2018年09月07日

地震発生!その2

heion.jpg今朝起きてまずしたことはベッドの明かりがつくか試したこと。何度かパチパチしてもつかずがっかり。昨夜眠るのが早かったせいか、睡眠時間はバッチリ。起きて窓から眺める庭はいつも通り。テレビと離れていた時間は読書でもと思いましたが、初秋の夜長は真っ暗で、それもできませんでした。朝食は昨夕のカレーライスとコーヒー。幸い水やガスは大丈夫だったのですが、断水・停電が続いているところは、こうしたコーヒー1杯も大変なことでしょう。今回の地震で、当たり前の生活が途切れることの不安不便を感じました。朝、電波の弱い中、友人からの電話で、夜中に電気が回復して眠っているときに突然照明がついたりテレビがついたりで驚きながらも喜んだという話をしている時、我が家のテレビからも音が出てきて、電気が回復しました。今の時代、電気のない生活は考えられませんね。ご近所の人とも朝に今回の出来事について話していましたが、いざという時の振る舞い方で生き方がわかると言っていました。そんな時にこそ、大切な人たちの力になりたいですね。LINEを受けられるようになって、次々と入ってきた中にも嬉しいメッセージがたくさんありました。大阪の台風で被害を受けた大学時代からの仲間からも様子伺いのメールがあったり、東京の仲間からも忙しい朝に励ましメールがあったり、姉の友達からも電気が回復するように高尾山へお参りに行ってくるとあったり、多くの人たちのおかげで電力回復も早まったのではと思っています。感謝!友人も地震や停電で不安な中、他の人を心配する気持ちを持てる心の大きさに改めて尊敬したり、地震被害の中で、たくさんの人の有難さを感じました。私もそうした人の仲間になれるようにと心に留めた2日間でした。まだまだ被害は収まっていないでしょうが、今日もいい日になりますように!
posted by Kan at 12:05| PhotoDiary

地震発生!その1

teiden.jpg深夜に緊急地震速報で目が覚め、ベッドにいたら急に大きな揺れが始まり、慌てて起きてドアを開けたりしているうちに収まって一安心。そのままテレビで地震情報を見ようとスイッチを入れると、苫小牧近くで震度6!身近では見たことのない数字が表示されていました。函館も震度5弱。小樽や苫小牧とも安否確認をして、みなさん無事であったことに一安心しているうちに函館も停電になり、私も眠ることにしました。朝になっても電気は復旧していなかったものの、水道は使えたので一安心。水道が止まっても花壇の水に使っている井戸の水があるからと考えたら、その水を組み上げるのには電気が必要ですから、結局停電のままでは使えないのですね。夜中には「ドカーン!バリバリバリ!」と近所で大きな落雷の音。二つ隣の家のブレーカーが飛んだだけで済んでよかったです。「地震・雷・火事・親父」と昔から言われている怖いものが2つ続いたので、大変な一夜でした。朝になって友人や兄弟、子ども達からLINEやメールが届き、みなさん心配してくれていました。苫小牧の東の震源地あたりでは犠牲になった方がいました。何が起こるかわからない天変地異。それでも、備えの心構えは大切。ちょうど昨日、函館市の洪水ハザードマップが届いていました。こうしたものも「関係ない」と思わないで、1度目を通しておくだけで自分や周囲の人を助けることになるかもしれませんから、大事ですね。晴れたり曇ったりと変わり身が早そうな天気ですが、電気の復旧を待ちつつ今日もいい日になりますように!
写真は昨夜の様子。夕食は明るいうちにガスコンロでご飯を炊き、カレーライスを作りました。暗くなる前に食べた味は十分合格点。(^^)暗い夜になって眠るのにも早いので、函館山から停電の様子をと車で山頂を目指す途中の街並みも見たことのない景色。交差点の信号も消えた道は恐る恐る横からの道の車に気をつけながら走りました。歩道には懐中電灯を持って歩く人たち。暗く開いていないコンビニ駐車場にも数台の車。私と同じように皆さん手持ち無沙汰なのですね。(^^)登山道入り口にはいつものように交通整理員が立っていて、時間的に登れないとのこと。こんな真っ暗な夜景を観にくる観光客もいないと思うけれどUターンをして戻ってきました。その中でも明るく照らしていた五稜郭タワー。この時間帯、いくつかのところで電気が復旧していたようで、安心しながら帰って早めに眠りました。
posted by Kan at 11:45| PhotoDiary

