2017年12月05日

寒くなる函館で

illumination.jpg今日は雪だるまマークが続く予報でしたが、朝方に車に積もった雪を払っただけで、空からの雪はなくてホッと一安心。朝早くからの歯のクリーニングは気持ちが良くて気楽にできるので、毎月1回は通っているのですが、今日もそのつもりで行くと、もうそろそろ終わりかな?と思った頃にガリガリガリと歯石を取り始めました。歯を抜かれそうになりながら我慢をしていると終了。うがいをして舌で歯に触れるとツルツルになっていました。歯磨きではここまで強くはできませんから歯科医にお任せですね。「綺麗になっていますね。」と少しお褒めの言葉をいただき満足して帰って来ました。(^ ^)火曜日は休日なのでいつもはカメラを持って出かけているのですが、今日は曇りで雪もなく、フォトジェニックな気持ちにはなれずに家に戻りました。昼を過ぎても市内の気温は0度前後と真冬日の境界線を過ぎていたようで、日陰の路面は滑りやすかったり、車で移動中もカーブで慎重になったりと、雪はなくても寒い日は気をつけて運転ですね。途中でワイパーをかけただけの雪だるま状態の車を何台か見ましたが、視界が悪かったり急ブレーキで窓をふさがれたりと周囲にも危険な車になっています。明日は本当の真冬日になりそうですから、車の雪かきなど早め早めの行動が安全をつくりますね。寒さに負けずに明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:32| PhotoDiary

アラームに起こされて

meijikan2.jpg目覚ましの音が鳴って目が覚めた朝。そこまでは教えたくなるような何か冒険をしていた夢を見ていたのですが、アラームを止めた途端、思い出したくても全く出てきませんでした。誰かに教えたかったのに・・・と消えてしまった夢を残念に思いながら起きてカーテンを開けると風が結構強く吹いていました。これで雪が降っていたら吹雪になるところでしたからホッとしながら朝の準備。今日は朝一番の歯医者さんの日。昨夜眠る前に思い出したので、寝坊しないようにアラームを用意したのです。と、これを書いているときに再度アラームが。一度で目を覚まさなかった時の用心に、2回目をセットしていたのです。自分の朝の弱さに勝ったようで、少々優越感を持ちながら停止のスイッチを押しました。(^ ^)今年も毎月1回のペースで歯のクリーニングをしてもらっていたおかげで、虫歯もなく過ごせているのが嬉しいです。今度の予約は新しいカレンダーを見ながらになります。これからの毎日の出来事に「今年最後の」とか「この続きは来年に」などという枕詞が着くことが増えて来そうです。朝の光が庭を照らし始めました。最高気温も低そうですから、温かくしながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 07:35| PhotoDiary

2017年12月04日

寿司と光と友人と

ekimae.jpg天気予報では大雪・着雪注意報が出ていたようですが、日中は路上の雪は消えて3度前後の穏やかな函館でした。それでも夕方になってくると、路面も凍りだしたり雪もチラチラ降ってきたりと、天気予報に律儀な空になっていました。(^^)そんな今日の昼頃から友人とランチに回転寿司に行ってきました。よく行く店なので手際よく湯飲みや皿を用意して注文。お茶を入れようとすると、お湯がチョロチョロとしか出てきません。それで店員に状況を説明すると、別の席を案内してくれそうになりましたが、他のところも全てチョロチョロ。それでも時間が経つうちに出てきて一安心。話に夢中になっているうちに店内は人でびっしり。平日なのに随分と客が来ていました。店員の対応は良く、ネタは美味しくて安いのですから来るのは当然ですね。(^ ^)それからドライブをしたりしながら、車両閉鎖直前の夕暮れのベイエリアのツリーや坂道のイルミネーションを見て、まだ見ていなかった函館駅前のイルミネーションを撮りに。雪はなかったけれど、凍り始めた路面は油断をすると転びそう。秋までは花が咲いていた空間にブルーとホワイトを基調としたイルミネーションが広がっていました。この光景も来年の2月いっぱいまで続くそうですから、夕暮れの函館に着く旅行者の目を楽しませてくれることでしょう。あと見ていないのは五稜郭公園のイルミネーションだけ。雪が積もった白い夕暮れに、また友人と出かけて見たいですね。気温は0度前後と低いけれど晴れそうなあしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 21:43| PhotoDiary

