2020年07月01日

今日から7月

sikinomori.jpg今年も半分が終わり、今日から2020年後半が始まります。新型コロナに関してはまだ安心はできませんが、ディズニーランド・シーが人数制限がある中でも再開されたり、嬉しく楽しい時間も増えてくるようです。今朝の情報番組でも大勢が笑顔で入場するシーンが流れていましたが、このまま無事に楽しめるといいですね。昨日は友人といつも行っていた回転寿司でお昼を食べてきました。隣の座席との境にはプラスチックのガードが取り付けられたり、回転寿司なのに回転しない寿司店になっていました。タブレットのメニューで注文だけのようです。これからは回転しない回転寿司が増えていく予感。美味しく安く、店員の雰囲気は変わっていなくてよかったです。(^^)食べ終わってから近所に薔薇の庭が綺麗な家を教えてもらったというので行くと、それは見事な薔薇に溢れた家でした。奥に入って見たかったけれど、家の人が出てこなかったので遠慮して道路から眺めて戻ると、友人の庭のバラや花壇の花もとっても綺麗でした。クレマチスの棚もツルを伸ばし花が咲いて足元から頭上まで、花いっぱいの場所になっていました。中央の大輪の真っ赤なバラも見事。やっぱり身近に花があるのはいいものですね。子ども達の7月というと、1学期のまとめの月となり、まもなく始まる夏休みにワクワクが止まらない時期。今年は本格的な授業が6月から始まったばかりで、夏休みも短縮されるようですから、そうした点でも可哀想な夏になりそうですが、そうした中でも楽しみは色々ありそうです。アイデア・工夫で今までにない夏をつくってほしいですね。7月も暑さに気をつけながらいい毎日になりますように!
posted by Kan at 09:45| PhotoDiary

2020年06月29日

6月から7月へ

ryouzikan.jpggarden2.jpg6月も終わりの時期だというのに、先週は雨で寒い日が多かった函館。昨夜出かけたときにも、寒かったのでカーエアコンを切ったら見る見るフロントガラスが曇ってきて、再びエアコンに切り替えました。その時の外気温計は17度を指していました。6月始めの暑かった日が恋しいです。(^^)庭にたくさん咲いている茎の細いポピーは強い雨が当たってなぎ倒されるようになっていました。先日直したり間に竹や紐で補強をしていてもダメでした。「密」は避けるようにとは今年のテーマのようですが、ポピーの小さな種を蒔くときにはもっと間隔を取らなくてないけないようです。今朝もご近所を散歩していると芝を綺麗にしている方と話をして免許更新の話になり、75点満点で72点で認知症の疑いありと言われてショックだったと、たった3点で・・・。今度毎月通院している病院で聞いてみると話していましたが心配ですね。私も以前は数十人の名前も1週間ほどで覚えられたのに、今は顔や周辺状況はわかっているのに、なかなか名前が出てこない時があります。まだまだ認知症検査をする年齢ではありませんが、筋力のように今から鍛えていたほうがいいかも?今月も明日まで。水曜日からは7月になり夏のイベントが話題になる頃ですが、今年は花火大会もお祭りもなくなるようで寂しい夏になりそうです。そんな時期ですが、道内ドライブなどで元気いっぱい夏を楽しみたいですね。薄日が射してきた雨上がりの今日も、いい日になりますように!
posted by Kan at 10:44| PhotoDiary

2020年06月27日

初物収穫

oomori.jpg相変わらず寒い梅雨のような毎日の函館。今日も雨上がりの曇り空で、20度に届かないようです。今日は雑草が茂ってきた庭の草取りをしました。こうした作業には暑い日よりは適しているようです。そのあとにカブやニンジンの間引きをして、赤ちゃんの拳程度のカブと長ネギ、エンドウマメのいくつかを採って、お昼のおかずにしました。初物の味は格別です。(^^)なかなか花をつけなかったエンドウマメの葉の間から次々と花が咲き出し、これからは毎日味噌汁やバター炒めなどをして食べないとグリーンピースになってしまいそう。甘いイチゴが終わって、これからは野菜生活。今以上に体が健康になったらどうしましょう?(^^)そうした体に産んで育ててくれた親にも感謝ですね。来週水曜日からは7月が始まります。春の異変で落ち着かない学校生活も少しは慣れてきているといいですが、小学校1年生にとっては大事な4・5月に身につけなければならない時期を失い可哀想なスタート。何とか焦らず急がずゆっくりと成長してほしいものです。まだまだ寒さを感じる函館ですが、早く堂々と半袖で歩ける陽気になるといいのですが。少し日が出てきた今日もいい日になりますように!
写真は昨日の大森浜・啄木公園。曇りの寒空の中で、海で会おサーフィンをしている姿が見えました。こんな冷たい荒れた海の中でするとは好きでなければできませんね。そらもはっきりしなかったので、カメラのHDR機能を使っていつもと違う雰囲気に。向かい風に止まっているような時もあったカモメたちは、折り返して追い風となった中をすーっと羽を広げて飛んでいました。これは鳥たちの遊びのようにもみえました。(^^)こちらは寒くなって早々に引き上げました。
posted by Kan at 15:15| PhotoDiary

