2018年07月11日

久しぶりの青空の朝

harist7.jpg今日は久しぶりに明るい朝を迎えられました。窓を開けると飛び込んで来る夏の日射しが予想以上に暑く感じたのは、しばらく日に当たることがなかったからでしょうか。しばらくずっと窓を閉めていたので、家の窓を全て網戸にして空気の入れ替えをすると、気持ちのいい風が通り抜けていきます。夏はこうでなくては!と思いカレンダーをみると、7月も半ばに入るところ。小中学校の夏休みまで2週間ほど。この調子で晴れが続くと子ども達だけではなく、農作業や夏商戦に関わる人たちも喜ぶことでしょう。平成で最も大きな災害になった大雨洪水被害の地域は、このような暑さは望んでいないですね。運ばれてきた土砂がコンクリートのように固くなったりして、片付けの大きな障害になっているようですから。「災害は忘れた頃にやって来る」という言葉がありますが、忘れるほど長期間無事に過ごせる幸せと、天変地異がいつ起こるかわからないことへの気持ちを持つということでしょうが、7年前の東日本大震災の時に準備をした持ち出しバッグの中も、その当時のままですから、入れ替えや点検も毎年の行事として行わなくてはなりませんね。暑くなって来る夏も、その地域によって悲喜こもごも。みんながいい日だと思える毎日がやってきますように!
posted by Kan at 11:58| PhotoDiary

2018年07月10日

雨のベイエリア

rainybay.jpg今日も雨が主人公の1日だった函館。噴火湾方面は雨脚が強いという予報ですから、海岸線は十分気をつけたいですね。今日は午後から映画を観に行ってきました。スターウォーズのサイドストーリ?「ハンソロ」という主人公の生い立ちを追う物語でした。謎が多かったハンソロという人物が何と無くわかったような?本編とは直接繋がらないためか、前評判はあまり良くなかったのですが、百聞は一見に如かずということで観終わると、そうだったんだと納得の一本でした。7・8月は大作映画が上映され、週末からも観たい映画が待っています。それが終わってから金森倉庫の雨の夜景を撮ろうと5分ほど移動をして日没を待ち始めたのが5時30分。待っている間、友人と電話をすると、8時くらいまで待たないと暗くならないと思うよという声に、6時過ぎの夜景を撮ろうと露出をマイナス補正して暗くしたりしましたが、やはり友人の言葉通りでした。(^^)雨も激しくなってきたので、早々に引き上げて帰ってきました。夕景など天候に左右されるものは運ですね。これから朝まで雨模様。農家の人も今年の天気にやきもきしていることでしょう。夏らしい日射しになることを願いながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:07| PhotoDiary

2018年07月09日

おかしな天気

ship.jpgもうすっかり見慣れてしまった雨に濡れた朝の庭。この景色はいつになったら晴天の朝になるのでしょうか?西日本を襲った豪雨災害。九州から中国、四国を中心にして多くの被害が出て目を覆うばかり。この一帯は昨日・今日に梅雨明けとなり、30度を越す日が続くようですから、泥水が流れて来た家屋や道路の土も、粘土のように固くなってきているようですから、疲れ果てている人たちにとっては大変な作業。ボランティアの募集もまだ県外からの対応はできず、市内在住者のみというところが多いようです。実りを楽しみにしていた田畑も消えた地区もあって農家の人たちも大変。早く復旧をしていつもの暮らしに戻れることを願っています。函館も梅雨のように雨模様の毎日ですが、日射しが無い中での市内も暗く沈みがち。そんな中で元気に下校する子ども達の白い夏帽子が、夏が来たという気持ちにさせてくれます。このような異常な天候は遠慮して、その時期にあった日本の四季をゆっくりと味わいたいですね。まだまだ傘マークが続く函館。明日もいい日になりますように!
写真は昨日の港風景。キリッとした日本丸からは」大勢の旅行者が金森倉庫などを散策していました。今日もダイヤモンドプリンセスが港町埠頭に着いて午後11時に出港するようです。せっかくの旅行も雨だと思ったような行動はできずに残念ですが、昨夕、函館漁港から何隻も出たイカ釣り船が獲ってきた美味しいイカを味わえたらいいですね。夜景も見れなかったでしょうから、また来る楽しみもできたと思って函館を離れますように。
posted by Kan at 22:44| PhotoDiary

