2018年09月17日

晴れ渡る敬老の日

haristos.jpg今朝も日射しが嬉しい青空の晴れた朝。空の端っこに恥ずかしそうに消えそうな雲が残っている快晴でした。ここ何日か続いている函館の天気は、まさに秋晴れ。頰に直接当たる日光は「ジリジリ」としていた夏のものとは違い「ジリ」だけ?(^^)通り過ぎる風も、爽やかさを感じる秋の風。あんなに暑かった夏の季節も、やはり少しずつ秋へとシフトをしているのですね。今日は3連休最後の敬老の日。「あのね、年をとるっていうのは本当におもしろいもの。年をとるっていうのは絶対におもしろい現象がいっぱいあるのよ。だから、若い時には当たり前にできていたものが、できなくなること、ひとつずつをおもしろがってほしいのよ。」と語っていた樹木希林さんが15日深夜に亡くなったというニュースを目にして、寂しく思いました。フジフィルムのCMでの写真屋さんでのコミカルな様子や映画・ドラマでの自然体の姿。全身ガンで辛かったと思うのですが、それを感じさせなかったのも生き方だったのですね。「最後のセリフは「はい、みなさん、今世はこれにてご無礼いたします」。いいセリフだよね。」合掌。今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:20| PhotoDiary

2018年09月16日

元町散歩

motomachiF.jpgモヤっとしていた朝が、8時を過ぎる頃から日が射してきて、今日の「曇りのち晴れ」という天気予報も当たりそうです。3連休の中日ですから、各地で旅行している人も少なくないでしょう。久しぶりに元町へ散策した昨日は、行き交う団体の観光客の言葉は日本語が多かったように思います。カトリック元町教会の壁に絡まる蔦の色も赤くなってきていたり、元町公園の通りのナナカマドにも真っ赤な実が鮮やかに映えていました。9月も半ばになり、暑かった夏で忘れていた秋も、そろそろ紅葉の季節が始まっているのかも知れません。基坂にある旧イギリス領事館の庭のバラも咲き終わった枝からパチパチと切られているものが多くありました。こうした作業が毎年見事なバラを作っているのでしょうね。噴水の池に沈んだ枯葉をすくっていたのも秋風景?道の両端にも落ち葉が集まってきたり、汗ばむような暑さになった昨日も、やはり少しずつ季節は進んでいるのですね。こうした季節を感じる旅・散歩も急がずゆっくりがいいですね。(^^)今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:42| PhotoDiary

2018年09月15日

秋晴れ?残暑?

akitikasi.jpg今日も晴れマークが続く1日になりそうです。昨日今日と、ホワッとする暖かさが心地いい函館で、元町辺りをのんびり歩きながら散策するのもいい季節ですね。この週末は明日に傘マークがあったと思うのですが、今見たら傘がすっかり消えていました。9月の半ばのこの時期、秋晴れと呼ぶには少し暑そうな日は残暑なのでしょうか?週間天気予報でも来週末まで傘マークが後退して、最高気温も24度前後ですから、気持ちのいい1週間になりそうです。それでも、最低気温が15度あたりまで下がってくるようですから、タオルケット1枚では風邪をひいてしまいますね。(^^)昨日、町会の区長さんが敬老の日の品を配って周っていました。この区画にお年寄りが84名になったそうです。このあたりに当初から住んでいた若者も、今では敬老の日の対象になっているのですね。それでも、昔の80代に比べて今の80・90代はとっても元気。庭仕事に精を出したり、近くのパークゴルフ場巡りをしたりしています。65歳支給の年金も、70歳にしようかという議論も現実的になってきそうな雰囲気ですが、それとこれは別。懸命に頑張ってきた人たちが、ゆっくりのんびりと暮らすために使えるようになって欲しいですね。秋晴れの今日、久しぶりにカメラを持って元町を歩いてこようかなと思っています。晴れそうな週末もいい日になりますように!
写真は秋模様。夕暮れの景色が秋っぽくなってきています。空にはたくさんの赤トンボが飛び、澄んだ空気も秋模様。金森倉庫の中に入っている店のお土産品は秋の空気を感じているのでしょうか?我が家には先日の旅行から一緒に暮らす焼き物のフクロウがいつもニコニコ笑顔を見せてくれています。「不苦労」「福来ろう」と書かれているように、このフクロウもニセコの大切な思い出が福を呼んでいるように感じます。(^^)
posted by Kan at 11:51| PhotoDiary

