2017年12月09日

真冬日の夕暮れ

yuugure.jpg今日も真冬日だった函館。曇り予報でしたが時々ハラハラと忘れた頃に降る雪も風情があると思っていたら、4時頃にはあっという間に2cmほども積もる大雪。それもあっという間に終わりホッとしましたが、1日に何十cmも積もるという道央などは、こうした雪が降り続けるのでしょうね。そう言えばニュース映像でお年寄りが、朝から雪かきをしてこれで5度目と話していましたから、こんな雪が連日積もったら生活も大変ですね。幌加内や朱鞠内の積雪は1m前後。まだ12月も中旬までいかないうちですから、来年3月までの雪との戦いに協力し合って乗り越えてほしいですね。すっかり暗くなった6時過ぎに花火の音が聞こえてきました。雪が降っていましたが、土曜日のツリーの前には人も集まっていたことでしょう。FMラジオでも今日のロープウェイの乗客が増えてきたと話していました。山頂は降雪で見えませんから、山頂からの眺めも見えなかったり、見えたとしても冷たい空気で長くは出ていられないと思います。そんな時は屋内の大きなガラスの展望所で眺めるのが吉。(^ ^)久しぶりに昼からプラスになりそうな予報の明日も、いい日になりますように!
写真は夕暮れ光景。石川町の雪野原の畑の隅に雪だるまがありました。その下には小さな靴跡と大きな靴跡。きっと幼子と一緒にママかパパと一緒に作っていたのでしょうね。腕には近くの枯れ枝などを使って可愛らしかったです。その雪だるまも融け出さないほどの寒い中、綺麗な夕焼けが暖かそうでした。眼下に見える市街地も、その夕焼けに照らされた西側が綺麗に光っていました。その色が落ちてくる頃、一つ二つと家の明かりが増えてくるのも温かな光景でした。
posted by Kan at 19:51| PhotoDiary

朝の温もり

morning.jpg昨夜眠る前の寒さから今朝の冷えも予想していましたが、昨日忘れていた暖房のタイマーが働いていたため、居間に入るとポカポカ気分。昨日の朝は起きてすぐに暖房のスイッチを入れましたが、暖まるまで結構な時間がかかるので、急いで着替えをしてセーターまで着てコタツの中へ潜り込んでいました。(^ ^)東京などはエアコンの暖房程度で済ますそうですから、冬の部屋は間違いなく北海道の方が暖かいですね。昔の学校の教室にも大きな石炭ストーブがあって、公務補さんが各教室に石炭と着火用の石油を染み込ませた新聞紙を入れて、火をつけて回ってくれていました。それから石油ストーブになり、集中暖房へと変化していきました。建物・部屋全体が暖められるのは寒暖差がなくていいのでしょうが、何だか「暖」に集まっておしゃべりをする空間がなくなって寂しくなった記憶もあります。焚き火に集まった太古の人々の記憶が遺伝子に入っているのでしょうか?(^ ^)この寒さも今日が一つのピークのような予報ですから、風邪をひかないように気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真は昨年の朝の写真。寒い晴れた朝には、その時に起きて海に出た人へのご褒美の光景が現れます。日が射してくるとともに、海面からユラユラと湯気のように上がってくる毛嵐。それに朝日が当たると、それは寒さを忘れるほど綺麗。夜景のような下の写真も朝日が昇る直前の函館。遠くの山の向こう側から昇ってくる太陽の予兆のように、縁が赤く染まってきました。時間が経つにつれて空が明るくなり、街の灯りが消えていき、1日の始まりを知らせているようでした。日の出前のこうした美しい変化は、その日の気候だけではなく、寒い朝に早起きできる勇気が試されます。(^ ^)
posted by Kan at 11:32| PhotoDiary

