2019年03月21日

春分の雨

dansyaku.jpg今日は春分。今まで夜の方が長かった1日が、今日は昼夜が同じになる日。明日からは少しずつ昼の時間が長くなるのですね。それとともに大地を暖める時間が長くなって、草木がいよいよ元気に育ち始めます。今日は東京で桜開花宣言。関東まで上がってきた桜前線も、例年よりも少しだけ早まるようです。市内では函館公園、五稜郭公園が4月25日辺りから。杉並町の桜並木も楽しみです。笹流ダム、中野ダム公園が5月初旬、石崎地主海神社の桜並木も見事ですね。例年になく暖かな日が続いている今年の天候は桜にとって吉と出るといいのですが。大雪だった去年の記憶で今年の見込みも想像ができません。やはり、平年並みというのが一番安心できますね。(^^)今日の午後からカメラを持って春分風景を撮りに出かけたのですが、徐々に暗くなってきて、3時過ぎからポツリポツリと降り始め、防塵防滴とはいえ買い替えたばかりのカメラを出す勇気はなく、何も撮らずに帰ってきました。もう少し使いこなしたら、雨の夜景なども撮る気になるのですが、まだまだピカピカで使いたいですね。(^^)明日は市内の小中学校の修了式。週末の明後日からは春休みの子ども達が自転車などに乗って姿を現わすことでしょう。乗れる喜びで左右への確認に目がいかない場合もありますので、ドライバーの方で十分に気をつけた、4月8日の始業式に一つ上がった学年の笑顔を守りたいですね。曇りで気温が下がりそうな明日も、いい日になりますように!
写真は七飯の道の駅「なないろ・ななえ」の横に作られている「(DANSTAKU LOUNGE(男爵ラウンジ)」。外観は出来上がっていて、4月オープンに向けて手直しや物品を入れているようでした。以前は当別のほうに男爵記念館というものがあって、一度だけ入ったことがあります。それをまとめて新たに作ったのか、行ってみなくてはわかりません。大沼や八雲への行き帰りの途中にできてちょっと一休みにもいい場所ですから、人も多く呼べるような気もします。
posted by Kan at 23:11| PhotoDiary

2019年03月20日

季節の交代と世代交代

garden20.jpg日に日に春らしくなってきている函館。今日の日射しにも春を感じました。その穏やかな日射しの中、部屋の片付けpart2として、カーテンの洗濯をしても乾かすことができました。ちょっと前までは外で洗濯物を干すということは考えられませんでしたが、やはり春近しですね。庭の草木の芽も色付いたり大きく膨らんできたり、例年になく早いスタート。庭のベンチのペンキが雪で剥がれてきていたので、ホームセンターでニスを買ってきて二度塗り。これも暖かさがやってきているからできることですね。新品同様になったベンチに腰をおろしてコーヒーを飲めるのもあと少し。今座っては大変!(^^)遠くで「カンカンカン・・・」大工仕事の音が聞こえてきました。散歩がてらに様子を見に行くと、道路2本離れた大きな平家の解体工事中。この辺りの住人は30年40年暮らしてきた人が多く、70代、80代の人が多くなってきて、我が家の向かいも親類宅へ。現在は売家になっていて、何だか寂しくなりますね。冬を乗り越えるのに、雪かきが大変になってきますから、この季節を助け合って乗り越えられたら、静かでいい場所です。私も冬は除雪機で頼られている身ですから、少しでも長く力になりたいですね。(^^)日射しが期待できない予報の明日も、心は明るくいい日になりますように!
写真は今日の庭の春。雪の中でじっとしていたラベンダーやビオラなども、茎をしっかりと立ててきて春の準備。特徴的なチューリップの葉も、丸く巻きながら草丈も育ってきています。たくさんのバラの葉芽も可愛らしく見えます。ちょっぴり俯いているデイジーの蕾のためにも、暖かな春がやって来るといいですね。
posted by Kan at 23:27| PhotoDiary

