2022年09月11日

9月の秋風

meigetu.jpg1日の中で昼と朝夜の気温差が大きくなってきているのを感じます。昨夜は「中秋の名月」函館の南の夜空にも、くっきりと明るく照らす満月が見えました。この時期を過ぎると、スッとしていたススキの穂もフワッと広がり、ススキらしくなってきます。昼の気温も8月とは違って、乾いたサラッとした空気に蒸し暑さは感じません。昼前に出かけた金森倉庫周辺には秋の観光シーズンを楽しんでいる多くの人が歩いていました。駐車場に停まっている車のナンバーも道内各地はもちろん、本州のものも多く見られました。滋賀ナンバーや青森ナンバーなど各地からフェリーなどを利用して道内をドライブしているのでしょうか?羨ましいですね。(^^)コロナを気にしながらも旅行をしたい人たちにとって、密にならない移動手段として車を利用している人も少なくないようです。大小のキャンピングカーも数台見ましたが、宿泊も移動も大丈夫でしょうが、無理しないスケジュールで安全に帰路についてほしいですね。移動手段というより観光で人力車を利用する人も多く見られました。健脚自慢の若い車夫に引かれながら名所のガイドをしてくれるのですから、お年寄りにもいいと思うのですが、若い女性の利用が多いように思いました。函館の街路樹に多く見られるナナカマドも、先週より一段と赤い実が目立ってきたり、明治館のツタの緑が赤く変わってきたりと、涼しい風とともに静かに秋が深まってきているようです。明後日の函館の最低気温は16度!そろそろ掛け布団も秋冬用にする頃でしょうか。寒暖差に体が乱されないように準備したいですね。明日からの1週間もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:46| PhotoDiary

2022年09月07日

夕焼けが輝きを増す頃

yuugure.jpg今日は晴れの函館。昨夕は台風11号が残した影響で、少し風が強い夜になりました。窓を少し開けていると、生暖かい風が吹き込んできて閉めると蒸し暑くなって調節が難しい夜になりました。それでもしっかりと眠れましたが。(^^)午前中に友人から電話がきて、庭のアサガオの鉢が倒れたり、外の椅子が倒れて危うく車にぶつかりそうになったそうです。同じ市内でも風の通り道で影響が違うものですね。今回の台風も、地域によって道路が冠水したり、街路樹が倒されたり、農作物に被害が出たようです。例年9月に台風が一番やってくるということですから、なんとか回避してほしいものです。今日は夕方5時過ぎに夕陽を撮ろうと函館山の麓に出かけてきました。ティーショップ夕陽の屋外に設置してあるベンチには二人が夕焼けタイムを味わおうとしていたり、緑の島では家族連れがスマホで夕景を撮りながら帰る姿。中のグランドでは薄暗くなってきた中でフリスビーを楽しむ親子など、夕暮れ時を味わったり惜しむ姿がありました。綺麗な夕日が見られるかなぁと、午後6時を切った日没時刻前に待っていたら、あと少しのところで雲に隠れてしまいました。自然は思うようにならないところも魅力ですね。(^^)島内の街灯もオレンジ色の明かりを灯し、シルエットになった函館山の手前で存在感を見せていました。爽やかな秋晴れ予報の明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:09| PhotoDiary

2022年09月04日

函館ドライブ

hakonyuu.jpgesan.jpg9月に入ってからは、晴れの日でも日射しが優しくなってきたようです。そんな晴れた今日は久しぶりにドライブに行ってきました。自宅からすぐの高速に乗り函館空港方向へ向かい、空港手前の交差点で左折して、まずは函館牛乳工場へ。ここの草原には毎年大量のヒマワリなどを育てていたのですが、今年はアヤメの仲間の花が多数植えられていました。その手前には子牛や乳牛の餌やり体験。バケツに入った干し草をあげようとする3・4歳ほどの子どもが牛に近づき干し草を分け与えようとすると、パクッと全部持っていかれて親は大笑い。子どもはこうなるはずでは・・・という顔をしていました。(^^)そこから亀尾方面に進むと見慣れない黒壁のおしゃれな建物が目に入りました。「五稜乃蔵」という日本酒の酒蔵だそうで、今年初出荷したそう。お酒には縁がないのでわかりませんが、評判になるといいですね。川汲公園を過ぎて噴火湾沿いの南茅部に出ました。左に曲がると駒ケ岳方面で函館を離れるので右方面へ。「恵山」という文字が出てきたので、恵山灯台や向かいの恵風というホテルの近くの公園で小休止。この道を下っていくと「水無温泉」という露天風呂につながります。海水を混ぜてちょうどいい温度になるので、潮の干満によって入れるタイミングがあるそうです。行っているときにもバイク旅の人などが向かって行きましたから、結構有名なのでしゅか?Uターンをして今度は海沿いの道を走りました。燃費は22Kmを超えていました。滝を眺めたりしながら市街地へと戻ってきました。紅葉にはまだまだですが、23度前後の湿度の低い空気は気持ちよかったです。それにしても函館は広くなったものです。気温が上がりそうな明日からの1週間もいい毎日が続きますように!
posted by Kan at 22:22| PhotoDiary