2017年12月08日

晴れた夕暮れ

harebi.jpg今日は久しぶりに天気のいい1日になりました。曇りや雪や寒さで、しばらく写真を撮りに行っていなかったのですが、久しぶりに出かけたくなり、ポケットにカメラを入れて石川町の畑のほうへ向かいました。時刻は3時30分頃。もう太陽が低くなって、長い影が広い雪野原に伸びていました。あちこち写真を撮っていると、水平線の上に横たわる黒い冬の雲に沈みそうになり、急いで走り回って転びそうになりました。(^ ^)深雪の奥まで行きたかったのですが、途中まで雪に入って歩くと、ズボッ、ズボッと靴が埋まって雪が入ってきて途中で断念。やはり冬には車のトランクに長靴を入れておくべきですね。それとスノーシューもそろそろ入れておかないと。(^ ^)街にもポツリポツリと灯りが灯り始めたころ山を降りてきました。いくつか用事を済ませて図書館に寄って新刊の雑誌を何冊か読んで、帰る前に五稜郭公園の端っこからタワーの写真を撮って家に向かいました。出かける時には融けていた道も、帰る頃にはアイスバーンに変わっていて、帰宅ラッシュも加わり長い車列でゆっくりと帰ってきました。今夜はマイナス7度まで下がりそうですから暖かくしながら休み、週末の明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 21:09| PhotoDiary

ご近所の気持ち

futatunoki.jpg昨夜少し遅くまで起きていたので、いつもよりも寝坊をして起きた朝。窓の外には新しい雪が数cm積もっていたので、きっとご近所の皆さんがもう作業を始めているだろうと、お茶を飲んですぐに玄関の戸を開けると、家の前は綺麗になっていて、すでに雪かきしている人の姿はありませんでした。ありがとうございました!と心の中で伝えながら部屋に戻ってくると、ようやく暖まってきた居間のように心も温かくなっていました。ご近所にどのような人がいるのかは暮らしていくには重要なこと。周りの人たちに居て良かったと思われる人になりたいですね。そのためには、まず冬の寝坊を直さなくては。(^ ^)真冬日が続く函館の雪は、庭などではそのまま少しずつ積もり重なって真っ白になっています。亀田川の上流などの雪は、いつも市街地の2倍くらいありますから、もう長靴でないと歩けないでしょう。そんな林道も車で登るのも楽しいですが、以前よりも慎重になってきたのか万一のことを考えるようになって頭の中のイメージで留まっています。(^ ^)12月2回目の週末もいつもより早く感じるのは師走だから?凍った路面に気をつけながらいい日になりますように!
写真は二つの木。葉がすっかり落ちた二つの木。下草の緑が残る秋でも、けがれのない真っ白な雪の上に立つ冬でも、いつも変わらぬ想いが伝わってくる二つの木。目に見える葉は落ちても、互いに温かな葉で寒くないように守ってあげている心の葉で包まれているのですね。寒い季節ほど伝わってくる温もりが嬉しいですね。
posted by Kan at 09:51| PhotoDiary

2017年12月07日

馴染んできたクリスマスツリー

tree.jpg今日は「大雪」でしたが、函館では雪はほとんど降らない1日になりました。朝に家の前を少し雪かきをしただけで済み、二十四節気通りにならなくてホッとしました。(^ ^)出かけた3時頃、すでに帰宅していた子ども達が公園の雪山で滑って遊んでいました。雲が厚く天気が悪いせいもあって、もう夕方のような暗さが目立って、エッ?まだ3時?と、もう一度時計を見直したほど。改めて冬至が近いことを感じました。植物画カレンダーの12月の草花も目立つものが少なくなっていましたが、真っ赤なナナカマドの実やトウガラシが目立っていました。この時期の期待する色はやはりクリスマスカラー。市内の喫茶店やレストラン、ベイエリアなどの装飾はほとんどがこうした色の組み合わせ。その色が映えるのはやはり白色ですね。ちょっと山に近づくと大きな松の木に積もった白い雪が、そのままクリスマスツリーになっています。そう言えばオレゴン・ポートランドに住むAさんのところでは毎年大きなツリーを買ってきて綺麗に装飾しているようですから、もうそろそろ買いに行っている頃?それとも、大きくなったから、もう飾らないのかもしれませんね。サンタクロースも世界中に届けるプレゼントの準備を始める頃ですね。大島のチビちゃんはサンタさんに手紙を書いたかな?(^ ^)日射しは期待できないけれどギリギリ真冬日ではなくなる明日も、元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 22:03| PhotoDiary

