2017年08月02日

函館の夏祭り

maturi2.jpgmaturi4.jpg今日は午後から十字街から出発する「ワッショイはこだて」のパレードを観に行ってきました。3時半から始まると思って、それまで元町やベイエリアを撮ってから十字街へ向かっても始まる気配がありません。それで祭り関係者に聞くと、詳しく何時に何があり、その後何があって・・・と丁寧に教えてくれました。祭り準備の忙しい時なのに恐縮するほど時間をとってくれて嬉しかったです。やっぱり函館人は優しく親切ですね。(^^)時間は1時間勘違いをしていたようで、ちょっと休憩と近くのラッキーピエロに入ってアイスコーヒーを飲んで待つことに。初めて入った2階の席を見てビックリ!壁中に大小のサンタクロースがデコレーションされていました。店の外の飾りだけだと思っていたけれど、徹底して集めたのですね。中国からの観光客らしいグループがいて楽しそうに話をしたりスマホで写真を撮っていました。この店は一度行っておくべきですね。(^^)時間になって着物姿の踊りから始まり、子ども達のイカ踊り、サンバのようなグループなど、次々に過ぎていき、あっという間に1時間が過ぎていました。遠いところに車を停めたので、少し早めに戻りましたが、離れたところからも踊りの音楽が響いていました。時折、海からの風が強くなって涼しくなりましたが、通りを踊りながら通過する人たちの熱気で熱い時間を体験してきました。こうした夏祭り期間中でも、いつものように仕事をしている人たちがいるから生活が回っているのですね。そうした方々に感謝をしながら涼しそうな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:28| PhotoDiary

リフレッシュする朝の涼風

cosmos.jpgなんだか寒いなぁと思いながら目を覚ました早朝6時。いつもよりも早い時間に眠い目で見た窓の上の天窓をみると、網戸になったままで、そこから風が入って来ていたようです。もう少し低い気温だったら風邪をひいてしまうところでした。(^^)晴れた朝の日射しはすでに庭のバラやコスモスの花を照らしてキラキラと輝いていました。ここ数日は曇り空や雨上がりが多かったので、見上げる青空に白い雲ってやっぱりいいものです。今日の天気は曇りで25度という予報ですが、晴れていますから夏日をぐんと超えるかも知れません。函館の短い夏で港まつりの最中ですから、暑くなるのは自然ですね。今日は十字街から函館駅前通りまでパレードがある予定。去年の沿道には敷物や椅子を用意して楽しむ人や、その近くの店では臨時に冷やしきゅうりや焼き鳥などを出しているところもありました。大門のグリーンベルトには大勢の人で溢れかえっていて、信号を渡る人が青が点滅しても続く光景が見られました。その多くは中学高校生でしたから、こうした若者がその先にも函館で住み暮らせるような就職環境などに力を入れていくと、活気が戻ってくるような気もしました。家の前の新築現場も作業が始まり、楽しいお祭りの中でも仕事がある人たちがいます。朝の涼しい風でリフレッシュして今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:35| PhotoDiary

2017年08月01日

教え子と花火

hanabi17.jpg香港に住んでいる教え子から急に連絡があり、今日の夕方から会えることになりました。30年前の小学校2年生の時ですから四半世紀が過ぎての再会でしたが、そのままの面影と同じ声ですぐにわかりました。お母様と一緒に五島軒でコーヒー・紅茶を飲みながら、懐かしい話や近況などを話し合っていました。私の娘と同じ年齢で高校は同じでしたから、娘の写真を見せると「変わらないねー!」と会いたがっていました。お母様も今は函館を離れているので、今回のタイミングを逃すと、ずっと会えなかったかも知れませんから、やはりタイミングなのですね。2年生の時の集合写真の中の本人と比べると、ほとんど変わっていませんでした。(^^)香港が中国化していくことに不安を感じたり、その中でも言語を活かして日本語講師やガイドをしているそう。幼かった子どもが成長をして立派な大人になり、現在を頑張り夢を持ちながら未来へ向かう姿は本当に嬉しいものです。次回はパートナーと一緒に来れるといいですね。現状の香港を知ることができた以上に、こうした成長した姿に感動しました。明日の午前中に函館を発つそうです。駆け足の函館でしたが坂道に懐かしんだり、離れてみると再発見する街の良さもありますね。函館駅前で別れ、私は花火を撮りに元町公園で楽しんでいました。混雑する前にと、1時間弱で家に向かいましたが、FMイルカから聞こえてくる花火の解説と建物の隙間から顔を覗かせる光を眺めながら空いている道を帰って来ました。最高の時間をプレゼントしてくれた函館港祭り。明日からもいい日になりますように!
posted by Kan at 22:34| PhotoDiary

8月スタート!