2018年09月05日

台風一過の函館で

fuukei.jpg昨夜は9時過ぎから台風の風が強くなったり弱くなったりしていましたが、ぐっすりと眠って7時前に目を覚ましました。起きてカーテンを開けて庭を見ると、背の高いコスモスがグッタリとしていました。既に花も咲き終わり、タネも落ちていたので、庭の正面のものを片付けました。薔薇の花も結構落ちていたので、ツル薔薇の枝を整理したり、ツルがどんどん伸びてきているクレマチスを支える柱を増やしたり、広がってきたアジサイの葉や茎をトリミングしたりして、少しすっきりとしたように感じました。手入れをしなければ野生園でもいいのでしょうが、そんなに広い庭でもないので、やはり雑草や枝ぶりなどを整理すると見た目が良くなります。これも絵や音楽と同じようにセンスが必要なのでしょうが、友人の評価はどうでしょうか?(^^)これから晩秋にかけて、チューリップの球根を植えたりする場所などを考えながら春の花壇を想像するのも楽しいものです。これらが楽しくなってきたのは歳をとったせい?(^^)今日の函館は青空だと思ったら急に雨が降ってきたり、夜には強烈な雷が光ったり不安定な天気でしたが、明日は晴れて26度前後まで上がるそう。まだまだ半袖は話せませんね。貴重な晴れの日になりそうな明日も、いい日になりますように!
posted by Kan at 23:35| PhotoDiary

2018年09月04日

台風接近中

barst.jpg今日は朝のニュースから今世紀最強の台風21号の話題が繰り返しされていました。それは、大型の台風が関西辺りから上陸して日本海へ移動するから。そのため、新幹線や飛行機などの運転見合わせや欠航などが相次いで出たり、台風進路では避難指示が出たり、日常生活への影響も大きなものになってきています。函館でも午後から小雨が降ったり風が強くなったりと、近づいてくるのを予告しているような天気になってきました。そんな中、友人と一緒にお昼に蕎麦の美味しい西部地区にある「久留葉」で天ぷらせいろをご馳走になってきました。12時前だったのでお客さんも少なかったですが、そのうちに座敷の方のテーブルも埋まり、注文したものがテーブルの上に並びました。蕎麦はもちろん美味しかったですが、夏野菜や海老の天ぷらもカリッと揚げられて、抹茶塩をつけて食べると美味しさが倍増。他にも寄せ豆腐と鳥ご飯のセットを分けて食べましたが、これも、ここだけでしか食べられない味。蕎麦湯を入れて、つけ汁まで綺麗になくなりました。ごちそうさまでした。(^^)函館の台風はこれから明日の午前中まで。飛ばされそうな庭に出ているものを片付けたりしていましたが、何事もなく過ぎることを。4時前には下校中の子供達が大勢家に向かって帰るところでしたが、明日の投稿時刻には収まっているといいですね。あしたもいい日になりますように!
写真は久留葉の玄関を飾る置物他。秋のバル街があって、久留葉も参加しているようで、3日から8日までバル街と表示されていました。回数券を買って各参加店の味を少しずつ味わうシステムは、全国各地で広がっているようですが、函館が発祥のようです。こうしたアイデアが全国に広がっていくのもいいですね。(^^)
posted by Kan at 17:32| PhotoDiary

2018年09月03日

楽しい時間

colors.jpg昨日はホームセンターでまだ蕾の開いていない袋に包まれたようなキキョウとピンクのナデシコを買って、春からの草花の残りを片付けた場所に秋のアクセントとして植えました。ナデシコは函館山を登って千畳敷方面へ歩いていく途中に自然のものが顔を見せてくれます。その時の思いを庭でも感じられたり、キキョウで秋を感じたりしながら、まだまだ暑さの残る函館で汗をかいていました。(^^)今日は同じ仲間の花を友人のところへ持っていき、希望のところへ移植してきました。お昼は久しぶりの回転寿司屋さん。いつものメニューで2時間以上おしゃべりをしながら過ごしていると、入ったときにいた客たちは既にいなくなり、長居をしていたようです。それでも店員は嫌な顔一つしないで、少ない皿の数を数えて会計を済ませて出てきました。この居心地の良さも好きなところです。(^^)今日の朝のテレビの星座占いでは最下位だったけれど、とってもいい時間を持てました。これもラッキーアイテムが味方してくれたのでしょうね。明日は台風が上陸しそうで、そのまま北にも影響を与えそうな雰囲気。例年になく多い今年の台風も、暑かった夏の名残?まだ9月も始まったばかりですから心配ですね。何年も前の青森のリンゴが被害にあったものや、昔の連絡船「洞爺丸」などが沈没して一千数百人の被害を出したものなど、想像できない風の被害は避けたいですね。まだまだ気温も上がりそうな明日からもいい日になりますように!
posted by Kan at 20:37| PhotoDiary

