2017年07月08日

カラフルな夏の日射し

tomita.jpg今日の午前中はサポートの電話で慌てて出かけてきました。朝の車に乗る時には既に車の外気温計は25度を超えていました。日が当たっていたからなのでしょうが、函館の今日の予報も夏日超え。ちょっと前まで暖房をつけていたとは思えない急激な気温変化に、体もついていくのが大変かも知れません。十分に気をつけなくては。昨夜の七夕が終わった今日の週末。子ども達はしばらくおやつ三昧。朝早く起き出して七夕のおやつを食べていたのかも?小暑が過ぎて暑さも本格化してきているのでしょうか?昨日の日本最高記録は北海道。今日も道央を中心として30度を超える暑い日になりそうです。そんな中、庭の友人からのプレゼントの上野ファームコーナーにはカラフルな花が次々に開いて、カラフルな庭景色をつくってくれています。細い茎の上に開くポピーの花。情熱の赤と柔らかなピンクや白、オレンジ色が風で揺れていました。散水をした後カメラを手にマクロで撮りましたが、風で数ミリでもずれるとピントを外してしまう花たちに、今だけ止まって!と無理なお願いをしながら撮っていました。(^。^)霧モードで散水した花や葉に綺麗な水玉がつき、その一つ一つに庭の花が入り込んでいました。花たちも近づいたり寄り添ったり仲のいい感じ。やっぱり晴れも曇りも雨も、どれも自然は美しいですね。それでも程度を超えた雨風は人命や建物に大きな被害を与え、連日報道されている九州地方の大雨被害も早く収束することを願っています。暑さに気をつけながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 12:39| PhotoDiary

2017年07月07日

七夕の華火

hanabi.jpg24節気の暑さが本格化する「小暑」の今日は、その通り25度を超える暑かった函館。それでも日が沈むと涼しい風が網戸を通して入ってきます。北海道の暑さは、日中いくら暑くなったり蒸し蒸ししても夜になると涼しくなるのが魅力ですね。夏の間に数日間、夜中まで蒸し暑くなることもありますが、それを耐えると秋風が吹いてくるようになります。(^o^)今日は七夕。出かけた先の家の前には七夕飾り。夕方近くから可愛らしい声で懐かしい歌が聞こえてきました。これから暗くなるまで近所を回って歩くのですね。日没すぐの8時頃、ドーン、ドーン、バラバラバラ・・・。遠くから花火の音が聞こえてきました。函館港の花火大会は16日のはずだし、五稜郭かな?と思って家の上から眺めると、五稜郭タワーから少し離れた場所で打ち上げられていました。ああそうか・・・。昨日の昼に通過した時に飾り付けをしていた函館高校の学校祭「柳星祭」の花火だったようです。この祭のテーマは「華火」で、いつもよりも盛大な花火が打ち上げられていました。函館高校として北高と統合する前の東高出身の私は、当時の今頃は学級単位の行灯作りに遅くまで頑張ったり、グランドの中央に積み上げられたファイアーストームを囲ってフォークダンスをしたことを思い出します。今でも新鮮に蘇る夏の思い出ですね。写真は手持ちでしたからブレはご愛嬌で。(^_^)さらに気温が上がりそうな明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 21:52| PhotoDiary

