2018年12月20日

寒さで目覚める?

xmas192.jpg寒さで目が覚めた早朝。寝ぼけた目で目覚ましを見ると5時前。かなり冷え込んでいるのかな?と思いましたが、よく見ると毛布が蹴飛ばされて掛かっていませんでした。掛けるものが一枚無いだけで、こんなにも違うものなのですね。急いで掛け直してホッと一息。(^^)思いがけなく早くを覚ましたので、根崎方面の「けあらし」でも撮りに行こうかなと天気予報を調べると曇りだったので、そのまま眠ってしまいました。二度寝は気持ちがいいですね。7時過ぎに起きると、雪はほとんど降っていない曇り空。気温も0度前後でしたから、そんなに寒くはなかったのですね。感覚というのはいい加減なものです。昨日はサポートの帰りに金森倉庫の方へ行って来ましたが、海からの冷たい風がカメラを持つ手を震えさせました。友人からもらった手袋はまだ早いかなと思っていましたが、山や海の近くでは本格的な北風が吹いていました。あまりにも寒かったので、ラッキーピエロに避難をしてコーヒーで暖まっていました。それから金森倉庫・ベイ函館・明治館と中を通りながら外に出てカシャ!っと、気弱なカメラマンでした。(^^)金森倉庫内ではクリスマスの衣装を着て歩いている人や、クリスマス絵画展の小学校や絵画教室の子ども達の可愛らしい絵が並んで、来週になったクリスマスの雰囲気を盛り上げているようでした。暖かな12月ということで今冬を甘く見ていましたが、風は確かに冬の風。出かけるときはアイスバーンでの冬道運転や防寒具など気持ちや装備に気をつけたいですね。午後から晴れそうな今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 08:32| PhotoDiary

2018年12月19日

スノーフレークが舞う季節

bay.jpg昨夜から降った雪の積もり具合が心配だった朝、カーテンを開けた景色を見てホッとしました。朝食を終えてからセーターを着て車の雪払いに出るとお隣さんも出てきて、いろいろ話をしていました。結構な時間が過ぎて再び雪払いをすると、かなり積もっていた雪が解けていて、日射しと2・3度の気温のパワーを感じました。これなら放っておいても消えたかも知れませんね。週末の函館は7度くらい上がりそうですから、白くなった庭の雪も消えていく?去年と比べると雪かきの頻度が全く違うようですが、楽しいことは覚えていても苦労したことは忘れるのか、写真を見て思い出すくらいです。(^^)まだまだ冬の入り口の12月。来週から年末にかけて寒波がいくつも北海道を覆うようですから、こんなのんびり天気は今週くらいなのですね。今日の誕生花は「スノーフレーク」というスノードロップと似たような花。春になるとクロッカスと一緒に群生を見せてくれる遺愛高校のホワイトハウスの白い花はスノードロップ?鈴蘭水仙とも呼ばれているようです。我が家の庭も春まで雪の下。本当のスノーフレークが舞う季節が始まっています。柔らかな日射しが嬉しい今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 10:03| PhotoDiary

2018年12月18日

雪が降ってきた朝

3sasanagare.jpg今日の予報では1日を通して1度前後で推移しそうな函館。小さな雪だるまマークが昼近くにありますが、朝の曇り空からチラチラと舞い降りてくる雪が予告編のように時々見られます。昨日解けて水がたまっていた場所は、硬くて滑りそうな氷になっていて、出かける時には用心をしなければなりません。先週1週間雪が降らずにのんびりできた函館も、そろそろ再度白い冬支度をするようです。クリスマスまで後1週間。同じ気温だったらホワイトクリスマスの方があったかい感じがしますね。(^^)氷の上の雪は滑りやすくて危険もいっぱいですから、今まで以上に気をつけなくては。今日の植物画カレンダーには「オモチャカボチャ」が描かれています。何年も前の晩秋に友人と大沼方面に出かけた時に、チャプリン館という温泉の売店で売っていたカゴに入ったオモチャカボチャを買ったことがあり、ずっと飾っていたことを思い出しました。食べられないけれど愛らしい姿は置いておくとホッとしますね。と、書いている間に8時30分になって窓の外をみると、本格的な雪になってきました。雪に隠れている氷に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真は笹流ダム公園のモミジの林。春・夏は緑色が暑い日射しを守ってくれ、秋には鮮やかな紅葉の葉とじゅうたんに包まれ、そして、冬の今は白い世界を演出してくれる場所。静かに降った雪の朝には、真っ白になった枝に太陽の光が当たって、とっても綺麗になります。今冬もそんな光景を見る機会を楽しみにしているのですが、どうなるでしょう?
posted by Kan at 08:37| PhotoDiary

