2018年12月02日

光り輝く街へ

121b.jpg121a.jpg121c.jpg今朝は二度寝をしてしまい、8時過ぎに起きてしまいました。気持ちのいい二度寝も日曜日だからいいですね。(^^)明るく晴れ渡った朝、朝食後にいつものように散歩をしていると、それぞれの家の前にダンボールがおいてあり、回収日だったことに気づき、家のダンボールを集めて一まとめにして出しておきました。車も先日の中野ダム上流の大きな泥の水たまりをバシャバシャしていたので、よく見ると泥んこ状態。昨日の2倍という暖かさだったので久しぶりに家の前で洗車しました。水がかかってもそんなに冷たくなかったのは、12月としては異例かも?洗車が終わる頃に回収車がまわってきて、集めていきましたが、その人が風邪模様。風邪を引いても休めない人もいるようですが、寒暖差が引き金になったようですから十分に気をつけていきたいですね。昨日は函館のクリスマスファンタジーと市内のイルミネーションが始まる日。3時過ぎに元町のいつものところに車を停めて、ブラブラ写真を撮りながら金森倉庫へと向かいました。暗くなる4時過ぎになると、明治館の通り、二十間坂や八幡坂にイルミネーションが点灯しました。これを見ると冬だなぁと感じます。まだ暗い大きなクリスマスツリーの前にはすでに多くの人が点灯を今か今かと待っていました。点灯式が始まる6時前には、ステージ周辺は人が歩く隙間がないほど大勢が来ていてビックリ。そう言えば土曜日の夕方だったからなのでしょうね。カウントダウンとともに少しずつ点灯を始めたツリーの奥で花火が打ち上がり、今年のクリスマスファンタジーも幕を開けました。これから25日まで毎日点灯式があるようですが、晴れの日、雪の日、様々なドラマが待っていることでしょう。寒さをしのぐスープバーにも人が集まり、暖かそうなスープを飲んでホカホカしていました。(^^)去年よりも雪が少ないようですが、クリスマスの頃は白くなって欲しいですね。風邪を引かないように気をつけながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 12:49| PhotoDiary

2018年12月01日

師走スタート

snowday.jpg今日から12月。2018年もあと1ヶ月ですね。この時期になるといつも思うことですが、1年が経つのって本当に早いものです。年齢を重ねるごとに時間感覚が短縮していくのでしょうか?「ちょっと前のあれは?」とか言うのは、たいてい年単位のことが増えてくるような?(^^)この時期になると目にするもの。クリスマスデコレーションの品々。スーパーの店先などで早くも売られている正月飾り。テレビでは福袋の予約など、季節行事が交錯して店の装飾係も大変でしょうね。そんな様子を見て早すぎると思いながらも季節を感じるのは、一歩も二歩も先をいく、こうした光景が当たり前になって来ているからなのでしょう。慣れとは「日常」なのかも知れませんね。年賀状も受付開始が15日で、25日までに出すと元旦に届けられるようです。作成や印刷のサポートで年賀状を仕上げた人も、早く出してしまうと年内に届いてしまうかも?年賀状の発行枚数が年々減少しているようで、メールやSNSで「あけおめ!」などと短縮形で伝える人も少なくないようです。それでもちゃんと1年の始まりを祝う気持ちがそうさせるのでしょうね。1年のはじめに平成最後と名のつく正月ですね。(^^)天気は昨日今日と寒いようですが、来週はまた10度以上でスタートしそう。今日から始まるクリスマスファンタジーも、この週末は寒いけれど雪がないイベントになりそうです。21回目ということで二十歳を過ぎた函館の冬の行事を楽しみたいですね。暖かくしながら今日もいい日になりますように!
写真は昨日の雪が降った日。朝は少し積もっていた市内の雪も、街中ではほとんど消えていましたが、香雪園や上の方の畑では、融けかかった雪と下地の色が微妙に組み合わさったデザインを描いていました。こうしたことを何度か繰り返して雪景色になっていくのですね。
posted by Kan at 08:58| PhotoDiary