2019年03月19日

春が行ったり来たり

bay313.jpg今日も暖かだった函館ですが、3時過ぎから冷えてきたように感じました。これが平年並なのかも知れません。今日の日射しの中、部屋の片付けをしている時には暖房を切り、窓を開けても寒さを感じないのは春ですね。使わなくなったタンスを車庫に移動したり、こまごました燃やせるもの、燃やせないものに仕分けをして、今まで見えなかった床もすっかり綺麗になりました。片付けには迷いも生じます。「これはどうしよう?」「一度とっておこうか?」など、もう使わないであろうものも、その思い出の中にしまっておけずに、現物を保管していこうか・・・。「断捨離」ではありませんが、ずっと使わなかったものは、これからも使わないのですが、使わなくても存在が大切なものもありますから、それは大切にしまっておかなければと思います。捨てるのはいつでもできますから。(それができたら苦労しない??(^^))車庫の中は大型ごみでびっしりになり、収集車の来る日を電話で確認することにします。広くなった部屋はスッキリとした分、少し寂しくもなりました。それから庭のチューリップにかけていたビニルハウスのビニールを外して、日射しをいっぱいに受けられるようにしたり、春の種まきの前の肥料を入れたり作業をしていましたが、腕まくりをしても寒さを感じませんでした。一休みをしていたら、友人から電話が来ておしゃべり。なんでもないことでも、こうして話し合えるのは嬉しい時間。元気が出てきて、夕食までにもう一仕事。友人に言われた「またバタン!となりませんように!」という言葉で頑張っていましたが、今日もぐっすり眠れそうです。(^^)明日は今日よりも少し暖かさが増す予報。季節の変わり目、体調に気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 22:17| PhotoDiary

2019年03月18日

春の温もり

oono3.jpg今日は穏やかな風が吹いていた函館。小学校では卒業式が行われ、式場の体育館では卒業証書授与式やお別れのメッセージなどで、親も1年生からの出来事が走馬灯のように流れたことでしょう。6歳から12歳という、大きく変化・成長する時期を過ごした仲間たちも、新しい環境へと一歩前へ進むとき。なかなか馴染めない人もいるでしょうが、同じスタートラインに立って、互いに助け合いながら中学校へ向かっていけるといいですね。昨日は教育大学も卒業式だったそうです。私の社会人へとなる22歳の出発もバタバタしていました。教育大の仲間が住む下宿先から、胆振採用になって必要最小限のものを持って赴任。全校児童16名、教師3名という複々式という3学年を担任する白老の国道から5Km離れた僻地校でした。何もわからないまま、30代の先輩にあれこれ教えていただきながら、あっという間に4年が過ぎたのを覚えています。それぞれのポイントにあるスタート地点。3月の別れと4月からの出会いで、助けられたり助けたり。春の香りは、様々な感情も芽生えさせるものですね。(^^)10度を超える晴れ予報の明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 22:41| PhotoDiary

2019年03月17日

冬と春が交差する時間

snowday2.jpg今日はコロコロと天気が変わった函館。昼頃に青空が出てきたので、今シーズン初の函館山登山に挑戦をしようとがっちり防寒をして出かけました。2号目にある展望エリアまでですが。(^^)函館駅前に近づいてくると、曇り出して函館山も雲に覆われ見えなくなりました。FMラジオからは、麓にあるスタジオ周辺が雪ですごい!と放送があって、これは無理かな?と半分諦めながら倉庫群へ向かいました。函館の最高気温は7度程と暖かい予報でしたが、これもハズレ?それで、お昼をベイのハセガワストアに停めて、やきとり弁当を頼みました。お腹がいっぱいになって周辺を散歩して元町公園方面に移動すると、また突然の雪が降ってきて「なごり雪」や「春は名のみの 風の寒さや・・・」と歌われる「早春賦」のような午後でした。登山道の出発点の駐車場もびっしり。この天候でも登っている人が多いのですね。真冬でも登山を続けている人もいますから、このくらいは平気のようですが、私の足慣らしには寒すぎるので今日は断念しました。それでも結構歩いたからか、夕食後に眠ってしまい、目が覚めたのが9時過ぎ。やはり、スタバで飲んだ冷たいフラペチーノではなく、コーヒーを飲んでおくべきだったかも?(^^)明日は市内の小学校の卒業式。それぞれの家庭では学校指定の制服やカバンを頼んだり、翌日からは中学校入学の準備ですね。6年間という時間があっという間に感じる卒業式は、今までの感謝と次への希望へとつながるもの。明日は晴れ予報。素敵な未来が待っていますように!
posted by Kan at 23:10| PhotoDiary

