2018年06月21日

夏に至る日なのに

ch6.jpg今日は夏至。1年の中で一番昼の時間が長くなる日ですが、今日の函館の朝は寒い曇り空。とても夏になる!とは言えない日になりました。今朝も近所を散歩していると、草取りをしているご近所さんに会いご挨拶。「よくこんな日に半袖を着ているね!」と驚く姿は完全防備の格好。今朝もストーブをつけたと話していましたが、夏至なのにまだまだ暖房が恋しいのは、やはりいつもの年とは違うような気がします。庭の草花も早く暖かな日射しが欲しいと訴えているようです。それでも、昨日移植したデイジーなどにはちょうどいい湿り具合で、根付きもうまくいきそうです。どんな天気も、それぞれの立場で一長一短があるのですね。夏至と冬至では5時間弱ほどの違いのある昼の時間。毎年のように取り上げられるサマータイムの導入も、この時間差であれば一考の余地がありそうですが、朝寝坊の人たちにとっては、通年で同じ方が遅刻しなくても済みますね。(^^)今日はカメラ2台の充電をして、土日の大会撮影依頼の準備をしようと思っています。昔はレンズとフィルムのチェックだけでよかったのですが、現在はまずメディアとバッテリーチェック。何枚も撮ることになるので、筋トレも必要?やり慣れないことをしてもダメですね。(^^)雨空の下で過ごすことになりそうな今日も元気でいい日になりますように!
写真は元町の教会。カトリック元町教会、ハリストス正教会、聖ヨハネ教会が一緒に見ることができるこの辺りを歩くのがお気に入りのコース。今は聖ヨハネ教会が工事中の白い幕の中にあって、いつもの姿を見せてくれませんが、今週末に行われる予定のJAZZ聖堂コンサートは予定通りなのでしょうね。私も行く予定でしたが、撮影が入ってしまい残念。頭の中でJazzを聴きながら頑張らなければ。(^^)
posted by Kan at 09:58| PhotoDiary

2018年06月20日

三寒四温?

trapis.jpg曇り空で始まった今朝の空は、昨日の初夏を思わせる空気はどこへ行ったのかな?と思うほど気温が下がっていました。そして、庭に出ると霧雨の感触を感じ、予報通り夕方以降には雨になるのかな?と思って、レンガの通路の縁に昨日移植で残っていたデイジーを植え替えました。ベンチに座って眺めていると、徐々に庭らしくなってきていることに満足。(^^)たくさん付いているツルバラの蕾も、あちこちで開いて庭を彩っています。その後ろにあるアジサイももう少しで開花しそう。鎌倉や静岡から満開の映像が届けられていますが、函館は今月末から?昨日行ったトラピスチヌ修道院のアジサイ園も、まだまだこれからというところ。お楽しみは後からということですね。フェンスに広がっているツル性のクレマチスも花が終わった後に次々とあちこちに伸び出して、バラやブドウ棚までも通り抜けていました。花が咲くとどんな景色になるのか今から楽しみです。午後から出かけた頃には日射しが出てきてポカポカ。下校途中の子ども達も半袖で気持ち良さそう。早く家に戻った子達は、自転車で集合してどこかへ探検?ニコニコ笑顔がいいですね。(^^)夜になると予報通りの雨になって激しさを増してきています。朝までには止むそうですから、夏至の日の出や日没は見られるのでしょうか?もっとも、この時期の太陽と早起き競争をする気はありませんが。(^^)20度に届かない明日も体調に気をつけながらいい日になりますように!
posted by Kan at 20:28| PhotoDiary