2018年07月08日

懐かしい声の朝

sikimori.jpg今朝も雨が降っていたように庭が濡れて冷んやりとしています。週刊天気予報でお日様マークを探しても見つかりません。ここしばらくは曇りと雨の繰り返しのようで、函館の夏の太陽はどこへ行ったのでしょうか?早く戻ってきてほしいですね。朝食が終わってのんびりしていると、懐かしい声の電話がありました。以前の職場の先輩からで、大きな仕事を今朝終えたということで、ホッとしているようでした。趣味(本業?)の釣りも悪天候で2週間くらい出られなくて、宗八カレイも沖に出てしまうかも?と心配していました。今月末からはお孫さん達も1ヶ月近く来るようで、その計画もあるようです。パソコンが動かなくなったので見つけてほしいという依頼があり、本格的なパイ釜で自家栽培の野菜を使った美味しいパイを食べさせるという言葉に誘われて用意することに。(^^)元気な声を聞けるのは嬉しいですね。それが終わったらピンポーンとチャイムが鳴って、区長さんが町会の夏祭りの集金依頼に来ました。この天気でお祭り気分はまだまだですが、もう寄付の時期なのですね。そういえば昨夕の七夕も寒く寂しい天気の中、チビちゃんが親と一緒に回っていたり、子ども達同士も浴衣を着て何人かで回る姿がありました。それでも、いつもの賑やかさはなく、ひっそりとしてかわいそうでした。夏は夏らしく季節に合った天候が一番ですね。寒さも今日までの予報。長袖を着て今日もいい日になりますように!
写真は1週間ほど前の四季の杜公園。休日には多くの子ども達の賑わう声が聞こえる場所ですが、この寒さでは親のエンジンがかからないようで、静かな場所になっていました。遊具のカバも、口をあんぐり開けてあくびをしているよう。暑くなるとこうした空間にも活気に溢れるでしょうね。
posted by Kan at 10:12| PhotoDiary

2018年07月07日

七夕と雨

ame.jpg今朝もひんやりとした空気の曇り空。庭にあるエンドウを採りに外に出ると、一層その冷たい空気を感じました。いつもなら北海道の花々が一斉に咲き誇る時期なのに、今年は雨と寒さで精彩を欠くようです。気持ちもですが。(^^)今日の道央・道東の最低気温は一桁ということですから、4月並みの気温でしょうか?函館も午後から降り始めた雨で、一層寒さを感じるようになってきました。半袖裸足の身としては、7月なのにちょっと暖房をとスイッチを入れてしまいました。今年の農作物の生育にも影響を与えそうですし、道央の大雨被害で水田の稲が倒されたりしている映像をみると、農家の人の苦労があっという間に消えていく自然の無慈悲を感じました。人の思い通りにならないのが自然だとは思いますが。今夕の七夕を楽しみにしていた子ども達も、暖かい格好をして出かけることでしょうが、浴衣や下駄で夏の夕暮れを楽しむというわけにはいかなくなりそうでかわいそうですね。この寒さや雨を吹き飛ばすような元気いっぱいの七夕の歌で、この寒さを吹き飛ばしてもらいたいものです。寒い週末に負けないように、元気でいい日になりますように!
写真は昨日の笹流ダム公園と亀田川。緑濃い公園の木々は秋になると真っ赤な紅葉を見せてくれる場所。ここは週末になると家族や仲間でバーベキューなどをしている姿を目にします。今年も賑わうといいのですが、水遊びの場にもなっている亀田川は、増水して流れも速く暴れた川になっていました。川床が見え、ちょろちょろ流れる川で、子ども達がはしゃげるようになるといいですね。
posted by Kan at 13:43| PhotoDiary