綺麗な朝焼けの時間

colors.jpg早起きは三文の徳と言いますが、今朝いつもよりも少し早く起きてカーテンを開けると、東の空が淡いピンク色の朝焼けになっていて、その後10分くらいずつ時間をおいて見ていたら、オレンジ色や雲に隠れたりしながら、眩しい朝日が目に飛び込んできました。まさか太陽と目を合わせることになるとは思わなかったのと、冬の太陽を過小評価をして、目がしばらく眩しくショボショボしてしまいました。どんな季節も太陽パワーはすごかったです。(^^)今日の予報は曇りのち雪になっていましたが「朝焼けは雨」という天気に関することわざもありますが、西から変わってくる日本の天気は、東が晴れても、それが広がることは少ないのですね。それでも、こんなに綺麗な朝焼けを見ると今日はいいことがあると思いたいですね。最高気温が3度になる今日も雪解けが進みそう。新しい1週間のスタートには嬉しい晴れの空。インフルエンザの罹患数も全国的に増えてきているそうです。人混みを避けてと言いますが、師走になると買い物などで、そうも言っていられないこともありますから、マスクなどで対応して気をつけたいですね。不足していた予防接種の量も中旬頃には確保できるようですから、多くの人が接種をすると流行は避けられそう。足元や風邪など冬のチェックポイントに気をつけながら今日もいい日になりますように!
写真は何日も前のスナップ。朝焼けではなく夕焼けと今は消えた雪景色。こうしたコラボが見られるのも冬のメリット。はっきりとした色が主張する季節はフォトジェニックな季節でもあります。どんな寒い日でも、あったかいダウンジャケットとカメラ用の手袋をつけて撮りに出かけられます。寒くなっていく12月は大好きな季節です。(^^)
posted by Kan at 08:06| PhotoDiary

2017年12月03日

師走の気持ち

bay3.jpg今日は穏やかな天気の1日だった函館。昨夜から雪が降らない中、気温が上がったおかげで庭の雪もかなり減ったり、家の前の通りにも乾燥路面が現れるほど。それでも油断をしていると融けかかった氷の上に足を乗せてしまうと危険。スルッと転んでしまいそうですから用心していかないと。車も幹線道路は大丈夫でしたが、ちょっと脇道に入ると雪や氷が残っているところもありましたから十分に気をつけたいですね。やはり12月初めとはいえ冬ですね。(^^)師走は知らないうちに勝手に年末に向かって走っていくイメージ。あれもこれもと思っているうちに、時期を失することもしばしば。「思い立ったが吉日」「今日できることは明日に伸ばすな」とことわざにもありますが「明日できることは今日するな」とのんびりとしたい時もありますね。(^^)それでも、いつまでもそうしているわけにはいかない師走の毎日。大晦日までの逆算カレンダーを頭に描いて、行動できる時にできることはしていきたいと思います。6時過ぎには遠くからの花火の音が聞こえてきました。多分金森倉庫前のクリスマスツリーの点灯式ですね。冬の観光客には嬉しいイベントが年末まで続きます。函館人の私も、まだ観ていない今年の駅前や五稜郭公園のイルミネーション。少し暖かな夕暮れを、のんびりと散策しながら眺めて観たいなと思っています。小中学校では学習参観日などがある頃。冬休みまではまだ日数がありますが、子ども達の中には冬休み中の計画でワクワクウキウキしている子もいることでしょう。行き帰りの雪遊びなど、車には目がいかないこともあります。楽しい冬の行事を過ごせるためにも、十分に気をつけて運転していきたいですね。曇りと雪マークの明日からの1週間も、いい毎日でありますように!
posted by Kan at 18:38| PhotoDiary