2018年12月17日

師走の願い

eryouzikan.jpg今朝も12月としては暖かな朝。庭に出ると細かな雨が降って雪もかなり減っていました。平年は2・3度ほどの最高気温も、予報では6度まで上がりそうです。徐々に上がっていく春だといいのですが、これから寒くなっていくときに上がってくると、体や気持ちがついていきません。(^^)去年の函館の累計積雪は5mを超えたようですが、そんな大雪にはならなそうなのが嬉しいですね。それでも雪の布団が消えてしまった庭では、デイジーなどの宿根草が顔を見せ寒そうに見えました。これに負けず、春になったら元気に咲いてくれることを。11月に芽を出して生長していたコスモスやトマトは、雪の消えた土の上ですっかりしおれていました。これもいつもよりも暖かだった秋の名残り?トマトの生長、春にまた芽を出すといいのですが。12月も半ばを過ぎの今日、東京の浅草寺で年末の恒例行事の羽子板市が始まるそうです。1・2週間ほど前から市内のスーパーなどでも正月飾りの「歳の市」が始まっていたり、神社でも縁起物の準備が始まっているようです。地元のFM局では函館山でのカウントダウンイベントのお知らせをしたりと、徐々に年末風景に変わっていく時期になってきていますね。いろんなことが重なって気持ちも「師走」になりそうですが、気持ちは走らせずに落ち着いて、今日もいい日になりますように!
写真は旧イギリス領事館の短冊。門を入ったところにクリスマスツリーが飾られていて、それに七夕の願い事を書く短冊のように、様々な言葉が書かれていました。「いっぱい旅行ができますように!」とか「◯◯大学に受かりますように!」という自身への願いよりも多かったのは自身以外への願い。「家族が幸せでありますように」「妻宝極楽」家族や夫婦・相方への思いを込めた言葉はいいですね。相手も同じような気持ちだったら、最高の幸せですね。
posted by Kan at 08:55| PhotoDiary

2018年12月16日

チャチャ登りの坂道

tyatya.jpgどんよりと曇った朝。それでも暖かさを感じたのは氷点下では無かったから?今日明日は最低気温がプラスで、予想最高5度前後のこの時期としては高くなりそうです。空から降るのも雪ではなく雨ですから、滑りやすくなる雪道は用心しなくては。まだまだ雪に慣れない函館ですから、歩くのもソロリソロリですね。元町の聖ヨハネ教会とハリストス正教会の間にあるチャチャ登りの坂は、現在車の通行止になっています。結構急な坂道に先週登ってみましたが、一足一足確かめながら、まさしくおじいさんという意味のチャチャが腰を曲げながら登る坂でした。(^^)それでも登り終わると見える展望はここしかない景色。四季それぞれの彩りに飽きることはありません。観光客には一度だけのことかも知れませんが、地元だからこそ何度も出かけることができる贅沢を味わえます。それでも今日のような雪が解けてきて滑りやすくなると写真を見ながら、また今度と思ってしまいます。今日の誕生花をみると「ハンの木」でした。小沼に1本がしっかりと立っているハンの木を思い浮かべますが、花言葉が「荘厳」。重々しくおごそかなことという意味ですが、まさに堂々と立っている様はそう感じます。真冬の楽しみは、湖面が凍って歩いて渡りハンの木に触れられること。そう考えると、まだガチガチの氷が張る寒い季節の入り口なのですね。気温差に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:35| PhotoDiary