2018年09月02日

暑さと涼しさの1日

yuugure.jpg今日も残暑の1日だった函館。最高気温が25度程度だったけれど、体感ではもっとあったような気がします。それでも風がフーッと通り過ぎると涼しさを感じるのは、やっぱり秋が目の前まで近づいているからでしょうか?今日の日曜日は庭の手入れをしていました。旅行などをしていて、しばらく手入れをしていなかったのと、庭のレイアウトを変更しようと思っていたからです。たくさんのポピーが綺麗に咲いていたエリアには、きっと細かな種が土の中でジッと春を待つことでしょうから、その周囲にホームセンターで買ってきたナデシコとキキョウを植えました。大々的にしようと思っていたら、空いていた庭向かいの家の窓が開き、部屋の掃除を始めました。新しい住人がやってくるようです。このエリアも少しずつ若返ってきているようでいいですね。(^^)ニセコで宿泊したときの夕食に蕎麦を食べようとGoogleで調べて出かけると「準備中」の看板。羊蹄の道の駅の観光案内所の方に聞くと、3時には閉まってしまうそうで、この周辺は同じようなことを言われコンビニで済まそうと出ようとすると、北海道かけ橋カードというものをいただきました。道内の有名なかけ橋のデーターや維持管理方法などが書かれていて、そのカードには今回、何度も渡った黄色いニセコ大橋が載っていました。翌朝、ホテルから函館へ帰る途中も通るはずが違う方向に見えて、橋を目指して無事に帰着できました。マンホールカードなど、楽しいカードができていますね。(^^)明日からは9月最初の週がスタートします。仕事も学校も爽やかな風を感じながらいい日になりますように!
写真は昨日の金森倉庫周辺。夕方前、久しぶりにベイエリアへ出かけてきました。橋を渡ると金森倉庫前の通りには多くの観光客の姿。私は居ませんでしたが、先週はGLAYコンサートでこれ以上の賑わいだったのでしょうね。風の穏やかな海面に映る空と雲。夕暮れを待つ人。橋を行き来する人など、それぞれの思いを胸にゆっくりと赤みが増していく時間でした。
posted by Kan at 16:36| PhotoDiary

2018年09月01日

今日から9月

trip8.jpg寒かったり暑かったりしていた8月の夏も昨日で終わり、今日から9月。旧暦9月を長月と言いますが、これは「夜長月」から来ているようです。23日頃には昼と夜が同じ長さになる秋分の日があり、それから日毎に夜が長くなっていく変わり目の月でもあります。それでもこれから数日の函館は気温が28度前後の日が続くようですから、まだまだ夏の名残がありそうです。今朝の風は爽やかさを運んでくれる風でしたが、秋が少しずつ少しずつ季節を変えていくのでしょう。函館の紅葉は10月からですから、紅葉まではまだまだ先ですが、これからの数ヶ月は秋から冬へと向かう毎日。夏バテや暑さで体調を崩していた方も、少しずつ回復して気持ちのいい秋を感じられるといいですね。9月は「菊開月(きくさきづき)」とも言われるようですが、夏の花とは違う秋の花が咲いたり、各種野菜・果物が美味しくなる9月。庭にはたくさんのコスモスが咲き乱れ、その奥にはアジサイの薄紫色が顔を見せています。大きく伸びたつるバラも、花束のように上でたくさん咲いてとても綺麗。9月の風と季節の変わり目を楽しみながら、今月もいい毎日でありますように!
写真は夏旅のスナップ。道央の道の両側は、どこまでも続く水田が広がったり牧草畑などがあり、その周辺にヒマワリが咲いていたり、広い平野に広大な北海道を感じました。その牧草ロールをたくさん積んだトラックも行き来して、農業・酪農王国だなぁと改めて思いました。夕暮れ前には前回の旅では行けなかった「青い池」にも寄って来ました。曇り空で条件は良くなかったですが、真っ青な水の色は写真で見た通り。ここに1日いて、その光と色の変化も見てみたいなとも思わせる景色でした。百聞は一見に如かず、ですね。(^^)今度は友人と一緒に見たい場所でした。やっぱり旅はいいですね。
posted by Kan at 12:27| PhotoDiary

