もすこない予報ですが、太平洋側は雪が増えるかも?と話していました。数年前のような大雪は避けたいですが、程よい雪は欲しいというのはわがまま?(^^)昨夕は友人を迎えに函館空港に行ってきました。日没後の空港は久しぶりで、この時期、家を出る頃には既に夕焼け空が広がり、空港では薄っすらと茜色が残る程度に。夏は7時過ぎまで明るかったのに、秋分の日を過ぎた昨日は5時半を過ぎると暗くなります。屋上から眺めた滑走路の西に見える景色も、点々と明かりが灯っていました。駐機中の2機の機体には、燃料や荷物の搬入作業に忙しそう。出発ロビーにはハロウィンのデコレーション。10月31日に行われるようですが、この行事も少しずつ市民権を得てきているようで、七夕の行事と同じようになっていくのでしょうか?少し時間があったので、久しぶりに美鈴のホットコーヒーをブラックで味わいました。飛行機が到着して出迎えにいくと、ちょうど階段を降りてくる友人と目が合い、早い順番で降りてこれたようです。遅い夕食をご馳走になり、いろいろな話を聞きながら頂きました。旅人や知人が行き交う駅や空港には様々な物語がありますが、どんな時でも力になりたいと思うのは友人だから?(^^)ギリギリ20度に届かなかった函館の今夜は11度!いよいよ寝冷え警報ですね。(^^)風邪をひかないように気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:48| PhotoDiary