2018年09月14日

大切な日常

retro.jpg夏日予報の今朝の気温は17・18度と、起きても寒さは感じませんでした。20度を下回ると寒い!と思っていた体も、このようにして徐々に慣らされていくのでしょうか?8時前後から庭に日が射してきて、コスモスやバラのピンクを照らしています。今日明日は晴れマークの連続ですから、気持ちのいい週末になりそうですね。一昨日の夜、青森に住む姪の子どもから地震お見舞いの電話があって、久しぶりに話をしました。北海道胆振東部地震というと、北海道全域で震度7クラスの被害を受けているという感覚もあるのかも知れません。東京の姉に電話をして「もう電話していいだろうか?」と、気遣ってくれる子ですから可愛いですね。(^^)無事だと知らせると本当に喜んでくれました。昨日は、買い物客が少ない時間帯に生協に行くと、以前よりも品数が増えたようで、いつもより店内も賑わっていました。でも、まだ牛乳はあるけれど、乳製品が少なかったり、店内調理のものがなかったり、納豆はあるけれど豆腐がなかったりと、全て元通りとはいかないようです。それでも、こうして無事に過ぎて、何に買おうかと悩めるのも幸せなことですね。家に戻るとお向かいさんが暑い暑いと言いながら草刈り中。真夏のようなモワッとした空気感に汗をかきながら作業をしていました。暑かった夏を惜しむかのようなこの暑さも今週いっぱいのようです。大島のチビちゃんファミリーからは、もう気が早い正月のスキー計画が提案されていました。(^^)こうした未来を話せることができるのも幸せなこと。今回の地震で、当たり前のように過ごしていた毎日に、当たり前じゃない幸せに感謝しつつ日々を過ごしたいと思っています。秋晴れよりも暑そうな日になりそうな今日もいい日になりますように!
写真は昨日に続いてレトロな光景。何年か前に夏の間だけ運行するようになった「チンチン電車」これが十字街などを通ると、街並みにピッタリという感じです。ボンネットバスも今では珍しいですね。函館公園前にある洋式のおしゃれな建物はレストラン。いつか友人と食べに行こうかなと思っていますが、いつも食べている寿司や中華のほうが気楽で美味しいかも?(^^)
posted by Kan at 08:25| PhotoDiary

2018年09月13日

懐かしい出来事が並ぶ

nost.jpgここ数日暖かさを感じる日が続き、その前の朝晩の寒さを忘れさせてくれるようですが、確かに秋へと近づいているのでしょうね。日中の気温が上がって夜になるとグンと下がっていく時期なので、風呂上がりに冷たいものをと思っても、あったかいお茶にすることもありました。(^^)今日の天気予報も晴れでしたが、まだ空には一面の白い雲。晴れて爽やかな青空が顔を出すといいですね。先日、中華屋さんの入り口に積まれていたPEEPsという函館情報誌。ツタヤで無料配布しているものですが、毎回楽しい企画で構成されています。今回は平成30年間の歴史の中の函館。その中で誕生したもの消えていったものなどを読んで行くと、自分の歴史と重ね合わせて懐かしく思いました。さいかデパートやワコー、旧駅舎がセットになっていた駅前風景も懐かしいもの。何ページにも渡って綴られている平成・函館年表を見返すと、自分の中の歩いて来た道を見返すこともでき、駒ケ岳が噴火したり、クリスマスファンタジーが開催されたりと様々なことがあったのですね。今までも楽しませていただきましたが、今回の特集は私にとっては保存版の内容でした。表紙の新旧五稜郭タワーが並ぶ写真も印象に残っています。こうして振り返ると、写真は1枚でその当時の記憶を呼び覚ますタイムマシンのスイッチでもあるようです。(^^)日が射してきた今日も元気でいい日になりますように!
写真は函館旧風景。PEEPsから刺激を受けて、函館旧市街風景の一部を。(^^)以前の五稜郭タワーと新タワーを比較すると、結構な高さの差があります。低いタワーが寄り添っているように感じて、このまま並んで建っていてもよかったですね。ベイエリアの象徴であった函館ドックの大型クレーン。現在はタチカワカフェという素敵な喫茶店になっている太刀川邸。古い建物を再生して活かしていくのはいいですね。
posted by Kan at 09:05| PhotoDiary