大雪の朝

xmasdc.jpg昨夜降り積もっていた雪が、夜中に加算されていないか心配だったですが、眠る前と変わりはなくホッと一安心。それでも今日も1日雪マークで最高気温もマイナス1度ですから、住宅地の雪解けは期待できないですね。交通量の多い路面は日中のタイヤの熱からなのか、融けたりしているところがありましたが、夕方になると知らないうちに凍結していて、交差点で左右へ曲がるときに油断をしているとハッとすることがありました。雪が消えても用心ですね。今日は二十四節気の「大雪(たいせつ)」。「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と記される雪が激しく降り始める頃だそう。天気予報と合わせて雪への覚悟が必要になってくる時期なのですね。あと2週間もすると、一番昼が短く夜が長くなる冬至。日没も4時を過ぎると、あっという間に暗くなる時期。そこからますます寒くなってくるのですが、何だかピークを過ぎたような気がして、毎年チョッピリ嬉しくなります。(^ ^)雪と寒さに気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真はクリスマスカラーに包まれた入り口。旧イギリス領事館のドアにつけられたリース。クリスマスが近づくと、入り口の横に人々の願いが書き込まれた短冊がたくさんつけられたツリーが目を引きます。この建物から少し下の通りにある喫茶店の入り口もクリスマス。様々な花が咲く玄関の両側。何度か入ったことがありますが、森の中の童話の世界のようでした。市内にも赤や緑が増えてくる季節。知らないうちに、師走2週に目も週末を迎えますね。
posted by Kan at 08:09| PhotoDiary

2017年12月06日

湯気と雪の中で

akagawa.jpg今日も雪が降ったりやんだりを繰り返しながら、少しずつ積雪が増えてきた函館。昨日までは5・6cmほどだったのに、今日は一気に16cmとなって今夜も降り続けそうですから、明朝も雪かきが必要そうな天気です。最低気温を記録した十勝の陸別町では今朝6時すぎにマイナス20度を超えたそうです。吐く息も凍りつきそうな気温ですが、実際にも鼻息で周囲が凍ったりするそう。おなじみの濡れたタオルも数回振り回すだけでカチンカチンになってしまう寒さ。これからの冬は、暖房燃料が切れると大変。そういえば、こうした寒いところでは凍らないようにビン類を冷蔵庫へ入れるというのを聞いたような気もします。函館の寒がりの熱帯植物園の猿は、冬になると暖かな温泉に浸かってジーッと動かない姿を見せます。雪がチラチラ降る中で、目を閉じて真っ赤な顔が暖かそうでした。そんな雰囲気の雪降る温泉に浸かりたくて、今日は花の湯に行ってきました。さすがマイナス気温の露天風呂。入っている人は誰もいなくて、その中で一人でのんびり。それでも肩や腕に雪が当たると冷たいので、お猿さんのように首までしっかりと浸かっていました。寒い時の露天風呂は気持ちがいいものです。(^ ^)明日も1日雪だるまマークの真冬日の天気予報。風邪をひかないように暖かくしながら明日もいい日になりますように。
写真は今日の赤川水源地。春は桜、夏は芝生、秋は紅葉と、人々を楽しませてくれる水源地。冬は雪の華を咲かせて目を楽しませてくれます。今日の花は蕾のように小さかったですが、これからも綺麗な花を観れるのを期待しています。
posted by Kan at 17:55| PhotoDiary