2018年11月30日

11月から12月へ

snowtime.jpg寒い今朝のカーテンを開けると、庭には薄っすらと雪が積もって白い世界に変わっていました。玄関前の車もガラス部分も白い色になり静かな時間。もう少し積もるかなと覚悟をしていたので、これなら日が射すと消えていきそうな雪と思っていたのですが、予報では最高気温が1度!真冬日一歩手前なのですね。大きな波のある最近の天気変化は、来週火曜日は16度まで上がるそうですから、根雪まではまだまだ。道北道央など真冬日で10cm以上も積もったところは、そのまま春まで残る根雪になりそう。昨日のお昼を友人と一緒に食べていたら、窓の外は雪景色。それでも店を出る頃には止んで雪も消えていました。そんな雪がチラチラ降ったり止んだりしていた日中、雪写真を狙って中野ダム方面に向かって行くと、断熱効果のありそうなススキの穂が白くなっていましたが、周囲の雪は意外なほど消えていました。車の外気温系は2度。今シーズン初めて凍結路注意マークが点いていました。思ったような景色ではなかったですが、空から降ってくる牡丹雪の様子がわかるでしょうか?去年の今頃撮った笹流ダムの雪景色やクリスマスツリーのような景色はまだ先のよう。明日から始まる函館の光のイベントは白い世界でしょうか?1ヶ月予報では12月の北海道は平年よりやや・・・と平年並のようですから、去年のような大雪にはならないようですが、いよいよ雪と寒さの季節が始まります。大変とか辛いことばかりではない冬。景色が一変したり、冬の記憶が蘇ってくる12月。寒暖差へ体調管理をしながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:26| PhotoDiary

2018年11月29日

冬を感じた朝

xmasF.jpg今朝はいつもよりも早く目が覚めてしまいました。いつもよりも寒さを感じ、ベッドの中で丸くなっていて、暖房タイマーがつく6時30分過ぎに起き出したら、ベッドの毛布が体にかかっていなくて寒かったようです。本格的な冬に向けて寝相を改良しなかれば。(^^)それでも実際に玄関の温度計は10度を切り、6時ころはマイナス1度まで下がったようです。今日は道央・道北を中心に雪模様のようで、函館も午後から雪になりそうです。昨日の下校時の子ども達の様子も、モコモコ暖かそうな格好で、綿毛が飛んでいるようにピョンピョン跳ねながら楽しそうに歩いていました。いよいよ子ども達や犬が喜ぶ雪の季節になるのでしょうか?私も喜び半分?白い世界を写真に撮ったり、この季節ならではの記憶を味わったりできる季節。それでも去年のような大雪は大変でしたから、今年はほどほどに願いたいですね。金森倉庫の壁を登っているサンタクロースも、あと2日で主人公になれるクリスマスファンタジーが始まります。坂道のイルミネーションも点灯する時期。毎年冬の坂道を撮りに行くと滑りそうになりますから用心をしなくては。全国的に暖かく、冬になるのが遅い今年ですが、少しずつでも冬に向かっていますから、足元や着るものなどで寒さから身を守りながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 07:47| PhotoDiary

2018年11月28日

クリスマス近づくベイエリア

kanamori4.jpg「春眠暁を覚えず」と言う言葉がぴったりするような昨日今日の朝の函館。マイナス気温を経験したあとの10度前後というのは、本当にポカポカ。冬物を扱う店にとっては、もっと寒くなって!と思っているのかも知れませんが、たまにはこんな冬の始まりもいいですね。(^^)でも、依然として週末天気予報ではマイナス気温と雪だるまが表示されていて、本当?と思ってしまうほどですが、週末に雪が降るとクリスマスファンタジーにぴったり。昨日もベイエリアへ出かけてきましたが、通りを飾るツリーデコレーションや可愛い家、教会の建物など、いつものクリスマスファンタジーの出番を待っていたであろう飾り物を取り付ける準備をしていました。車を緑の島に駐めた時にはまだ明るさが残っていたのですが、歩いていると徐々に街灯が灯ってきて、あっという間に夜になりました。日の入りが4時10分頃ですから、夜も長くなってきています。暗くなってからも寒くなかったのは、友人からのプレゼントのジャンパーを着ていたからかも知れません。金森倉庫前の舗装の改良工事は12月中頃まで続くそう。昨日の歩数は5000歩ちょっと。先日京都を歩いた仲間は、20000歩超え、大阪の仲間も函館に来ると1日に50000歩ほど歩くそうですから、今度は自宅から金森倉庫まで歩かないと・・・!?(^^)歩くと気持ちがいいし、車では見逃してしまう景色にも出会えていいものです。朝ほど気温が高い今日は、これから徐々に下がって来るようです。寒暖差に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真は昨日のベイエリア。スマホで撮ったので、少し傾いたものもありますがご愛嬌で。(^^)最近のスマホは暗さにも強くなってきているので、カメラを構えている人は本当に少なくなりました。スマホを手に持ってカシャ!と撮り、SNSで送っているような人も少なくありません。リアルタイム命のようですが、じっくり景色や雰囲気を味わって、自分の中でも楽しんでもらいたいですね。(^^)
posted by Kan at 11:20| PhotoDiary