2018年12月15日

冬の五稜郭公園

Gpark.jpg寒いけれど今日もとっても気持ちのいい朝。雪に朝日が照らして明るさが2倍になります。それでも部屋の中にいると気づきませんが、かなり冷え込んだようで朝の函館はマイナス8度まで下がったようです。半袖裸足の身では窓を開けたり外へ出るのはもう少しというところです。(^^)それでも暖房のタイマースイッチの発明は偉大。これが無かった頃は寒い朝に震えながら一度布団から出て、スイッチを入れて暖まるまでまた戻ったり、石炭ストーブの頃には新聞紙と木屑に火をつけて、石炭に燃え移るまで寒い部屋の中でジッと待っていたような気がします。でも、その時はそれが当たり前のようにできたのに、今ならずっとベッドの中でもいい!と出られなくなるかも知れません。便利さに慣れ過ぎると心も弱くなりますね。(^^)昨日は久しぶりに五稜郭公園のライトアップを撮りに3時過ぎに出かけてきました。西の空が夕焼けに染まり始めた頃に園内をのんびり歩いて中央にある奉行所まで行って4時少し前。元町方面は日没から点灯していたので、そのつもりでいても点きません。手袋もつけずに寒くなったので、向かいの売店でココアを飲みながら売店の人とおしゃべり。冬は観光客も少なくなるそうですが、それでも開いているということで、こんな寒さの日には嬉しいですね。ライトアップのことを聞くと、まだまだ時間がある5時から。諦めて図書館へ撤退。暖かな館内で本を読んでいると5時を過ぎていました。帰りに図書館から出て堀を見ると明るくなっていたり、遠くになったツリーも明るく見えました。でも、また行くには気力が消えて、そのまま帰ってきました。やはり情報は思い込みではなく正確でないとダメですね。(^^)真冬日になりそうな晴れた今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 09:02| PhotoDiary

2018年12月14日

白い雪に青空が映える日

Motomachipark.jpg大雪注意報が出ていた函館も予報が外れたようで、今朝も薄灰青色の空から日が射し込んでいました。予報官は残念でしょうが、こんな予想外れは嬉しいですね。(^^)それでも気温は1日を通して0度少し下になりそうですから、路面がちょうど滑りやすい温度になりそうですから、日陰などの道には注意が必要です。先日予約をしていたスターバックスの福袋の抽選が昨日行われたそうで、当選したら結果はメールで届くのですが、それもなくダメだったようです。残念ですが、寒い朝に出かけて無かったというよりはよかったような・・・。なかなかスタバの福袋への道は遠いですね。(^^)市内の各店でも福袋の準備をしているのでしょうか?私にとっての福袋の中身は、みんなが元気で幸せを感じられるように過ごせること。これが一番の「福」かも知れませんね。この青空の中、久しぶりに大沼・駒ケ岳へ行ってみようかなとも思っていますが、どうなるでしょうか?穏やかに過ごせそうな今日もいい日になりますように!
写真は白い元町公園。いつもなら観光客で賑やかなこの場所も、雪が降った後の元町公園は静かでした。公園内のステージの椅子にもなる階段も真っ白。そこに夏服姿の子ども達の像が元気いっぱい。熊の親子の像は少し雪に埋まり冬眠しているようでした。(^^)以前はこの園内にもイルミネーションが輝いたり、バレンタインの雪だるまが並んだり、冬でも温かな場所でしたが、公会堂も修復中でしばらくは寂しい場所になりそうです。
posted by Kan at 09:41| PhotoDiary

2018年12月13日

日射しの朝

2season.jpg大雪注意報が出ていた昨日は、眠る前まで降っていなかったので、夜中に降るのかな?と思っていました。今朝目が覚めて窓のカーテンを開けると昨夜のままの雪でホッと一息。注意報が外れてよかったですが、昨日のテレビニュースで何度も流れていたのは七飯町の雪模様。結構な雪が降っていたので、スキー場は喜んでいたでしょうが、交通や雪かきなど苦労したでしょうね。スキー大好きのSさんも喜んでいたかも?(^^)今日の植物画カレンダーにはナナカマドが描かれています。雪の降った後のナナカマドの街路樹は綿帽子をかぶって、とっても可愛らしかったです。雪も程よく降ると季節を感じていいのですが、生活に支障が出る吹雪や大雪になると空を見上げてしまいます。このナナカマドも、もうじきやってくる渡り鳥の貴重な食料になっていますが、綿毛が増えてまん丸になっている冬スズメも集団で行動をしていて、チュンチュンチュンチュン賑やかにおしゃべりする光景を目にします。12月も半ばに近づき、やはり師走は確かな足取りで進んでいます。あれもこれもやらなくてはと思いつつ、来年でいいか!と思う気持ちで過ごしています。(^^)屋根の雪に朝の光が眩しく照らし出してきました。今日もいい日になりますように!
写真は秋と冬の教会通り。秋に真っ赤に染まった塀のツタも、今ではすっかり葉が落ちています。天気の違いもあるのでしょうが、青空の色も冬は薄いようですね。
posted by Kan at 07:30| PhotoDiary