七夕の朝

green7.jpg朝早めに目が覚めると、明るい光が射し込んでいました。昨夜の天気予報では今日明日はずっと晴れ。その予報が当たったようです。九州北部では何日も大雨が続いて被害が広がっているようです。同じ場所に次から次へと降る雨には川も大地も許容量を超えて起きているのですね。七夕の今日ですから、早く回復しますようにと願いたいですね。函館の七夕祭りは今日7月7日。北海道のほとんどは8月7日なのですが、道南はこの日ですから、織姫・彦星も北海道では二度会えそうですね。(^-^)夕方西日が沈む頃になると、地域の子どもが数人ずつ笹飾りのある家を周って玄関前で七夕の歌を歌います。「たけーにたんざく たなばたまつり。おおいにいわおう。ろうそく1ぽん ちょうだいな!」と元気な歌声が聞こえてくると、夏がきたなぁと感じます。学校では休み時間になると、何時にどこに集まる?などグループごとに相談をしているようです。可愛らしいのは小学校のお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に歩いている幼い弟妹。その子を仲間が守るようにして歩き方・歌い方を伝えていっているのは、文化の継承を目にしているようでした。函館の夜は星空が見えそうな晴れ予報。子ども達の声が響き渡る安全な夜がいつまでも続いてほしいですね。日中の熱中症にも気をつけながら今日もいい日になりますように!
写真は函館の初夏の色。晴れた日には市内のあちこちで緑豊かな光景を目にできるのも函館の魅力。市内に点在する公園のほか、どこからでも目にできる函館山の緑も季節を感じられます。元町公園やトラピスチヌ修道院などの場所は、いつも手入れされた緑が美しいお気に入りの場所。これから市内の坂道や庭には、アジサイが飾り始めます。
posted by Kan at 09:39| PhotoDiary

2017年07月06日

晴れた夏日のベイエリア

fineday.jpg今日の函館は夜になっても20度前後の蒸し蒸ししている夏日になりました。窓を開けて網戸から入ってくる風は、自然のエアコンのように涼しいのですが、先ほど閉めたら湿度もあるようで暑くなってきて再度夜風の登場を願いました。(^-^)昼頃に以前から気になっていた2回の壁のはげ落ちているところの補修をしていました。左官屋さんのように補修剤を水でこね、コテに乗せて壁を均していきました。よく見ると他にも細かなひび割れができていました。乾燥にしばらくかかるので、壁色は明日にして晴れたベイエリアの写真を撮りに行ってきました。大勢の観光客が来ていて、それぞれの楽しみ方で過ごしているようでした。女性が二人明治館の貸衣装(多分)を着て、写真を撮りあっていたり、何校もの修学旅行生らしき小中高校生の集団も列を作って歩いていました。1年前から決められた日程ですから今日の晴れは良かったですね。おしゃれな太刀川カフェーは静かでしたが、その隣のロマンティコ・ロマンティカの駐車場はびっしり。どちらの店も大正ロマンを漂わせる照明がなんとも言えません。夕日が西の空に沈むにつれて、空が赤く染まってくるのも美しい夕暮れ。晴れた日はやっぱりいいですね。九州で大きな被害を出している大雨。まだ安心できない状況のようですが、早く回復するといいですね。今日よりも気温が上がりそうな晴れ予報の明日も、体調に気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 21:30| PhotoDiary

朝の日射しに

sikimori.jpg今日は久しぶりの日射しの朝。いつもよりも早く目覚めてベッドでゴロゴロしていましたが、カーテンから漏れてくる明るさに、しっかりと開いた目で庭の様子を見ると咲いている花々がキラキラと輝いていました。「野原のタネ」コーナーではいろいろな形の葉が生長していたり、様々な形の蕾がついているところに、色づいた花が次々と咲いてきました。私のところより1ヶ月近く遅れて蒔いた友人の庭では、見る間に大きく育って花をつけていましたが、我が家もようやく賑やかな夏の庭になってきました。愛情の差?(^-^)細い茎の上に赤やピンクの可愛らしい花をつけているポピーも、今朝の風に吹かれてユラユラ。どんな花が咲くのかな?と思わせる蕾もいっぱい。1年経って顔を見せてくれるタネのプレゼントっていいものですね。その花たちを見守るように高いところで咲いているつるバラの花も満開を過ぎ、その周囲に花びらが落ちてピンクの道を作っています。昨日、亀田川上流で遊んだ帰りに寄った四季の杜公園の花たちも春の花が多かったようで、しおれていたり種をつくっていたものが多かったです。それでも霞んだ函館山を背景にした横一面に広がるラベンダー色など、ゆっくりと歩くにはいい場所ですね。運動のためなのか、両手にウォーキングストック姿でゆっくりと散策していたお年寄りも印象的でした。久しぶりの朝の日射しに出かける人も増えるかもしれませんが、午後から夏日予報の函館です。急な暑さに気をつけながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:39| PhotoDiary

