2018年05月16日

薄曇りの朝

bay5.jpg昨日の夕暮れ頃には函館に濃霧注意報が出たり、この暖かさが温度差を生んで霧が発生しているのでしょうか?どんよりとした今朝も、気温はそんなに下がっていないようで、半袖で起きて暖房スイッチを入れなくても大丈夫でした。ちょっぴり寂しいですが。(^^)元禄2年3月27日、現在の暦ですと5月16日は「旅の日」だそうです。これは松尾芭蕉が奥の細道へ旅だった日を記念して制定されたようですが、当時の旅は命がけだったことでしょう。いまでは新幹線で数時間という距離ですが、当時は足だけが頼り。それだけに初めて見る景色に一層感動したのではと思います。訪れた松島では美しさに感動するあまり句を詠めず、門人の河合曾良が「松島や 鶴に身をかれ ほととぎす」と詠んだそうです。ハッとするような美しさは、景色だけではなく人の佇まいに感じることもありますね。ゆっくり歩きながら巡るのは、いまは贅沢なことかも知れません。そう言えば昨日の大型客船も飛行機ならすぐ着けますが、その移動中のゆったりとした時間も旅の味なのですね。七五三で詠む俳句の世界も無限の旅を続けてくれるような気がしてきました。(^^)今日から八王子の姉が函館に徒歩ではなく飛行機でやってきます。(^^)暖かくなりそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:34| PhotoDiary

2018年05月15日

春本番

spring.jpg今日は愛車の車検が終わって、久しぶりにぶらりドライブをしてきました。今まで代車を利用していましたが、高い視野に慣れていたり、車から足を下ろすと勢い良く地面を蹴る感じになり、ああそうだったと、何度も痛い目に合いました。(^^)ブレーキパッドなどを交換したため時間がかかりましたが、これでまた安心して道内を遠乗りできます。今度は今の車ではまだ行っていない道東方面へ行ってみたい気がしました。学生の頃に撮った知床の夕焼けは白黒フィルムで撮りましたが、目の中にその美しい夕焼け色が浮かんできます。今度はデジカメで撮るとどうなるかも試して見たいですね。(^^)晴れて気温も上がった今日はベイエリアから元町方面をグルっと周ってきました。その途中で大型客船が港埠頭に入港しているというラジオがかかったので、行ってきました。全長290m!というイタリア船籍のコスタ・セレーナを近くで眺めると、船首から船尾まで同時に視界には入りません。端から走っても途中で息切れしそうな長さです。次々に観光から戻ってくるバスから降りてくる人々。一度はこんな船で旅をしてみたいものです。(^^)函館山の麓では突然の風に、山桜の花吹雪。登山仲間の間を通り抜けて「きれい!」という声が聞こえてきました。自然の変化を感じる春。寒かったけれど、その春がようやくやってきました。晴れそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:57| PhotoDiary

2018年05月14日

雫が光る庭

turip14.jpgなかなか気温も上がらず、今朝の景色も雨上がり。その雲の切れ間から少しずつ日射しのほころびが見えてきた頃、庭のチューリップなどに付いていた丸く可愛らしい水玉を撮ってきました。プリティウーマンという品種のフリフリの花びらについた小さな雫。すっと背の高くスマートなバレリーナ。その花びらが開いてきた周辺にも細かな水滴がついていました。しばらく撮っていると、日射しが花びらに当たりキラキラ。本やテレビもない時代、こうした自然がつくり出す美しさに感動していたのではと思ってしまいます。小さな庭が雨上がりの雫で、あっという間に過去に遡るタイムマシン?(^^)10分間くらいの朝の庭でしたが、今日は何かいいことがありそうです。今日の誕生花は「オダマキ」だそうですが、庭に広げてきたオダマキの葉の上には、いくつもの蕾がついてきました。このオダマキも仲間をどんどん増やして、庭の奥を飾ってくれています。球根を移したと思っていたクマガイソウも、毎年春になるといつもの場所に顔を出します。この花が咲き始めると、この庭にも暖かな春がやってきたなぁと感じます。(^^)明るい春の日射しを浴びながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:55| PhotoDiary