雪かきのない穏やかな朝

yukinohana.jpgここ数日は毎日のように雪が降っていたので、カーテンを開けて窓の外の雪の積もり具合を見るようになっています。今朝は昨日と変わらず、夜中も雪は降らなかったようでホッと一安心。曇り空の静かな朝でした。天気予報では雨になったり、みぞれが降る5度前後の日になりそう。もし雨が降り続くと雪が消えて嬉しいですが、そのあとのマイナス気温で路面が凍るのが怖いですね。これからの週間天気予報ではこうしたプラスマイナスが繰り返されて冬が深まっていきそうなので油断は禁物です。凍結路面になると車間距離が2倍ほどに増え、速度も遅くなりますので長い車列が続きます。先日も1回の信号で渡れた場所も、2・3回待ちになるなどしていました。そういえば、毎朝職場へ勤務していた時には、まだ暗い朝7時に家を出て、7時30分前に着いてのんびりしていたのを思い出しました。7時30分に家を出ると8時を過ぎそうになって焦ったり、いつまでも進まず途中で電話をかけた時もありましたから。冬は早めの行動が安全運転の基本のようです。(^^)昨日も出かけた時にパトカーが点滅しながら停車して、測定をしている様子。その前には2台の車が停まってドライバーらしき人が立っていました。多分交差点で止まらなかった車が前の車にコツンとぶつかったのでしょう。その横を通りながら気を引き締めていました。暖かくなりそうな今日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 09:01| PhotoDiary

2017年12月02日

雪が降る季節を迎えて

xf1.jpg今日は雪が降ったり止んだりを繰り返していた雪の日。昨日のようなサラサラ雪ではなく、少し湿り気を帯びていたので、これから少し気温が回復してくる予感の雪でした。函館の積雪は5・6cmほどでしたが、石狩・空知を結ぶ線にある各地は大雪だったようで、岩見沢では1mを超える積雪になったようです。12月もまだ始まったばかりだというのに、これからの雪捨て場を考えると、もう降らないで!と叫んでいるかも知れませんね。北国では雪が降るのを覚悟して冬専用の道具などを揃えていますが、すぐには消えない大雪の対策は各自治体共通の悩みですね。大雪の日には、我が家の近くの坂道を登って山の方へ向かう雪を積んだトラックが何台も見ることがあります。近所の大きな雪捨て場も現在はサッカー競技場に変わってきていたりしますから、これから益々奥へ奥へと行くのかも知れません。側溝に水を流して、その蓋を開けて雪を片付けている町のような施設ができるといいですね。今日は何年も使っていなかったコタツを居間に置く為に、コタツ布団を買いに家具屋さんへ行くと、店内はクリスマスリースや暖かな絨毯など、冬を気持ちよく過ごせるようなものがたくさんありました。それでも、一番温かくなるのは身近な人が元気でいることですね。冬になると特にそんな気がします。コタツを置いて脚を入れていると出たくなくなり、何もできなくてダメ人間をつくりそう。用心しなくては!(^^)少し寒気が弱まる函館の明日は5度くらいまで上がる雨予報。一気に雪を消して行くかも知れませんね。気温変化に気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:19| PhotoDiary

雪降る寒い朝

xf2.jpgいつもよりも寒かった夜中。その証拠に起きた時の姿が眠った時のまま。寒くて腕や脚を出すことはなかったのですね。(^^)今朝起きて見た玄関の気温は2度で、暖房のスイッチが入っている居間は22度。家の中での温度差は20度もありました。カー園を開けた窓の外は雪が降っていて3cmほど積もっていましたが、8時を過ぎてくると日射しが見えてきて降る量も減ってきたようです。予報ではこのあと最高気温が0度で曇り。明日は5度まで上がり雪の後に雨と、あまりいいとは思えない週末の天気ですが、路面の変化に気をつけながら安全に過ごしたいですね。12月の函館はやっぱり雪国ということを感じます。(^^)今日は「全国防火デー」になっているようです。暖房器具や火を使うことが増えてくる寒い季節は、火災にも要注意。寒い中に投げ出されたら大変ですから、出かけるときや眠る前など、火の元には気をつけ過ぎることはありませんね。寒く天気変化・温度差の大きい週末になりそうですが、そんな中にもこの時期ならではの楽しさもあります。暖かな格好をして出かけてみるのもいいかも知れませんね。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:35| PhotoDiary

