2017年11月05日

3連休の終わりに

bansyuu.jpg今日は気温が上がらず曇りの1日だった函館。3連休の最終日も行楽日和とはいかなかったようですが、産業道路の混み具合は函館ナンバー以外の旅行者の車も多く目立ちました。初めて見るような相模ナンバーなど、道外からも長期計画で旅行しているのでしょうか?そういえば今日年の11月末に、私も高校からの仲間3人と京都の紅葉を観に行ったものです。残念ながら雨に煙る京都でしたが、それも風情がありました。天気や寒さなども旅の思い出になりますが、それでも爽やかな季節を感じられる晴れた天気がいいですね。(^^)この時期は晴れると鮮やかに照らし出される紅葉やナナカマドの実と青空の対比は秋!と、気持ちを風景で表してくれます。今日も香雪園に行こうと思ったのですが、夕方は駐車場がびっしりということで諦めました。近くに住んでいると明日にしようと次の機会もありますが、一番のお勧めの函館山からの夜景もロープウェイの点検が今週いっぱいまで続いているようで、バス・タクシーで行くしかありません。徐々に広がって見えてくるロープウェイからの景色はあと少しですね。3連休後の暖かくなりそうな明日も元気でいい日になりますように!
写真は秋の夜の光景。ベイエリアの旧函館郵便局の明治館は真っ赤になったツタが広がって秋の着物をまとっています。10年ほど前に撮った写真と比べると、このツタが建物の壁を埋め尽くしているのがよくわかります。元町のカトリック元町教会の見える脇道のフェンスには大根が干されていました。昔は各家の前にたくさんの大根が干してあり、漬物などにしていた原風景。ここ数日の寒さは美味しいものにしてくれるでしょうか?
posted by Kan at 19:10| PhotoDiary

晩秋の朝の函館

oonuma.jpg昨日と同じような寒さに包まれている函館。玄関の室温計もギリギリ10度を指していました。もちろん起きてすぐにしたことは暖房のスイッチを入れること。タイマーでオンオフするには少し早すぎると思うので手動でしていますが、これからも同じような朝が続くと、起きて暖かいリビングに入る心地よさを求めたくなってきます。(^^)横津連峰の方を見ると、薄い灰色の雲が広がって、その奥に見えた山並みには白いものがあったようです。高いところでは雪になっていたのですね。函館市内の紅葉も見上げるよりも足元の方が増えてきて、そろそろ終わりを迎えています。10日ほど前に出かけた八郎沼や大沼の紅葉はきっと落葉しているかも知れません。しばらく行っていない香雪園のモミジフェスタもあと1週間。駆け足で進んでいるような秋も、今日の大学駅伝のようにタスキを外して冬のランナーへ手渡しを始める頃ですね。(^^)灰色の雲が邪魔をしてなかなか太陽が顔を出せない朝ですが、晴れの予報を信じて今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:02| PhotoDiary

2017年11月04日

夕暮れのフライト

tatimati.jpg今日も様々な天気が入り混じった函館。気温も10度を超えなかったようです。午後から出かける時、お向かいさんが出ていて最近の寒さの話題になって、ストーブを微小にして点けたり消したりしながら過ごしているとのこと。今日のように日が射したり陰ったりするたびに操作するのもこの時期ならでは。本格的な寒さになると1日中暖めることになりますから、まだ少しは秋の名残りで暖かいのですね。灯油も使わず懐にも温かい?(^^)それから友人を空港まで見送りに行ってきましたが、この時期空の旅をする人が多いのか、空港駐車場の出発ロビー側はびっしりと停まっていました。空港内も賑やかで、自分もどこかへ旅行に行きたくなってしまう雰囲気。お土産を買ったりコーヒーを飲んだりしていると、出発時刻が近づいて出発ロビーへ。そこで別れて夕暮れの漁火通りを経由して立待岬の写真を撮りに向かいました。岬の近くに早くも煌々と海面を照らす漁火が2隻。その上を友人が乗った飛行機が光を点滅させながら雲の中へ入っていきました。日没も早くなって今日は4時30分を切って27分。淡い夕焼け色がしばらく照らしていましたが、元町へ向かう頃には青から黒へと変化していました。早い夕暮れの函館は、夜景が綺麗な時期。海側山側から見る市街地も、すっかり夜の光に満ちていました。遠くから来ていた本州ナンバーは明日も旅を続けるのでしょうが、3連休も明日まで。友人からの移動中のメールで、途中からディズニーランドの帰り客がドッと乗り込んで来たとありましたが、明日は連休休養日の人も少なくないかも知れません。(^^)寒暖差が大きくなって来ていますから、暖かくしながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:53| PhotoDiary