2018年11月27日

三寒四温???

snowday.jpg昨日とは違うポカポカするような朝の暖かさが心地よく、なかなかベッドから抜け出ることができないままダラダラとした朝。夜中に降ったらしい雨の名残の水滴が庭を濡らし、雲が切れて青空から顔を出した太陽の陽射しを受けて、葉が落ちたブドウの蔓についた丸い粒をキラキラと輝かせていました。三寒四温は冬から春へと向かう時の言葉ですが、1週間をこんな周期で寒暖が繰り返されているような感じです。今週末にかけて最低気温がマイナスになったり雪予報ですが、来週になると再び13・14度になる予報。今年は暖かさが日本全体を覆って冬将軍の勢力から守っているのかも?(^^)先日50cmを超える雪が積もった道央の積雪も、昨日でほとんど積雪0になっている地域が多くなったようです。冬の心構えができているのに、こうした1ヶ月前に戻るような春の暖かさを感じると、寒さへの耐性も弱ってきてしまうような気もします。それでも冬は遅く始まり、早く春が来ると嬉しいですね。(^^)昨日は久しぶりに近所の百均に小物を片付ける容器を買いに行ったのですが、あれもこれもと買い物かご一杯になって、片付けるつもりが逆に物が増えていく事態になりました。片付けは難しいですね。(^^)青空が広がってきている今日も、元気でいい日になりますように!
写真は函館に雪が降った日。初雪が楽しくてしない各地を回ったときの写真。八幡坂で降る雪に霞む光景や、旧イギリス領事館のクリスマスツリー、函館漁港のイカ釣り船周辺の様子などを撮っていました。この雪もいまは消えていますが、これから嫌と言うほど見ることができますね。(^^)
posted by Kan at 10:01| PhotoDiary

2018年11月26日

12月へ向かう1週間

eikoku1004.jpg今朝はそんなに寒さを感じることはなく、体が寒さに慣れてきているんだなぁと思ったら、最低気温が2・3日前の最高気温だった5度前後だったようです。今日の最高気温も10度近くまで上がるようで、今日明日は寒さで縮こまっていた体も、少しホッとして気持ちとともに緩むかも?積雪風景から一転して雪が消えた庭には、再び土の色やナデシコ、マリーゴールドなどの花が再び顔を見せています。降っては消えを繰り返しながら冬へと向かって行くのですね。昨日はベタッとしていたガウラの花に支えをつけましたが、その様子を見に庭に出てみると、半袖では流石に寒くて口からも怪獣ガメラのように白い息を出していました。(^^)今日の植物画カレンダーには「バラの実」が描かれています。我が家のバラも蕾とともに10日以上も咲き続けている花があります。花のあとにできるのがバラの実、ローズヒップ。そういえば友人の庭のバラの枝には実がついていたような気がします。ハーブティーにするために栽培している人もいるようですが、実がなるのもいいものですね。今週末からは12月。早いもので、今年もあと1ヶ月と1週間足らず。雪や寒さに体を慣らす時期ですから、季節もゆっくりゆっくり進むといいですね。そんな今週もいい日になりますように!
写真は1ヶ月半ほど前のイギリス領事館の中庭。ぷっくりと膨らんだバラのつぼみやガクアジサイなども日を浴びて綺麗でしたが、雪が降った後には見ていないのでどんな雰囲気になっているのか、ちょっと気になりました。ここの庭は庭師さんが季節ごとに丁寧に手入れをしているので、バラも今頃はきっと雪囲いなどをしてもらって、冬の寒さなどから守られているのでしょうね。
posted by Kan at 08:16| PhotoDiary