2018年06月19日

初夏の空気感

miharasi.jpg今日の函館は思った以上に日射しの強さを感じた1日でした。午前中、園芸店で買ったレンガで庭に歩く道を作るために暑くならないうちに作業をと思って草花の移植や土ならしなどをしていましたが、思った以上に日差しが強く気温が上がってきたようで、芝生シートに裸足で上がろうとすると「アチッ!!」と真夏の海の砂浜を歩く感じになっていました。ホースから出る水も、最初の方は熱湯ですぐには散水できないほど。晴れるとやはり夏の太陽なのを実感しました。そう言えば6月21日木曜日は1年で一番昼の時間が長くなる「夏至」。日の出は4時前で日の入りは7時過ぎ?今日の4時頃出かけた時にも太陽はまだまだ高く、北西方向に見えていました。その光が香雪園の下草や木々の緑をまぶしく照らし、とても気持ちのいい時間を味わえました。ここの蛍も例年より早く見れるようで、今月末から光が見られるかもという情報もありましたから、1ヶ月ほど早まるのでしょうか?いろいろなところで夏を迎える話題が聞こえてきますが、お迎えのチビちゃんは夏風邪をひいて40度近くの熱が出たそうです。こうした夏型は早めに回復できるといいですね。治ったらイチゴを食べにおいでと伝えましたが、それまでイチゴは待ってくれるかな?明日の夜は久しぶりの雨になる予報。小さなトマトやエンドウ豆の実も今日の太陽パワーとこの雨で大きく育つことでしょう。夏を感じながら明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 22:38| PhotoDiary

2018年06月18日

地震と晴れ間の緑

eng.jpg今日も朝は曇りでのち晴れたりと、安定した晴れが続かない函館ですが、徐々に気温が上がってきているのを頰を撫でる風の温もりで感じます。今朝テレビを入れるとびっくり!大阪で震度6弱という大きな地震が発生して、時間が経つと徐々に被害の大きさが伝わってきました。忘れた頃にと言いますが、最近各地で地震や噴火のニュースを目にしていたので、大きなものが起きなければいいなと思っていたところでした。春に遊びにきた大阪の泉大津に住む仲間にメールをしたら、2階の本が少し落ちた程度とのことで一安心。図書館のようにたくさんの蔵書があるという2階は、改築をして床などを強化したそうですから、予知能力があったのかも知れません。登校途中の子供が倒れた壁に挟まれてなくなったというニュースも悲しかったです。あと少し通過するのが早いか遅いかしたら難を逃れたのにと思うと残念でもあります。片付けなど大変でしょうが、1日も早くいつも通りの生活ができることを願っています。当たり前に毎日が過ぎていくことがいかにすごいことなのか、いかに奇跡的なことなのかを改めて感じました。明日もいい日になりますように!
posted by Kan at 19:30| PhotoDiary

2018年06月17日

久しぶりの夕焼け

twilight.jpg6月も後半に入ろうとしている週末も寒さが続く函館。やはり今年の初夏はおかしな天候が続いているようです。先週ようやく半袖になっていたお向かいさんも、今日はがっちりと長袖でした。私は半袖でしたがやせ我慢?(^^)今日は春の終わった花を片付けて、土の入れ替えをしようと園芸店に行って土を買ってきました。そのついでに店内の花たちを見ていたら、あれもこれも欲しくなってしまうのを我慢をして、大きな宿根のかすみ草を買ってきました。たくさんの蕾をつけていたので、もう時期八重の花を咲かせてくれるでしょう。土を買いに来ている人も結構入れ替わりで来ていて、ここの黒土や完熟堆肥は人気なのですね。栄養たっぷりの土を重ねて、フカフカのベッドにすると、生長も早くなるかも知れません。(^^)夜になって大島のチビちゃんファミリーから電話があって、夏に遊びにくる日程を確認していました。4年生になるチビちゃんの自由研究は大島と有珠山のジオパークの比較ということで、去年から計画を立てていたことを実践するようです。一緒に行ってのんびり温泉にでも浸かってこようと思います。これも火山の恵みですから。(^^)道東ではまだ一桁気温もあるようですが、函館は明日からようやく20度を超える日が続きそうです。体調に気をつけながら、明日もいい日になりますように!
写真は昨日の夕暮れから夜にかけての五稜郭タワー。ちょうど五稜郭に用事があったので、その前と後で写真を撮ってきました。夕暮れ時、飛行機がタワーを横切り着陸体制。この便に乗っている人は綺麗な函館の夕暮れを眺めながら着けましたね。降りて空港を出たらその寒さにブルっと震えていたかも?そんな寒さも後少しで、暑くなってくるとこの寒さが恋しくなってくるかも知れませんね。(^^)
posted by Kan at 21:26| PhotoDiary