晩秋の色彩に

aki.jpg3連休中日の今日の朝は雨上がりの晴れ。早朝の気温は5・6度と一桁が続いていて、寝起きの部屋も14・15度になって、暖房のスイッチを入れてしまう毎日になってきています。確かに秋から冬へ向かっているのを感じる寒さです。庭で大きく丸く集まって咲いているジャーマンガーデンマムの花も、冷たい雨に打たれて花びらがしおれたようになって、そろそろ終わりのような気がします。ピンクのつるバラも花数が数個になって、10個ほどある蕾も寒さで震えているようでもう花を咲かせるのは難しいようです。草花は春・夏・秋それぞれの季節に咲くようにできているようですが、2度咲で花をつけているラベンダーも、この寒さに驚いているのでは?(^^)最近の元町・ベイエリアで一番目立つのは赤色の木々。ナナカマドやツタの葉が真っ赤な秋を彩っています。毎年ツタが増えている明治館も全体が真っ赤になって秋の終わりを示しているよう。今日の道内では道央を中心に雪景色のところもありそうな天気予報。少しずつ冬への準備をしていく11月初め。まずは自身の体を冬モードに慣らしていくことからですね。(^^)晴れたり曇ったりの晩秋の今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:16| PhotoDiary

2017年11月03日

変化する天気の中で

akikoma.jpgあんなに気持ちのいい空だった朝も、12時になるとあっという間に暗くなり、暑い灰色も雲が覆ってきました。そして3時前後には小雨になるなど、今日は朝から夜まで様々な天気を味わうことに。これで雪が降ったらパーフェクトでしたね。それは望みませんが。(^^)午前中はお向かいさんの花壇や駐車場づくりの仕上げで朝から忙しそうな音が聞こえていました。コンクリートでできている側溝を切る電動ノコは、相方が水をかけながら激しい音を立てて切っていき、ゴトンと重そうな音を立てて地面に落ちていきます。「うるさくてすみません。」と挨拶する監督さん。ちょっとした一言が騒音ではなくなりますね。(^^)その作業に負けないように、先日友人から第2弾のチューリップの球根を分けてもらったので、それを植える場所をつくって10個土の中へ。前回のものと合わせて来年はチューリップガーデンになりそうな庭を想像してワクワクしながら作業を終えました。それからしばらくして小雨も降っていたので、やっぱり素早く決断したのが良かったようです。「思い立ったが吉日」ですね。(^^)連休初日の函館にはいつも以上に札幌・旭川・室蘭などの管外ナンバーが見られました。夜中も雨が降ったり止んだりするようですが、明日は各地で雪予報。函館も一桁気温ですから、峠なども気をつけたいですね。秋の終わりは冬の始まり。寒さに気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 18:48| PhotoDiary