2017年07月05日

濃緑の亀田川上流

kamedaue.jpg曇り予報だった函館も午後から日が射し始め、写真を撮りに出かけないかい?と呼びかけているようで、その声に誘われてカメラを持って亀田川上流で写真を撮ってきました。美原交差点から赤川へ向かう道を走る多くの車が高速道路経由を利用するようになりましたから、この高速が日吉まで伸びると混雑している産業道路もずいぶん楽になりそうです。徐々に減ってくるダムへ向かう道を走って中野ダム公園の横を通るとブーンとエンジン音を響かせる草刈機が活躍中。いつものベンチ横の四つ葉のクローバーは大丈夫かな?と思いながらダムを過ぎて林道へ入っていくと、昨日までの雨の名残りの水たまりが何箇所もあり、泥を跳ねながら登っていくと、春先と同じところで通行止め。もう一般車両は青沼まではいけないのでしょうか?少々がっかりしながら車を降り、ゴロゴロした岩を伝いながら勢いのある川へ降りて行きました。春先は熊がいないかとビクビクしますが、この時期は安心して楽しめます。それでも今日は川よりも日が射す木々の緑の美しさに惹かれました。光と陰と色。この無限の組み合わせは二度と同じ景色を見せてはくれない一期一会。しばらく涼んでいると蚊に刺されたようで足が痒くなってきて下界へ。ダム公園で四つ葉の場所を見てみると、やはり綺麗に刈られていました。またしばらくして出てくることを願いながら舗装路に戻って汚れた車を洗車して帰ってきました。午前中に倒れていた上野ファームの草花を棒と紐で支えていたのが効いたのか、青い花やピンクの花なども咲いていました。明日は晴れの夏日予報。日射しを求めて咲く花達の季節。週の後半もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:13| PhotoDiary

新しい花咲く庭で

gflowers.jpg今朝は昨夜早く眠ったためか、いつもよりも早く目覚めました。カラッとした朝日があればよかったですが、夜中にも雨が降ったようで、窓から見える庭にも雨の名残りの曇り空。そんな中に夏の太陽のように真っ赤な花が一輪咲いていました。ポピーの仲間のようですが上野ファームの野原の贈り物の一つ。さっと着替えてマクロレンズをつけたカメラを持って雨上がりの庭を撮ってきました。そのほかにも色づいて今にも咲きそうな蕾もたくさんありました。倒れた茎も起こそうとすると折れそうな気がして自力で立ち上がるのを待っています。たくさんのピンクのバラをつけた枝も雨で重くなった花たちをしっかりと支えていたり、優しい香りを放つラベンダーも、紫とピンクの花を咲かせています。小さな黄色の花をつけた雑草も可愛らしく咲いていました。ミニトマトの花の後には小さな緑の実が次々と連なって生長しています。函館の花の季節は夏モードへと移ってきているのを感じる庭になってきました。上野ファームのタネを蒔いた庭からどんな花が咲くのか、これからも楽しみです。各地で大雨の被害や警報が出ていますが、大きな被害が広がらないことを願いながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:10| PhotoDiary

2017年07月04日

霧の中のミニドライブ

kousetu302.jpg昨日から今日までずっと続いていた、濃くなったり薄くなったり動き続けていた霧。その霧も少しずつ大粒になって小雨に変わった函館も、夕暮れ間近には濡れていた舗装路も乾いていき、いつもの色に戻っていきました。気温も上がらず、車で移動中の外気温も18度。また6月に戻ったような感じの気温でしたが、心は温かな1日になりました。霧の中、松前へ出かけようと高速道路を走っていると徐々に雨脚が強くなってきたので松前は次の機会にして、途中の木古内まで行って休憩。さすが雨男パワーでした。(^-^)木古内の新幹線駅の前にある「禊の里」という道の駅があり、その中で名物のパンやコロッケなどを買ってランチに。本当はこの中にあるレストランでシェフの料理をと思ったのですが、ここもお休みで食べられなかったので、また来る理由ができました。(^-^)それから大沼公園へ向かって行くときも駒ケ岳の姿は一度も見えない霧の中。霧のおかげで友人と色々な話をすることができ、いい時間を過ごすことができました。どんな天気でも心の中が晴れてくるような友人との時間は、激しかった雨も吹き飛ばしてしまうようでした。小雨になった帰り道、高速道路が霧の中に入っていくような濃い霧が残っていましたが、函館に着くと我が家の庭のバラがいくつか落ちていたり、上野ファームの蕾がついた花が風で倒れていました。市内は結構風が吹いていたようです。雨が上がるとまた立ち上げってくれることを。気温があまり上がらない曇り予報の明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 19:43| PhotoDiary

