2019年03月11日

3月は、冬

hakodatepk.jpg今日の函館は、午前と午後で季節が大きく変化したようです。先週タイヤ交換をした身としては、午後からの雨に混ざって降ってきた雪は想定外でした。友人とランチに出かけた時には、まだ雨で第1号の客。いつもは数人の客がいるのですが、今日の天気を予想して出足が遅かったようです。食べていると徐々に増えてきて、いつものような客の数になりました。食事が終わって店を出る頃にはミゾレ模様。それでも路面に積もるほどではなく雨と同じ。友人が最近話題になっている本を探すというので、検索してその場所に行っても見つからなく、店員も探せませんでした。発注しようとしてもいつ入荷するか不明ということで中断。メディアで紹介されると一気に消えていくのですね。それから別れて違う書店に行って問い合わせると「1冊だけありそうです。」と広い書店の1ポイントを目指して自信満々に歩く姿にプロフェッショナルを感じました。そして書棚を上から下へ目で追いかけて手を伸ばすと、そこに希望の本がありました。思わず「それです!」と声を出し、レジカウンターで精算。帰りに探してくれた店員に「ありがとうございました。」と伝えるとニッコリ。スーパーなどでも、見つけられない商品があった場合に店員に聞くと、すーっと歩いて行き「これでしょうか?」と教えてくれます。プロは、自分のエリアに何があるのかを、ちゃんと把握しているからこそ対応できるのですね。家へ戻る車外は相変わらずミゾレが降っていましたが、心の中はポカポカになりました。今週はまた雪予想もありますから、路面状況に気をつけながら、明日もいい日になりますように!
写真は10日ほど前の函館公園。まだ雪が残る園内の雪を片付ける職員が季節の変わり目を伝えているようでした。遊園地は4月になるまで閉園ですが、その間に修理をしていました。日本で一番古い観覧車。いま眺めると、こんなに小さかったかなぁと思いますが、成長によって変わっていくようです。この日残っていた雪も、きっといまは消えたことでしょう。
posted by Kan at 21:13| PhotoDiary

2019年03月10日

庭の春

garden.jpg今年の冬の雪は、昨年よりもはるかに少なく、平年よりもかなり少ない積雪になっている函館。それなのに明日からの1週間の天気予報には、3日間も雪だるまマークが記されています。もうタイヤは夏モードになっているし、気分もすっかり春モードなのに。(^^)今日の午前中はヘッドライトの曇りを磨いたり、庭土から伸びてきた芽がチューリップかな?と思って、寒さから守ろうとビニールで囲ってみたけれど、友人が言うには数年前に咲かなかった時にも守りすぎたのでは?と教えてもらい、自然の中で育っていく逞しさが必要だと改めて感じました。そういえば、冷たい雪の下に数センチの芽を出していたのですから、寒さには耐性があるのですね。友人には頭が上がりません。雪予報のある今週が過ぎたら外そうかな?(^^)よその土地や庭に春を探さなくても、我が家の庭にも春がやってきていました。コンクリート部分の雪もほとんど消えて、サンダルで奥まで歩いていけるようになって、枯れたようになっていたイチゴの葉も、緑色を増してきたり、宿根のビオラも緑の葉で雪解けを待っていたようです。茶色だった紫陽花の葉芽も、緑が増えてきて、3月初旬でいつもよりも早い活動のように感じますが、早く春の雰囲気を!と急かしているとしたら、草花に申し訳ないですね。明日からの1週間で中学校の卒業式や1週間後には小学校の卒業式があります。こうした行事にも春を感じますね。雨予報の明日からも、いい1週間になりますように!
posted by Kan at 22:53| PhotoDiary