文化の日の朝

kst.jpg昨日の天気予報では今日はずっと曇りでしたが、朝起きて見ると窓の外が明るくなっていました。カーテンを開けると水色の空に淡いレースのような雲が浮かんでいました。こんな予報の外れは嬉しいですね。(^^)出かける人の多い3連休のスタートの日ですから、今朝のこの天気で「よし!」と気合を入れて喜んだ人たちもいたことでしょう。新築のお向かいさんの家では庭と駐車場づくりで朝から忙しそうに重機などが動いています。当然のことですが3連休だからといって全ての人が休みというわけではありませんね。こうして頑張っている人たちがいるから、当たり前の生活ができるのですね。勤労感謝の日は3週間後ですが、文化の日と合わせて感謝!(^^)庭のバラの花も蕾が固いまま終わってしまうものもあり、咲いている花数もかなり減ってきたのは冬間近を感じさせます。今年も庭の草花の写真を何枚も撮りましたが、フィルムを使わないデジカメは便利。これが普及する前はカラーフィルムを買ってきてカメラ本体に入れシャッターを押す。まだどんな写真に仕上がっているかわかりませんから、写真屋さんへフィルムを出して現像・プリントをしてもらって初めて目にできます。学生時代は白黒フィルムを使って暗室で現像・引き延ばしをしていましたが、どんな風に写っているのかワクワクしながら現像液の中でユラユラ揺らしていたのを思い出しました。今日は1940年に小西六が国産初のカラーフィルムを発表した日。白黒だけではなく、カラーフィルムも過去のものになっているのでしょうね。3連休の日射しの中、笑顔がいっぱいの写真が撮れるといいですね。今日もいい日になりますように!
写真は昨日の早朝の香雪園風景。紅葉が遊歩道を埋め尽くす園内は、これはこれで見事でした。冬の準備の薦被りで松などの守りも大丈夫。あとは大きな枝の雪つりが終わると、香雪園の冬の準備は出来上がり。それまではあと1週間ほどのモミジフェスタで晩秋を楽しみたいですね。
posted by Kan at 09:51| PhotoDiary

2017年11月02日

秋色の夕焼け空

tower.jpgやはり暖かな日は気持ちがいいもの。車の外気温は久しぶりに20度を超え22度を指していました。その数字が物語るように窓を開けて走るのも冷たくはなく気持ちのいいものでした。実際の今日の函館は15度前後だったようですが、太陽の光が道路や車を照らすと、まだまだ元気な熱気が伝わってきます。今朝の日の出前は肌寒かったはずなのに、そんなことはすっかり忘れてセーターだけでも大丈夫。この秋晴れの天気が明日からの連休に続くといいのですが、土日は全道的に冷える予報で、道央では早速雪だるまマークが顔を見せていました。昼過ぎの小樽の姉からのLINEには、来週にはタイヤ交換をするらしいです。これから半年間、また重くなるタイヤをつけて凍結する道路をこわごわ走る季節になるのは毎年のことですが憂鬱になります。(^^)でも考えて見ると、雪の降らない地方の車は365日夏タイヤをはき続けているわけですから、タイヤの溝が減ってくるのも早い?北海道は夏・冬タイヤが半々ほどですから、長持ちして経済的かも?そう考えて過ごすとタイヤ交換もエコですね。(^^)ベタッと路面に重なって張り付いていた落ち葉もカサカサと少し動き出したり、イチョウ並木の黄色くなった葉が風もないのにヒラヒラと落ちてきたり、秋も急ぎ足になってきているようです。文化の日の明日は曇りのようですが、休みの人も仕事の人も体調に気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 18:26| PhotoDiary

朝焼けの時間に

yoake.jpg今朝は思ったよりも早く目が覚めて窓の外は真っ暗。昨夜は11時頃に眠ったので、いつもの睡眠時間で目が覚めたのですね。時計を見ると5時30分。スマホで今朝の函館の日の出時刻を確認すると6時10分。今から用意をしたら間に合うかな?と、しばし考え寒い中に起き出して行動開始。夜明け前の産業道路を走る車はほどんど見られなかったけれど、信号だけは律儀に動いていて、赤信号・黄色信号で誰もこない道で待つこともありました。最初に根崎の海へ行きましたが、冬の日の出位置とは違って、まだまだ海の方から昇ってはきませんでした。そこで数枚撮って香雪園方面へ移動中に日の出時刻になりました。山の稜線からオレンジ色が鮮やかになってきて朝が始まり、周囲も明るくなってきました。カメラを持って早朝の園内に入ると、すでに犬の散歩をしている人が何人もいました。犬も飼い主も寝起きがいいのですね。(^^)紅葉はかなり落ちていて、昨夜の雨で濡れて重なっていました。カサカサ・・・という音の方を見上げると、久しぶりにエゾリスを発見。このリスも朝日を眺めているように西の空をじっと眺めていました。鳥もリスも早起きですね。家を出てから帰ってくるまで1時間弱。このわずかな時間に変化する朝の光と光景を見れたのはラッキー。5度前後という寒さを忘れて楽しんできました。この頃、朝はコーヒーのみで済ませていたのですが、今朝はお腹が空いてパンも食べました。これが自然ですね。(^^)穏やかな1日になりそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:28| PhotoDiary