雪景色の中で

harisutosu.jpg今朝起きてカーテンを開けると窓の外は再び真っ白な世界になっていました。しばらくすると頼りなさそうな雪がちらほらと舞ってきましたが、このような雪でも今日明日が真冬日のマイナス気温が続く中ではずっと残るのでしょうね。札幌の積雪予報では現在積もっている雪は、年を越すだろうという情報もありましたから、もう根雪になってもおかしくない時期に来ているのですね。ラベンダーの里の富良野・美瑛も40cmを超えたそうですから、今年友人と見た丘も真っ白になっているのですね。降り始めの雪だ!と喜んでいた11月末からゆっくりと深まっていく冬の季節の寒さや厳しさはこれからが本番。赤や緑の彩りを添えるポインセチアは、こうした白い世界になるとひときわ華やいで見えます。真っ白だからこそ見えてくるものもありますね。人の心の温かさも寒い季節は余計に伝わってくるような気もします。真冬日が続く時期になっても、変わらぬ温かさを持てるように元気でいたいですね。(^ ^)今日もいい日になりますように!
写真は元町のハリストス正教会。チャチャ坂を登りながら右手に現れる姿を見て上まで登って右へ歩くと、教会の奥に函館港が見えるベストスポット。もう少し歩いた突き当たりからは二つの教会と大森浜が見え、階段を降りていくと間近にその姿を目にすることができます。こうして360度ぐるりと巡って、どこから眺めても写真になる教会だと改めて感じます。
posted by Kan at 08:42| PhotoDiary

2017年12月05日

寒くなる函館で

illumination.jpg今日は雪だるまマークが続く予報でしたが、朝方に車に積もった雪を払っただけで、空からの雪はなくてホッと一安心。朝早くからの歯のクリーニングは気持ちが良くて気楽にできるので、毎月1回は通っているのですが、今日もそのつもりで行くと、もうそろそろ終わりかな?と思った頃にガリガリガリと歯石を取り始めました。歯を抜かれそうになりながら我慢をしていると終了。うがいをして舌で歯に触れるとツルツルになっていました。歯磨きではここまで強くはできませんから歯科医にお任せですね。「綺麗になっていますね。」と少しお褒めの言葉をいただき満足して帰って来ました。(^ ^)火曜日は休日なのでいつもはカメラを持って出かけているのですが、今日は曇りで雪もなく、フォトジェニックな気持ちにはなれずに家に戻りました。昼を過ぎても市内の気温は0度前後と真冬日の境界線を過ぎていたようで、日陰の路面は滑りやすかったり、車で移動中もカーブで慎重になったりと、雪はなくても寒い日は気をつけて運転ですね。途中でワイパーをかけただけの雪だるま状態の車を何台か見ましたが、視界が悪かったり急ブレーキで窓をふさがれたりと周囲にも危険な車になっています。明日は本当の真冬日になりそうですから、車の雪かきなど早め早めの行動が安全をつくりますね。寒さに負けずに明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 21:32| PhotoDiary

アラームに起こされて

meijikan2.jpg目覚ましの音が鳴って目が覚めた朝。そこまでは教えたくなるような何か冒険をしていた夢を見ていたのですが、アラームを止めた途端、思い出したくても全く出てきませんでした。誰かに教えたかったのに・・・と消えてしまった夢を残念に思いながら起きてカーテンを開けると風が結構強く吹いていました。これで雪が降っていたら吹雪になるところでしたからホッとしながら朝の準備。今日は朝一番の歯医者さんの日。昨夜眠る前に思い出したので、寝坊しないようにアラームを用意したのです。と、これを書いているときに再度アラームが。一度で目を覚まさなかった時の用心に、2回目をセットしていたのです。自分の朝の弱さに勝ったようで、少々優越感を持ちながら停止のスイッチを押しました。(^ ^)今年も毎月1回のペースで歯のクリーニングをしてもらっていたおかげで、虫歯もなく過ごせているのが嬉しいです。今度の予約は新しいカレンダーを見ながらになります。これからの毎日の出来事に「今年最後の」とか「この続きは来年に」などという枕詞が着くことが増えて来そうです。朝の光が庭を照らし始めました。最高気温も低そうですから、温かくしながら今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 07:35| PhotoDiary