2017年12月01日

函館の煌めく冬が始まる

xmasf.jpg今日はベイエリアで行われるクリスマスファンタジーの点灯式を見に行ってきました。今日の市内は1日中冷凍庫の中にいるようで、今頃の気温とは思えない真冬日が2日続いていました。行き帰りの車道も完全に凍っていて、ちょっとブレーキをかける度にABSが働いてクククッと細かくブレーキング。皆さんの車間距離も広くとって、夏のブレーキとの感覚の違いを体感していたようです。駐車場に車を止めて歩き始めると、足の下も滑りそう。ゆっくりと歩いていきました。ベイの橋のところには滑り止めの砂を撒いていたり、今日の低温の対策をしていましたが、それ以外のところでは時折滑りそうになったのか悲鳴も聞こえていました。(^^)函館人や道内の人は大丈夫でしょうが、中国系の観光客はアイスバーンは慣れないのでしょう。ゆっくり歩いていました。少ない雪よりは、圧雪の雪になる方が歩きやすいですね。点灯式が始まるまで少し時間があったので、スタバで暖かいココアで体を温め、八幡坂や二十間坂の方までぐるっと歩きましたが、思わず転びそうに・・・。坂道の歩道は要注意です。(^^)戻るとイベントはすでに始まっていて、すぐに点灯が始まると同時に花火が上がりました。8時にも上がると言っていた花火の音が我が家まで聞こえてきました。そのあとのミニライブにも雪の中多くの人が集まり、楽しみにしていたのがわかります。これから24日間、多くの人を魅了するイベントになるといいですね。今夜もグンと冷えそうです。十分に暖かくして、週末の明日も元気で過ごせますように!
posted by Kan at 20:05| PhotoDiary

師走の始まりは雪の朝

charch.jpg昨夜0時頃に眠る時に見た窓の外にはなかった雪が、今朝は静かに降り積もる雪で再び白い世界になっていて、空から降り続く雪も止みそうにありません。天気予報を見ると、昼まで雪だるまマークが続いていますから、この調子でいくと現在2・3cmくらいなのが10cmくらいに積もるかも知れません。雪かきはもう少し雪の降りかたが収まってきたら除雪機を出してしようと思っています。今日から12月。函館はクリスマスファンタジーが始まる日ですから、ベイエリアやイルミネーションに飾られた坂道など、その雪に飾られて綺麗になることでしょう。この雪を降らしている寒気が今日も函館の真冬日をつくっているようです。夜中に掛け布団を蹴飛ばしていたのか、朝方に寒さで目を覚ましてかけ直しましたが、寒くて起きられずもう一眠りしました。(^^)あとで調べると、マイナス5度になっていたそうですから寒かったはずです。この真冬日の気温も今日までのようで、明日からの週末は最高気温がプラスになっていくようですから、今日をしっかりと乗り越えられたら、今回の寒波も去っていくようです。師走が始まっていますから油断は禁物ですが、ゆっくりとした寒暖の波に上手に乗りながら、今冬も元気に過ごしたいですね。雪で始まった師走もいい毎日になりますように!
posted by Kan at 09:27| PhotoDiary