2018年07月06日

明日は七夕なのに

gdn7.jpg昨日の天気予報では最高気温が18度と、20度を切るものでしたが、今朝の予報を見ると17度に下方修正されていました。朝食後に雨上りの水滴がたくさん付いた葉を眺めに庭に出ましたが、流石に半袖では寒い朝でした。元気一杯に咲き始めていたポピーも、こんなはずではなかったと改めて思っているかのように、互いに寄りかかっていました。正面に植えてあるアジサイは強くて、しっかりした茎と葉の上に薄紫の花を咲かせています。その葉の上には薔薇の花びらが乗っていますが。(^^)明日は子ども達が楽しみにしている七夕。「竹ーに たんざく 七夕祭り 大いに祝おう ロウソク一本ちょうだいね!」と玄関前で近所の子どもの集団が歌うと、お菓子を分けてくれる函館の風習。以前は歌詞の通りにロウソクを分けてもらって、持っていたちょうちんなどにロウソクを継ぎ足して陽の落ちた街を巡ったものです。明日の夜の天気予報がきになるところですが午後から雨。それでも雨天決行で周って楽しむのでしょうね。(^^)季節外れの寒さが続いています。風邪をひかないように気をつけながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:22| PhotoDiary

2018年07月05日

梅雨が続く?函館

sakamiti.jpg今日も1日雨が降ったり止んだり、夜には霧雨もなって、ここ数日雨模様。函館も梅雨の地域に組み込まれたようですが、さすが北海道。今日の最高気温は18度と、冷やっとするくらいでした。ちょっと暖房を入れようかな?と頭をよぎりましたが、7月ですからその考えを消しました。(^^)昨夜は風も強かったのか、背高ノッポのポピーの茎が傾いたり、薔薇の花びらがウェディングの道をつくるようにピンクの小径ができていました。それでも、エンドウ豆やトマトは、茎を何本もの竹でしっかりと固定してあったので無事でした。エンドウはここ1週間ほど毎日味噌汁の具にして食べています。飽きないものですね。今夜はホームページの打ち合わせで、今までかかっていました。なかなか意思の疎通というのは難しいもので、何度も確認作業を繰り返して方向性が見えてきました。「言葉のキャッチボール」と言いますが、互いに投げ合わないといいものは生まれませんね。今回はその道筋が見えたので、時間をかけた甲斐がありました。あとはどう実現させていくかだけです。帰りに小腹が空いたので途中のマックでハンバーガーのセットを買って食べました。たまにこうした味もいいですね。(^^)明日は18度くらいの低温が続くようです。朝方は15度まで下がるそうですから、体を冷やさないようにして、明日もいい日になりますように!
写真はベイエリア風景。海側から見た八幡坂・基坂もいいものです。特に電車とコラボは味が出ますね。こんな晴れの日が恋しい毎日です。(^^)
posted by Kan at 22:54| PhotoDiary

2018年07月04日

蒸し暑い朝の爽やかな色

gdn7.jpg低気圧の影響による河川の氾濫警報も注意報に変わった今日も、朝から雲が広がる蒸し暑い空気に覆われている函館。今週函館入りをした観光客にとっては、爽やかな北海道の初夏をイメージしていたのに、本州の梅雨時と同じじゃない・・・と思われそうですが、こんな天候は珍しいです。何しろ6月末の冷え込みから一気に蒸し暑い夏日が続いているのですから、体調にも気をつけないと。昨日は函館市にも食中毒警報が発令され、明日5日まで注意が必要なようです。体調が暑さに慣れない時ですから、お腹にも気をつけてということですね。庭のかすみ草の小さな小さな花が開き、それを上から眺めると、本当に霞のような感じでした。もちろん、こちらの方が綺麗ですが。(^^)つるバラも満開で庭を飾ってくれていて、紫陽花の青紫色の花も開き始めました。春の花から夏の花へと変化していくのも季節を感じられて嬉しいですね。各色のポピーも大きいもの小さいものが咲いていますが、あの細い茎に大きな花びらをつけているので、ちょっと風が吹いたり雨に当たると、すぐにうな垂れてしまいかわいそう。富良野を思い出させる庭のラベンダーも花が開いて、近づくと自然の香りが感じられます。このおかしな6月7月の天候にも、草花たちはしっかりと生きていますね。体調に気をつけながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 11:19| PhotoDiary