2017年07月03日

夏の花に囲まれて

green26.jpg7時前に目を覚まして起きた朝は、今にも雨が降りそうな空。今日はちょっと遠出をしようと思っているので、やっぱり私は雨男?天気予報を見ると弱い雨がずっと続く空模様になりそうですが、心の中はいつも晴れマークですね。(^-^)昨日は全国的に暑かった1日になったようで、浜松でも35度越えの猛暑日。ニュースでも公園の噴水で水遊びする子ども達の姿が映し出されていました。函館公園の噴水も、暑い夏の週末には多くの人が涼みにやってきます。長期予報では暑くなる夏のようですから、こうした水のある場所は賑わいそうですね。穴間の手前にある岩浜の前浜海水浴場のオープンは夏休みが始まった27日頃を予定しているようですから、もう少し我慢ですね。昨日、札幌の花フェスティバルの写真を送ってくれたり、八王子のアジサイもそろそろ終わるという写真を送ってくれた姉たち。函館の花の季節はまさにこれから。桜から始まって、ツツジ、バラ、アジサイと、本州では味わえない季節の花が一堂に花開く夏。それが眩しい日射しに咲いていると、それだけで暑さを忘れてしまいます。雨予報で始まる今週も、暑さ対策をしながらいい日になりますように!
posted by Kan at 08:04| PhotoDiary

2017年07月02日

マラソンパワー

marason3.jpg薄曇りの朝、8時過ぎに家を出て元町に車を停め、朝の教会などを撮りながらゆっくりと金森倉庫のあるベイエリアへと向かいました。ここを通過するのはまだ2時間ほどありそうということで、スタバの2階でコーヒーを飲みながらゆっくりしていると、外が少し賑やかになってきたので出てみると、コース内の通行を制限するものでした。ややしばらくして2台の白バイを先頭にしてランナーの姿が頭から順に七財橋に現れると、道路沿いに集まった人々の応援の拍手と歓声が沸き起こり、一段と足取りが軽くなってすぐに過ぎて行きました。それから次々と通り過ぎる姿は人さまざま。足取り重く辛そうな顔。走ることができなくても棄権をせず歩き続けている人。同じ仲間なのか、並んで元気付けながら走っている人・・・。42.195Kmという距離は人とでは無く、自分との戦いなんだなぁと感じました。自分にはできない挑戦をしている8000人を超える人たちに拍手をしていました。早くから元町などを撮っていたため、カメラのバッテリーが無くなって応援だけに。家に戻って夕方玄関を出るとお向かいさんが夕涼み。暑かった1日を話していると、随分腹が出てきたねと私のお腹をポンポン。(^。^)結構歩いているつもりだけれど、まだまだ運動不足ですね。マラソンは無理ですから、また友人とWiiをして体を軽くしなくては。午後から雨になりそうな予報の明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:27| PhotoDiary