2019年03月09日

函館山登山道

spring3.jpg今日は10度くらいまで気温が上がった函館ですが、午後からは日射しも陰ってきて、風が冷たくなり体感気温ははるかに低い感じでした。そんな薄曇りの中、久しぶりに元町を散歩しようかなと出かけましたが、車から出ると寒すぎて散歩計画は止めて、車を停車しながら撮ってきました。何とも軟弱なものです。(^^)近所でも咲き始めた福寿草を観て、函館山登山道のスタート地点にある駐車場周辺を探しましたが、まだまだ雪が残る場所でした。それでも、もう少しするとこの辺りも春の花畑になるはず。それもそう遠くないですね。ちょうど山から降りてきた人に様子を聞くと、まだまだ冬の山道だそうで、寒かったと教えてくれました。それから元町公園からの港の景色を撮ろうと工事中の公会堂の前に車を停めて撮っていると、近所の子ども達が公園で鬼ごっこ。なんとも贅沢な場所ですね。遠くの山々に光が当たり綺麗。横津連峰の雪も徐々に消えてきて、道南にも本格的な春が近づいているのを感じました。明日も晴れの1日になりそうです。温度変化に気をつけながら、日曜日の明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:48| PhotoDiary

2019年03月08日

福寿草の咲く頃

fukuzyu.jpg今日は気温の割に寒く感じた函館。あとで調べると最高が4度という気温に、冷たい風が吹いて体感気温が1・2度に。やはりまだ3月なのですね。函館山にもまだまだ雪が残っていたり、家の前の日陰でもカチカチの氷が消えないでいます。今朝、近所を散歩をしていると今まで蕾だった福寿草が花を開いていたので、カメラを持ってきてパチリ。春の一番乗りは黄色い福寿草なのですね。クロッカスも芽が伸びてきていましたが、一歩遅れたようです。それでも、まだまだ冷たい風が吹く時期ですから、無理をしないで咲くタイミングを決めて欲しいですね。そうしてみると福寿草の格好は、外套を着ているようで暖かそうですね。ここで福寿草が咲くということは、大中山のいつもの場所ではたくさん咲いているかも?と思い、午後から行ってみると、日射しが眩しそうにいくつも咲いていました。匠の杜の福寿草はもう少しでしょうが、去年のイメージで動いていると、咲き頃を見逃してしまうかも知れません。函館山の麓にも春が近づくと、カタクリやイチゲの花が咲き始めます。薄水色のエゾエンゴサクの名前を思い出すのに友人はコエンザイムを浮かべるそう。(^^)それぞれの春の景色が待っているようですが、今週末からはまた気温が上がりそうですから、こうした春を探しに行くにもいいかも知れません。三寒四温の寒暖差に気をつけながら、明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:26| PhotoDiary

2019年03月07日

早くもタイヤ交換

airport.jpg今日は日射しが出ていたけれど、冷たい風が吹いていた函館。ラジオでは平年並みと放送していましたが、この時期は3・4度なのですね。今まで8度前後あったのが続いていたので、やけに寒く感じました。それでも日射しパワーで、家の前の雪や氷も徐々に面積が減ってきて、そろそろタイヤ交換でもと思い、車庫から夏タイヤを出してスタンドへ。かなり並んでいたのは洗車チーム。最近の道路の端に残る水たまりで、泥水が跳ねたり跳ねられたり。先日洗車した車体も泥で汚れていますが、まだまだ大丈夫。タイヤ交換には誰も並んでいなくて、すぐに交換できました。走り始めるとすぐにわかる軽くなった感じ。スタッドレスタイヤを車庫にしまう時に、こんなに重いものを4本つけて動いていたんだ・・・と思うと、どこかにドライブに出かけたくなって、根崎方面へ向かい函館空港滑走路が見える展望台へ。移動中に着陸機が見えたので、すぐに発着する時間ではなく、海からの冷たい風ですぐに帰ってきました。軽やかな車で、今度はどこへ行こうかな?と楽しみが増えたような気がします。雪が消えたら、また道央をグルッと周ってきたい気もします。タイヤ交換は春!という気がしますが、友人の庭にたくさんクロッカスの芽が出ていたのを思い出し、我が家の庭の雪を取り払ったら、下にたくさんのクロッカスの芽がありました。そして、葉を広げるデイジーの鮮やかな緑も印象的でした。雪の下でも、ちゃんと季節の移り変わりを感じて生長しているのですね。今夜はマイナスまで気温が下がりそうですが、綺麗な夕焼けが約束してくれた日中の晴れ間も楽しみな明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 23:37| PhotoDiary