2018年12月12日

元町冬風景

motomachi12.jpg今朝は暖かいなぁと思って起きると、玄関の温度計は8度。昨日の2度よりも高くなっていました。天気予報では6時でマイナス1度で、昨日よりは暖かくなっています。0度前後の気温では寒さは感じなくなってきているのかも?(^^)今日の函館は午前中は雪マークで、東北・道南に大きな雪雲が通過するそう。9時現在は曇りですが、これから降ってくるのですね。天気予報が発達していなかった時代、靴を蹴り上げて天気を予報したりしていましたが、これも半々で当たっていたような?農家や漁師の人たちは「観天望気」で天気の変わり具合を予想して、それがかなりの確率で当たったそうですから、その地方地方で言い伝えられていたのですね。私は黒雲は雨?という程度しか分かりませんが。(^^)昨日は曇り微かに晴れというあまりいい天気ではなかったのですが、雪の元町を撮りに行ってきました。教会の近くに車を停めて歩くと、各教会にはリース。季節はクリスマスですね。歩いていくと屋根からのツララを落とそうとしている人。1m以上もあるツララに危なかしそうでしたが大丈夫だったでしょうか?函館でこんなに大きなツララができるのは珍しいのでは?坂道を登ったり雪で固められた階段を降りるときには滑らないように用心して。毎日のように行き交う住人は大変。それとも足腰が鍛えられるのでしょうか?今日は0度前後が続くようですから、一番滑りやすくなります。日中の日射しで解けた路面も、3時頃には凍り始め、ブレーキをかけると滑りそうに。いつもと同じと思わないで、いつも以上に安全運転が必要ですね。静かに雪が舞い降りてきている今日も、いい日になりますように!
posted by Kan at 09:24| PhotoDiary

2018年12月11日

年賀状シーズン

tentoumae.jpg夜中のうちに雪は積もったかなぁ?と思いながら眠い目をこすりながら起きて窓のカーテンを開けたら、薄日がさして昨日と変わらぬ雪景色。その同じ雪の深さにホッとしました。(^^)我が家のご近所さんは朝が早いけれど、多少の雪では動じず、どかっと降ると早くから除雪をします。この2・3日はお隣さんが家の前の長い通りを、雪かき一つで綺麗にしてくれました。話を聞くと、夜中も一度雪かきをしていたんだとのこと。ありがたいですね。年をとってくると朝が早くなるとか、睡眠は短くなると言われていますが、まだまだその境地にはならなくて、自然に早起きができるのを羨ましく思うこともあります。(^^)昨日は友人とお昼のランチをファミレスで。野菜たっぷりとハンバーグで美味しくいただき、コーヒーを飲みながら年賀状のカットをネットで調べながら候補を探していました。以前は12月31日にポストへ出しに行ったものですが、こうしたところでは少し余裕ができてきたのでしょうか。この調子だと年賀状の元旦配達に間に合いそうです。(^^)年賀状で近況を知る方もいて、そうした方から届くと嬉しくホッとするものです。サポートしている中で、今年で年賀状もやめるので、その文章も入れてくださいという方も少なくなかったです。なんだか寂しいですが、これも断捨離の一つなのですね。何でもスッキリし過ぎると寂しくなるような気がします。我が家は雑然とし過ぎていますが。(^^)少し気温が上がりそうな今日も、風邪に気をつけながら元気でいい日になりますように!
写真は夕暮れシリーズ。街灯が灯り始め、まだ空に青い色が残る時間帯。ベイエリアのデコレーションにも明かりが灯り出します。大きなクリスマスツリーが点灯するまではまだ間があり、道路も交通規制が始まっていません。12月に間に合わせて綺麗に敷き詰められた新しい舗装も雪の下。毎年変わらないようで少しずつ変化しているベイエリア。この時期は何だかワクワクします。(^^)
posted by Kan at 09:52| PhotoDiary