函館マラソンの朝

midorinoshima.jpg「ピピピピピピ、ピピピピピ・・」突然鳴ったiPhoneの音にびっくりして目が覚めた曇り空の朝。何???と思って気がつきました。今日は函館マラソンの写真を撮りに行こうと予定を入れていたのが知らせてくれたのです。すぐに起きてまずは朝食。カーテンを開けて見えるつるバラも曇り空の朝では精彩がありませんが、花壇の中心でピンク色で明るくしてくれていました。友人からもらった旭川の上野ファームの「野原のタネ」も大きく育ち、広いと思った場所にギュウギュウ混み合っています。その中で白いかすみ草のような小さな花が咲き始め、大きな花の赤い蕾も増えて来ていますから、これからの暖かさと雨で、花畑ができていくことでしょう。春から元気に咲いていたビオラは、暑くなってきた頃から少しずつ元気が無くなり、自立できなくなって隣同士寄りかかりあっているようです。青紫のビオラはたくさんのタネを飛ばして仲間を増やしているようですから、なんだかビオラの一生を見せてくれているようです。最後まで頑張ってと応援したくなりました。今日はこれから元町方面のマラソンコースで応援を考えています。千代が岱競技場には8000人を超えるフル・ハーフマラソンの市民ランナーが待っているはず。9時の号砲で、それぞれ持っている力を十分に発揮できるといいですね。蒸し暑くなりそうな今日も元気でいい日になりますように!
写真は緑の島風景。マラソンコースにもなっている緑の島。今日はここの駐車場も使えなさそうです。競技場から函館どっくまで走り、ここを経由してともえ大橋を経由してゴールを目指します。写真を撮りに行くたびにマラソン練習をしていた人の姿を目にした人も今日が本番。みなさん無事にゴールできますように。
posted by Kan at 07:39| PhotoDiary

2017年07月01日

霧の函館山で

mist1.jpg午前中、濃霧注意報が出ていた函館でしたが我が家の周辺ではもちろんわかりませんでしたから、ちょっと昼前に海が見える通りを走って来ました。家に停めていた車の外気温計は31度。走り出すと28度で安定しましたが、エアコンが休みなく動いて車内を冷やしていました。産業道路を5号線、大野新道を横切って4月に新しくできた海岸線へと走って行くと、津軽海峡フェリーターミナルあたりが霧でモヤモヤ。函館山も山頂付近が見え隠れしていました。久しぶりに函館山を登って行くと、27、26、25度と、コーナーを曲がるたびに気温が下がっていき、山頂では22度になりました。展望台にはロープウェーで登って来た観光客や、登山口の駐車場が満車だった登山客で賑わっていました。立待岬側から濃い雲が次々に流れて来て、市街地が見えません。「今日はダメかなぁ。」と残念そうに呟く旅行者の願いが届いたのか、雲が消えて来て市街地が一望できると「良かった!早く写真を撮ろう!」と皆さん並ぶと雲の中へ。「・・・。」声も出ないほどがっかりしていると、スーッと晴れて来て無事に取れて満足して売店の方へ歩いていきました。良かった!(^o^)暑い日の山頂は涼しくて気持ちが良かったです。大森浜経由で帰った時の浜辺では親子で海辺で砂遊びをしている景色に夏を感じました。7月最初の日曜日の明日も気温が高そうです。函館マラソンがありますから、ほどほどがいいですね。やって来る夏に体調を整えながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:05| PhotoDiary

7月のはじめの一歩

torapisutinu.jpg今日から7月。朝日がギラギラ眩しいのかなぁと思いながら起きて窓の外を見ると、弱い光が射し込んでいました。カーテンを開けて見上げる薄水色の空がフィルターのように光を減光していました。写真を撮るにはちょうどいい光だけれど、7月スタートにはちょっと寂しい日射し。それでも、今日からずっと続きそうな夏日予報。晴れと曇りだそうですから、この週末は大沼などもファミリーキャンプのテントが並びそうです。7月は文月。七夕の詩歌を献じたり、梅雨で湿った書物を夜風にさらす風習から来ているそうです。古の人たちはテレビもスマホも電気さえも無い夜に燭台の揺れる明かりの下で、どんなことを話題に語り合っていたのでしょうか。7月には屋外での様々な行事が予定されています。函館では五稜郭公園の野外劇、大門広場でのジャズフェスティバル、その夜には花火大会など様々。そして明日は函館マラソン。天気は曇りで走るにはちょうどいいかも知れません。フルとハーフの2コースあるようですが、時間があったら走る姿を応援に行きたいと思っています。初夏から夏へと変わっていく7月の函館。今月もいい毎日でありますように!
posted by Kan at 09:08| PhotoDiary