2017年11月01日

11月、雨で始まる函館で

rainyday.jpg今日は午後から晴れの予報でしたが、ほぼ雨が降る1日でした。2時前、3時頃には一時日が射しましたがすぐに雨。小学校の下校時刻と重なった頃にはポツポツと弱くなっていましたが、傘を手に持ちながら濡れたイチョウの絨毯を飛び石のようにピョンピョン跳ねながら帰る姿がありました。その姿もポカポカ暖かそうな冬モード。中には上下ジャージ姿の子もいましたが、寒そうにポケットに手を入れていました。やせ我慢は風邪の元ですね。(^^)今日から年賀状の販売が開始したとのニュース。もうそんな時期なのですね。毎年のように年賀状の印刷トラブルで出かけていますが、今年は無事に仕上がりますように。用事を済ませた帰り道、まだ4時にもなっていないのに厚い雨雲のせいか、ヘッドライトをつけなければと思う暗さになっていました。まだまだ日没は5時前のはず?と思いながらも早めに点灯しましたが、家に着いてから調べると、今日の日没は4時32分。函館山からの夜景も早く見れるのはいいですが、まだロープウェイの点検整備が終わるのは後少し。山頂展望台に行くと冷たい風が待っていそうですが、寒くなる季節は夜景もキラキラ輝いて綺麗になる季節。あったかくしながら散策するといいですね。(^^)明日の晴れ予想を信じて、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 17:38| PhotoDiary

霜月の始まる朝

akibrd.jpg今日から11月が始まりました。晩秋になり紅葉が落ちてきて、テレビなどで各地の寒さや雪情報が流れてくると、近づく寒く長い冬にちょっぴり寂しくもなりますが、それ以上に冬の季節が嬉しいこともあります。そのスタートの月である11月。霜月と呼ばれ、霜が降る月ですが北海道はすでに霜を超えて山だけではなく先日は吹雪になったところもありましたから、今年の冬は早そうな気もします。私自身はまだ駒ケ岳や横津連峰の雪を目にしただけで、肌で感じているわけではないので、そうした冬の使者に触れたいような、まだまだ後でいいような感じです。3ヶ月予報では気温は平年並みか高めで雨・雪が多そう。穏やかな月になるといいですね。(^^)今朝は細かい雨が降る朝。8時過ぎから重機の音がしてきてお向かいさんの駐車場の舗装をする準備。8時30分頃にチャイムが鳴り、工事で迷惑をかけますと責任者の挨拶がありました。夕方までかかるそうですが、小雨が降っても大丈夫?と思ってしまいました。この冷たい雨で庭の花もションボリ。午後から晴れて気温も15・6度まで上がるそうですが、今日は電話がなければのんびりしようかなという空模様のようです。「スィート・ノーベンバー」という映画もありましたから、久しぶりに見てみようかな?11月もいい毎日になりますように!
posted by Kan at 09:34| PhotoDiary