2017年11月30日

真冬日の1日

syasinkan.jpg今日は寒い1日だった函館。雪こそパラパラと降ったり止んだりするだけで積もりはしませんでしたが、真冬日の寒さが覆っていました。出かけるときの車のフロントガラスにも雪が凍ったものが張り付いていて、しばらく暖機運転をしてようやく出発。前日の水を跳ねていた道路も、すっかり乾燥路面になって走りやすかったのはよかったですが、少し小路に入るとアイスバーンのところもありましたから油断大敵です。年末に近づくと何年もカレンダーや絵葉書の案内が届いていた七飯町の店に初めて行ってきました。ナビに住所を入れると、山の方に入っていきます。大丈夫かな?と思うような細い坂道を通ってナビが「目的地です」と言ったきり終了。辺りは普通の住宅しかありません。あちこち探してようやく壁に写真館の表示を発見して入口を探しても見つからず、普通の玄関で「こんにちは・・・。」と声をかけると間違いなくここが写真館。少し話をしてカレンダーや気に入ったポストカードなどを買ってきました。玄関には山積みにされたポストカードが置いてありましたが、市内の各店舗でたくさん売れるといいですね。帰り道、下りの坂道を降りていきましたが、真冬の凍った道は大変そうでした。景色のいい高い場所は勇気と元気がないと暮らせませんね。(^^)帰り道に車のオイル交換をしようとディラーによると、店舗内はクリスマスカラー。クリスマスプレゼントのように、カレンダーやプレート、ワインなどをいただいてきました。すでに来年のカレンダーが3つ。今年は作らなくて大丈夫かも?(^^)真冬日が続く明日も、風邪をひかないように気をつけていい12月を始められますように!
posted by Kan at 17:38| PhotoDiary

三十日の朝

kyoukai.jpg寒い寒いと覚悟を持っていたためか、それとも暖房機のタイマーが働いているからか、今朝は思ったほど寒さは感じませんでした。カーテンを開けて見た庭にも土の部分に少し白いものが見えるだけでしたが、9時過ぎから風に乗って飛んでくる雪が増えてきました。昨夜の道北道東のニュース映像は暴風雪警報の吹雪状態でしたが、函館にもこの影響が近づいているのでしょうか?真冬日予報の函館には低温注意報が出ていました。幼い頃札幌に住んでいた真冬時、毛糸の手袋をつけて遊んでいた時に、鉄棒か何か金属のものを握って手袋が瞬間に凍って離れず困った記憶があります。(^^)函館ではこれほど低い気温にはなりませんが、部屋と屋外との気温差にも気をつけたいですね。今日の植物画カレンダーには乾燥させたホオズキとミニコーンが描かれています。毎年雪の降り始める頃にホオズキの写真を撮りにいっていた場所も、数年前から全て抜いて綺麗な庭に変わってしまいました。雪が消えた春先には網目状になった外側の皮が工芸品のように綺麗でした。こうした自然が創り出す造形にはただ驚くばかり。この冬も、ハッとしながらも優しい造形を楽しみに明日からの12月を迎えたいですね。寒さに気をつけながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:33| PhotoDiary

2017年11月29日

雨上がりのツリー点灯試験

switchon.jpg今朝は気温も高く天気が良さそうだったので、午前中から久しぶりに大沼方面へ出かけてきました。まず郵便局に寄って年賀はがきを買うことに。通常のものと、キティちゃん、スヌーピーのものを買いました。スヌーピーの人気はどうですか?と聞くと戌年だからか、思った以上に人気があって在庫がなくなりそうとのこと。まだの人は早目がいいようです。(^^)高速道路も空いていて快適に峠下の信号まであっという間。信号を超えて峠道に差し掛かると同時くらいにパラパラからザーザーと急に雨になって、途中でユーターンして帰ろうかな?と少々テンションが低下しましたが、雨の雰囲気もいいかな?とトンネルを抜けました。右折してすぐの橋のところでは、雨の中を霞んだ駒ヶ岳と列車を狙っているような撮り鉄さんが二人。大沼を経由してきた帰りにもいましたから、時刻表を見ながら忍耐なのですね。わたしは周辺の冬の入り口の小沼、大沼、ハンの木を何枚か撮っただけでしたが、足元もぐちゃぐちゃで結構大変でした。大沼だんごを買って帰り、薄暗くなったベイエリアを経由して家に戻ろうとクリスマスツリーを見ると点灯試験をしていました。急いで車を降りて何枚か撮りましたが、すぐに消灯。点灯式まではあと2日。ステージもできたようで、この雨の中も頑張っていたのですね。明日明後日は真冬日になりそうな寒い日。雨が凍った路面で滑りそうになるでしょうから、見上げてばかりで足を滑らせることのないように注意ですね。(^^)気温がぐんと下がる今夜から明日にかけても、暖かくしながらいい日になりますように!
posted by Kan at 20:10| PhotoDiary