2017年06月30日

暑くなった函館で

kousetu30.jpg今日は朝からじりじりと気温が上がってきて、午後に出かける時に車のエンジンをかけると外気温30度を指していました。停めていたボディに日光が当たって上がっていたのでしょうが、走っても27度を下回ることはなく本当に暑い1日でした。天気予報を見ると道内でも31度越えがいくつもあり、函館も27度を超える夏日になっていました。7月を前にして、ようやく夏エンジンがかかってきたようです。眩しい日射しが葉の緑を輝かせた気持ちのいい香雪園を経由して買い物に行ってきました。香雪園の遊歩道を歩いていた小さな女の子が振り向いて「こんにちは。かわいい。」と言ったのは気のせい?(^-^)「こんにちは!」と言って別れましたが「わたし、かわいい?」だったのでしょうね。温室前の様々なバラの花も開いていて今が盛りのよう。光の先の草の間に小さな赤い実がキラキラ。見上げる遊歩道のカエデの緑の葉が少し赤みを帯びていたのは少し気が早そうな気が。明日からは本格的な夏がやってくる7月。今週末、梅雨明けの本州各地に暑さに関する警報が出されているようです。熱中症などに気をつけながら夏休みまであと1ヶ月、明日からの7月もいい毎日になりますように!
posted by Kan at 20:19| PhotoDiary

6月最後の晴れた朝

hakohati.jpg朝の光が庭の高いところに咲いているピンクのバラに届いたかと思うと、あっという間に下で光を待っていたパンジー・デイジーまで輝かせています。空には薄い雲がかかっているようですが、天気は晴れ。今日は1日太陽が出ているようですから、暑く感じる日になるかも知れませんね。6月は水無月。今年の梅雨は沖縄・九州は多かったようですが、関東などは雨が少なくてダムの貯水量が心配になる程だそうです。シトシト降り続けるのも嫌でしょうが、この雨がこれからの恵みをもたらすと考えると微妙ですね。明日からはカレンダーが切り替わる7月になります。北海道で7月の七夕は道南だけのようですが、スーパーでは七夕の夜に回ってくる子ども達にあげるお菓子がたくさん並べられています。7月になると様々な夏の行事がやってきますが、それとともに忘れられそうな6月も今日が最終日。水無月というように、みんな無いことにして水に流そうではなく、6月があって今があるのですから忘れないようにしなくては。(^-^)週末へ向かう今日も元気でいい日になりますように!
写真は函館八幡宮。歴史がある函館山の麓にある八幡宮は、社伝によると1445年まで遡るそう。室町・戦国時代からの歴史があるのでしょうか?谷地頭の電車終点を右折して進むと見えてくる大きな鳥居と134段あるという石段。下にも駐車場があるのですが、この石段を見ながら奥の境内につながる道を進んでいきます。先日友人と行った時に見た神輿は、8月15日の例祭にこの石段を駆け登っていくそうですからすごいですね。写真でしか見ていませんから、今度は実際に目にしたいですね。
posted by Kan at 08:57| PhotoDiary