2019年03月06日

4月に向かって

sousyun.jpgずっと続いていた晴れの日も、今日の午後から降り出した雨でストップした函館。気温が6度前後だったので、その雨で庭の雪もかなり解けていきました。夕方前には雨も小降りになったので、スコップで雪を崩して解けやすくしました。今まで残っていた正月にチビちゃん達が作った小さな坂も、ほんのわずかに。この雨でいよいよ春に向かって進んでいるのを実感しました。昨日の午後、亀田中学校近くを通っていると、小学6年生らしい集団が先生の引率で校区へ向かって解散中。手にはビニル袋に入れた上靴を持っていましたから、きっと4月から中学生になる子らの説明会か何かだったのでしょうか。あと10日少しで卒業する6年生。その目にも、きっと中学生になった自分をイメージできたことでしょう。手を繋いで帰る黄色いカバーをつけたランドセルの1年生も、もうじき新2年生。3月は今までの1年間の総まとめと、次へと向かう決意の月ですね。それぞれが光り輝くかけがいの無い道を歩き始めるの時。関わる親、仲間、教師など、そうした思いを感じ、伝え合えると安心して一歩を進めることができますね。季節は雪解けの春。それぞれに、いい春と出会えますように!
写真は大沼公園スナップ。一面に張られていた湖面の氷も解け始め、その面積を広げています。その中を鴨の集団が日向ぼっこ。振り返ると白鷺が一羽。目が合った瞬間、バサバサと大きな羽を動かして山の方へと飛んでいってしまいました。小沼周辺の遊歩道も雪が消えて、薄氷の下に去年の秋の葉。季節が変わっていくのを感じました。
posted by Kan at 22:05| PhotoDiary

2019年03月05日

冬の名残りの駒ケ岳

koma.jpg今日は朝から雲ひとつない函館。気温も今季最高の9度と、出かけるには最適の日になりました。カメラとレンズを決め、寒くないようにダウンコートを着て出発完了。エンジンをかけて出発して1・2分過ぎてから長靴の忘れ物に気づき、Uターン。再度確認をして出かけました。函館新道も乾燥路面で速度規制もない100Kmで快適に大沼へ。トンネルを過ぎた橋の下に車を停めて遠景の駒ケ岳を1枚。いつもいる鉄っちゃんも今回はいませんでしたが、長い貨物を運ぶディーゼル赤い気動車が通り過ぎて行きました。本当は駒ケ岳1周を考えていたけれど、あまりにもいい天気だったので、ハンの木が見える小沼に停め、長靴に履き替えて島を1周してきました。この島をつなぐ橋は、造られてからの長い年月を表すように、コンクリートの手すりが崩れていて、少し危険な状態に。よく目にする橋は改修工事をしていたけれど、あまり利用しないところは後回しになっているのでしょうか?1箇所でも通行止にしてしまうと、島巡りができなくなるので、早めに直して欲しいですね。セミナーハウス、白鳥台セバットを経由してお昼にハンバーグの美味しいケルンへ寄ると「臨時休業」の張り紙。お腹を空かしたまま温泉「チャップリン館」へ。今回は「湯巡りパスポート」があるので無料!まずは食堂で食べてから、露天風呂を独り占め。見上げる真っ青な空も気持ちが良かったです。帰りに大沼だんごを買って友人にもお土産。久しぶりの写真を撮りに出かけたドライブは、とっても気持ちのいいものでした。暖かさが続く明日は天気が崩れそうですが、PM2.5などにも気をつけながら、いい日になりますように!
posted by Kan at 22:03| PhotoDiary