11月の雪が消えた朝

xmas29.jpg夜中に聞いた雨音は夢の出来事ではなかったようで、薄水色の空から注ぐ眩しい光が、雪が庭から消えているのを見せてくれました。窓には水滴がつき、冬も振り出しに戻ったような感じです。雪の下にあった草や花の芽は、しっかりと生きていました。また春に咲く花の芽の数が増えているような?冷たい雪の下でしっかりと冬眠をしながら生長を続けていた草花には、こうした途中の姿を見られて恥ずかしいかも知れませんね。(^^)まだ冬は始まったばかり。もう一度ゆっくりと休んで、来年の春の雪解けで一段とたくましく可愛らしく育った姿を見せてもらいたいです。今日の函館は夜中の10度前後の気温が続き、午前中に11度という最高気温になるようです。午後からは徐々に下がり続け、この解けた水も凍ってきそうなマイナス気温に。雪だるまマークがないので、草花にとっては掛け布団がないまま過ごすことになりそうです。先日、友人がもう年賀はがきを買ったと聞き、いつもよりも早いねと言うと、1月7日を過ぎると年賀ハガキの値段が10円上がるそうです。同じ1枚が上がる前に買っておいたほうがいいですね。特に枚数が多い人は早目がお勧めです。11月も明日で終わり、明後日から12月。何だかゆっくりとした足取りが、少しずつ早まっている気もしてきました。路面も凍ってきそうですから、急いで転ばないようにしながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:54| PhotoDiary

2017年11月28日

クリスマスファンタジーの街角

prexmas.jpg今日は午後遅くなるごとに気温が上がっていった函館。昼前から出かけた元町へと向かう道も、乾燥路面や雪解けの水を気をつける道になっていました。車の外気温計も10度を指す暖かさでしたが、元町の道は甘くはありませんでした。広い幹線の坂道はロードヒーティングされていて四季同じように安心して通れますが、車を止めて大三坂の坂道を歩こうとしたら、路面が凍っていたり、解け出した水が氷の上を流れて余計にツルツルに。すると、道路脇に設置されている砂袋の砂を撒きながら進んでいるおじいさん。その上を歩いていくことができました。カトリック元町教会のところまで来てお礼を伝えると、手をあげてニコッとして通り過ぎていきました。かっこいいなぁ!と、こんな歳をとりたいと思いました。今週末から始まるクリスマスファンタージーの様子を見にベイエリアまで歩いていくと、普段は見ないトラックが何台も並んで作業中。大きなツリーはすでに設置されていましたが、その周辺の飾り付けやステージはこれからのようでした。そのツリーの前では交代で写真を撮りあっている観光客。週末まで函館にいれたら坂道や通りのライトアップと、ツリー・花火が見れますよと声をかけそうでした。(^^)苦労しながら作業をしていた人も、これらを目にして笑顔や歓声が湧き上がったら、きっと疲れも吹き飛んでしまいそうですね。凍結と解氷を繰り返している函館の暖かさも明日までのようです。変化する路面に気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:15| PhotoDiary