2018年05月13日

春雨の1日

bayarea5.jpg今日は朝からポツポツと雨が降る日でした。この雨は、子ども達からの母の日のお礼のメッセージに喜ぶ嬉し涙のように温かかったです。(^^)函館の人は多少の雨では傘をささないと言われているようですが、五稜郭タワーに向かってくる観光客も、そんなに傘をさす姿を見ませんでした。バス駐車場には何台ものバスが停まっていましたから、今日の天気で屋外の観光予定も慌ただしかったかも知れません。行き交う車のナンバーも、足立、旭川、札幌、札幌と続き、連休が終わった後にも函館ナンバー以外の車が走っていました。交差点の立て看板には5月20日にある五稜郭祭りの交通規制のお知らせが書かれていて、もうそんな時期になったんだと、寒さ続きでつい忘れていました。それでも、明日からは20度前後の日が続きそうですから、ようやく外で楽しめるようになるかも知れません。6月に入ると行われる小学校の運動会の練習も、そろそろ始まるのでしょうか。そのためにも晴れの日が続くといいですね。不安定な天気で体調が整わない人も、ゆっくり休みながら、あしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 19:39| PhotoDiary

2018年05月12日

温もりの風の朝

turip.jpg明るくなった朝の日射しに目を覚まし、窓を開けると庭に射し込んでいる光に、チューリップなどの花にスポットライトが当たるようにキラキラと輝いていました。様々な色と形が光を浴びてとても綺麗でした。今日の日の出時刻は4時20分。6月21日の夏至まで待たないうちに、もう日の出の海の写真を撮ろうという気持ちは失せてしまいました。(^^)日中でも涼しすぎる風を感じていた函館にも、ようやくホワッとする柔らかい空気に包まれて来たようです。この週末は、この風に当たるだけでも春を体感できて、屋外に出る価値がありそう。眩しそうに光る庭の花たちの赤や黄色、紫、青の色や、つるバラの緑の葉が、ようやくやってきた温もりを喜んでいるようでした。庭のフェンスに伸びているクレマチスも花の蕾が離陸を開始した気球のように伸びてきて、その縁にうっすらと花色を見せていました。やっぱり朝は日射しの晴れがいいですね。明日は雨の予報が出ていますから、この日射しを浴びながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:49| PhotoDiary

2018年05月11日

長い1週間の終わりに

trapis.jpg連休が明けた今週も今日で終わり、ホッと一息ついた人も多かったのではないでしょうか?先週まで続いていた連休と、今週の長い毎日。カレンダーをみると、今月、来月はもう連休はないのですね。こうした平日にも旅行者・観光客が多いのは、観光都市にとっては嬉しいですね。昨夕出港した大型客船の方々も寒い函館を印象付けたかもしれませんが、晴れ間に見えた函館山からの景色や、とても混雑していたという金森倉庫の通りの雰囲気などを味わえたことでしょう。昨日湯川に行った途中に立ち寄ったトラピスチヌ修道院にも観光客が桜と建物をじっくりと眺めていました。ここの桜は五稜郭公園などよりも遅くまで咲いていて、少しは花見気分も味わえたのではないでしょうか?まだまだいつもの春の温もりではありませんが、少しずつ上がって来ている気温は明日あたりから平年並みになってくるようです。暖かな週末は、山側の桜を開かせ、遅い花見を楽しむ人たちを喜ばせることでしょう。季節を感じながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:36| PhotoDiary

2018年05月10日

寒さもあと少し

kousetuen.jpg毎日寒空が続く函館の港に、二つの大型客船が同時寄港していると、車で移動中の放送で知り、函館山や港埠頭や西埠頭へ行ってみようかなと思いましたが、運転している車が今朝車検で持って行った代車であることから諦めました。以前乗っていた車種と同じなのですが、車検から戻ってくる来週初めまではおとなしくですね。(^^)それでというわけではありませんが、しばらく行っていなかった香雪園の春模様を観に出かけてきました。エゾリスに出会えるかもと思って、久しぶりに望遠レンズをつけたカメラを持って歩きましたが、これで筋トレができますね。(^^)残念ながら随所で作業をしていた音がしていたからか、エゾリスの姿を見ることはできませんでしたが、しばらく観ない間にカタクリの花も桜も終わりを迎えていました。やっぱり旬に出合うというのは難しいものです。それでも八重桜やモクレンのピンクが綺麗で、来てよかったと思いました。園内を散策していた人の服装もまだまだ冬の終わりの格好。帰りに五稜郭公園を通ったときの大型客船できている北欧の人々も暖かそうな格好でした。その土地・国のベストな自然と出合えるのも運次第。何度も来てもらえる街でありたいですね。週末に向けて暖かくなるあしたもいい日になりますように!
posted by Kan at 22:13| PhotoDiary