2022年09月01日

今日から夜長月の9月

autumm.jpgaki91.jpg今日から9月。函館の最高気温は26度を超えたようですが、日が沈み出す6時を過ぎると急に風が涼しく感じてきます。我が家のカレンダーも青い海の8月から紅葉が始まりだした山の写真の9月になりました。長かった今年の夏もそろそろ終わりのようですが、まだ30度近い残暑の日があるようです。それでも眠る頃には20度前後ですから、一番過ごしやすい頃かもしれません。この1日の寒暖差が大きくなると、秋の代名詞的な紅葉も鮮やかに染まってきます。今日、金森倉庫周辺や元町など10Km弱を歩いてきましたが、汗をかくこともなく気持ちのいい爽やかさ。湿度の高かった8月の空気とは違うようです。見上げる空の雲も秋の空。空気も澄んできたようで、遠くの駒ケ岳もくっきりと見えました。この遠足日和に、青森の方から小学生の修学旅行の子ども達が大きなお土産袋を下げて、時計を見ながらあと何分で集合など、グループごとに班長さんが伝えていました。明治館前に停まっていた観光バスに乗るようです。そういえば、あちこちに観光バスを見かけるのも久しぶり。観光バスガイドさんも、ようやく仕事ができますね。急イギリス領事館に行くと、バラの庭に抜ける通路には、クリのイガがたくさん落ちていました。元町公園の通りのナナカマドには赤い実がなっていたのも秋。旧暦「長月」という言葉は夜が長い月、夜長月からきたと言われています。秋の夜長を泣き通す虫達は、今夜も賑やかに鳴いています。(^^)さらに爽やかな晴れになりそうな明日も、秋を感じながらいい日になりますように!
posted by Kan at 23:22| PhotoDiary

2022年08月30日

8月もあと1日

bay2.jpg日増しに秋の様相を見せる函館の空気。今朝も爽やかな空気の中、寝相がよかったベッドから起きてヒンヤリ。もう、いつ秋ですと言われてもおかしくない涼しさです。日中の車の車外温度は23度で、ちょうどいい気温。今日は友人とお昼を食べてから友人の庭の片付けを手伝ってきました。正面にはピンクのバラが咲き、その前には色とりどりのマツバボタンとアスターが並んで、壁にクレマチスが咲いてと、夏から秋への変化を楽しめました。裏にある庭の菊も蕾をつけていて、9月の声とともに咲きそうな感じでした。畑コーナーにはきゅうり・エダマメ、トマトなどがあったのですが、収穫期を過ぎ片付けることに。今回は実を付けるまでにはならなかったカボチャは鶴を伸ばして頑張りましたが残念。他のものは結構収穫して食べたのことですからいい畑ですね。(^^)全て片付けるまではいかなかったですが、次回は土を起こしてお礼肥をして土をゆっくりと休ませます。最後にフェンス沿いに除草剤を撒いて、市で草刈りしていただいた場所を綺麗に維持できるようにしました。今日、友人に「ありがとう!」と突然言われて驚きましたが「ありがとう!」は魔法の言葉。笑顔とともに嬉しい気持ちにさせてくれます。こちらも「ありがとう!」(^^)今朝もお向かいの2歳のチビちゃんがママと一緒にミニトマトを収穫していましたが、一つ採ってはハイ!と見せてくれるのですが、緑のトマトで渋い顔を見せるとポイと捨てて次の実を採って見せます。そのニコニコ顔がたまりません。(^^)無邪気な気持ちで向き合えると幸せですね。明日は8月最後の31日。いろんなことがあった夏に感謝しながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 20:52| PhotoDiary