2020年06月25日

蝦夷梅雨寒の函館

kousetuen.jpg今週は曇りや雨の日が多く、まるで梅雨空のようにもみえます。さらに今日の最高気温は15・16度という6月も中過ぎなのに寒い日になりました。車内の設定温度を22度にして、2・3日前は冷風が気持ちよかったのに、今日はその吹き出し口から温風が出て来ました。それがまた心地よかったのですから、季節が少し逆戻りしたようでした。(^^)クーラーのスイッチを切ると、フロントガラスが曇ってきました。外気が冷えていて、車内の湿気が結露したようです。まるで冬の温泉帰りの光景。家に帰ってからすぐに暖房を入れて体を暖めました。こんな日に半袖や裸足にサンダルは無謀だったかも知れません。(^^)今朝の庭のポピーは、その数を増やし元気だったのですが、夕方は雨の粒の重さに細い茎が耐えられず、うなだれていました。明日も雨模様で16・17度ということですから、今日と同じような寒さですね。関東や西日本は30度前後ということですから、やはり日本は縦に長〜いと言うことを実感します。今夜は体を冷やさないように、タオルケットを1枚増やして眠りましょうか?不安定な天気の明日もいい日になりますように!
写真は昨日の香雪園。久しぶりに香雪園に向かうと、駐車場の車の数がいつもよりも少なかったのは見るものが少ないからでしょうか?リスと出会えるかな?と思っていたけれど目につかず、鳥の鳴き声を聞こえない静かな園内。友人の家の庭に聞こえてくる賑やかな鳥の鳴き声のほうが自然を感じます。あと1ヶ月もすると池にはホタルの可愛らしい緑色の光が見られるのですが、今年はどうなるでしょうか?新型コロナの影響で、例年とは違う感覚で迎える初夏。天候も「いつも通り」を忘れているようですが、四季を十分に感じさせてほしいですね。
posted by Kan at 23:09| PhotoDiary

2020年06月23日

蕎麦と薔薇と友人と

rosegarden.jpg今日は友人と久しぶりに蕎麦屋さんへ行ってきました。大三坂の途中にある「久留葉」という、とても美味しい蕎麦を出してくれる店。いつもと同じエビかき揚げざる蕎麦と寄せ豆腐を頼みました。以前ならこれに鶏めしを頼んでいたのですが、今は作っていないそうで残念。もう食べられないのかなぁと思うと、余計に食べたくなるものです。食べた時の味を思い浮かべてもはっきりしないので、やはりもう一度しっかり味わってみたいものです。(^^)おしゃべりをしていると注文の品が届けられ、抹茶塩でかき揚げを一口。蕎麦つゆを入れて蕎麦を一口。いつ来ても間違いのない味を出してくれます。友人と一緒なので、余計に美味しさが増しているのかも知れません。(^^)いつもなら座敷で何組も食べているのですが、今日は広い空間に二人。これも新型コロナの影響なのでしょうか?なんとか軌道に乗ってほしいですね。それから旧イギリス領事館のバラ園を観にいきました。私は先日行ったのですが、自然のものは何回行っても同じということはありません。あの時、これは観れなかったとか、言われて気づくことなど、やはりなんども来てみるものですね。平日だったけれど休日よりも人は多かったように感じました。緊急事態は一気に対応しましたが、解除は少しずつ少しずつなのですね。色々観て回って友人の家に着くと、その庭も大輪のピンクのツルバラと中輪の赤いツルバラがアーチに綺麗に咲いて、庭の中央には大きな蕾が今にも開きそうな景観に、あれ?またバラ園に戻って来た?と錯覚するようでした。(^^)この季節の函館周辺は花盛りですね。今度はオープンガーデンでも観に行けたらいいですね。日射しを期待しながら曇り予報の明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:46| PhotoDiary