2018年06月16日

週末の庭仕事

motofine.jpg風もようやく初夏らしくなってきて、今朝も風が雲を流して曇り空から青空へと変わってきました。まだ曇りだった午前中、庭のツツジの下にひっそり咲いているナデシコが大きくなってきたので移植することに。庭の正面のアジサイの下に決めて、通路だったため硬くなった土を掘り起こし、細かくした後に植え替えました。アジサイの葉の下になって、適度の日陰の一等地になりました。今までナデシコがあった場所には大きくなってきているコスモスを植えました。庭も日射しのおかげで元気になってきて、ラベンダーの可愛らしい紫色の花から香りも広がってきたり、至るところからスミレやデイジーが咲いたり、賑やかな庭になってきました。野菜コーナーのエンドウの花の後には小さな実が育ってきたり、トマトの黄色い花にはマルハナバチなどがやってきたり、やはりみんな日射しを待っていたのですね。(^^)気温はまだまだ平年を下回っているようです。寒暖差に気をつけながら、今日もいい日になりますように!
写真は昨日の元町スナップ。小型の単焦点のレンズだけを持って行き、足で画角を調整していたので、歩数は6000歩を超えました。写真は編集なしで組み合わせたもので、日射しの明るさを喜んでいたせいか、いつもよりもカメラの絞りを開けていたので、全体的に露出オーバー気味になりましたがこれもスナップの良さとしておきましょう。(^^)
posted by Kan at 14:35| PhotoDiary

2018年06月15日

日射しと風に初夏気分

old6.jpg朝起きた時には曇り空だった函館でしたが、8時を過ぎると徐々に日が射してきて窓を開けても寒くは無くなってきていました。ようやく函館にも初夏の風が吹いてきたようです。庭に出てもポカポカ気持ちのいい時間。枯れているデイジーを抜いたりしていると、小さな蕾があちこちで顔を見せて世代交代をしているような?今まで寒さでじっとして居たような庭の草花も、この太陽の恵みで生き生きとしてきたようです。去年の秋までに自然に広がったコスモスやポピーも、草丈を伸ばして存在感を増してきました。この暖かさが開花を早めるかも知れませんから楽しみに暖かさでもあります。(^^)午後からはサポートの帰りに元町あたりを撮影してこようかなと思って居ます。最近は寒くて雨混じりの天気が続いて歩いていなかったので、1日目標の5000歩を歩いていません。私の健康のためにも晴れの日が必要ですね。(^^)大森浜を眺めながらの漁火通りなどでは、通るたびに走っている人の姿を見ますが、その人数が増えてきたような?と思っていたら、7月1日に函館マラソンがあるのですね。FMイルカでよく耳にする福島和可菜さんも走るようです。マラソンのサイトを見ると、各地で姉妹で優勝をしたりしていて本格的な実力者なのですね。私はウォーキングコースがあれば出るかも知れませんが、走るのは避けたいです。(^^)初夏の日射しを楽しみながら、今日もいい日になりますように!
写真は函館の街を彩る風景。西武地区には古くからの建物がいくつも残っていて、金森倉庫、公会堂、旧イギリス領事館、中華会館などが有名ですが、それ以外にも入り口付近に歴史的建造物のプレートがつけられている、雰囲気のいい建物が多く残されています。一般の住宅になっていたり立ち入り禁止のところもありますが、喫茶店や店舗としてそのままの姿を活かして使われているところも少なくありません。古いものと新しいものが混じり合った文明開化の時代を味わえるのも函館の魅力ですね。
posted by Kan at 12:19| PhotoDiary