2017年10月31日

晩秋風景

mirai.jpg今日は気温が上がらない1日でしたが、いい日になりました。昼頃から久しぶりに友人とのランチ。最近体調があまり良くないと聞いていたので食べられるかな?と思っていたらペロリと美味しそうな顔を見せて完食しました。その様子に嬉しくなってしまいました。食欲があれば病気も怪我も早く良くなりますね。(^^)それから蔦屋で行われるピアノコンサートのプレイベントを観に行って来ました。大型のプロジェクターに映し出されるピアニストの指先やオーケストラの人々の顔。聴いたことのない曲でしたが、クラシック演奏中に出てくる笑顔に私もついニコッと。生で聴くとこんなに大きくは見れませんけれど、直に聴くと感動も違うのでしょうね。終わって画面に向かって拍手をしていました。(^^)イベントホールでは目が大きくて可愛いけれど、ちょっぴり怖いブライスドールという人形がたくさん並べられていました。1体1体手作りの人形は魂がこもっているようで、夜に一人では会いたくないかも?本以外にも様々な体験ができる本屋さんがあるっていいですね。(^^)帰りに笹流ダム公園に寄りましたが、すっかり紅葉も消えて担当の人が落ち葉を集めてブルーシートで山を作っていました。函館の紅葉の秋もそろそろ終盤。産業道路を変えるときも京都ナンバーの車が車線間をフラフラしていましたが、きっと函館に来て迷っていたのでしょうね。旅行者が多い函館のドライバーは、こうした人たちに優しい運転がいいですね。暖かくなりそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:58| PhotoDiary

冷たい風の朝

mgarden.jpg昨日は午後から道央を中心にして強い北風が看板を倒したり樹木の枝を折ったりする被害が出ていました。これも台風から変化した温帯低気圧が発達した爆弾低気圧の影響のようです。それが雨から雪へ変わっていき、ニュースで見た旭川の映像では吹雪状態でした。まだギリギリ10月だというのに吹雪?と思いましたが、10日ほど前の道南の山々の冠雪を思い出して、もう冬が目の前なんだと改めて感じました。昨夕、チラチラと雪が舞ったと放送していた今朝の函館山はどうかな?と窓から眺めてみると、函館山も横津連峰も薄い霧にかすんだようになっていましたが、山頂は白くはなっていなかったようです。我が家の庭の花たちも冷たい風に揺れながらも綺麗な色を見せてくれて、まだ目を楽しませてくれています。この花たちが咲いている間は、この庭に冬は来ないことを。(^^)薄い雲が日射しを強くしたり弱くしたりする今日も、予想最高気温が10度前後の冷たい風が道南に吹き続けるようですが、明日からは少しホッとできるようになりそうですから、今日は暖かくして風邪をひかないようにしたいですね。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:08| PhotoDiary

2017年10月30日

舞い上がる落ち葉の中の秋

daisanzaka.jpg今朝の日射しも冷たい北風に運ばれてきた雲で、曇りや雨になった函館。気温も夕暮れ前に4度台まで下がり、函館山にもヒラヒラと白い雪が舞ったそう。関東でも木枯らし1号が発表され、冷たい風が日本に広がっていきそうです。もう少し気温が上がると思っていたのですが、友人が上がらないと話していた通りになりました。明日まではギリギリ10度前後までしか上がらないようですが、水曜日は18度まで上がってホッと一息つけそうです。出かけた2時過ぎには下校途中の子ども達の姿。駆け足で通り過ぎる子を追いかけるようにカサカサと勢いよく舞い上がる落ち葉。秋もそろそろ終わりそう。函館のFMラジオではタイヤ交換の話題があり、40分待ちほどになっているとありました。まだ10月末ですから、あと1ヶ月は大丈夫でしょうが、こう寒いと冬が近づいていると感じてしまいます。家に帰ってきてすぐにすることが暖房のスイッチを入れること。暖まってくると靴下やセーターを脱いでアイスを食べるのですから寒いのか暑いのか分かりませんね。(^^)こうした寒暖差で風邪をひきやすかったり体調を崩す人も増えてきそうですから、十分に気をつけて寒い季節を乗り切れるようにしたいですね。寒い明日も元気でいい日になりますように!
写真は元町の秋模様。大三坂を登っていくと美味しい蕎麦屋さん、パン屋さんがあり、その両側には真っ赤になったナナカマドの並木。そこを登っていくと見えてくる赤い屋根のカトリック元町教会。そして、この壁を彩る真っ赤になったツタ。散歩をしていた大型の犬も坂道でしゃがんで秋色を楽しんでいるように眺めていました。(^^)函館でも一番早く日が隠れる地区の元町。その秋も終わりに近づいています。
posted by Kan at 18:28| PhotoDiary