2018年05月09日

連休後の花冷え

goryoS.jpg昨日・今日と最高気温が10度という曇り空で、我が家の暖房もまだまだ活躍中。(^^)庭の咲きかかっていたチューリップも、途中まで開いてじっとしています。その中を細かな風が吹いてくると、ブルブル震えているように感じました。小学校もそろそろ運動会の準備が始まるのでしょうが、グランドでの授業もまだ寒そう。今週末からは平年並みになりそうですから、そこまで風邪をひかないようにしながら我慢ですね。青空が少し見えてきた昨日は五稜郭公演の桜の様子を撮ってきました。久しぶりに公園の内堀を一周して桜を眺めてきましたが、いつもの外側からの景色と逆になっているので新鮮でした。(^^)堀に浮かぶ桜の花びらを撮りたかったのですが、時期が過ぎてしまったようで、1・2年前のような大きな花筏は観られませんでした。それでも裏門のあたりに集まっていた小さな鯉の集団がポツリポツリと浮かんでいた花びらの下を泳いでいる姿を見て、春の遠足にでもきているのかな?と思ったりしていました。これからはフジやツツジの季節。我が家のツツジも開き始め、季節は少しずつ進んでいるのを感じますが、気温がシンクロしていないのが残念ですね。5月の寒さに気をつけながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 11:16| PhotoDiary

2018年05月08日

春の花に囲まれて

hana.jpg目を覚ますと昨日の天気が嘘のような曇り空。気温も下がっているようで、予想最高気温も10度。函館はまだまだいつもの春ではないようです。そんな中、久しぶりに晴れた昨日は、友人と花を眺めに行ってきました。場所は木古内町サラキ岬のチューリップフェアと、近くにあるというシバザクラの庭。いつもの高速道路を使わずに海岸道路を走るのも久しぶり。引き潮で浅くなった潮溜まりに青空と白い雲が映り込み、遠くに函館山が見える光景も綺麗でした。学生時代に臨海実習をして海の生物のスケッチを何枚も描いた旧校舎はどこだったかな?と思い浮かべながら話をしているうちにチューリップ色と幕末の帆船が見えてきました。車を停めて園内に入ると広い場所にカラフルなチューリップがあふれていました。様々な名前のついているチューリップ。我が家の庭にもある品種も咲いていて親しみが持てました。(^^)一番のお気に入りはプリティウーマンという品種。1600年代のオランダでは球根一つで職人の年収の10倍以上という、チューリップバブルがあったそうです。このプリティウーマンの花を見ていると、それ以上かもと思いました。(^^)それから木古内駅方向に向かうと札苅村上芝桜園というところに着きました。友人は去年も見たということですが、7年かけて個人でこれほどまでに広げたことに驚きとともに、情熱・愛情を感じました。育てている村上さんともお話しでき「ここから見るといいよ。」とか、浜言葉で色々と説明していただきましたが、友人は半分以上わからなかったと残念がっていました。道南の春も今が盛り。暖かな日射しと春の風の中で、ゆっくりと味わいたいですね。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:52| PhotoDiary

2018年05月07日

日射しで始まる月曜日

gdn.jpg今朝は目覚めると窓の外に明るい庭がありました。曇りや雨が続いていた連休後半だったのに、この天気が1・2日前にあると喜んだ人も多かったのではと同情しながらも嬉しく窓を開けました。ひんやりとはしましたが、柔らかな春の空気を感じ、半袖でも大丈夫でした。(^^)雨上がりの庭に当たる日射しは、草花を一層綺麗に見せてくれているようで、朝食前にマクロレンズをつけたカメラを持って何枚か撮ってきました。各種類のチューリップの蕾も、それぞれの色がわかってきて、ようやく開き始めました。その赤や黄色の花びらについていた雨粒も、コロコロ丸くてジュエリーで飾ったような気がしたり。(^^)花弁の内側についていた雨粒も、薄い花びらに色付きの影絵のように見えたり、雨上がりの日射しを楽しんでいました。たくさんの葉がついたクレマチスにも、花の蕾が起き上がってきて、もう少しで開きそうです。春の花のスズランも、葉の中から粒々の花の蕾が日ごとに伸びてきています。連休が終わってようやく我が家の庭にも春の色に満ちてきています。畑コーナーには豆の芽も出てきて、これからが楽しみ。連休終わりの月曜日で子どもも大人も重い足取りで開始時刻に間に合うように出かけたことでしょう。春の日射しを浴びながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:07| PhotoDiary