2018年09月12日

秋晴れの函館山

mtHakodate.jpg今朝も6時台に目が覚め、地震後に私の体内時計は早起きモードになったみたいです。今日は昨日よりも暖かかったのでよかったですが、暖房をつける季節にはいつも通りの時間に起きれるようになりたいです。(^^)昨日は午後から久しぶりに友人と函館山へいって来ました。見上げる空には雲ひとつ無く、横津連峰に連なるように伸びているだけ。空気も澄んでいるようで、夏空のようにボヤッとした感じでは無く、遠くまでクッキリと見えました。遠くの駒ケ岳も、登山している人も見えるのでは?と思うように綺麗に見えました。山頂駐車場には車が何台くらい停まっているか、5台、10台前後と二人で予想を立てていましたが、その2倍以上の車が停まっていて、二人とも外れてしまいました。平日の午後でも結構な観光客が来ているのですね。この山頂売店でも地震の影響があるようで、ソフトクリームコーナーがお休みでした。牛乳生産地では水や電気が確保できないため、清掃や消毒・搾乳などができなくて酪農家や乳牛など苦労をしているそうです。今朝のニュースでは道内で一番発電量が大きい苫東厚真発電所の復旧が11月以降になる見通しということで、回復が待たれるところです。帰りに昔からのパン屋さん、キングベークにパンが置いてあるのを見て、久しぶりにパンをご馳走してもらい、今朝美味しく頂きました。大きな影響がないと思っている函館でも、物流などで苦労しているところもたくさんあるのですね。こうしたことが早く解消して、みんながいつも通りの生活ができることを願っています。道内は氷点下のところもあったようです。20度を超えそうな晴れ予想の今日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 07:17| PhotoDiary

2018年09月11日

魔法の言葉の楽しい時間

kanamori7.jpg今朝の函館もかなり冷えて、6時過ぎに目が覚めたけれど、ベッドから起きる勇気はありませんでした。(^^)ようやく7時頃に起きてカーテンを開けると、澄み切った空気に青い空。夏よりも寝坊の太陽の日射しがつるバラを照らしていました。気温は15度までいっていなかったような気がします。週間天気予報を見ると、このまま秋に進むのではなく、今週末には25度前後の日もあるようです。山のススキも徐々に頭を垂れてくる頃ですね。昨日友人と昼食を食べに行った後にツタヤに寄って、最近話題になっている「自衛隊防災BOOK」という本を読んでみようと探したけれど、評判がいいのか売り切れのようでした。その後、店内を歩いて生け花に使うススキのようなものの値段を聞いたら、1本500円!山から切ってきて隣で売ろうかな?(^^)さらに文具コーナーをブラブラしていると、実際に使える黒板消しのミニチュアが売っていました。その時に友人が「ラーフル?」と初めて聞く不思議な言葉を発しました。「ラーフル?って???」その反応に驚いたように友人が調べてごらんと言ったので、椅子に座ってiPhoneで検索をすると、笑い出しそうな思わぬ結果が出て来ました。それを見せると「エッ!」と驚いていました。それは鹿児島・宮崎・愛媛など限定の言い方、つまり方言だったのです。(^^)私には不思議な不思議な魔法の響き。幼い頃から当たり前のように使って、標準語だと思っていた友人もビックリ。ツタヤの中で二人で笑っていました。方言だけれど、きっと私の使っている言葉の中にも、標準語だと思って使っているものもあるのでしょうね。友人の魔法の言葉で、楽しい時間を過ごせました。(^^)今日明日は晴れマークが並んでいます。久しぶりに函館山にでもカメラを持って行ってこようかなと思っています。寒暖差に気をつけながら今日もいい日になりますように!
写真は金森倉庫。昨日の夕暮れの久しぶりの夕焼けもとっても綺麗でしたが、この写真を撮った日も夕焼けになりそうな時間帯。斜光が金森倉庫の壁面や船を照らし、停泊していた船員の歩く影も長く伸びていました。雨の日もいいですが、やはり夕暮れの日射しは魅力的ですね。
posted by Kan at 09:17| PhotoDiary

2018年09月10日

初秋を感じる寒い日

oomori7.jpg今日も目が覚めた朝から雨。最近は雨が多く「秋晴れ」まではあと少しなのでしょうか?地震被害の悲しさを伝えているような雨にも見えますが、復旧には晴れていた方がいいですね。昨日の午後、数年ぶりかでやってきた元の職場の仲間。今回は新しいMacbookproの設定を頼まれてしていましたが、ここで開封をして出てきた姿はおしゃれな色の薄いMacpro。液晶画面の薄さや細かさは芸術的でした。それに持ってきたOfficeなどを入れ順調に進んでいましたが、仕事で使うWindows10も動作するように設定をしてもなかなかうまくいきません。時間も過ぎていたので、今回はMac部分だけで続きは次回にすることにしました。私が狙っていたものより大きな15インチでしたが、それでも文字が小さくグッと近づいて確認をしていましたから、買うとしたらやはり大きい方がいいような気もしてきました。これも嬉しい悩みですね。(^^)夕食後に生協に出かけた時、車の外気温計は16度を指していました。夏から急激に秋へと向かって行くのでしょうか?着いた生協内では欠けたものがあったり、まだまだ通常営業ではありませんでした。函館では普通に生活をしていると地震のことを忘れてしまいそうですが、震源地近くの大きな被害が出ているところは、まだまだこれからなのですね。数時間おきにテレビに流れる地震情報、厚真町震度1。大きな揺れを感じたところは、少しの揺れでもどきっとしますね。早く収まっていつも通りの暮らしが戻りますように。15・16度前後で推移しそうな今日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 09:09| PhotoDiary