2017年06月29日

戻ってきた夏の日射し

rose29.jpg曇り予報だった函館も早くから日が射してきて、その日射しを背中から浴びていると、首筋などがジリジリとしてきた夏の日射しに変わって変わっていました。6月が終わる頃になって、ようやく夏気分が似合うようになってきました。下校途中の小・中・高校生の夏服も、ようやく太陽の光で輝き出しました。下校後に遊びに出かけるのか、自転車を懸命に漕いでいた子ども達もTシャツで夏モード。日射し一つで気分も随分と変わるものですね。買い物の途中で見えた亀田本町にあるキングベークの駐車場はびっしり。お昼を過ぎていたけれど、パンを買ったりランチの人で人気なのですね。混んでいなかったら、たまには食べてみたいものです。私のお昼は五稜郭駅前にある、初めて入ったラーメン屋さん。塩ラーメンもとても美味しかったです。家に帰ると新築工事に入るお向かいの敷地に鉄骨が何本も置かれていました。基礎のコンクリートが固まると、いよいよ本格的に工事が始まりそうです。寝坊をして8時を過ぎそうになっても大丈夫ですね。(^_^)庭に回って日射しで乾燥した畑に水をやると、ゴクンゴクンと音を立てて飲み込むよう。たくさん出き過ぎたレタスや次々に大きく育つえんどう豆など、今年の庭は豊作です。夕方のテレビの特集でやっていた函館のイカ漁。まだ不漁続きだそうですが、去年とは違ってこれからに期待ができそうとのこと。美味しくて安いイカ刺しをたくさん食べられるといいですね。気温が上がりそうな晴れ予報の明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:09| PhotoDiary

ビートルズの歌とともに

bulegreen.jpg部屋の中は23度あるのに冷んやりとするのは曇り空のせい?庭の花々も曇り空ではしょんぼりをしているようです。満開のつるバラのピンク色も下を向いて寂しそう。やっぱり初夏の花は日射しを求めているのですね。そろそろ終わりを迎えているようなパンジーやビオラも、種を放ちながら仲間を増やそうとしています。先日友人と行った函館八幡宮の境内に咲いていたたくさんの小さなパンジー。これらの花も、きっとどこからか飛んできたのでしょう。辺りを探しても親の花が見当たりませんでしたから、靴などにくっついて運ばれたのかもしれませんね。可愛らしい花の姿の中に、懸命に生き、仲間を増やそうとする努力をしているようです。今日は半世紀も前に来日したビートルズを記す「ビートルズ記念日」だそうです。羽田空港に着いた飛行機のタラップから降りてくる姿が印象的な来日風景。イギリスの4人組が世界を魅了し、メンバーが亡くなったり解散しても人気が衰えないのもわかるような気がします。半世紀を超えたメロディが、ちっとも色褪せないで聴こえるのはクラシックの領域なのかも知れませんね。'All you need is love' 'All my loving' 'Let it be' 'Yesterday'など数え切れないほどの曲を記憶に残しているビートルズ。ジョン・レノンが歌った'Imagine'。静かなメロディにのって流れる人への愛。こんな世の中になるといいですね。夕暮れ時に晴れそうな今日もいい日になりますように!
写真は緑の季節風景。久しぶりに友人と出かけた石川町の畑地。ジャガイモの濃い緑の葉がずっと遠くまで伸びている畑で、数人が草取りをしているようでした。しゃがんでは伸びをしたりを繰り返す姿に友人が、絵画の落穂拾いみたいだねと言い、なるほどと思った場所。二つの木も葉がいっぱいに茂って幹が見えないほどに。幸せ太り?季節とともに変わる風景の中に幸せや喜びが見えてくるのが嬉しいですね。たまに四葉のクローバーとも出会えることも。
posted by Kan at 09:55| PhotoDiary

2017年06月28日

温水の恵みに

bayarea.jpg今日は午後から給湯器の交換作業が予定されているため、出かけることができませんでした。曇り予報の函館は、時々晴れ間が出て来たり、日射しが暖かかったりしましたが、風が吹くとひんやりとした空気に気付かされます。なかなか初夏になりませんね。庭のバラの手入れをしていた時、チャイムが鳴って工事が始まりました。FF式のために壁に穴を開けたり、一人では簡単にはいかないようで、煙突部分を締めるのに手伝ったり悪戦苦闘しながら3時間以上かかって完了しました。蛇口をひねると茶色く濁った水がしばらく出て来ました。キッチン、洗面所、風呂場からの水が綺麗になると、給湯器スイッチオン。今までと違って直圧式なので、水の圧力が強く勢いよく出てきました。これでまたお湯のある生活ができます。当たり前のように使っているお湯や電気も、それが使えない状況になって初めて不便を感じるものなのですね。普段からその恩恵に感謝をしながら手入れをしていこうと思いました。工事が終わるまで、Macに貯めておいた音楽をCDにしたり、写真をサーバーへ移動したりしていました。サポートがなくて時間があるとできることだけれど、晴れたり写真を撮りに出かけたりして、なかなかできないことができたのも工事のおかげでした。いろいろなことが繋がり合って世の中が動いているのですね。少しずつ気温が上がっていきそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:08| PhotoDiary