2022年08月28日

秋があちこち隠れんぼ

bay826.jpg夜の寝苦しさがなくなって数日。逆に最低気温が20度を大きく切って寒さを感じるほど。アレクサ調べで今日の最低気温は16度ということです。(^^)曇りと晴れを繰り返している今日は、まさに秋を感じる爽やかな風が吹いています。昨日などは冷えていた朝に短パンは似合わないというか、寒そうだったのでジーンズにしたほど。(^^)旅行や登山には最適な時期になってきています。コロコロと旅行バッグを引きながら函館観光に来ている人たちの格好も、上に羽織っている姿が増えてきています。熱帯夜が続いていた東京もようやく落ち着いてきて、最低気温も20度ちょっとになってきたようです。今年の日本の夏は6月から始まっていましたから、まさに熱帯地域のような高音とゲリラ雷雨が繰り返していました。ようやくホッとして屋外も楽しめそうですね。コロナの規制がない3年ぶりの夏ということで、各地の観光客も増えて旅行者や宿泊関係・飲食店などは喜んでいたことでしょう。その反面、海辺のゴミが大量に散乱していたり、片付けを忘れる人たちが少なくなかったようです。これも後遺症?函館の金森倉庫や明治館などがあるベイエリアも真夏の人出は落ち着いてきましたが、それでもラッキーピエロやハセガワストアなどは店の外まで並んでいることが少なくありませんでした。私もしばらく遠出をしていないので、秋のニセコや洞爺湖などへドライブ旅行に行きたいなぁと思っています。出遅れたキアゲハが庭をヒラヒラ飛んでいきました。8月最後の日曜日の今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 13:16| PhotoDiary

2022年08月24日

秋の気配の香雪園

kousetu824.jpg今朝は湿度が低く全国の天気予報でも函館の湿度30数%とあったほど。さらっとしていたら、多少気温が高くても汗を書くことがなく心地いいものです。そんな気持ち良さに誘われて、香雪園に行ってきました。昼前だったのに、相変わらず駐車場には何台もの車が並んでいました。Dfのカメラを持って散策していると温室の手前にブルーシートがかけられていました。作業していた人に聞くと、先日の大雨で土手が崩れたということでした。そこを過ぎると単眼鏡をのぞいている人がいたので挨拶をすると、昨日その友人から教えてもらったというカワセミを探しているとのこと。カワセミは大沼でしか知らなかったので興味深く聞いていました。別れてから園丁に向かうとトンボが何匹も飛んでいて、赤とんぼからオニヤンマまで水辺を探して産卵場所を探しているような感じでした。今日の空にはとても高く感じ、そこにうろこ雲のような羊雲のような綺麗な雲が並んでいました。こうした空や雲も秋を感じます。「天高く馬肥ゆる秋」の始まりのような1日でした。戻る途中に先ほどの人が待っていて、コリスがいて撮ったので見てくださいと、わざわざ待ってくれていたようでした。単眼鏡型のデジカメを覗かせてもらうと、垣根を上手に渡っている可愛らしいリスの子どもが撮られていました。目的のカワセミを見つけることはできなかったようですが、とても楽しそうでした。緑の中に入ると気持ちも優しくなりますね。(^^)紅葉時期は10月中過ぎ辺りで、その始まりのように赤い葉を見つけました。今日で夏休みが終わり明日から始まり、夜は冷えるほどに気温が下がってくる8月下旬。虫の鳴き声も練習を重ねて大編成になってきて賑やか。こうして少しずつ季節が変化して行くのですね。寒暖差に気をつけながら、あしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 23:32| PhotoDiary

2022年08月22日

明日は処暑

Hakodate.jpg暑い日でも風が吹くと過ごしやすくなるこの頃。夜になって涼しい風に乗って聞こえてくる虫の音もソロから合唱へと変化してきています。向かいのチビちゃんの小学校初めての夏休みも24日まで。今日は30日かけてできるようになったんだ!と自信満々に教えてくれたのは縄跳び。前回し30回、後ろ回し2回と7月からグンと上達していました。継続は力ですね。自由研究も終わっているそうで、新幹線基地見学のレポート。私の時には始業式の前日に慌てて終えていないものを仕上げていたものですから立派ですね。(^^)友人なども毎日つける日記を忘れて「この日の天気はどうだった?」とおじいちゃんに聞いていたそうです。(^^)今日はコスモスを抜いたものや雑草などと2階の片付けたゴミを処分場に持って行きました。幸いなことに車は並んでいなくて直ぐに入れましたが、終わった車の列がズラッと並んでいました。やはり月曜日は多いですね。それから天気が良かったので前回満車で泊まれなかった函館山山頂へ向かいました。ロープウェーが15分間隔で動いていて、止まっていた車の割りには旅行者が多かったです。何度も見ていますが、天気や四季によって変化する光景は飽きることがありません。来月になると徐々に向かいに見える横津連峰が秋の色を広げていったり。満足して登山道を下りながらお昼は何を食べようかな?と電車通りまで着いて、小池のカレーにしました。変わらぬ美味しさですね。(^^)帰り道の五稜郭タワー周辺にも旅行者らしい人がいましたが、暑さも峠を越すという「処暑」を過ぎるとひと段落でしょうか。数年ぶりの規制がない旅行ができた人たちも涼しさに喜んだか寒い!と言ってコートをきて歩いたか。(^^)季節の変わり目に気をつけながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:43| PhotoDiary