2019年03月16日

八郎沼の春模様

hatirou.jpg昨日の天気予報では曇りの1日でしたが、予想を裏切って青空も出る気持ちのいい1日になりました。そんな午後から新しいカメラを車に乗せて、八郎沼の春模様を撮ってこようと久しぶりの大野新道を走ってきました。道もすっかり乾燥していて快適なドライブ。途中にあったしんわの湯や、せせらぎ温泉の看板などを見て、帰りに寄ってこようかな?と思っていましたが、帰りは別ルートだったので断念。大野農業高校を通り過ぎると道の両側に残る雪の厚みが増してきました。八郎沼駐車場に着くと周囲の雪が融け出した水が流れをつくってサラサラと音を立てています。長靴を持ってこなかったことを後悔しながら、雪が消えたところを目指してピョンピョン飛び跳ねながら湖畔へ向かいました。八郎沼に張っていた氷はかなり融けて、水面が広がっていました。5月になると見事な桜が咲く場所も、まだまだ雪景色。見上げる空には雁の群。編隊飛行の練習でもしているかのように、何度も旋回をしながら繰り返していました。数十メートル遅れてついて来ていたのは、初飛行の幼鳥だったのかもしれませんね。あれこれ想像しながら眺めるのも楽しいものです。(^^)それから山側に移動をして匠の杜を過ぎて駒ケ岳が望める展望台へ行こうと思ったら、途中で通行止になっていました。路面に雪が残っているところもあったので、夏タイヤの身としては断念!ユータンすると目に入ったネコヤナギの芽。やっぱり春近しですね。穏やかな1日になりそうな明日の日曜日もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:51| PhotoDiary

2019年03月15日

カメラを買い換えに

bay.jpg今日も穏やかな天気の函館。昨日の雪景色はすっかり消えて春の香りがするような日になりました。今日は中学校の卒業式。私のF中学校時代は部活や教室での出来事をポイントで覚えているのですが、卒業式当日の出来事はすっかり忘れて思い出せません。(^^)小学校から比べると、3年間という短い中の成長期。多くの体や環境の変化がある中身の濃い3年間でした。ボーイソプラノだった1年生では担任の音楽教師に褒められたことも?理科では目新しい実験に興味を持ち、科学クラブに入っていたり、文系で色々頑張っていた記憶が蘇って来ました。その卒業式が終わると高校の合格発表があって、クラスで何人もが進学するH高校へ。今日の卒業生も、4月からの新しい道が輝く日々となりますように。今日は自宅のカメラ4台を持って、新しいカメラを買いにカメラ屋さんへ向かいました。物々交換できるかな?と査定が終わるまで様々なカメラを手に持って確かめていると結果が出て、液晶フィルターの料金程度で買うことができました。徐々にカメラの台数も減らして使うものを厳選していかなくては、飾られているだけではかわいそうですからね。帰る途中、車内で充電をして大森浜の風景を撮ってきて、その写りに満足。明日晴れたらどこかへ撮りに出かけようと思っています。最近のカメラは動体追従能力や瞳検出など向上して、スマホのカメラでは撮れないものもたくさんあります。さて、どんなものが撮れるか楽しみ。(^^)夜中の雪と曇り予報の明日も、念力で晴れていい日になりますように!
posted by Kan at 23:47| PhotoDiary