2020年06月22日

曇りのち晴れの函館

Bayarea.jpg今日は1日曇り空かなぁと思っていたら、昼過ぎから日が射してきてポカポカ暖かくなってきました。この時期の函館の暖かさは気温ではなく直射熱が多いようです。夏至を過ぎ、夏の太陽に切り替わったこれからは本格的な夏になります。夏といえば夏休み。旅行で賑わうシーズンですが、今年は今までとは違うようです。授業時数の確保のため、小中学校の休みが短縮され、家族旅行の計画もなかなか立てられないようです。先日、毎週のように大沼のキャンプ場でファミリーキャンプをしている人が、なかなか解禁されなくて・・・と、しょんぼり話してくれましたが、そろそろできるでしょうか?旅行をサポートしようと国や道がキャンペーンでクーポンを発行したり、半額になるなどお得に出かけられるようです。今日の報道によると、昨日一昨日の週末は前週より人でも増えてきたようで、介護のためや就職、レジャーなど県をまたいでの移動も前年度並みまでとはいきませんが、右肩上がりのようでした。正常化へ向けてというより、こうした状況でどう対応していくといいのか模索中のようです。式場・会議場なども人数制限をしたりアクリル板で仕切りをしたりと去年の今頃と比べると「まさか、そんなところでできないよ。」と一笑に付されるでしょうね。そうしたことがこれからの常識になっていくのか、今だけの一過性なのか、まだわかりませんね。いろんなところでコロナを考える現実は、着実に進んでいるようです。曇り主体の明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:12| PhotoDiary

2020年06月21日

休日の函館

motomachi.jpgryoujikan.jpg6月も中旬を過ぎ、晴れると暑くなって車内もエアコンがはたらく函館ですが、夜になると急に冷えてきて、風呂上がりにはちょっと暖房が欲しくなります。7・8月も暑くて寝苦しいということが少ないのが魅力ですね。(^^)今日は久しぶりにカメラ屋さんに行き、カメラの取り揃えを眺めてきました。新型はミラーレスが主流で、フルサイズの中古の1眼レフは以前の半値程度になっていて、思わず「これください!」と言いそうになりました。(^^)今日は愛用のカメラを持って、大勢の人がいた緑の島に停め元町方面へと、いつもと逆方向で散歩してきました。電車通りを渡り、基坂を登ると旧イギリス領事館。中庭には各種のバラが満開。旅行者も多くいて、少しずつ何時もの様子に近づいていましたが、違うことはみなさんの言葉が日本語だということ。以前はこうだったなぁと妙に懐かしかったです。まだ中国などのアジアからの旅行者も解除されていないからですね。八幡坂に行くまでのアイス屋さん、甘み処など客の出入りも増えてきていました。ハリストス正教会の説明板を読んでいたり、カトリック元町教会を眺めながら聖ヨハネ教会の横のチャチャ登りの坂を登っていく若者。最近まで、ほとんどいなかったので何だか嬉しかったです。(^^)ベイエリアを経由して緑の島に戻ると、まだ親子連れなど多くの人たちが、自粛生活から解放されたからのようにのびのびと活動していたように感じました。ここでリフレッシュして、明日からの毎日を頑張ろう!という人もいたことでしょう。夕方、部分日食を見ようと10数年前の時の黒い日食観測板を探したけれど見つからず、眩しくて見れませんでした。曇り予報の明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 23:16| PhotoDiary