fogcloud.jpg今朝も窓を開けると冷んやりとした風が入って来る曇り空の函館。今日から8月がスタートし函館港祭りが始まるのに、夏!!という点気にならないのが惜しいですね。昨日は東京で真夏日を越えたり、西日本では体温を超えるところもあったようですから、日本の北と南では随分と違い、北海道内でも道央と道南では違ってきています。だからこそ旅行で様々な自然を味わうことができるのですが、夏は暑いのがいいですね。(^^)これから各地で夏のイベントもピークを迎えることでしょう。弘前のねぷた祭りも今日からのようですから、青函の行き来も新幹線やフェリーで賑やかになりそうです。函館も今日は花火大会があったり、明日明後日は十字街や五稜郭の通りを大勢で踊り練り歩くパレードがあったり、グリーンベルトでは夏休み中の子ども達も喜ぶ出店がずらっと並びます。綿あめ・おでん・くじなど、懐かしいものがたくさん。先日行った大野町の八郎沼の店も、各地の祭りに出かけると言っていましたから、どこかで会うかも知れませんね。(^^)涼しい8月になりましたが、今月も元気でいい月になりますように!
posted by Kan at 09:17| PhotoDiary

2017年07月31日

雨上がりの涼しさ

gr15.jpg昨夜の天気予報の通りに夜中に雨があったようで、カーテンを開けた窓の外には雨上がりの雫をつけた景色がありました。チュンチュンチュンと鳴くスズメも朝の音ですね。8時を過ぎるとトントントンとお向かいの建築工事の音が聞こえてきますが、それもまだない静かな朝。昨日も庭の手入れをしていて、いたずら半分にポピーの枯れた先についている河童の頭のような部分を振ってみるとサササッと音がして、河童の皿の部分に隙間ができていました。傾けると細かな粒々が出てきて、手のひらに落とすと細かな黒いタネがたっぷりと出てきました。一粒で100ほどもあるでしょうか?ポピーの咲いた後にはそれぞれタネを作っていますから、来年はポピー畑?と嬉しくなってしまいました。(^^)園芸店に行くと「1年草」「多年草」と別れていますが、1年草でもこうして翌年のためにタネを作る仲間は、タスキをつなぐ駅伝のようにしっかりと伝えているのですね。このゴマよりも小さな一粒に、50cm以上にも育ったポピーの全てが入っているのですから、自然の匠の技はすごいですね。その今朝開いたポピーも静かな風に揺れています。新しい1週間のスタートは、7月最後の日。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:04| PhotoDiary

2017年07月30日

雲が降りてくる夕暮れ

fognight.jpg今日の函館は晴れたり曇ったりした涼しげな1日でしたが、夜になって急に蒸し蒸しとしてきました。夜中からは雨の予報ですから、雨の粒を蓄えているのかも知れませんね。夕方に出かけた時には函館山の半分が雲に隠れていました。今夜のロープウェー客も少なかったのではないでしょうか?市内では札幌・釧路・埼玉などの市外ナンバーをあちこちで見ましたから、今日の火を逃すと夜景が見られない人もいたことでしょう。連日のように濃霧注意報が出ている函館ですから、この時期は夜景を目にする人の方がラッキー?(^^)そんな夕暮れ、用事を済ませてからベイエリア方面の夕景を撮りに行ってきました。目の前に見える公会堂や摩周丸などはくっきりしていましたが、元町公園からちょっと離れた函館港や八幡坂からの港は霧に霞んでいました。そして元町周辺も霧雨になってきましたが、これも遠くから眺めると雲の中に入っているのでしょうね。撮り終わって帰り道、函館山から離れる毎に霧雨が弱くなり、函館駅を過ぎる頃はすっかり視界がクリアになりました。7・8年前、友人と城岱牧場へ向かう時に雨が降ったり止んだりしていて、濡れた路面と乾燥路面がカーブのたび毎に繰り返して面白かったことを思い出しました。(^^)今夜は雨で朝までには止みそうな予報。7月の最後は曇りになりそうですが、心の中に青空を描きながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:04| PhotoDiary

日曜日の涼風に

furano2015.jpgのんびりとした日曜日の朝、起きてカーテンと窓を開けて外気を入れると爽やかな目覚めの風が薄曇りの空から部屋に入ってきました。四季の気温や草花が入り混じる時期、それを小さな庭の花々にも感じます。正面には春のビオラ・パンジー、アジサイの花。その左側にはポピーやバラの初夏の花。左右には「秋桜」と書かれる背の高いコスモスの花が咲いています。少し前まで咲いていた紫色・薄ピンクのラベンダーの花は枯れてきたようですが、近づいたり指で触れるとフワーッといい香りが広がります。昨日もこうした花の周りをキアゲハがヒラヒラと舞っていました。花が終わってからが本番とでもいうようにフェンスを左右に伸ばしているクレマチス。花を咲かせる植物は、そのあとに結実してタネをつくったり株分けをしたり、自分の種を残し増やしていこうとしているのですね。その一瞬の美しさを見せてくれる花だからこそ魅力的に映るのかも知れません。こんなことを思うのは秋風のような涼風のせい?(^^)のんびりゆったり、日曜日の今日もいい日になりますように!
写真は2・3年前の8月中過ぎに十勝へ行った帰り道に撮ったもの。このあたりの夏は暑く短いのでしょうね。今年もぐるっと周る予定ですが、どんな景色でもきっと印象的な時間をつくってくれることでしょう。
posted by Kan at 09:51| PhotoDiary