2018年11月25日

冬のしるし

oonuma1124.jpg今朝は少しホッとするような気温。「凍れる」とか「息が凍る」というような寒さではなく、吐く息がフワーッと白くなる程度の函館。今期1番の寒気は去ったようですが、これからは寒さが当たり前になる時期。ホッとしたままではなく、寒さへの準備や心構えをしていかなくては。と思いながら朝のブラブラご近所散歩をしていたら、この2・3日の風と寒さで散った小さな紅葉が舗装路面に張り付いてモミジプリントのようでした。1本隣の家の車庫の上では厚いベニヤ板を何枚も広げていたので聞いてみると、2回の屋根から落ちる雪から守るためということでした。雪が降る前に守り、春になると外すそうですから、雪国では車庫の屋根の位置までも考えないと、その後も苦労するのですね。我が家の庭に戻ってくると、昨日までうっすら積もっていた雪もほとんど消えていました。冬の予行演習はひと段落ですね。(^^)昨日は昼前に駒ケ岳・大沼の雪景色を撮ろうと出かけましたが、走っても走っても雪は見えず、横津連峰に少し、仁山スキー場にちょっぴり。駒ケ岳は雪景色でしたが、雲に隠されていました。秋の初めに友人とパンを買いに寄ったエプイの噴水も止まって冬の装い。雲が切れるのを待ってアチコチ歩いていましたが、なかなか回復をしないので大沼だんごを買って帰りました。(^^)トントントントントッ!と何度も聞こえてきていたキツツキの音は "Japanese Pygmy Woodpecker" と呼ばれるコゲラのようでした。周辺には木くずと幹に大きな穴が少しできていましたから、冬の住処を作っていたのですね。人だけではなく自然の生物も遅い冬支度。暖かくしながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:14| PhotoDiary

2018年11月24日

冬の予行演習

motomachis.jpg2・3日前からの初雪目覚ましの影響か、寒いのに目覚ましをセットしなくても7時少し前に起きるようになっています。体内時計は律儀なのですね。(^^)いつもは10度くらいを指していた今朝の玄関の温度計は5度を指していました。それを見た途端、もう一度ベッドへ戻ろうと思いましたが、カーテンから漏れてくる日射しに負けてそのままリビングへ。部屋の中はタイマーをセットしてあるのでポカポカ。やはり30分早く点くようにして正解。今日の最高気温は4度ですが、明日からまた気温が上がってくるようで、火曜日にはちょっと季節も逆戻りするような14度。白くなっている函館の街も、またいつもの街の色に戻りそう。ちょうど今度の土曜日はクリスマスファンタジーが始まる12月。イルミネーションもキラキラ輝きだす月ですから、暖かくて雪が降るというのは難しそうですね。(^^)昨日は午後から元町周辺やベイエリアの雪景色を撮ってきました。降ったり止んだり、青空が出たりと忙しない天気でしたが、様々な表情を撮ることができました。外人墓地の近くのピンクの建物「ティーショップ夕日」も営業中でしたが、もうそろそろ春までのおやすみに入りそう。ここから見える海に出ている船も寒そう。イカ釣り漁船は函館港で静かに休んでいました。海からの風が結構強かったようで、集魚灯や元町の街灯などの片側には、まだ融けずに残っている雪がありました。ワクワクして街をまわった1日になりましたが、これから嫌でもこうした日が何ヶ月も続くのですね。家の前にも小さな雪だるまが置かれていたり、初雪は特別な雪ですね。大島のチビちゃんに雪写真を送ったら「いいなぁー!」(^^)冬将軍も一旦帰るようですが、冬道走行など冬の予行演習としてはちょうどよかったかも?寒さが続く今日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 08:35| PhotoDiary

2018年11月23日

雪紅葉の朝

yukimomiji2.jpg眠る前の天気予報では道内全体雪予報だったので、今朝は早起きをして写真を撮ろうと思っていました。小学生の遠足の朝のように目覚ましの前に目が覚め、カーテンを開けると青空と雪景色。これは出かけなくては!と思って、急いで朝食を食べて、ダウンコートを着て充電完了のカメラを持って車の中へ。雪の日はすぐには発車できないのです。車に積もった雪を払うのに、車庫を開けて雪ブラシを出して視界を確保。そうしているうちに青空が狭くなってきて、また雪が降ってきました。香雪園に着く頃には大雪になって、出しているカメラにもすぐに雪が付くほど。7時過ぎなのにカメラを持った人と何人もご挨拶。皆さん傘をさしたり、タオルに包んだりカバーを持ってきたり準備万全でした。私のカメラは撮る時以外はコートの中で一心同体です。(^^)落ち葉に積もる雪や残っている紅葉と降る雪のコラボなどを撮っていると、手が冷たくなって指が動かなくなりました。車の外気温系はマイナス1度だったので、やはり友人から頂いた冬のカメラ手袋を持ってくればよかった・・・。湯川や大森浜、五稜郭などを経由してくるつもりでしたが、ここで一旦帰ることに。香雪園の駐車場でレンタカーで来た旅行者がやってきて「ここは紅葉で有名なの?」近くの宿泊先から雪を見て早朝やってきたのですね。私と同じように雪にウキウキしているようでした。(^^)長い秋が続いていた函館で、冬への準備ができていませんでしたが、次回は完全防寒で何処へでも行けるように。車の運転や足元の雪に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:35| PhotoDiary