2018年08月31日

北海道夏旅

natutabi.jpg8月の1ヶ月間お休みしていて、昨日、1週間ほどの旅行から函館に戻ってきました。今年の夏は暑いと思って半袖だけを旅行バッグに入れて出かけましたが、道央などは朝夕の冷え込みも大きく、半袖姿はポツンポツンと見えるだけで、長袖シャツやカーデガンなどを着ている人が多かったように思いました。昨年ぐるりと周ったところも再度歩いて見たり、ちょっと違う角度から眺めたりしながら、何枚も写真を撮ってきました。朝方曇っていても日中は青空が出てきたのは、晴れ男だから?(^^)それでも運転中に突然の土砂降り雨に合い、路面が濡れていたり、しばらく行くと雨も止んで路面も乾いていたり、まだら模様の雨雲の下を走っていたようです。苫小牧、旭川、札幌、ニセコなどの宿泊地で温泉に浸かって、ゆっくりとした時間の流れを味わっていました。明日からは9月。来週中頃は25度前後にもなってまだまだ暑い日が続きそうですが、風は秋風。空にはたくさんの赤トンボが飛んでいました。季節の変わり目の9月も、いい毎日になりますように!
posted by Kan at 18:25| PhotoDiary

2018年07月31日

明日から8月

yuuyake.jpghotaru.jpg今朝も起きて最初にすることは、4部屋の窓を開けること。最初曇っていた空でも蒸し蒸しとした空気が漂っていたので。その雲のシールドもやがて消えた空から、真夏の日射しが大量に注いできました。これから1週間の気温も30度前後ということで、いつもの夏より暑くなりそうです。小学校のプール開放も大盛況でしょうが、最近の市内のプールは屋内になってきているので、かえって外よりも温室効果で暑いかも?夏休みで時間を持て余す子ども達も、やはり家でゲームをしているのでしょうか?親は仕事ですから、今年の夏はそれぞれ暑い時間が流れそうですね。私も明日から夏休み。このブログもしばらくお休みしますが、8月が終わる辺りから再開しようと思っていますので、またよろしくお願いいたします。
世界的に記録的な暑さが続いている今、早め早めの対策をして自身を守り、いい夏を過ごせますように!
写真は夏の夕景とホタル。昨日の暑かった夜、近くの生協へ買い物に行く途中にホタルのことが浮かんできました。風もなく暑い時に飛び交うホタル。まさに今夜のような日にたくさん飛んでいるかも知れないと思い、急遽行き先を香雪園の池がある下の駐車場へ向かうと、ガランとしているはずの夜の駐車場には車がびっしり。家族づれのヒソヒソ声も暗い中から聞こえてきました。みなさん考えることは同じなのかなぁ?(^^)肝心のカメラが車内にあったものだけ。一眼レフと三脚が欲しかったくらいに小川沿いに光の点滅が見えました。目が慣れてきた頃に見上げた夜空には、数えきれないほどの保持が見え、北斗七星やカシオペアなどの他に、流れ星がいくつも見えました。8月のペルセウス座流星群の前しょう戦でしょうか?つい願い事を思うのを忘れ、「あっ!」と思いながら消えて行く星を眺めていました。(^^)車内に戻ると、首の裏やスネのところが痒いのに気づき、かゆみ止めを塗りましたが、蚊はホタルと共生しているのかも???(^^)見応えがありましたから、虫刺されの対応をして暑い夏の夜の風情を味わってみてはいかがですか?
posted by Kan at 09:23| PhotoDiary

2018年07月30日

真夏日の予感

harist72.jpg今日は起きると朝から蒸し蒸し。すぐに各部屋の窓を全開して空気を入れ替えようと思っても、風がほとんどなくて空気が1mmも動かない様子。それから庭に出て朝の水撒きをする時に見上げた空は真っ青な夏空。雲ひとつない快晴でした。庭のコンクリート部分に水を撒くと、スーッとすぐに消えていってしまうほど。花壇の草花の根元の土に水を撒いていると、花もホッとしているような?寒かった7月初旬の記憶をもみ消すかのような暑さは、7月の平均気温を上げるためのような気もしました。天で「うーん、函館は7月低かったから、今日明日で気温をあげよう・・・。」(^^)ここ数日の夏らしい暑さのおかげで庭のトマトも次々に赤くなり、食べると甘みも増していました。今年初めて育てているトウモロコシも、実の部分が大きく膨らんできて、美味しくなっているようです。夏の作物はやはり太陽の恵みですね。今日な暑さで長く屋外にいると熱中症になることもありますので、涼しく過ごした方がいいですね。今日の我が家は窓を閉め切ってエアコン日和。もう少ししたら出かける予定ですが、車のエアコンも必須ですね。暑い1日になりそうな今日も、無理をしないでいい日になりますように!
写真は元町にあるハリストス正教会。この周囲の緑も、暑い日には嬉しい日陰になります。結構急なチャチャ登りの坂も、緑濃い木々の葉に囲まれて、そんなに苦になりません。観光客の中には途中まで登ってUターンする人も少なくないのですが、上まで登った人にしか出合えない景色が待っています。
posted by Kan at 12:48| PhotoDiary