2022年08月20日

大沼公園の夏休み

Ohnumapk.jpg晴れ・雨と交互に続いているような天気の函館。昨日は気持ちのいい晴れだったので、今日は雨です。(^^)庭に咲く白いキキョウの花も、うつむいたようになっていたり、蕾は袋に包まれて雨が止むのを待っているような感じです。塀の方に移したアサガオは雨でも咲いていましたが、いつもよりも早めにしおれているよう。暑さに参っている地方の人は想像できないでしょうが、函館の昨日の最低気温は19度!サラサラの羽毛布団を少し厚めの羽毛に取り替えても行儀よく眠れました。(^^)もちろん、クーラーの出番はなくなり、夜も窓を開けると網戸からクーラー並みの冷風が入ってきて閉めてしまうほど。そんな天候不順な道南ですが、晴れた昨日は東京の仲間と久しぶりに会える予定だったのが都合で残念ながらキャンセル。一人で夏休み最後の週末の大沼公園へ行ってきました。観光バスはありませんでしたが、JR公園駅で振り子列車の特急北斗から降りる客が結構いました。ブラリと園内に歩いて行くと、入り口のソフトクリーム屋さんの人が割引券を配っていて「ソフト食べたーい!」という子どもの声にニヤリ。(^^)ここ数年のコロナ禍で、撤退して更地になっていた食堂もありました。様々な人の人生を狂わせているコロナ。1日も早く収まってほしいですね。園内の散策路を一つ決めて歩いてきましたが、毎年氷を切り取る場所の階段の段差が大きくて一気にエネルギーを取られて汗が吹き出てきました。それからキャンプ場を歩くと、まだたくさんのテントが張られて楽しんでいる様子。ターフの中で読書という生活もいいですね。仕上げは駒ケ岳の麓にあるチャプリン館という温めの温泉でのんびりしていると、のぼせてしまいました。ナナカマドの葉の一部が赤みを帯びてきていて、秋もそろそろ。短い函館の夏も終わり、初秋を迎えるのも遠くないでしょうね。予報では晴れそうな明日の夏の日も、い日になりますように!
posted by Kan at 14:48| PhotoDiary

2022年08月18日

雨が多い今年の夏

sasanagare.jpg今朝は曇り空の中、9時過ぎから庭の向かいの新築工事が始まりました。ミニシャベルローダーが区画内に土台部分の穴を掘り、土砂をダンプに入れていきます。こちらも負けじと昨日から庭の歩く部分にレンガを敷き詰めていた仕上げをしていると、ポツポツと雨が降ってきました。我が身は防塵防水性能はありませんので撤退。(^^)でも、仕上げの土留めのブロックを入れたので、土が流れていかず大雨が降っても大丈夫。昨日の青空が気持ちよかった日に、久しぶりに笹流ダム公園に行ってきました。公園には亀田川にかかる小さな橋があるのですが、その下にはゴーッという音とともに、川幅を広げ濁った水が激しく流れていました。川沿いの車を止められる場所にも溢れた水が流れていたので、最近よくニュース映像で見る川が氾濫して田畑や家が被害に遭うようなところは、想像を超えるものなのでしょうね。園内では子供会か何かの集まりで小学校の子ども達が虫取りをしていました。「ジージージー・・・」と至る所から聞こえてくるセミを獲ろうとしているようで、木に止まっていたセミも危険を感じてあちこち飛び回っていました。そっと陰に隠れているようなセミも「教えないでね」とかくれんぼをしているようでした。セミの寿命は羽化してから1週間ほどと言われていますが、周期セミの仲間は13年とか17年周期で大発生するということですから昆虫界は謎だらけ。人間界はもっと?(^^)雨が似合うアジサイも枯れたものが多くなってきています。涼しい今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:04| PhotoDiary