2018年06月14日

久しぶりの青空の下で

vegi.jpg毎日寒い日が続いている函館ですが、今日は久しぶりの青空が顔を見せてくれました。その明るい空に気を良くして庭に出ると、吹く風は冷たい北風でブルブル!まだまだ半袖では出かけられそうもありません。(^^)今日久しぶりに雑誌を見ていたら、おばあさんが帯広でコツコツと広い土地に花壇を作ったという記事が出ていて、その綺麗な庭に感心したり行きたくなったり。去年出かけた道央旅行のことも思い出し、富良野の色とりどりの丘などが浮かんできました。我が家の庭にも友人から分けてもらった上野ファームの種が代を重ねて育ってきていますが、やはり広大な土地に広がる花畑は写真や言葉では言い表せないですね。また行きたくなってしまいました。(^^)今日は呉の親類から周防阿弥陀寺に寄って色艶やかな紫陽花の写真を送っていただきました。旅は「花より団子」もいいですが、その時期の自然を味わえるのが魅力的ですね。今、函館に旅に来ている方々は、この寒さに「こんなはずでは!」と思っているかも知れませんが。(^^)週末にかけてようやく20度まで上がりそうですから、あと少しですね。風邪をひかないように気をつけながら、今日明日もいい日になりますように!
写真は今日の我が家の庭。野菜コーナーにはエンドウやトマトの花が咲き、イチゴもようやく赤みを増してきました。紫陽花は小さな蕾が大きくなっているところです。寒いせいか、春の花の花持ちが良いので綺麗な色で溢れている庭です。寒いのもメリットがあるようですね。(^^)
posted by Kan at 17:37| PhotoDiary

2018年06月13日

寒さが続く函館

bay3.jpgなかなか気持ちのいい6月の気温にならない函館。今日も小雨が降ったり止んだりした寒い1日になりました。小雨の朝の庭に出てみると、ようやく蕾をつけ始めたポピーの細い茎が、雨風に打たれて何本も倒れていました。このポピーなどは去年たくさん咲いていた、友人からもらった上野ファームの細かな種から育っているもの。今年はその勢力を増やして、去年よりも高密度に育ってきて、混み合ったところに人が集まっているように、押し合い圧し合いして窮屈そう。弱々しいポピーですが、今年も可愛らしい花をたくさん見せてくれることでしょう。このところの低温の影響でしょうか、大きくなっているイチゴも赤く染まらず白いまま。暑くなる来週までお預けですね。(^^)この寒さで元気がいいのは赤い花をつけているツツジや1本の茎からいくつも昇り藤をつけているようなルピナスなど。せっかくたくさんの蕾が少しだけ開いていたつるバラは、寒さでじっと固まったようになっています。暖かく晴れた日になって、早く思い切り花を開きたいことでしょう。明日からは少しずつ上がっていきそうな気温。暖房の必要な寒さに気をつけながら、明日もいい日になりますように!
連休が過ぎても観光客が途切れない函館ですが、南の国からやってきた人たちにとって、この寒さは想定外?今日の午後も市内の小学生の夏服の半袖姿で下校するのを見ましたが、見ている方が寒くなるほど。(^^)早く半袖が似合う日射しが欲しいですね。
posted by Kan at 20:13| PhotoDiary

2018年06月12日

雨上がりの寒空

gdn611.jpg昨夜から降り続いていた雨も、9時過ぎには小降りになってきましたが、庭の土留めの花壇の仕切りのところに溜まった雨水を久しぶりに見ました。庭の草花も成長が一時停止したように、昨日一昨日と同じような姿。大きくなってきているイチゴの赤みもうっすらとしたままで、なかなか食べられるようにはなりません。トマトの黄色い花もいくつも咲いていますが、実をつけないまま萎れていくのも寒さの影響ではないかと思っています。先日の駒ヶ岳の麓の小学校の学級園のミニトマトは、小さな実がいくつもできていましたから私の愛情不足かも?(^^)今日はアンネ・フランクが日記を記し始めた「日記の日」ここ数年、書店の日記コーナーの数や種類は減少傾向にあるような気がします。私も年末に日記を買っていた時期がありましたが、その紙面を埋めるのは難しく、ことわざ通りの三日坊主が多かったです。続けるのは難しいですね。(^^)それでも、何年も経ってからパラパラと見直すと、その当時の記憶が蘇ってきて、まるでタイムマシンのようです。書いておいたら良かったとも思いますが、白紙の日記もその時の自分を現しているような気がします。その私がこのブログを日記がわりに続けているのですから、進化しているのかも?(^^)また雨が降ってきて不安定な天気の今日明日も、体調に気をつけながら、いい日になりますように!
posted by Kan at 11:05| PhotoDiary