2020年06月18日

肌寒い梅雨のような函館

Mt.hakodate.jpg今週は函館も梅雨?と思うような雨や曇りなどの、はっきりとしない天気が続いています。今朝も小雨が降っていますが、8時過ぎには雨も止んだかな?と思って庭の花を撮りに出ました。何枚か撮っているうちにポツポツと再び雨が降ってきて、すぐに撤退しました。(^^)しばらくは同じような天気が続くようで、気温も20度前後。昨夜8時過ぎに出かけたときも、半袖ではヒンヤリするなと思っていたら、22度設定だったカーエアコンの出口からホンワリ暖かな風が出てきました。この時期に暖房へと切り替わるほどだったのですね。外気温計を見ると17度!寒いはずです。(^^)帰ってから風呂に入って暖房を入れながらアイス。来週は夏至だというのに、まるで季節が逆戻りしたような感じがしました。(^^)寒暖差に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真は今月初旬の函館山。1945年までの戦時中は、道南を守る要塞として砲台や弾薬庫などの施設がありました。その当時を物語るように山には似つかわしくないコンクリートの残骸が残っています。そうした近くにもある三十三観音。数年前に友人と巡りましたが、あちこち迷ったり場所を探しながらでしたが全て巡った時には充実感がありました。また巡ってみたいと思いますがどうなるでしょう?(^^)この函館山は立ち入り禁止期間が長くあったため、今でも各種植物など自然が豊かな地域になっていて、四季それぞれ登山客の目を楽しませてくれています。
posted by Kan at 09:43| PhotoDiary

2020年06月17日

愛用カメラの不調

motomachi1.jpg昨日、SONYのRX1というコンパクトフルサイズのカメラを持って出かける前にバッテリーチェックをしようとスイッチをONすると、しばらくガガガとレンズ部分が駆動してから液晶画面中央に、今まで見たことのない数字の点滅があり、フォーカスが合わなくなってしまいました。何度かオンオフを繰り返してもダメだったので、ネットでエラー番号を検索してみるとRX1ではたまにあり、10万前後の修理費がかかるとのこと。他に何か対策はないかと調べると、レンズの付け根部分をトントントンと手のひら部分で強めに叩くと治ったという記事があったので早速やってみると回復しました!精密な光学機器なのに、こんなことをしていいのだろうか?と思いながらもホッと胸をなでおろしました。昔のブラウン管テレビの映りが悪くなった時にトントンと叩くと映ったという原理と同じ?家電メーカーのSONYの面目躍如?(^^)再度出かけようと思ったら曇ってきて気分が乗らなくなってきたので中止しました。今日の空模様もヒンヤリとした曇り空。お向かいさんと挨拶をすると「寒くないかい?!」と、半袖短パン姿に驚かれました。(^^)また晴れたら出かけましょう。元町あたりでRX1をトントントンとしている姿を見たら、それが私です。(^^)今日もいい日になりますように!
写真は元町風景。薄曇りの中の元町辺りを散策していた時のものですが、まだ旧イギリス領事館も新型コロナの影響で門が閉じられていた頃。元町公園や教会周辺の観光客も少なく、いつもの風景とは異なるものでした。今週月曜日に友人とこの辺りを車で周りましたが、やはり歩いている人は少なかったです。領事館の中庭のバラ園も見頃かもしれないと気づいたのは戻ってきてから。今度近くの蕎麦屋さんへ食べに行った時にでも観に行こうと思います。
posted by Kan at 09:41| PhotoDiary

2020年06月16日

雷の朝

drops.jpg雨の中、ゴロゴロゴロ!バーーン!!と何度も雷の音がして、一時は光ったと思ったら1秒経つか経たないかで雷鳴が響きびっくりしました。久しぶりの雷は、自然の驚異。太古のまだ原理がわからなかった時代には、神々の怒りなどと恐れられたことでしょう。その雷雨が収まり、しばらくすると空が明るくなったので庭に出ると、春に蒔いた花の種が蕾の殻を破って開こうとする場面に出会いました。これから次々と開花していくのが楽しみです。開花しているツルバラの花びらや緑の葉にも、雫が付いていて、顔を出してきた日射しにキラキラ。雨上がりの後の姿はいいものです。雨だけではなく風も強かったのか、玄関横に植えてある、蕾ができ始めているポピーなどが風雨で倒されていました。竹を切って短い添え木を作り、それを倒れている茎の間に何本か立てて支えておきました。今朝のテレビでは各国の自然災害の映像が流れていて、大雨や雹によって道路が川のようになったり、車の窓ガラスが割れた様子などにびっくり。雷雨の後だったので、いつどこで起きてもおかしくないかもと思いました。昔の日本よりも天候変化が大きくなって、温帯型から熱帯型に変化してきているようですから、暑さだけではなくスコールみたいな雨も増えるのでしょうね。新型コロナの中、今までの常識が通用しない日常になっている今、安全安心して過ごせる毎日が一番ですね。晴れ予報の今日もいい時間を持てますように!
posted by Kan at 12:15| PhotoDiary