風の強い晴れの朝

hati2.jpg昨夜のニュースや天気予報では北上する台風情報で、台風が消えた後も北風が強くなると言っていましたが、カーテンを開けると庭の草花の葉がゆらゆらと揺れていたり時折強く揺さぶられていましたが、思ったほどではありませんでした。それよりも台風一過の晴れのような青空が綺麗な朝。浮かぶ雲の動きは早くて上空の風の激しさを物語っていました。その北風が運んできたのか、今日の最高気温は真夜中の13度で、時間とともに少しずつ下がっていっているようです。この北風が一気に冬への道をつくっていくのかも知れません。函館の近くの紅葉も最盛期を過ぎてきて、紅葉の絨毯や風に飛ばされたイチョウの黄色い敷物が目立っています。見る側は綺麗だなぁとか秋も終わりかなぁなどと思いながら眺めているだけですが、店の前などは気になるのか、大きな袋を用意して綺麗にしています。ホウキで掃いた後からヒラヒラと落ちてくるイチョウの葉。なんだかコメディみたいな感じでした。(^^)イチョウといえば金森倉庫のところや旧イギリス領事館の入り口にあるのが私のお気に入り。前回行った時にはまだ緑色でしたが、今頃は黄色い葉が見事かも知れません。今週は10月から11月へと橋渡しの1週間。香雪園のモミジフェスタも後2週間。深まっている秋もそろそろフィナーレを迎えて冬へとバトンタッチしそうですが、残り少ない函館の秋を楽しみたいですね。心をいっぱい満たして、寒さに打ち勝つパワーを蓄えるためにも。(^^)寒いけれど晴れでスタートした今週も、いい毎日になりますように!
posted by Kan at 09:39| PhotoDiary

2017年10月29日

オータムパーク

autumnpark.jpg午後から雨予報だった函館は、暗くなり始めた頃からポツポツと降り始めた久しぶりの雨になりました。この時期の庭の土は気温が低く太陽の光も弱いせいか、乾燥していないのでそんなに水分を必要としていないのでしょうが、それでも植物たちはホッとしているでしょうね。(^^)今日は昼過ぎから姉からの発注が入っていたので、必要なものを買いに五稜郭公園裏の六花亭に出かけてきました。その駐車場に入ろうとすると車がビッシリで、待機している車もいたので、後で行く予定だった図書館の駐車場に停めて歩いて向かいました。桜の紅葉を楽しみながら公園内の堀沿いを歩いていると、ジョギングをしている人が何人もいました。季節に関係なく走っている人もいるのですね。六花亭に着くと先ほどの車はどこへ行ったのか、ここの駐車場は3・4台の空きがありました。タイミングの差でした。(^^)頼まれたものと美味しそうなものを買ってレジに出すとその横に月1回の限定品のコマーシャルが。美味しそうだったので、それも予約してしまいました。減量中ですが食欲の秋、これを食べてからですね。(^^)図書館へ戻ると、ここも満車状態。読書週間だから?読書の秋でもありますね。堀の周囲もすっかり秋模様。今降っている雨でまた一段階空きが進みそうです。「コートの腕を組み 辺りを歩く恋人たち 今日の日をありがとう 或る午後の 或る Autumn Park 今日の日を心にいつまでも」と歌う松任谷由実のオータムパークの最後の歌詞。カップルが何組も歩いていた今日の公園にもぴったりでした。日々を大切に過ごしたいですね。(^^)この雨も夜中には上がりそうです。新しい1週間も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 18:23| PhotoDiary

晴れのち曇り、のち雨?