バラ色の朝の光

garden28.jpg日射しが嬉しい朝の庭。その光の中にたくさんのピンクのバラの花が綺麗に浮かび上がっていました。庭のセンターに位置するつるバラも最盛期。昨日友人と行った旧イギリス領事館のローズガーデンには敵いませんが、その変化も同時に眺められるのですから愛着が湧きます。友人の庭の中央にあるバラもたくさんの蕾をつけていて、去年はそれが秋口まで咲いていましたから、これからの季節の庭の主人公になりますね。夏至からちょうど1週間。函館の気温はなかなか夏に至る気温にはなっていません。今日も最高気温が20度前後で最低気温が13度。夜中に出かけるとしたら寒さを感じるほど。北海道でも暑くなる旭川でも最高24度だそうですから、北海道全体が夏への入り口で足踏みをしているようです。6月もあと3日。週末が近づくと24・25度前後と気温も上がってきそうですから、寒暖差に気をつけながら過ごして夏がやってくるのを待ちたいですね。心はいつも温かくしながら、今日もいい日になりますように!
写真は昨日の旧イギリス領事館のローズガーデン。昨夜、ブログを書いて送ったと思っていたのが、途中で用事ができて中断をしたままで送れず、今朝は昨夜と合わせて2度目です。青と白の旧領事館の建物と噴水を挟んでバラの花が咲き乱れる庭は今が見頃。今週・来週の晴れた日には何度でも足を運びたいですね。そういえば、横浜の自宅の広い庭でバラを育てている人が函館に来て、ここの写真を何枚も撮っていたのを思い出しました。いつも綺麗な庭ですが、ここまでにするには手入れをしている人がいるからですね。ありがとうございました。
posted by Kan at 08:39| PhotoDiary

日射しに輝くローズガーデン

rosegarden27.jpg気温はそんなに上がらなかった函館ですが、気持ちがポカポカする温かな1日になりました。昼前、友人に朝もぎのエンドウとイチゴを持っていき、ランチはカニで有名な函館亭でと出かけました。店から友人の誕生のプレゼントとして大きな茹でたタラバガニの足が出て、それとランチメニューを食べてお腹も十分満足。コーヒーと一緒に出て来たのが誕生ケーキ。小さなロウソクを消して美味しくいただきました。それから立待岬経由で函館八幡宮へ。お祭りに使う神輿の倉庫が開いていて、観覧自由になっていたので、改めてゆっくりと見ることができました。この重そうな神輿を、神社の急階段を担いで登ってくるのですから、力と気合が必要ですね。時間が静かにゆっくりと流れるような境内を出て、旧イギリス領事館へバラを眺めに。八幡坂の近くに車を停め、そこから歩いてると、高校の修学旅行らしい人たちや、小学校の宿泊研修らしい子ども達が数名のグループに分かれて元町探索をしていました。車で周るのと違って歩いていると様々なものが目に入ってきていいものです。旧イギリス領事館に入ると、日射しを浴びた様々な色のバラの花が迎えてくれました。ちょうど最盛期のようで見事なバラ色が広がっています。友人もカメラを持ってくるのを残念がり、この角度でとお気に入りの画角で1枚。色もそうですが、つるバラが周囲を囲み、バラのトンネルもあるバラづくしの庭の構成も見事でした。元町公園もバラが花盛り。元町は7月前後が一番花が美しい時期かも知れませんが、日射しに照らされる美しいものはたくさんあります。夕方近く、空の雲が厚くなり風も冷たくなって来ましたが、友人と周った時間はいつもポカポカ時間。なかなか気温が上がらない日が続いていますが元気いっぱいになりました。平年よりも低そうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:12| PhotoDiary