2019年03月04日

東北の雰囲気を

namahage.jpg今日も気持ちのいい朝の光が嬉しいスタート。家の周囲を散歩していると、カンカンカンと氷割りの音が聞こえてきます。暖かさで解けてきている氷を割っている音。80歳近いご近所さんと挨拶をすると「来年はできるかどうか・・・」と弱気な声。来年免許更新で車検は今年の6月。いつ返上するか迷っているそうですが、好きなときに出かけられる魅力に悩みは続きそう。まだまだお元気ですから、安全にもう少し楽しんでいただきたいなと思いました。今日は久しぶりに友人とランチに。カニで有名な「はこだて亭」で美味しいランチをご馳走になってきました。今月はハガキを持っていくとカニの刺身がサービスということで、おいしさ倍増。友人とおしゃべりしながらの食事はカニの味を何倍にも増してくれました。帰りにツタヤに寄って、私も気になっていたマジックの本を買ったので、今度見せてもらおうと思っています。その店内には現在、各地のミニ物産展をしていて、秋田のキリタンポなども売られていました。その中に、大きな「なまはげ」が飾られていて、その横に「なまはげお試しセット」が置かれていたので、二人でお面を被って写真を撮り合いました。私がお面を被っているとき、ちょうど抱かれた1歳程度の子が通ったので小さな声で「悪い子はいねかー〜」と近づいていくと怖がったので、お面をとって一安心。秋田でも勝手に家に入らないで!と断られるところが増えてきているようで、なまはげも暮らしにくくなっていますね。(^^)晴れて8度くらいまで上がりそうな明日も、いい日になりますように!
posted by Kan at 21:14| PhotoDiary

2019年03月03日

嬉しいひな祭り

goryou2.jpg3月に入ってから、このまま春になるような気がする陽気が続いている函館。市内の雪もすっかり減ってきて、春の日射しの強さを感じます。気象庁の函館のアメダス情報を見てみると、今日の9時までは2cmだった積雪が、10時からは0cmになっていました。観測点的には今日で函館の雪はなくなったようです。実際には道端や日陰・雪捨て場にはまだまだ結構な量の雪が残っていて、0cmという実感はありませんが、お雛様が春風を呼んできたようですね。その雰囲気で泥だらけの車を洗車しようと、いつものスタンドに行くと同じように考えている人が多くて、何台も列を作っていました。20分弱待ってすっかり綺麗になった車を運転すると水たまりも気になり、それを避けたりゆっくりと運転している自分がおかしくなりました。昨日までは平気で泥水に入っていたのに。(^^)家に戻ると向かいのチビちゃんが出ていて「せいきょうに いってくるの!」とニコニコ嬉しそうに話してくれました。夜には大島のチビちゃんファミリーのひな祭りの様子が送られてきて、手作りのパフェをパパと一緒に作ったという、嬉しそうな笑顔の写真が送られてきました。こうしたチビちゃん達の笑顔や喜びが春を運んできているのかも知れませんね。これから朝にかけてもマイナス気温にならない暖かな晴れになりそうな明日も元気でいい日になりますように!
posted by Kan at 23:15| PhotoDiary

2019年03月02日

目覚め始めている春の草花

bayarea.jpg今日の函館も晴れの函館。もう雪は降らないのかな?と週間予報を見てみると、天気が崩れるときも雪だるまから傘マークに変わっていました。日中の気温が7度前後となってくると、雲に近いところで降る雪も暖められて雨になってしまうようです。家の前の道路の氷も、解けて水になり側溝へと流れていました。このまま春になるとすごく楽ですが、去年との変化に戸惑ってしまいます。庭の雪も消え始め、宿根のビオラの緑色の葉も元気いっぱい。ラベンダーエリアも静かに春を迎えているよう。奥に育てているアジサイには芽が緑になって今にも葉を広げそうなものもありました。まだ雪の下になっているシバザクラやクロッカスなども、もうじき顔を見せてくれるかもしれません。しばらくブログを対ししていた時に心配をしてくれた大阪の仲間からは、スイセンや梅の花が終わり、チューリップが数センチの芽を出しているそう。やはり南は暖かそうで、じきに桜も咲きそうですね。もう5・6年間も繰り返している部屋の植物画カレンダーの今日の絵は、柳の冬芽。赤川の上流にあるネコヤナギのフワフワした芽を思い出しました。こうした草花のことを思える季節が近づいているのですね。友人のところの慌てん坊のクロッカスは、今か今かと咲くタイミングを待ち構えているかも?日曜日の明日も晴れて暖かくなりそうです。気温変化に気をつけながら、いい日になりますように!
posted by Kan at 21:43| PhotoDiary