冬のイベント準備が始まっている

IMG_5187.JPG穏やかな今日の朝の函館。薄水色の空に浮かぶ大きな白い雲がゆったりと動き、太陽を隠していた雲が通り過ぎると、庭に残っている雪がレフ板のように光を受け止め周囲へと明るさを広げていました。雪は冷たいけれど、光を広げる働きをしているのを忘れていました。そう言えばゲレンデでゴーグルの跡が残っている黒い顔を見かける雪やけ。冷たい雪が照り返す光は夏以上に強力な面もありそうです。今日の休みはこの日射しに誘われて、カメラを持って出かけるのもいいなぁと思っています。元町を選択するのは、ぐるっと歩くとフォトジェニックな建物がいくつもあったり、季節の変化がわかるディスプレーが多かったりするから。金森倉庫周辺はクリスマスファンタジーの作業中かもしれませんが、それも11月末の風物詩。開港通り、二十間坂、八幡坂のイルミネーション。函館駅前、五稜郭公園のイルミネーションなどは12月1日から来年の2月28日まで続いて、冬の函館の白い冬を温かく彩ってくれるはず。寒くて出かけるのも億劫と思っている人も光に誘われて、毎年通りから溢れるほどの人出いっぱいになります。寒くなって行く冬は、人々の温かさを改めて感じられる季節。夜中にかけて10度を超えていきそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:55| PhotoDiary

2017年11月27日

寒い中の温かな時間

hare.jpgポタッ、ポタッと屋根から雪解け水が落ちてきたり、ジャーっと路面も融けた雪が跳ねるような昼頃、友人とランチタイム。いつものことながら食べて話をしているうちに、いつの間にか2時間弱。そのうちに待っている人も出てきたので店を出ましたが、車を動かすと車の屋根に少し残っていた雪がドドドドド!っと、フロントガラスの半分を塞いでしまいました。一旦車道の横に停めて積んである雪かきで払いました。気温は0度を少し上回る程度でしたが、薄曇りの中から顔を見せる日射しが、こうした陽気をつくってくれていたのですね。夕食を食べて帰る頃には外気温も0度前後のブラックアイスバーンになり、ゆっくり気をつけて運転をしました。広い通りに出ると路面が乾いていていたのは、あの弱い太陽の光がずっと照らしていてくれたから。朝から夕まで照らし続けることによって、弱くても雪や氷を消してくれたのですね。継続は力なり?(^^)人も温かな心の前ではポカポカ。「北風と太陽」の話のように、北風の強引さではなく、太陽のやさしく照らす温もりが心を開かせます。12月になると寒い日が増えてきますが、心まで冷え切らないように、友人のような温かさを持ち続けていたいですね。(^^)そうした願いが通じるように、気温がぐんと上がる予報。気温も乱高下する明日も元気でいい日になりますように!
写真は晴れの夕暮れ。緑の島から函館ドックの方を眺めるとたくさんのカモメの飛翔姿。編隊飛行をしてるようでした。BAY函館の裏手の広場から見る函館山の夕景も好きな景色。この辺りや明治館の通りなどでは12月1日から始まるイルミネーション点灯を目指して作業中のことでしょう。京都旅行で総歩数75000という記録の仲間のようにはいきませんが、明日は久しぶりに散策に行こうかな?(^^)
posted by Kan at 22:58| PhotoDiary

寒い朝に

kyabetu.jpg昨夜眠る前には、今朝早く起きれたら朝の毛嵐の写真でも撮りに行こうかな?と思っていましたが、目が覚めたのはいつも通りの7時過ぎ。カーテンを開けた窓の外には薄っすらとした日射し。淡い雲が太陽の姿を朧にしていましたから、早起きしなくてよかった!と自分勝手な解釈をしてしまいました。(^^)今日の最高気温は3時頃の1度!真冬日ギリギリでスタートした今日ですが、旭川などの道央はマイナス8度にもなっているようです。12月へと歩みを進める今週は気温の乱高下が大きくなりそうです。今日の植物画カレンダーにはエゾウコギが描かれていますが、昨日はバラの実が描かれていました。庭には赤い実ではなく、咲ききれなかったピンクの花のつぼみがいくつか付いています。花が咲いた後には膨らんでくる実を乾燥させたものがローズヒップ?ほとんどの植物の花や葉を乾燥させるとお茶として味わえることを知ったのは、今は閉店してしまった丘の上のランチが美味しい店、花茶。タンポポ茶などを頼んだことがあったような。ローズヒップ茶もここで飲んだような気がします。様々な形で自然のパワーを活かしていく術を、太古の昔から取り込んでいたのですね。晴れ予報の1日ですが気温が上がりませんから、モコモコの暖かな格好をして今日もいい日になりますように!
写真は石川町のキャベツの収穫。一面白い世界になった畑地にポツンと置かれた赤いトラクター。さらに上の方に行くとトラックや乗用車など何台も停まっている場所があり、その奥には大勢の人が畑で作業をしていました。なんだろう?と思って車を降りて見ていると、雪の下から掘り出したキャベツ(白菜?)を手渡しで網の箱に入れているところでした。甘みが増していそうなキャベツを大事そうにスムーズに流れるように積み込まれていました。このような作業があるからスーパーでも美味しそうな野菜が並べられているのですね。
posted by Kan at 07:51| PhotoDiary