2goume.jpg明るかった朝も徐々に雲が増えてきて、今は日射しが消えた曇り空になっている函館。午後から深夜にかけては雨になる予報。そういえば、しばらく雨が降っていませんから、秋の草花にはいい雨になるかも知れません。夜中の気温も10度前後とそれほど下がらなさそうなので、峠のように雪になったり凍結することはないので安心ですね。台風22号は日本の東側に影響を与えながら北東に移動中。長野・東北などのリンゴ農家に影響を与えたコースにならないようですが、海上やこれからのコースには注意が必要。雪の報道がある中の台風もピンとこないのは、季節外れだからですね。気象については長年の経験通りにはいかないことが増えているようです。「クモの巣に朝露がかかっていると晴れ」「カエルが鳴くと雨」「鐘の音が遠くまで聞こえると雨」などの観天望気も、自然が消えてきている都市部ではカエルもツバメもなかなか目にしないでしょうから役に立たなくなってきているかも知れません。昔はよく聞こえていた鐘の音も「騒音だ」と周囲から苦情が出てやめたところもあったという時代。人との距離が密だった頃の「お互い様」というわけにはいかないこともあるようです。「夕虹は晴れ」という言い伝えもあるようですから、そんな天気になってほしいですね。(^^)穏やかな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:23| PhotoDiary

2017年10月28日

函館公園の秋色

hakopk.jpg今日も1日いい天気だった函館。気温も15・6度と平年並みだったようですが、低い気温に慣れてきたせいか、今日のように日射しがあると暖かく感じました。朝の情報番組の映画コーナーでランクに入っていた映画が、上映もそろそろ終わりになってきたので、昼から観に行ってきました。3Dの映画でしたが、この方式の出始めは話の筋よりもどれだけ飛び出ているかということに重きを置いていたような気がします。最近の3D映画は、その場にいるようなリアルな感覚がストーリーの中に自然に入り込めるような気がしました。アトラクションなどでも3D映像と動作でその場にいるような感覚のものがあるようですが、まさにその中に身を置いて実体験するのですね。映画が終わってもまだ日没まで時間があったので、函館山2号目からの景色を撮ったり、久しぶりの函館公園へ行ってきました。最初は登山口の駐車場に車を置いて歩いていこうと思いましたが、さすが秋。午後の時間でもびっしりと車が停められていて、1台の隙間も有りませんでした。仕方なく車で2号目まで(ラッキー?(^^))。横津連峰の雪もすっかり消えて、その峰の上には夏雲のような立派な雲が。山肌の色は茶色に染まり、元町の教会通りも晩秋の色。写真を撮っている間にも何台も車が止まったり徐行して、ここからの眺めを楽しんでいました。Uターンをして函館公園の中に入ると、親子連れの姿や親子とおばあさんの3代で紅葉を楽しんでいる人が多く見られました。ここは函館山の影になって3時30分にもなるとすっかり影になってしまいます。公園職員が落ち葉を何袋分も集めていました。この紅葉が終わる頃、霜が降りてきたり雪になったりして公園も遊園地も静かな場所になっていきますが、まだあと少し秋を楽しみたいですね。(^^)久しぶりの曇りマークの明日の日曜日、ゆっくり休んでエネルギーを蓄えられる、いい日になりますように!
posted by Kan at 21:29| PhotoDiary