2017年07月29日

暑い日の函館公園で

hakokou.jpg青空が気持ちよかった今日の函館。昼頃に母のところのお祭りがあって行ってきましたが、とても賑わっていて大盛況。ステージでは歌を歌っていたりキッズダンスをしていたりと、みんなが笑顔になる場所でした。綿あめなどの「無料」というところは長蛇の列かなと思ったけれどそうでもなく、たこ焼きや焼きそばなどの定番が人気でした。私はパン屋さんの屋台のフワフワのシフォンケーキを買ってきて明日の朝食にしようと思います。それから函館公園に行くと、親子連れが遊具や噴水で涼を楽しんでいました。正面に見える函館山は霞んで霧模様。竹林は夏も盛りの緑色。クジャクの前では羽を広げて欲しいのか、クジャクに手を広げてジェスチャーで伝えている人がいました。つい笑ってしまいましたがきっと真剣だったのですね。(^^)大森浜を経由しての帰り道、砂浜で遊んでいる子ども達が元気な声で「こんにちは!!」と挨拶をしてくれ、こちらも負けずに「こんにちはーーーー!!」と大きな声で応えました。これだけでとっても気持ちが良くなりました。やっぱり、挨拶は人と人をつなぐ大切な言葉ですね。蒸し蒸ししそうな明日の日曜日も、ゆったりのんびりいい日になりますように!
posted by Kan at 21:44| PhotoDiary

函館の港

gyokou.jpgゆっくりとした朝を迎えた土曜日。薄日が射す庭の草木もかすかに揺れて、それとシンクロするように涼しい風が部屋に入って来ます。天然エアコンは健在のようです。(^^)函館の護国神社の坂の麓に立つ高田屋嘉兵衛像。兵庫県の淡路島で生まれたという嘉兵衛が廻船商人として当時蝦夷と呼ばれた北海道の函館に進出し、国後・択捉島間の航路を開拓した日だそうです。当時の函館を支えただけではなく、函館大火の時には被災者の救済と復興事業を自己資金で率先して進めたそうです。翌年には函館港内を埋め立てて造船所をつくって兵庫から多くの船大工を呼び寄せて、多くの船を建造したそうですから、今の函館の礎を築いた人とも言えるのですね。函館人としても高田屋嘉兵衛という名は昔から知っていましたが、具体的な功績は知らなかったので、今度あの坂道を登る時には改めて敬意を表しながらですね。この坂と電車通りの角に昔からある千秋庵総本家が建っています。ここのどら焼きにも美味しさに敬意を。(^^)気持ちの良さそうな今日もいい日になりますように!
写真は港風景。金森倉庫前の海に浮かぶヨット。その右にある魚市場前にはイカ釣り漁船。函館漁港にもたくさんのイカ釣り船が夕方前に津軽海峡へと向かいます。青函フェリーの奥に見える函館ドックなど、これらの基礎をつくりあげた一人が嘉兵衛だったのですね。ギャラリーの入り口には、全盛期の函館ドックの赤白の大型クレーンがありました。
posted by Kan at 10:30| PhotoDiary

2017年07月28日

小雨降る函館で

epy.jpg今日は1日太陽が顔を見せず涼しい1日でした。暑い時には涼しさを求め、こうして涼しくなったら夏の暑さを求める天邪鬼な気持ちになってしまいました。(^^)昼頃からの小雨がずっと続いて夕焼けもないのも寂しいですね。こんな天気でも庭の草花は元気に咲いて、つるバラには幾つもの蕾がついて、それが今日の気温と曇り空の中、遠慮がちに外側の花びらだけが開いて、まるで桃太郎の桃のミニチュアのような感じで開花は一休み。夏の花は気温と日射しが必要ですね。友人がたまに休みになると、家でのんびり時間を楽しんでいると話していましたが、今日の私も玄関から何度か出入りはしましたが、一度も車に乗りませんでした。部屋の片付けをして使わないものをまとめていると、あれ?こんなところにあったんだ!と仕舞っておいたものを見つけたり、宝探しのような楽しみもありました。(^^)それから楽しみな旅行の計画を立てたりと、出かけているとあっという間に過ぎていく時間も、家にいると思ったよりも時間があるものですね。7月最後の週末も曇り主体の天気になりそうですが、過ごしやすそうな明日もいい日になりますように!
写真は大沼公園のオーベルジュ・エプイの庭。庭の手入れがしっかりしていて、曇り空の涼しいこの日も、綺麗な光景を見ることができました。人口の霧が広がる池にはハスの花が咲きそうだったり、屋外のテーブルで何を食べられるのだろう?などと思いながら歩いていました。オープン直後に友人とランチに来たことがありましたが、それからも整備が続いているようです。また機会があったら行って見たいなぁと思う場所です。
posted by Kan at 19:09| PhotoDiary