2017年11月26日

11月最後の日曜日

syotou.jpg今日はポタポタと屋根から雪解けの雫が落ちていた日曜日の函館。日射しがそんなになかったので、4・5度まで上がったと言っても、そんな感じはしませんでした。気温が低い時でも、日射しがあるとそれだけでポカポカとしてきます。先ほど小樽の姉から姪夫婦が暮らすオーストラリアのパースの海岸で楽しむ写真と動画が送られてきました。地球は大きいですね。(^^)大島のチビちゃんも今日は七五三のお参りに行ってきたようで、おてんばな女の子も、今日だけはおしとやかな着物姿でご満悦の顔が送られてきました。こうして現在の姿が即座に届けられることに、改めて世界がインターネット文化で繋がっている事に気づかされます。テレビ電話があまり好きじゃない人はカメラを塞いで声だけという人もいます。(^^)逆に即座に送られる事から、返信もすぐにあると思ってスマホを手から離せない症候群になっている人も少なくないようです。授業中、仕事中でもきになる人は要注意ですね。どんなに便利になろうとも、顔と顔を向き合って話すのに勝るものはないと思います。(^^)今夜はマイナス4度まで下がる予報。暖かくして眠ると、太陽が綺麗な朝の光を送ってくれそうですから、風邪をひかないようにして11月最後の週もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:02| PhotoDiary

数十年前の冬を思い出して

park.jpg今朝も雪が積もっているのかな?と思いながら起きて窓を開けると、窓の外側に水滴がついていたり、細い枝などに付いていた雪が消えていたり雨が降っていた?と思うような感じでした。天気予報を見ると、真夜中に傘マークがありました。気温も3度から5度と高くなっていたので、雪にはならなかったのですね。暖房のタイマーをセットし始めると、外気の温度が分からなくなってきます。それでも、雪景色の中にヌクヌクと暖まった部屋に入るのは最高です。(^^)子供の頃の記憶を辿っていくと、十勝の池田町の小学校入学前の頃の寒さは、眠っている布団の端が鼻息で凍っていたり、札幌の銭湯帰りにタオルを数回振り回すだけでカチンと硬い棒のようになったり、濡れた髪の毛を上の方に伸ばすとすぐに凍ったりしたような気がします。当時は3丁目の夕日の映画のように、お隣の家のテレビを見せてもらっていたような時代。家の暖房も薪や石炭。みんなの家には一冬の石炭を入れておく「石炭小屋」があったり、大きな木の幹を、回転する大きなのこぎりで切ってくれる仕事もあったような気がします。白い息を出しながら寒い朝に起き出すと、いつも居間が暖かかったのは、寒い早朝から石炭ストーブに火をつけて暖めてくれていたからなのですね。今はスイッチ一つで暖かくなる便利な時代になりましたが、当時は家族や人の温もりで暖房を補っていたような気がします。こんなことを思うのは、きっとテレビで放送していた「3丁目の夕日」を観たからですね。(^^)曇りだけれど暖かそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:15| PhotoDiary