深まっていく秋

hati3.jpg今日で5日めの日射しの朝。雨や雪が続くと悲しくなってきますが、こうした朝は何日続いても嬉しいものですね。それでも雨も雪も季節・地方によって必要なものですから、それらがバランスよく繰り返されるといいようです。(^^)台風が沖縄に接近中とは思えない秋晴れの函館も、朝の気温に晩秋を感じます。最低気温が1桁になるのは当たり前で、来週は2度!?平地でこの気温は夜中に水たまりが凍るところもありそうな気がします。初氷の日の登校日、いつも通う道に氷が張っているとパリン!と割れる音を聞きたくて、わざと氷に足を踏み入れて割って歩く姿をよく見ましたが、最近は舗装路面がほとんどですから難しくなりました。それでも子ども達は遊びの名人。いろんな脇道に入って氷割りを楽しんで、割れた氷を手袋をつけた手で持ってくることもありました。そんな初氷・初霜・初雪を手に触れるのもあと少し?下旬とはいえ、まだまだ10月ですからもう少し秋の季節を楽しみたいですね。(^^)今日の植物画カレンダーは秋色の「エゾノギシギシ」の葉。夏に花をつけていた草花も、この時期は実を拡散させる頃。先日小沼の散策路を歩いて戻ってきたら、ジーパンの
裾にトゲトゲのオナモミの実がいくつも付いていました。知らないうちに秋も深まっている函館。知らないうちに風邪を引いてしまうこともあるかも知れません。体調に気をつけながら、秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:13| PhotoDiary

2017年10月27日

秋の日射し広がる函館

ringo.jpg函館は今日で4日間晴れが続いています。まさに秋晴れを満喫ですね。(^^)現在沖縄方面に接近中の台風も、北海道へ近づく前に太平洋へと消えていくようです。現在道南では赤や青のリンゴがたくさん実っています。七飯町は北海道のリンゴ発祥の地ということで、いくつもリンゴ畑があり、どれも大きく太陽の光にキラキラ輝いていました。旧道には直売所がいくつも並び、スーパーなどで買うよりも新鮮で安く美味しいものが手に入ります。リンゴ農家の人がいるところもありますが、無人の店では袋に入ったリンゴやキノコなどが一袋200円などで売られています。こうして無人でもちゃんと料金箱にお金を入れていくのも日本人のいいところ。元町にも無人の販売所があったのですが、最近その姿を見れなくなったのは観光客のせいでしょうか?こうした心も一緒にお土産に持ち帰って世界へと広がっていくといいですね。(^^)夕方には綺麗な夕焼け。秋に相応しい秋色の優しい夕焼けでした。こうした時間帯にポツポツと光が増えてくる市街地の夜景を函館山から眺めると一層綺麗でしょうね。家へ帰る途中、自転車で帰宅する高校生の首にはマフラーが巻かれていました。ゆっくりと秋から冬へと移り変わっていくこの時期、寂しさと美しさが重なり合って時間が流れていきますね。明日も晴れ予報ですから、5日連続になりそうです。ちょっぴり暖かさが増しそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:25| PhotoDiary

秋の読書週間始まる

takuboku.jpgブルっと震える寒い朝の函館。7時過ぎに起きて玄関の温度計を見ると10度!屋内でこの気温でしたから、庭に出てみるとヒンヤリ冷たい空気に囲まれてしまいました。チュンチュンチュン!と元気よく鳴きながら飛び立つスズメたち。冬のスズメは羽毛がたっぷり膨らんで暖かそうですが、この時期は寒くはないでしょうか?冬が近づくと、あまり早く起きると寒さの洗礼が待っていますね。(^^)毎年文化の日を挟んだ今日から来月9日までの2週間は秋の読書週間。市立図書館や学校の図書館などでは、この時期に様々な企画を考えて読書意欲を高めてくれているようです。先日も友人と五稜郭公園裏の図書館へ行ったとき、ガラスケースの中に石川啄木の原稿が展示されていました。1枚目を読むと興味が湧いてきて、2枚目に進み3枚目へといこうとすると、その先は場所的な関係からか2枚目の下に重ねられていて読めませんでした。これを本にしたものもあり、その本の紹介もされていましたが生原稿の持つパワーなのでしょうか、啄木を身近に感じることができました。本は借りてきませんでしたが、改めて啄木の文章に引き込まれている自分がいることが嬉しかったです。(^^)読書週間を機会に新しい本と出合えるといいですね。ちょっと寒い秋晴れの今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:02| PhotoDiary