2018年07月03日

雨の函館で

shop.jpg蒸し暑さを感じる日が続く函館。6月末の寒かったときには、もっと暑くなるといいのになぁと思っていたのに、いざこうして暑くなると、あの時の涼しさが恋しくなります。あまのじゃくですね。(^^)どんよりとした曇り空の今朝も、風もない静かな庭に、熱気を置き忘れていったような暑さが広がっています。今日の予報でも昨日に続いて雨が降るようです。道北・道央は梅雨前線の影響の大雨が降っていて、警報や避難勧告が出ているところもあるようです。南では台風7号が北上中。明後日には温帯低気圧となるようですが、大雨の後にまた雨と、十分な注意が必要ですね。今日は昼前から夏を迎える亀田川上流の山の景色を撮りに行く予定で出かけましたが、途中で寄った四季の杜で時間をとったため、幸か不幸かポツポツ雨が降ってきて、上流は断念しました。お昼ころには結構強い雨になっていたので、行かなくて正解でしたが、この梅雨のような天気はまだまだ続くようです。早く気持ちのいい夏空を味わいたいですね。(^^)暑さが続く明日も、水分補給を忘れず、いい日になりますように!
写真は元町・ベイエリアのお店。昔からの建物をリノベーションしたものが多く、味わいのある佇まいを見せてくれています。蕎麦屋さん、スペイン居酒屋、カレー屋さん、雑貨屋さん、喫茶店、そして、大三坂ビルヂングというカフェや宿泊できるスペース。こうしたエリアを歩いていて、中に入るとホッとするのは建物だけではなく、そこの人の温かさに満ちているからですね。
posted by Kan at 19:00| PhotoDiary

2018年07月02日

函館マラソンの1日

marathon.jpg今日は朝から蒸し蒸しするような気温で、窓を開けると曇り空の下の地面には雨に濡れた痕跡がありました。今日の予想最高気温は25度。それに雨を保っているような湿度90%前後という、一気に蒸し暑い季節が始まった気がします。先週は暖房が必要だったはず???昨日は函館マラソンの日で、雨だったため中止だと思いながら繋がらない関係サイトをみると「実施します」ということで、9時過ぎに急いで用意をして出かけました。もう千代が対競技場は無理だと思ったので、漁火通りのコンビニ駐車場に車を停めていると、すぐにコーンが並べられてここからも出入り禁止になりました。それからしばらくすると雨の競輪場方向から大勢のランナーの姿が見え、湯川方面へ向きを変えながら長い長い列が霧の中へ消えて行きました。参加人数は8000人を超えていたようですが、それは沿道で見ていても実感できました。時折激しく降る雨の中を、懸命に走りすぎるランナーの顔には笑顔があったり「がんばってー」という応援をする人に手を振る余裕や「ありがとう!」と応えながらかけていく姿は、間違いなくサポーターとスポーツマン。視覚障害者の方が伴走者と走っていたり、海外の人も参加していて、このマラソンのスタートから考えると、当初の思いが実現してきたのでしょうね。規制解除になって競技場に向かうと、ウェディング姿のランナーが駆けてくるのを見て、結婚記念だとしたらゴールが最高のプレゼントだと思いました。このようなコースの準備や誘導係など、多くの人たちの働きが実現した函館マラソン。来年以降も街ぐるみでできることを願っています。少し日が射してきた暑くなりそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:35| PhotoDiary