2018年09月09日

アメリカからの応援

airport.jpg昨日は穏やかな土曜日でした。停電が続いた影響で、私の睡眠サイクルも狂ったままで、昨日も今朝も6時前に起きてしまいました。昨日の朝、何もすることがないので、ベニシアさんの庭造りのテレビを観ていたら、いつの間にか夢中になっていました。ベニシアさんのご近所のガラス玉に苔や幼木を入れて目線を同じに眺められるものが下がっているギャラリーは興味深かったです。世の中には知らないことの方が遥かに多いですね。昨日嬉しかったのは、10年近く前に1ヶ月ほど学級で一緒に過ごしたアメリカに住むAilieさんのご家族から心配のメールをいただいたこと。遠くからも心配してくださる人がいるということは大きな力になりました。高校生になったAilieさんは、16歳の時に車の免許を取り、現在は車で通学をしているとのこと。友達と4人で並んだ写真では背は低いけれど、大きな志を胸に秘めているような大きな姿を見たような気がしました。今は大学進学に向けて、週3回ほどアルバイトをして資金を蓄えているそうです。こうした自立の気持ちを育て大切にする姿勢はいいですね。四季折々の行事を大切にしながら過ごしているファミリー。大きなツリーを飾るクリスマスを始め、家族でハロウィンスタイルを決めたり、楽しい気持ちが伝わってきていました。これからも元気でいい毎日を過ごしてほしいと願っています。函館の今朝は雨上がり。少し冷えていますが今日もいい日になりますように!
写真は函館空港。台風や地震で基幹空港の一つである関西空港や新千歳空港などが一時閉鎖しました。1日に数万人が行き来するということですから、影響は大きいですね。今回の地震では函館は大きな被害はありませんでしたが、交通としては陸はJR,海はフェリー、空は空港と、様々な方法があるというのは安心感を生みますね。こうした交通機能が1日も早く回復することを。
posted by Kan at 08:51| PhotoDiary

2018年09月08日

停電後遺症?

season.jpg昨夜は地震の後遺症なのか、明かりがついているのに8時を過ぎるとうとうとしてきて、今朝も6時過ぎには起きる健康生活。もっとたくさん眠っていたいのにと思っても起きてしまうのは、リズムが変化しているのでしょうね。まだまだ避難所で生活をしている人たちは、もっと大変なことでしょう。眠れなくて睡眠不足で体調を崩したりしないように願っています。電気も回復して平常通りになったかなと思って午後からスーパーへ買い物に行きましたが、やはりいつもと違っていました。鮮魚や肉・冷凍コーナーにはシートが被されていて、まだ販売できないようだったり、惣菜コーナーも天ぷらを作っておいてある程度でした。それでも客は結構入っていて買い物をしていました。でも、前日のように真っ暗な中で列を作って並ぶようなこともなく、落ち着いたようです。やはり人間は先がわからないとパニック状態になり、あれもこれもと用意してしまうものなのですね。私の家の棚には非常用のバッグが置いてあるのですが、点検をしたのはもう3・4年前ですから、非常食や水なども使えなくなっていることでしょう。いざという時に使えない非常バッグ?これを機会に再点検をしようと思いました。今年の夏は地震、台風・雷、大雨などと災害が多いように思います。気を引き締めながらも、自然の変化も楽しめるようになりたいですね。雨模様ですが週末の今日もいい日になりますように!
写真は近づく秋風景。ちょっと山側を走るとススキの列が顔を見せますが、その穂が徐々に膨らんできているようです。9月24日が「中秋の名月」十五夜のようですから、その頃にはススキの穂も垂れてちょうどいいのでしょうね。市民の森の遊び場も2学期が始まって子ども達の姿は見えず静か。それでも放課後になると近くのタコ公園で遊ぶ姿がありました。少しずつ秋も近づいていますね。
posted by Kan at 07:13| PhotoDiary