2019年03月14日

3月の雪景色

snowday.jpg少し寒いかな?と思いながら起きて窓のカーテンを開けたら、庭は真っ白な雪世界。昨日のなごり雪?と思っていた可愛らしい量ではなく、しっかりと積もっていました。午前中にパソコンのサポートがあったので、朝食を食べて車の雪を払いましょうと玄関を出ると、家の前まですっかり綺麗に雪かきがされていました。お隣さんが通り全体をしてくれたようで、お礼を伝えながら夏タイヤで大丈夫かな?と心配がよぎりました。と言うのも、今日のサポートは旭岡というトラピスチヌ修道院よりも山に入っていくからです。友人からの電話でも、今日は夏タイヤじゃ無理だと送ってくれると言ってくれましたが、11時からだったので、それまでに解けることを期待していました。少し早めに10時頃に家を出て、幹線道路を走ると、雪はすっかり消えていました。山に近い近道を敬遠しながら走っていくと、途中雪が消えていないところがあって、エンジンブレーキをかけながら何とか到着しました。そのお宅でも夏タイヤに交換をして動きが取れなくてどうしようと、心配していましたが「類は友を呼ぶ」で、ゆっくり動いたら大丈夫と伝えるとホッとしていました。パソコンの修理もすぐに終わり、帰りにトラピスチヌの雪景色を撮って戻りました。去年だったら雪が降っても当たり前のように思っていた時期ですが、今年の雪の少なさに意外性があった今朝の雪。明日と来週月曜日は中学校・小学校の卒業式。天気予報では曇りと晴れマーク。はれの日の明日も、いい日になりますように!
posted by Kan at 20:20| PhotoDiary

2019年03月13日

なごり雪の昼

nagoriyuki.jpg今朝の函館は思ったよりも寒く、まだまだ暖房タイマーも必要なようです。昼頃には雨よりも雪が多く混ざるみぞれ雪。一瞬、雪が消えた土色の庭が白く変わっていきましたが、それもわずかな時間。もう冬へと戻るパワーはないようです。そうではないと、夏タイヤの私はどこへも出かけられなくなりますから。やはり友人の言う通りに、4月に入ってからの交換がいいようですね。出かけようとした車のフロントガラスには薄っすらと積もった雪。ワイパーを動かすとすぐに消えた雪。金森倉庫のなごり雪でも撮ろうかな?とカメラも積んで出かけましたが、途中でお腹が空いたので昼食を食べている間に、いつの間にか空は明るくなり、雪は消えていました。チャンスは一度きり。シャッターチャンスは食欲に負けてしまいました。(^^)それでも一応金森倉庫へ向かうと、路面は乾いているところもありましたから、市内でも降らなかったところもあるようでした。観光バス駐車場の2台のバスから降りてくる賑やかな観光客。寒さを感じないような暖かい格好ではしゃぎながら七財橋をカメラを向けながら渡っていきました。人力車に乗った観光客もニコニコ笑顔。やはり寒さが緩むと笑顔の花もたくさん咲くようです。今夜も雪マークがつく寒さのようですが、日中晴れ予報の明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:43| PhotoDiary

2019年03月12日

元気な声の美味しい蕎麦屋さん

bayarea2.jpg今日は晴れたり陰ったりしていましたが、気温も5・6度の穏やかな天気でした。函館は、もうこのまま春へと向かうようですね。今日、友人のところの庭をみると、チューリップの特徴的な葉が大きく育っていました。我が家のビニルハウス内のチューリップも、そろそろ外気へ当ててもいいようです。過保護はいけませんから。(^^)今日のお昼は久しぶりに五島軒のカレーか久留葉の蕎麦にしようと、おしゃべりしながら十字街方面へ。周辺の雪もすっかり消えていますが、さすがに海辺の風は冷たそう。どちらを食べようか迷って久留葉へ行くと、駐車場が空き過ぎています。車を止めて様子を見にいくと、3月のお休み日が貼り出されていて、今月は火曜日がおやすみ。食べられないと分かると、なんだか余計にそばが食べたくなるものです。(^^)それで、何年も行っていない谷地頭の蕎麦屋さんへ行ってみることに。もし、ここもお休みだったら五島軒にしようと、なんとも五島軒に失礼な考え。蕎麦屋さんは営業していて、客に元気な声で挨拶。中に入ると店内が数年前に来た時の倍くらいになっていて、繁盛しているのが伝わってきました。以前に食べた胡桃天ザルそばを頼みました。見覚えのある独特の器に盛られたそばも美味しそう。食べている間にも客の出入りがあり、人気店のようです。「いらっしゃいませー!」「ありがとうございましたー!」と、その度に聞こえる店主の声も美味しさの秘訣かも?函館にはここ以外にも、いくつも美味しい蕎麦屋さんがあります。今度はそば巡りでもしてみようかな?バラエティに飛んでいるような天気の明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 21:48| PhotoDiary